• 管理人へのメール

  • crossbreed tumblr.  ※画像をクリックして拡大できます tumblr-タンブラーって何?tumblrの始め方
    最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    はてなブログ始めました この記事を読む → はてなブログ始めました http://crossbreed.tv/archives/201709011610.php お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? この記事を読む → お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? http://crossbreed.tv/archives/201501150028.php キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) この記事を読む → キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) http://crossbreed.tv/archives/201501101258.php みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 この記事を読む → みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 http://crossbreed.tv/archives/201501101122.php 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX この記事を読む → 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX http://crossbreed.tv/archives/201411300014.php
    同カテゴリ内最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    わたしの復讐劇14「医学部の元カレと共謀して彼女を追い詰めた」 この記事を読む → わたしの復讐劇14「医学部の元カレと共謀して彼女を追い詰めた」 http://crossbreed.tv/archives/201409012359.php わたしの復讐劇13「生きていたいのなら、お前が便器の水を飲め」 この記事を読む → わたしの復讐劇13「生きていたいのなら、お前が便器の水を飲め」 http://crossbreed.tv/archives/201407110003.php 無人島で10年過ごしたのび太 この記事を読む → 無人島で10年過ごしたのび太 http://crossbreed.tv/archives/201403211354.php わたしの復讐劇12 – 浮気が発覚しても別れないと宣言された この記事を読む → わたしの復讐劇12 – 浮気が発覚しても別れないと宣言された http://crossbreed.tv/archives/201402110930.php 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない この記事を読む → 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない http://crossbreed.tv/archives/201402091040.php

    4月
    27
    2004

    恐怖のナポリタンの謎 「ここはとあるレストラン」

    カテゴリ:2ch | タグ:

    STARを押してこの記事を評価お願いします→
    つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (15票, 平均: 2.60)
    Loading...


    新ブログ始めました!
    http://crossbreed.hatenablog.com

    今2ちゃんねるで静かなブームになっているコピペがあるそうな。答えがわからなくて禁断症状者続出らしい。

    ある日、私は森に迷ってしまった。
    夜になりお腹も減ってきた。
    そんな中、一軒のお店を見つけた。
    「ここはとあるレストラン」
    変な名前の店だ。
    私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
    数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
    ……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
    私は苦情を言った。
    店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
    数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
    私は店をでる。
    しばらくして、私は気づいてしまった……
    ここはとあるレストラン……
    人気メニューは……ナポリタン……


    は?何それ?意味わかんないし。

    でも、この文章どこかで見たことがあるなあ。この不思議な文章にどんどんレスがついていく・・・


    ■恐 怖 の ナ ポ リ タ ン(ミラー)より

    2 :(‘A`) :04/04/14 17:21
    なんだこれ?意味わかんね
    7 :(‘A`) :04/04/14 17:24
    >>4
    だからさ、
    ここはとあるレストランなわけよ
    そこでナポリタンが出てくるんだぜ
    ((((((((;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル

    7さん。あなた分かったんですか?そして怖いんですか?


    17 :(‘A`) :04/04/14 17:27
    >>15
    だからさ
    店の名前が
    「ここはとあるレストラン」
    そこの人気メニューが「ナポリタン」
    わかったろ?
    ((((((((;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル

    18 :(‘A`) :04/04/14 17:28
    >>17
    そんな説明じゃなっとくいかん

    全くそのとおりです納得できませんよ


    33 :(‘A`) :04/04/14 17:34
    ここ、鳩あるレストラン?
    わからん・・・

    あ、そうかハトが「ある」んだ・・・ああ、それでも分かりませんね。


    52 :(‘A`) :04/04/14 17:42
    すまん、本気で教えてくれ。頼むよまじで

    53 :(‘A`) :04/04/14 17:42
    意地悪しないで早く教えてくれ

    56 :(‘A`) :04/04/14 17:43
    ああ、そういうことか
    でも思ったより怖くない
    過剰反応しすぎ

    57 :(‘A`) :04/04/14 17:44
    わかったーーーーーーーーーーー!!!!!!
    ナポリタンこえーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!1

    この当たりから分かった人続出。ホントに分かったのか?


    299 :(‘A`) :04/04/14 19:02
    ここは 吐(と) あるレストラン

    ゲロ入り

    だから?

    309 :(‘A`) :04/04/14 19:07
    大ヒント。
    「ここはとあるレストラン」のある一文字をとって
    「ナポリタン」の一文字を付け加えます。
    そしたら人気メニューの理由がわかる。

    それヒントなの?ねえ。それヒント?

    333 :(‘A`) :04/04/14 19:19
    ここはとあるは苗字
    漢字で書くと
    「小弧鳩在」
    シェフにはひとり娘がいた
    名前は「なぽり」
    つまり
    小弧鳩在なぽりタンハァハァ
    ということだ

    な、なぽりタン?

    438 :(‘A`) :04/04/14 20:17
    そもそもナポリタンって食べ物はナポリにはないよ
    あれは日本人が勝手に作ったもの

    てめえのウンチクなんてどうでもいいんだよ(怒

    443 :(‘A`) :04/04/14 20:19
    で、結局ナポリと痰、ナポリとトタンが正解なのか?
    でも、痰って頭痛がするほど、しょっぱいかね?
    ナポリ、トタンで食えないし・・・

    「と」があるから、「ナポリ」と「痰」ですか・・・納得いかないなあ

    517 :(‘A`) :04/04/14 20:53
    しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い
    ~~~~~~~~~~~
    519 :(‘A`) :04/04/14 20:54
    >>517
    頭が痛いはポイントだと思う
    757 :(‘A`) :04/04/16 10:14
    ナポリたんのエロ画像まだー?

    そ、それはちょっと見たいかも(泣

    誰か分かる人いらっしゃいますか?それともやっぱり答えないの?いつかどこかで読んだ事あるんだよねえ・・・

    【04/05/08 追記】
    一応自分の中では決着が着きました。エントリまとめてます。皆さんコメントありがとうございました。
    ■恐怖のナポリタンその後

    商品無料仕入戦隊『電脳卸』

    この記事を読んで頂きありがとうございます。
    コメント欄も設けておりますが、
    よかったらtwitterやfacebookなどでつぶやいたりシェアして頂けると嬉しいです。

    STARを押してこの記事を評価お願いします→
    つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (15票, 平均: 2.60)
    Loading...

    Written by ayu in: 2ch | タグ:

    120 Comments »

    • うぐ・・・、っ。
      ayuさん、俺、わかりそうです・・・。
      見たことあるような、このネタ・・・。
      いや、元ネタ、過去に見た、どっかでこれ!
      わかりそうなんだけど、もう少しのところで説明まで
      至らない。
      でも・・・、説明できないが・・・、確かに怖い話だ・・・。
      ((( (゜Д゜;;;) )))ガクガクブルブル

    • ちなみにヒント。
      俺の解釈した「答え」っすけど^^;
      2chに書いてあるヒントに惑わされず、
      「元ネタは何だろう?」って考えるといいです。
      元ネタ・・・、なんだったかいまいち思い出せませんが、
      怖い事には間違いないっす。

    • まこと より:

      気になるんで答え教えてください!

