• 管理人へのメール

  • crossbreed tumblr.  ※画像をクリックして拡大できます tumblr-タンブラーって何?tumblrの始め方
    最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    はてなブログ始めました この記事を読む → はてなブログ始めました http://crossbreed.tv/archives/201709011610.php お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? この記事を読む → お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? http://crossbreed.tv/archives/201501150028.php キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) この記事を読む → キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) http://crossbreed.tv/archives/201501101258.php みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 この記事を読む → みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 http://crossbreed.tv/archives/201501101122.php 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX この記事を読む → 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX http://crossbreed.tv/archives/201411300014.php
    同カテゴリ内最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    わたしの復讐劇14「医学部の元カレと共謀して彼女を追い詰めた」 この記事を読む → わたしの復讐劇14「医学部の元カレと共謀して彼女を追い詰めた」 http://crossbreed.tv/archives/201409012359.php わたしの復讐劇13「生きていたいのなら、お前が便器の水を飲め」 この記事を読む → わたしの復讐劇13「生きていたいのなら、お前が便器の水を飲め」 http://crossbreed.tv/archives/201407110003.php 無人島で10年過ごしたのび太 この記事を読む → 無人島で10年過ごしたのび太 http://crossbreed.tv/archives/201403211354.php わたしの復讐劇12 – 浮気が発覚しても別れないと宣言された この記事を読む → わたしの復讐劇12 – 浮気が発覚しても別れないと宣言された http://crossbreed.tv/archives/201402110930.php 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない この記事を読む → 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない http://crossbreed.tv/archives/201402091040.php

    1月
    22
    2008

    魔王の遊戯

    カテゴリ:2ch |

    STARを押してこの記事を評価お願いします→
    つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (1票, 平均: 5.00)
    Loading...


    新ブログ始めました!
    http://crossbreed.hatenablog.com

    maou.jpg
    いつもなら2ちゃんねるのレスは裏クロスブリードに載せるのですが、今回のはちょっとグっときたので、紹介します。

    1::2007/12/22(土) 15:38:51.14 ID:AOnCzu2J0

    七歳の従弟は今時の甘やかされたガキだ。
    自分はくたびれた事務職(クレーム対応)だ。
    愚かにも謀反を起こすというので、
    徹底的に潰してみた。


    なにやら穏やかじゃないカキコミ。7歳相手にそれはないだろう、と。


    2::2007/12/22(土) 15:39:40.70 ID:AOnCzu2J0

    ひさしぶりに母方の田舎に帰った。
    普段実家には帰ることもあるが、雪深い長野に戻ることはもうしばらくぶりだ。
    雪が降っている。

    母「従弟達がお前を待ってるよ」

    田舎らしく従弟が多い。
    どいつもこいつも
    祖父母の住んでいる家につくなり、今時の甘やかされたらしいガキが飛んできた。
    母言うところの従弟の一人だ。後ろ髪だけをずるずると伸ばしていて、手にはDS
    仮によしおとする。濃い眉が小島よしおそっくりだ。

    よしお「誰だテメー!」

    ガキ特有の金切り声。
    無視して祖父母へ挨拶をした。


    3::2007/12/22(土) 15:41:24.80 ID:AOnCzu2J0

    祖父母は社会人となった自分を、立派になってと褒めてくれた。
    紹介を済ませた母は買出しに行くと言う、荷物もちに付き合おうと言うと、

    「もっと大事な仕事がある」

    と言う。
    挨拶を済ませて母についていくと、仏壇の置いてある部屋に連れて行かれた。

    母「頼むね」

    全部で5人のガキが居た。


    帰りたくなった。


    ああ、わかります。ユイナが通う保育園もこんなお子様ばかりです。ぶん殴りたくなりますよね。あと小学生+DSというのは今やデフォルトなんだそうですね。なんだか怖いですね。

    続きは以下より。


    5::2007/12/22(土) 15:43:58.99 ID:AOnCzu2J0

    五人のうち一人は先ほどのよしおだ。

    よしお「勝手に入ってくんなよ!!」
    母「仲間に入れてあげてねー」
    よしお「いーやーでーすー」

    わあ鬱陶しいなあと生ぬるい笑顔でハイハイ子守子守と部屋に。