    • BAL より:

      今まで何度も覗いてました、ayuさんハジメマシテ
      いつかカキコしようしようと思いつつ・・・
      凄い気になるので思わずカキコしました!
      答え教えてくださいーーー><

    • 多分生き抜きにならないと思うけど(w

      ・2chでひそかなブームになってるもの(クロスブリードさん)
      何か「怖い」らしい。
      答え、ちょっと考えてみてくださいな。
      このネタがどんなネタか。
      かる〜い気持ちで、頭柔らかくして(w
      ちなみに、俺はネタわかったよ〜。
      わかったけど・・・。
      説明でき…

    • sak より:

      うぅ、さっぱりわからんし。ものすごく気になる…

    • より:

      これが正しいと思うのですが・・・
      ここは屠あるレストラン
      屠殺をするわけですね。
      で、人気メニューが「なぽりタン」。

    • koda より:

      全然意味わかんないのに死ぬほど恐いです。泣

    • あ~あ、2chのそのスレみたら、完結しちまってるでないかぁ・・・。
      元ネタは、スレ内にある通りだったんすねぇ。
      どうりでどっかで聞いた事あると思った。
      で、答えの中でこんなのどうでしょう。
      「ここはとあるレストラン」のトリビア。
      そのレストランには、ナポリタンしかなかった。(w

    • ボブ より:

      初めてのカキコです。
      今日、麩のナポリタン?
      だめだー、すごく気になるけど解らない!!

    • ・・・ より:

      屠殺の屠あるで
      「殺人レストラン」
      ナポリタン→ナポリたん
      「ナポリ」という女の子
      が答えなんだとしたら
      納得できない。
      殺人レストランを
      「屠ある」なんてこじつけすぎだし
      ナポリなんて名前の女なんて・・・
      謎かけとしてすっきりしない。

    • 管理人ayu より:

      皆さんコメントありがとうございます。
      さっぱりわかりませんね。
      誰か納得いく答えをお願いします・・・

    • タウリン50kg より:

      「ここはとあるレストラン」が実は 
      「ココ 鳩 アルヨー 」というゼンジー北京。んで鳩はポップコーンばっか食ってるからしょっぱいの。ナポリタンは鳩の名前だ。  って答えに2カノッサ

    • おんや? より:

      ぉぃらは勝手に「はじめにしょっぱいナポリタンを出されるのさえ我慢すれば、無料で食事ができる店。だからみんなナポリタンを注文する。」って意味に解釈して納得してますた。
      違ったのか・・・

    • ono より:

      まだ答えがでてないようで(涙
      きになりますねー。
      恐怖のナポリタン。。。。
      「オチ」がないのが恐怖だったり(ぇ

    • F より:

      はじめまして
      ナポリタンってナポリ人って意味じゃないかなーと。

    • 牧富 より:

      これは有名なロシアンジョーク、というか、ロシアンジャパニーズジョーク、とでもいいましょうか(笑 日本に来たロシア人の人が、ナポ、これ向こうでは塩漬けの意で、リタン、て言うのは死体のことなんですよね。だから塩漬けにされた死体、それで恐い、って言う事らしいですよ。いや、嘘ですけど。

    • Dain より:

      スレ全部をきちんと読むなんて、もの凄く久しぶりでした… が、該当スレ(とリンク先)を全部読んで、よーやく納得しました。うー、ガクブルは分かるけれど、本当にそんだけ?とまだ邪推中…

    • もうふ より:

      うそかよ!!!真に受けちゃいました泣

    • ten より:

      あー昔読んだ「注文の多いレストラン」を思い出したっす むぅ

    • 通りすがり より:

      restaurantのtaur(トアル)を抜き出し、かわりにsalt(塩)をくっつける
            res salt ant
          →resalt ant
          →result un
           →un result(結末無し)
               とか

    • ちよ より:

      答えはないですね。。

    • 恐怖のナポリタン

      先日、いろいろなブログをちょろちょろ覗いてみたら、
      こんな物語が話題になっていることを知った。
         ある日、私は森に迷ってしまった。
         夜になりお腹も減ってきた。
         そんな中、一軒のお店を見つけた。
      &…

    • http://www.musabi.com/o-kubo/archives/000544.html

      難題 ある日、私は森に迷ってしまった。 夜になりお腹も減ってきた。 そんな中、一軒のお店を見つけた。 「ここはとあるレストラン」 変な名前の店だ。 私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。 数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。 ……なんか変だ。しょっぱ…

    • UGUBLO より:

      小説「恐怖のナポリタン完全版」

      だいぶ前に話題になってた 「恐怖のナポリタン」 「とあるレストラン」 を今さらな

    • 今日のネットファフィーン

      2chの恐怖のナポリタン
      なんだこれ。激ムズ。すごく気になる。
      でもこういうわけわかんない文章どこかでみたことあるなあ。
      働く人の憂鬱シリーズ 〜裏ビデオ業界の憂鬱〜
      ネット通販が意外と多いようですな。もう日陰の産業じゃないんだね。
      10万円で裏流通さ…

    • 恐怖のナポリタンと私の髪は長いもの

      なんとも不思議な話だけど、同じような話で「私の髪は長いもの」がある。

    • 管理人ayu より:

      >すばるさん
      結構まとめてありますね。すげえなあ。情報ありがとうございました。

    • 通りすがりです より:

      古い昔の歌の歌詞を和訳したものだって説も…。
      でもナポリタンって、日本で作られたものだっていうし…。
      うぅ~ん、謎。

    • ayu より:

      そんな説まで!色々考える人がいるもんですねえ。

    • 匿名 より:

      俺わかったよ!って人の多くが誤解か勘違いか自己満足だと思う。
      でもこれまでに答えが表面に出ていないと言う事は、極少数の人間しか知り得ない。(多人数であれば答えを隠し続けるほうが無理)
      よって、ロシア語(でもネタだった)のような一般的ではない、特殊な知識や技法が必要と思われます。
      しかし、その手の提示がまったくありません。
      故に、解答したという方はそう思っているだけであり、各々が異なる答えを持っている為、統一された答えが無い。
      または、答えそのものが存在しない。
      もしくは、答えを求めるようなものではなく、何か別の面で楽しむもの
      ではないか?と考えました。

    • ほーがん より:

      ある日、私は森に迷ってしまった。
      (なんらかの事情で山中で事故にあい、かなりの重症で意識が朦朧として
      幻覚を見ながら彷徨っている)
      夜になりお腹も減ってきた。
      (そのなかで本能の食欲を満たす欲求は存在する)
      そんな中、一軒のお店を見つけた。
      (欲求が幻覚のなかで幻の店を作り出す)
      「ここはとあるレストラン」
      変な名前の店だ。
      (現実ではないので不特定な名前しか思いつかない)
      私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
      ・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
      (内臓にダメージを受けたせいか、血液が口いっぱいにあふれ出る
      それをナポリタンだと思い込み飲み込んでしまう)
      私は苦情を言った。
      店長:「すいません作り直します。御代も結構です」
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
      (この段階で臨終の寸前の幻覚、先ほどはまだ味覚が残っていたので
      塩辛いと感じたが、この段階では平気で味覚さえ失われている)
      (また幻覚をみながら死んでいくのに代金を請求されるわけはない)
      私は店をでる。
      しばらくして、私は気づいてしまった・・・
      ここはとあるレストラン・・・ (幻覚の中の名前)
      人気メニューは・・・ナポリタン・・・(口から血を噴出している自分)
      (店をでてかろうじて瀕死の状態で彷徨いかけたとき気づいた
      今あった事は、臨終間際の幻覚であったことを)

    • オースチン より:

      わかんないよ・・・・怖い怖い
      背筋が凍る・・・怖い怖いよ・・・・・

    • ラスプー より:

      ほーがんさんのは無理がありすぎるかと

    • 匿名 より:

      これの話オチは、
      主人公は「とあるレストラン」に初めて来て、
      みんながナポリタンを必ずお代わりするので、
      その様子を見て人気メニューだと思ってしまった、
      というものじゃないんですか?

    • 匿名 より:


      ・森にあること
      ・変な名前の店
      ・変にしょっぱく頭が痛い。
      という点の説明がないため意味がわかりませんよ

    • 長しえの地獄を彷徨うかな より:

      鳴っていろぱん ああ憂いね、三国
      鳴ろうとする 羅をタオ酷
      あった店って疼いか憂い沙倒う 得て石からビシ
      憂えど壊死まあ憂い沙倒う
      アデアット神酒艶這うどの苦? 憂いば諦い沙倒う 売る彼具鳴っていろぱん 御群憂風す
      魚治癒恨吐「失せ出る王家 込み上出る 憂さみそう阿仁歩くと恨さみうす」
      在って云おう御呪乞う諌倒う
      射合って崇まった 射合うピン恨へ 射合うピュー 後で吐くな
      憂ば諦い沙倒う 撃つ彼具鳴っていろぱん 御群憂風す
      潤す飲む一兆鳴っていろぱん怨憂いね三国無い沙倒う
      宛てしも無いね天何恨へ
      「鳴ろうとする 羅をタオ酷」
      当て朽ち燃えし猛怨熱気 明かない之主
      宛て逝けって誉ま彼印要らぬろ
      あった店っと闇に露舞い沙倒う♪ イヒュラ☆♪
      鳴ったままの巴の輪、ああ、悲しい国々よ
      氏の苦しみに苛まれるも、修羅は酷く思い、タオを呼ぶ
      在った筈の世が無くなり、何やら胸騒ぎを感じ、
      悲しみを覚え、我、倒れる 石を積む悪夢を見た
      悲しむけど、体は死者、死んだ後も悲しみで幾度倒れる
      深いところで美しい酒がある それに這い、辿り着く苦を何と例えよう 悲しくなり、諦め、悲しみで再び倒れる
      売って金に出来る道具も鳴ったままの巴の輪 悲しみの風にさらわれ、消し去られかける
      そこに、魚治癒恨吐(うおのなおしのねと)という者が現れ、「此処にはいつか地の底から現れる都市がある..地獄から地獄への道だ
      その道を歩くと、悲しみで我を忘れ、恨みに耽り、終には地獄にさらわれる」
      この苦痛から逃れるため、その人に会って助舟を乞う 「死ぬよりは良い」
      矢を射るような整姿で願ったが、恨みを覚え、
      後で苦痛を味あわせてやろうと念じる
      しかし、終に諦め、悲しみで再び倒れる 殺すための道具が鳴っている巴の輪 再び悲しみの風にさらわれ、消し去られかける
      のどを潤すのは唾のみ、途方も無い程の恨みと憎しみに駆られ、自らを悲しむ 天は何故見捨てられたのだろう とあてなき思いに耽る
      「死の苦しみよ幾らでも苛め、修羅よ酷く思え タオよ来れ」
      狂ったように叫び続けた しかし、何もおこらない天の掟
      何処に逝くのか もう自らの誇りを捨て、何もかも失ってもよいから、この世を脱したいと
      在った筈の世が闇に時雨を来し、我倒れる♪ 深苦の制裁よ☆♪

    • なぽりたん より:

      何か、この話聞いた日から、夜になると脳裏に何かが引っかかって眠れません・・ そういう心理学が作用してるんでしょうこの話は..
      それに、幻覚っぽいものも見えたりします
      ナポリタン恐怖症にもなりました
      どーすればいいんでしょう.. 恐いよぉ恐いよぉ恐い恐いよぉ恐いよ恐いよぉぉ恐い恐いよぉよぉ恐恐いよぉいよぉ恐いよぉ恐いよぉ恐いよぉ恐いよぉ恐いよぉよぉ

    • 匿名 より:

      元ネタは小学校5年生のときに国語の時間に習った「なんとかのレストラン」ってやつだよ
      森に迷ってレストランを発見してなんたらかんたらなるやつ

    •   より:

      いや注文の多い料理店は一般教養だし名前くらい覚えておきましょうよ…しかもぜんぜん関係ないと思うよ

    • aaa より:

      頭が痛い>とうがいたい>(「と」ある)つながりで「と」をとる>うがいたい>しょっぱくて うがいしたい>タン ナポリとタン 一回目タン>マズ>二回目ナポリ>ウマ>御代も結構です> おだいもけっこうです ではなく おかわりもけっこうです とよんでみる>しばらくしてお金を払ってないことに気づく>アヒャ

    • 通りすがり より:

      分かった気がするけどピンと来ない

    • 恐 怖 の ナ ポ リ タ ン

      ある日、私は森に迷ってしまった。 夜になりお腹も減ってきた。 そんな中、一軒のお店を見つけた。 「ここはとあるレストラン」 変な名前の店だ。 私は人気メニューの…

    • 徘徊者 より:

      しばらくして、私は気づいてしまった……(私は迷っているのに道を聞いてない更に思い出す)
      ここはとあるレストラン……(たとえ看板に書いてあっても「ここはとあるレストラン」を屋号とは思わないだろうに何故素直に納得した?)
      人気メニューは……(何故初めての店の人気メニューを知っているんだ?)
      ナポリタン……(私は腹を満たしたら助けを求めるはずだった、最初のナポリタンを食べて頭痛がするまでは・・・)
      (そして又森を徘徊する)

    • MT. より:

      元が英文で、訳してしまっているから、
      オチが分からなくなっている・・という事は無いかな?

    • 月の裏 より:

      人工知能は「恐怖のナポリタン」を「理解」できるか?

      オカ板でひさびさに懐かしい話(コピペ)を見た。一見、似たようなテイストの次の2話だ。要約してしまうと意味がないし、すでに各所でコピペとして流通している一方、原作…

    • 不審者 より:

      上のほうですでに出ている意見だったらごめんなさい。
      僕が解釈するに、「ナポリタン」とは、「なぽりタン」の事だと思います。
      よくオタクが、「○○タン萌え~!」と言う様に、名前の後の「ちゃん」を「タン」にしている訳です。
      で、人気メニューが「なぽりタン」って事は、材料に”なぽり”と言う女の子を使っている、と言う訳です。
      あくまで噂ですが、人肉はしょっぱいそうです。
      塩分が多いからだそうです。
      もう一つ考えられる事は、隠し味に「なぽりタン」を使用しているかもしれない、と言う事。
      つまり、その…、女性の○○から出る液体の事です……。
      あれも、噂によるとしょっぱいそうです。
      以上が、僕の考えた「ナポリタンの真相」です。
      色々とおかしい所も出てくるんですが…。
      長文失礼しました。

    • ぐい より:

      私はある日、森林の中でためらいました。
      胃についても数は夜、減少しました。 そのようなものと1では、店は見つけら
      れました。
      「ここに、あるレストランがあり」Itは奇妙な名前の店です。 私はポピュラーな
      メニューの”Napolitain”を命令します。 napolitainは数分後来ます。 私は食べ
      ます。
      ……は奇妙です。 それは塩辛いです。 それは奇妙に塩辛いです。 それは、頭痛が
      あります。 私は苦情を言いました。 「Itは、インチを吸い込みながら、それを..
      notにしようとします。マネージャ: また、料金も素晴らしい、ポンド
      napolitainは数分後来ます。 私は食べます。 それは今回冷えることです。
      私は店です。 しばらくして、私は、レストラン……ポピュラーなメニューが……で
      あると確信している……Aがここで……をnapolitainするのに気付きました。
      再翻訳しちゃいました
      でも、このままだとあまり意味が通じません
      しかし、8行目にある「……は奇妙です」にしたがって、他の「……」にそれを代入して、さらに再翻訳してみました。
      こうなりました
      私は森林の中である日ためらいました。 数は夜、胃に関して減少しました。 そのよう
      なものと1つでは、店は見つけられました。
      「あるレストランがここにあり」Itは奇妙な名前の店です。 私はポピュラーなメニュー
      の”Napolitain”を命令します。 Napolitainは数分後来ます。 私は食べます。
      ……は奇妙です。 それは塩辛いです。 それは奇妙に塩辛いです。 それは、頭痛があり
      ます。 私は苦情を言いました。 「それ:」 吸入をゆったり過ごす、インチそれは行き始
      めます。 マネージャ: そのうえ、素晴らしい料金があるポンドnapolitainは数分後来ま
      す。 私は食べます。 それは今回、冷たくなることになっています。 私は店です。 しば
      らくして、もっとも、気付かれた悪夢は奇妙さにここの奇妙なAによる死のリターンが奇妙なあの日の華やかなレストランのメニューが奇妙であると納得させた自殺をしました。
      最後らへんは・・

    • 顔文字。 より:

      「海亀のスープ」というお話によく似ていますね。
      これを改造して作られたものではないかと私は思いました。
      他に思いつかないし・・・
      間違ってたらごめんなさい。

    • うう より:

      ト・アールレストランで検索してみよう

    • アア より:

      ああ、ナポリタソでいいかも

    • 今さらだけど より:

      「森」にあると言われている噂のレストラン。案の定「迷ってしまった」わけだが。
      夜、お腹が減る頃に私は見つけた「ここはとあるレストラン」「変な名前の店だ」
      聞いた話では「人気メニュー」は「ナポリタン」とのこと。もちろん「私は注文した。」
      さっそく来たので食べてみる。どうしたことだろう?私は違和感を覚える。
      「なんか変だしょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。」
      私が苦情を言うと「すいません作り直します。御代も結構です。」と店長は謝った。
      数分後に来たナポリタンを食べる。今度は平気みたいだ。私はそのまま店を出る。
      「しばらくして私は」気づいた。「気づいてしまった。」
      「ここはとあるレストラン」の人気メニュー。ナポリタンの人気の秘密を。

    • 懐かしいな より:

      これただのアメリカンジョークだよ。
      タダでナポリタン食えるから、人気メニュー。
      そんだけ。

    • 匿名 より:

      分からん☆
      頭パニクッチャッテさぁ、
      頭痛くなってきちゃったよ~

    • 新参者に教える懐かしコピペ その1

      1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2006/07/27(木) 08:12:31.44 ID:FhonKh3N0 ヤバイ。宇宙…

    • とある人 より:

      分からん何がなんだか分からんホント誰か教えてクレーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    • うーん より:

      迷ってたどり着いた、来たことのないレストランのはずなのに
      人気メニューを知っていた。
      食べ終わってから、前に来たことがあると気づいたって話

    • 名無しさん より:

      ある日、私は森に迷ってしまった。
      夜になりお腹も減ってきた。
      そんな中、一軒のお店を見つけた。
      「ここはとあるレストラン」
      変な名前の店だ。
      私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
      ……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
      私は苦情を言った。
      店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
      私は店をでる。
      しばらくして、私は気づいてしまった……
      ここはとあるレストラン……
      人気メニューは……どうみても精子です……
      本当にありがとうございました。

    • nanasi より:

      実はこれ答え無いよ。
      知人に遊び半分で出された問題だし

    • 名無し より:

      ↑それが答えの無い証拠にはならないのですが

    • 匿名 より:

      なにコノ三谷幸喜が書きそうな話wwwww

    • ナガログ より:

      ナポリタン

      大人計画フェスで出店してた
      『マンハッタン ラブストーリー』を見てたら無性にナポリタンが食べたくなってしまい。早速レシピをググりましたところ、恐怖のナポリタンの…

    • 二葉亭雲雀 より:

      いろいろと調べたけど、自分なりの答えは、
      男は森に迷った。

      レストランを見つけた

      人気メニューがあった。

      しょっぱいのがでるし、頭痛とかするし、なんだかんだ食を楽しんでしまった。

      店を出てしばらくして迷ってたことに気付く

      道聞けばよかったorz
      ってことかなぁと・・・

    • 匿名 より:

      とあるレストラン
      ↓英訳
      Restaurant somewhere
      ↓スラング表現
      Restaurant in hell
      ↓和訳
      地獄のレストラン
      ナポリタン
      ↓(パスタには職業とか人種の名前が多いらしい)
      ナポリ人
      しょっぱいのは血の味。本来は人食のためのレストラン。
      カタギの人間が来てしまったのだから御代を要求する必要は無い。
      男は店を出てからとあるレストランの意味を知った。
      男はナポリタンにされてしまった。
      らしい。

    • 貴市 より:

      とあるレストラン  → 塩味が効いているレストラン
      certain restaurant → salty restaurant
      店主が看板をどうするか業者に聞かれたとき訛りが酷いので
      「ああ、とあるレストランか」と業者は納得してしまった。
      らしい

    • くむむ より:

      自分なりの考えで良いんですよね…
      森で道に迷い、空腹でふらふら。
      珍しい名前の店発見、入ってみる。
      当然のように人気メニューのナポリタン注文。
      食べるが、遭難後のしばらくぶりの食事に味気を失っていた舌の味雷は強く反応。
      故にとても塩辛く感じる、平常時と感じが違う。
      しかも血液が胃に集中し頭痛が発生。
      急な刺激(ストレス)で脳内麻薬分泌しまくり、興奮して店主に対し激怒。
      店長はビビって御代はチャラ。
      数分経って、口内の後味で舌が回復、血液も正常に戻り頭痛も回復。
      2皿目は普通に食す。
      店を出て少し元気になった所で気付いてしまう。
      なぜ人気メニューのナポリタンをメニューも見ずに注文できたか。
      男は道に迷ってから1度は入った事のある店に再び入っていた事を。
      森の中で同じ場所を回っていた事を。
      で、また途方にくれ歩き出し道に迷ってしまったり。

    • 阿部秀樹 より:

      【第1の解釈】
      主人公の「私」は、店の名前を「ここはとあるレストラン」だと認識しています。
      そういう看板が出ていたのでしょうか。
      次に、ナポリタンが人気メニューであると認知し注文しています。
      恐らくは、メニューにでも「人気メニューはナポリタン」などと書かれていたのでしょう。
      店を出た後、人気メニューにしては最初の一皿は何だったのか、
      という疑問に駆られた「私」は、気づいたのです。
      「ここはとあるレストラン」という変な名前と同様に、
      メニューに書いてあった「人気メニューはナポリタン」というのも、
      それ全体が品物の名前だったのではないかと。
      一応これだけでもオチはつきます。
      ただし、これだけでは物足りない気がします。
      【第1の解釈の続き】
      その後「私」はもう一つ気づいたことでしょう。
      森に迷っていたのに晩飯を食べただけで店を出てしまった!
      振り返っても、もう店は見えない、、、。
      書かれていない続編の中に、もう一つのオチがある訳です。
      でもまだ、物足りない気がします。
      【第2の解釈】
      実は、「ここはとあるレストラン」という店名を認識した時点で、
      既にヤバイのかも知れません。
      そういう看板が出ていたのではなく、架空のストーリーの登場人物である
      「私」が、そのストーリーの台本の「ト書き(→セリフ以外の説明文)」
      を、ダイレクトに認識してしまった、ということではないでしょうか?
      「ここはとある~」という表現は、台本のト書きなどで良く使われる
      表現ですね。
      人気メニューがナポリタンであることを認知したのも同様で、
      「私」はト書きから得た知識に基づいて注文をしてしまった、、、。
      ストーリーの登場人物にとって、ト書きをダイレクトに理解して
      しまっているという状況は、自分の住んでいる世界の秩序が完全に
      破壊されていることを意味します。
      「私」はそのことに気づいてしまった、、、。
      或いは、ト書きをダイレクトに理解するというおかしな現象の
      発見から、自分が架空のストーリーの登場人物であることに、
      初めて気づいた、ということなのかも知れません。
      ・・・どうでしょう? これなら納得ではできませんか?

    • 匿名 より:

      2皿目を食い逃げした。ということでいいんじゃないのか。

    • Noguchi@\1000 より:

      「恐怖のナポリタン」とは鮫島事件のことを意味している。
      鮫島事件の別バージョンである。
      つまり、同一の事件を別の角度から描写しているのである。

    • スキー合宿 より:

       「恐怖のレストラン」とは、集団レイプの話なんだよ。
      2度目はうまかったとか言っているが、輪姦して
      2周している、ってこと。
       食通はこんな感じで、味覚の話は通常しないよね。
      あくまで、何かに例えないと伝えられない異常さ
      だったのだろう。数十人でレイプしたとか。

    • 匿名 より:

      森に迷う
      地名やストリートなどの名前
      ここはとあるレストラン
      coco et al. Restaulant→ココナッツ料理専門のレストラン
      or
      cocoa to all  Restaulant→全てにココアを、ココア専門喫茶
      ナポリタン
      スパゲティではなくストロベリー・バニラ・チョコ(チェリー・ココ・etc.)等の三色アイスの事
      しょっぱい、頭痛い
      砂糖を塩と間違えた、冷たいので頭にキーンと来た
      しばらくして、私は気づいてしまった
      ココア喫茶なのにココアを飲むのを忘れたとか、
      ココミルクを飲むのを忘れたとかそう言う事
      恐怖の・・・
      英語の日記みたいなのを直訳したらなんとなく怖い話になったみたいな感じ

    • レストラン強盗殺人犯 より:

      >ある日、私は森に迷ってしまった。
      記憶喪失です。
      >変な名前の店だ。
      >私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
      記憶の呼び覚ましが始まる。
      >……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い
      辛い思い出が有るのか、自分では意識せずに涙が溢れ、
      ふラッシュバックにより頭痛が、、
      >しばらくして、私は気づいてしまった……
      >ここはとあるレストラン……
      >人気メニューは……ナポリタン……
      記憶が戻る。

    • 匿名 より:

      うんこmhgjkbgyhj

    • 秘密 より:

      この話は、ホントにあったの??
      あるわけないか・・・・・・・・・・・・・・・
      あったら怖いし  なぜナポリタン??
      他に、ハンバーグとかあるよね!?
      あと、もしかしたら、、
      ナポリタンを食べたら、記憶がなくなるって
      ことでゎなぃんですか??ちがいますよね・・
      あと、、これゎつくり話で、ホントの話でゎなぃので、答えなんかなぃと思います。
      それだけ

    • 皇極 より:

      ナポリタンというのは、ナポリ人という意味の英語です。男→ナポリターノ 女→ナポリターナ
      最初に食べていた→ナポリ人
      二つ目→普通
      人の肉は鉄くさくて食えないそうで、それを隠す為
      塩を大量に混ぜるそうです。
      そうすることで習慣性が出るらしいです。

    • 匿名 より:

      こんばんわ、、
      前にも言ぃましたが、やっぱり記憶なんですか?
      一度だけ前に答えを読みましたが文だらけで
      分かりませんでした!!
      なので分かりやすくお願いしまーす!!!
      それでわww

    • 修行者 より:

      「ここはとあるレストラン……
      人気メニューは……ナポリタン……」
      ですが、この「ここはとあるレストラン」を店の名前ではなくここは、「とあるレストラン」と、認識するとすると、出たはずなのに、レストランに居る、ってのが恐怖なんじゃないかな・・・
      分からないやwww

    • より:

      ジョークなんだから、もっと簡単に考えればいいと思うよ。
      「平気な物に作り直した上に、御代は結構です。」
      そりゃみんな頼むだろ。ってオチ。

    • 匿名 より:

      とあるレストラン → certain restaurant
      人気メニュー → popular menu
      ここは certain レストラン
      popular メニューは ナポリタン
      ということに私は気づく
      偶然の調理ミス→結果的にタダメシという状況の方が
      より自然かつジョークとして面白いかもね

    •   より:

      「変わったレストランで美味しいナポリタンを見つけたんだ」
      「何が変わってるの?インテリア?メニュー?」
      「今度こっちに来た時に教えてあげるよ」
      主人公には離れた地で暮らす恋人がいた
      その地に、今、主人公は訪れている。昨夜から何も口にしていない。
      夜になり、何かに誘われるように街に出る。
      見知らぬ土地で一軒のレストランに入る。
      「変な名前のレストランね・・・」そんな事を思いながら。
      彼の好きだったナポリタンを注文する。
      数分して出てくる。私は食べる。が、しょっぱい。頭も痛い・・・
      ・・・これは涙の味?ああ、私泣いているのか・・・あれだけ泣いたのに・・・何故?
      涙が止まる頃、パスタは冷めてしまっていた。
      店長がそばに来る。「どうかされましたか?」
      「ごめんなさい、ちょっとしょっぱくて」そう言って無理に笑ってみせると
      店長は私を見て何かに気付いたのか、優しくこう答えた。
      「すいません作り直します。御代も結構です。」
      店を出る時、店長は静かに言った。
      「・・・彼とは親友でした」
      まだボーっとしていた私の頭にその言葉はすぐには理解できなかった。
      しばらくして、私は気付いてしまった・・・
      ここはとあるレストラン・・・変な名前のレストラン・・・
      人気メニューは・・・ナポリタン・・・
      「変わったレストランで美味しいナポリタンを見つけたんだ」
      連れてきてくれたのは、・・・彼の想い

    • 妄想人 より:

      ここでもしそのナポリタンが人間を使った料理だったと仮定して・・・・・・、
      コック(殺人鬼)が森という人気の無い場所に店を出す理由には納得できる。
      そのコックは殺人し、死体の処理に困り、客に出す事で処理する方法を考えたとも思える。
      後ろめたい事があるから御代は貰わないのだ。

    • 匿名 より:

      additional都市伝説で解答が出るらしいよ。
      長年の謎がもうすぐ明かされるのかね….。

    • トオリスガリ より:

      英語の発音から、
      ナポリタン (neapolitan) -> にあ・ぽりーたん -> near pollutant -> 汚染物質に近い物?

    • L より:

      これは「正解」はないと思います。しかし、それらしい「正解」を考えて造ることはできます。それが、どれだけの説得力を持つかということです。
      この話に「落ち」があるとすると、「ここはとあるレストラン」と、「人気メニューはナポリタン」という言葉のあいだの関係にあるということになります。
      この二つは、「レストラン」「ナポリタン」と、カタカナ語であり、最後が「-an」の形になっていて、脚韻を踏んでいると言うことが分かります。語呂合わせの形になっているのです。
      しかし、それだけでは、男は、レストランを去った後、「何に気づいたのか」の説明になりません。
      次に「回答」を造ります。どこまでこれが説得性があるかが問題です。「落ち」というのは、そういうものだからです。
      「ナポリタン」というのは、「スパゲッティ・ナポリタン」のことで、トマト・ソースから造る、ナポリタン・ソースをスパゲッティとまぜ、その上にパルメザン・チーズを振りかけます。
      従って、これは「赤い色」をしたスパゲッティで、そこから「血」の連想も起こります。
      少し話をずらせて、日本の精肉屋は普通、切り分けた肉を客に売るのであり、皮を剥いだ牛とか豚の、姿・形の分かる肉塊は、客の目には触れないようにしています。日本人だとそれを見ると、気持ち悪くなる人が結構いるからです。
      しかし欧米の肉屋では、皮を剥いだ牛や豚の肉塊を、それと形が分かる姿で、鈎などにぶらさげて、客から見えるところに並べていることがあります。このような見事な牛や豚の肉です、という宣伝の意味もあるのです。
      日本人は、牛や豚の肉を食べますが、牧場などにいる牛などと切り分けられた肉のあいだの具体的イメージが希薄です。
      日本人はあまり意識しないか、あえて忘れている過程に、牛や豚の「屠殺」と「解体」という過程があります。欧米人は、この過程は多くの人が当然のこととして知っています。
      そこで、「ここはとあるレストラン」という言葉です。欧米の肉屋は、解体をするのですが、屠殺も実はします。最近は欧米でも、牛の処理などは、工場システムになっているかも知れませんが、日本人が魚を自宅で捌いていたように、牛や豚を自宅で屠殺し解体するということは、結構欧米ではあったことなのです。
      (ドイツのホモの大量殺人犯の肉屋が、青年や少年を殺して、その肉を食べ、ハムなどにして売っていたのですが、事件がなかなか発覚しなかったのは、肉屋が殺人や人肉解体などを行って、血まみれのエプロン姿でいたり、また店内に、人間の肉塊と思えるようなものがあっても、警察は、肉屋だから、それは当然だと考え、市民の訴えを無視していたためです。……これは歴史上有名な話です。1920年代のハールマンの事件です)。
      しかし、レストランは、肉を仕入れて料理はしますが、屠殺や解体までは行いません。勿論、牛や豚を仕入れて、屠殺・解体し、それを料理するレストランもないとは言えませんが、きわめて少数でしょう。
      以上の長い話の後で、どう「落ち」になるかというと、次のように読むのです:
      「ここは屠(と)あるレストラン(屠殺を行うことがあるレストラン)……」
      「人気メニューは、(血の色の)ナポリタン……」
      何を「屠殺(とさつ)」したのかは分かりませんが、その「血」を、ナポリタン・ソースに混ぜていたのでは……と気づいたという話です。(あるいは、森で道に迷った「人間の屠殺」かも……です)。
       

    • ヒノケン より:

      トアールってとこではナポリ人を食べてたんだって。
      ネタがわかるとつまらんね。

    • 匿名 より:

      簡単にいうと
      英語のスラングで「きたねえっていう評判の店」を
      「ナポリタンで有名な店」と文面通りに読んじゃったっていう話を理解せずに和訳したもの。

    • だからさ より:

      だから「ナポリタン」というメニューは日本の喫茶店
      か洋食屋にしか存在しないわけだが。
      なんで英語直訳云々て話しが度々でるのか理解に苦しむよ

    • 匿名 より:

      アメリカで「neapolitan」とは通例日本でいう「(スパゲッティ)ナポリタン」ではなく、「ナポリタンアイスクリーム」のことを指す。
      この「ナポリタンアイスクリーム」はバニラ、チョコ、ストロベリーの三色アイスのことであるが、
      それぞれ精液、大便、血を連想させることから「neapolitan=汚物入りの食べ物;まずい;不潔」というスラングが生まれた。

    • 紅蓮火葬 より:

      単純に行きましょうよ単純に。とかいいながらなにやら複雑に考えてみます。
      一つは単純に(ホント単純に)
      →おっただ飯ジャン♪ラッキー。っていうオチ。
      二つ目。
      →屠殺とか、ホモとか
      三つ目。(これは私の考え)
      →昔話のしじみ娘っていう童話知ってます?老夫婦が拾った娘が毎日料理を作ってくれて、でも料理中の風景を除くな、と言われ、でも人間だったら覗きてえべ?って感じで覗くと、味噌汁に尿を入れてたっていう話。それと同じで、おいしい元の尿を入れて、けど1回目はなぜか失敗して2回目成功的な。wwこんな雑多な推理があるかww
      四つ目。
      →これはとある企業の面接試験の内容だそうです。答えは「分からない。」
      五つ目。(持論)
      →答えは無くて作っていけ。と言う話なんじゃないですか?この話は老人が最近の若者の発想力を嘆いてこの問題で発想力を養ってもらおうとか。

    •   より:

      ていうかただ適当に書いただけの釣り文章だろこれ。

    • 匿名 より:

      そうか
      森をエンドレスループしていることに気づいた瞬間じゃないのか?

    • 恐怖マン より:

      わかったよ。大体こんなかんじだろ。
      ある日、私は森に迷ってしまった。
      →まず「森に迷っている」という時点で恐怖感を演出
      夜になりお腹も減ってきた。
      そんな中、一軒のお店を見つけた。
      →迷ってる最中見つけた、ということは初めてくる店である
      →一度来たことある店ならもうその時点で迷ってはいない
      「ここはとあるレストラン」
      変な名前の店だ。
      →意味のよくわからない名前にすることによって恐怖感を演出
      →変な名前の店だ、ということはこの店の存在を知らなかった
      私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
      →ここがポイント
      →なぜ初めてくる店の人気メニューを知っているのか?
      →どこかに人気メニューとでも書いてあった、という記述はこの文章からは見当たらない
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
      ・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
      →不気味なものを出されたのではないかという恐怖感を演出
      私は苦情を言った。
      店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
      私は店をでる。
      しばらくして、私は気づいてしまった・・・
      →気づいてしまった、いったい何に?
      ここはとあるレストラン・・・
      人気メニューは・・・ナポリタン・・・
      →「とあるレストラン」の人気メニューが「ナポリタン」ということを、自分が知っていた事
      つまり過去に来たことがある、そしてその記憶が消えているってことかな?

    • pom より:

      →・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
      豊胸の食塩水が。

    • pot より:

      俺が見た中ではこれが一番説得力があった。
      —————————————— 以下答え —————————————–
      いくつかの推測をもとにこれまでの意見をまとめて答えを作成してみた
      1、作者は日本人と仮定。外国ジョークは証言は多いがなぜか出典が無いようなのでとりあえず棄却する。
      2、おそらく長く使われてきた洗練されたものではなく素人が思いついて書いたもの。そのせいで答えが甘く、このような論争にはまったと思われる。
      3、2の仮定から、結末は文体から想像されるとおり一般受けするぞっとするオチだろう。あまり複雑な仮定をいれることもなく、答えが分かれば伏線も納得のいくものになるように作られたと思われる
      ある日、私は森に迷ってしまった。
      夜になりお腹も減ってきた。
      そんな中、一軒のお店を見つけた。
      「ここはとあるレストラン」
      変な名前の店だ。
      私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
      ……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
      私は苦情を言った。
      店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
      私は店をでる。
      再び夜の森の中を歩き出しながら私はさっきの不思議なレストランについて思いをはせていた
      ここはとあるレストラン…
      この変な名前には一体どういう意味があるのだろう?
      ここはとあるレストラン…ここは”と”あるレストラン…ここは”と”が有るレストラン…
      ここは咎(とが)あるレストラン??!
      レストランにおよそ似つかわしくない不吉な意味を思いついたとき、私の脳裏に一皿目のナポリタンの様子が鮮明によみがえってきた
      人気メニューは……ナポリタン……
      そのとき私は気づいてしまった……
      あの森深くたたずむレストランは、人間を調理して提供する、世にも禍々しい食人者たちが集うレストランではないのか
      その人気メニューの赤々としたナポリタン、変にしょっぱいあのナポリタンには…誰が使われて…
      私は秘密に気付いたことを感づかれないように、大声を上げて逃げだしたくなるのをぐっとこらえて急ぎ足でレストランから離れた

    • 匿名 より:

      この森には食人族がいる
      彼らは外界の人間を好んで食べるのだ
      私はこのことを知らなかったばかりに――
      私は森に迷っていた
      昼夜彷徨った挙句に一軒の店を見つけた
      疲れ果てた私は何でも口に運びたかった
      店長から告げられた人気といわれる”ナポリタン”
      私はとにかくそれにしてくれとせかした
      そして出てきた”ナポリタン”は・・・まずい・・・・・
      私にはとても食べることもできないほどまずいのである
      私は彼に苦情を言った
      ――これが私の最大の過ちである
      私は彼のような現地人ではない
      彼よりここの文化を知っているはずもない
      彼よりこの森のことを知っているはずもない
      彼はここに来るものを”ナポリ”かどうか判断していたのだ
      彼はまもなく私を――

    • ひんとは より:

      英語

    • 匿名 より:

      えっと
      ナポリタンが「汚い」というスラングを持っているという解釈は全くの嘘で
      実際は全く意味の無い文章らしいです
      つまり、自慢げに嘘の答えを話しちゃってる人を馬鹿にするコピペなんですが
      今はこの考えが正解だと思ってる人が多すぎますね
      でも、実際にnapolitanにはスラングがあって、(不潔という意味は含まれていないものの)
      あまり綺麗な意味でないのは確かなので、「答えが無い」が答えとも言い切れないのが現状ですね
      まぁこの文章の作者がそこまで考えて作ったとは思えませんが。

    • 赤麺 より:

      なるほどー。
      でも「咎あるレストラン」ってこじつけぽいですね。
      レストランの名前には大した意味は無いと考えた方が自然かもしれません。
      このナポリタンの秘密を知らない主人公は
      味が普通のナポリタンで無いことに気付き
      苦情をいい、店長は一般人だと気付いたので
      二度目には普通の皿を出したのかもしれません。
      でも、色々疑問は沸いてきます。
      バレたら困るんだから完全予約制にするとか。
      血が入ってたら味で気付きそうな気がする。
      だいたい血ってそんなにしょっぱくないし・・・^^;
      食べた人を味付けするために濃いものを食べさせた・・・とか考えたんだけど・・・
      頭が痛いのは頭の一部を切り取られたとか・・・
      で、自分の体の一部が料理に使われて
      店を出たときに気付く・・・・
      って無理ありすぎ(TT)

    • アルカナ酒場の常連 より:

      変な味がするから苦情を言ったら
      店長が「作り直してきます。御代も結構です」
      って言われて
      その後、平気で食べたが
      「おいしかったわけではない」
      それはただ自分の舌が慣れてしまったせいで
      料理は実は作り直してない
      だから御代も変わらない
      そして人気メニューの秘密は
      「ナポリタンしかないから」
      店を出てそれに気付き
      「一体何が入っていたんだろう・・・?」
      店の名前が「ここはとあるレストラン」
      そこで出た何が入っているか謎の「恐怖のナポリタン」
      って言うことではないでしょうか?

    • アルカナ酒場の常連 より:

      ↑色々情報と錯綜してますがw
      これでわかりそうじゃないですか?(○´艸`)クスクス

    • 匿名 より:

      恐怖マンさんの引用しますが…
      “ある日、私は森に迷ってしまった。
      →まず「森に迷っている」という時点で恐怖感を演出
      夜になりお腹も減ってきた。
      そんな中、一軒のお店を見つけた。
      →迷ってる最中見つけた、ということは初めてくる店である
      →一度来たことある店ならもうその時点で迷ってはいない
      「ここはとあるレストラン」
      変な名前の店だ。
      →意味のよくわからない名前にすることによって恐怖感を演出
      →変な名前の店だ、ということはこの店の存在を知らなかった
      私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
      →ここがポイント
      →なぜ初めてくる店の人気メニューを知っているのか?
      →どこかに人気メニューとでも書いてあった、という記述はこの文章からは見当たらない”
      のあと…
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
      ・・・なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
      →塩を食ったんじゃないか…と俺は思う
      “私は苦情を言った。
      店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
      数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
      私は店をでる。
      しばらくして、私は気づいてしまった・・・
      →気づいてしまった、いったい何に?
      ここはとあるレストラン・・・
      人気メニューは・・・ナポリタン・・・
      →「とあるレストラン」の人気メニューが「ナポリタン」ということを、自分が知っていた事”
      知っていた理由は生前に来ていたから、出された塩は盛り塩だった。。。とか?
      むちゃくちゃかな?すみません;;

    • MMeow より:

      これはみんなが考えてる事より、かなり単純な話だと思いますよ。先ず、「話」とその「おち」自体が単純過ぎて普通に書いたら全く面白くも、まして、恐くもないもので、それゆえに作者はわざと(または、本当に文才のない人なのか。。)意味不明な書き方をして読者の注目を得ようとしたんだと思いますよ。通常の知能の人間はこの様な不可解なものに遭遇すると「これほど訳の分からんものには何
      か深い意味が隠されている筈だ。」「絶対そんなに単純なものではないはずだ!!」と元々単純簡単なものを複雑に自分でしてしまうんですねえ。とにかく、私が思うに、これは正に「注文の多い料理店」を元に書かれたものですよ。先ず、森に
      迷って腹が減ったらそこにはレストラン。人気メニューがナポリタンなのでそれを注文。ナポリタンがしょっぱくて、頭も何故か痛くなる。それは、そのナポリ
      タンが主人公の脳味噌の一部でつくられているからで、(人間の血は塩分が多いし、脳味噌の一部を取られているのだから、頭が痛くなるのは当たり前。) 作り直しのナポリタンは平気だったのは、もっと脳味噌を取られて感覚が鈍くなったから。勿論、料金はただよねえ。だって、自分で自分を食べたのだもの。

    • キル より:

      あー、でもさ?
      皆なんとかかんとか言ってるけど。
      2度目の普通の味のナポリタンは
      なんなわけ?
      ソレを証明したら普通に認める。

    • 匿名 より:

      人気のあるメニューとは何かを考えれば自然と答えが出てくるよ。世間一般的にその店で一番多く注文されるメニューが人気となる。
      おそらく最初は、店側か客かはわからないが噂を流しただれかがいるのだろう。
      人気があるなら、一度食べてみようと思うのが人情というもの、たとえ大しておいしくないものでも、よほどはっきりと物を言える人でない限り、人気のあるものをまずいと言えまい。
      もし、あそこのナポリタンはおいしくないと言う人がいたとしても、少数派の意見はあまり参考にされず、噂だけが一人歩きしていく。
      これは、お話の中のことであるけれど、現実の世界でもそういったものがチラホラ散見されるよね。

    • 七誌 より:

      これだけの興味を引かせた時点で、オチの有る無しに関わらず素晴らしいネタだと思います。それが意図されてなら、作者は天才かも。
      あとは、他の人が不特定多数に向けて興味を煽るようなコメントをする。例えば解った振りをして怖がったり。ってのは何処でも大なり小なりあるので、コピペしてる人もそういう風に楽しんでるのかもしれまん。
      私的には既に書かれた方もいますが、「塩味の効いたレストラン」を「ここはとあるレストラン」と読み間違えたという説がしっくりきました。
      以下説明
      この店長は自分がマイナーな食事を作っている自覚があるのでわざわざ人里離れた森に店を構えた。
      たまにくる客はナポリタンを目当てにやってくるので、自然人気メニューに。しかし、そこに現れた主人公は知らずに食べたので苦情を、店長は小心者なのであっさり普通のナポリタンを作り直す。
      主人公、店を出てから可笑しかったのが自分の方だと気がつく。
      面白みもありませんが。それで言うと、
      最後に主人公が気がついた内容ってのが、また見当違いだった。という落ちだったらまだマシか。
      以下説明
      森にあった可笑しな名前のレストラン。出てくる料理は妙な味のナポリタン。赤いソース、まさか血?しかもそれが人気って事は…。
      この場合は人間に有りがちな心理なんじゃないかと。そりゃ森で迷って、少しでも可笑しな事に出会うと人間、化け物くらいは幻視します。
      「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」

    • 匿名 より:

      英語で有名なジョークですね。
      日本語で考えても全く理解できません。
      アメリカで「neapolitan」とは通例日本でいう
      「(スパゲッティ)ナポリタン」ではなく、「ナポリタンアイスクリーム」のことを指す。
      この「ナポリタンアイスクリーム」はバニラ、チョコ、ストロベリーの三色アイスのことであるが、
      それぞれ精液、大便、血を連想させることから
      「neapolitan=汚物入りの食べ物;まずい;不潔」というスラングが生まれた。
      というコメを発見

    • aaa より:

      大本はアメリカンジョークで、
      napolitanに『汚い』という意味のスラングがあると言うのを前提に
      This is a restaurant famous for napolitan
      (ここは汚いことで有名なレストラン)
      と言う文章を
      This is a restaurant
      (ここはとあるレストラン)
      famous fot napolitan
      (ナポリタンが有名/人気メニューはナポリタン)
      と、別々に読んでしまったというジョーク。

    • bbb より:

      英語ジョークだと言い切る人たちよ
      ジョークの全文を載せてみてくれ
      まだお目にかかったことがない
      Google”This is a restaurant famous for napolitan”
      検索オプション1 件 (0.25 秒) 英語のページを検索
      検索結果
      gakkobbs.jp – Site Info from Alexa – [ このページを訳す ]
      2, 柳井 bbs, 1.38%. 3, 20 彼氏 ほしい, 1.32%. 4, ネ申 待ち bbs, 1.29%. 5, 恋バナ au, 1.16%. 6, aika チート, 1.15%. 7, 蘇我 bbs, 1.11%. 8, mixi 絡, 1.10%. 9, greeeen 学校, 1.10%. 10, this is a restaurant famous for napolitan, 1.07% …
      http://www.alexa.com/siteinfo/gakkobbs.jp

    • ν速民 より:

      鮫島事件と同じ。答えなんて無い。ただの釣りだよ。正解なんて探しても馬鹿なだけ。

    • aa より:

      元ネタは森に住む魔女が旅人を閉じ込める話。

      旅人が空腹に気が付き魔女のレストランへ入る。
      人気メニューのシチューを注文するがしょっぱい。頭痛もする。
      中に「忘れ薬」が入っているからだ。そうとも気付かず食べる旅人。
      ふらふらと店をでる。しかし帰り道が思い出せない。
      何でこんな森を歩いているのかも、自分が誰かも思い出せない。
      たどり着いたところは魔女のレストラン。

      この店は見たことがあるような・・
      歩き疲れて腹が減っている。
      人気メニューはシチュー・・

    • poppo より:

      和訳したら意味が伝わらないアメリカンジョーク。
      アメリカのスラング(俗語)でナポリタンは、汚物やら汚れたとかそういった意味がある。
      ナポリタンという料理は日本にしか存在しない為、アメリカでメニューに並ぶ事はない
      「とあるレストラン」は英文をそのまま訳すと「どこにでもよくあるレストラン」で、文字を入れ替えれると女性の生理の俗語になるそうだ.
      つまり、 道に迷い「汚物愛好者専門の店」を「普通のレストラン」だと思って入店した。
      一番人気のナポリタン=汚物料理を日本料理=ナポリタンだと思い注文した。
      不味いとのクレームで店側は一般客だと気がついて普通の料理を出した。食事後に「どこにでもよくあるレストラン」という看板で、ここは「汚物愛好家専門の店」だと気がついた。 という話。
      「どこにでもよくあるレストラン」の部分をもっと単純に「NO1」の看板が見えたので入店したら「NO1&NO2」(お〇っこう〇こ)だったというバージョンもあり。

    • ggg より:

      アメリカンジョークらしいです。

      店の前に
      This is a restaurant
         famous for neapolitan
      と書かれてあった。

      私はそれを
      This is a restaurant (ここは とあるレストラン)

      famous for neapolitan (ナポリタンが人気です)
      とこの文章では解釈。

      でも本当は
      This is a restaurant famous for neapolitan (ここは不潔で有名な店だよ)

      なんですって。

      どうやらアメリカではナポリタンは料理以外に「不潔」という意味があるみたいですよ。

    • orz より:

      自分も注文の多い料理店おもいだしたなw

    • イマニー より:

      通りすがりです
      neapolitan には「ナポリ人」という意味があります
      ナポリ人と翻訳ソフトに入れればわかると思います

    • 匿名 より:

      This is a restaurant famous for napolitan.
      「ここは汚い事で有名なレストランです。」という訳になります。

    • 10さい より:

      本当に、意味わかんねよ?

    • 匿名 より:

      ここはとあるレストランを英語にして
      有名なナポリタンを英語にして
      その英文2つ組み合わす

      英語できる人意味わかるはず

    RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


    コメントして下さい to レストラン強盗殺人犯

    同一カテゴリ内記事

    最近買ったモノ


    Template: TheBuckmaker.com Blog Themes | Website Hosting, Gesundheitspapst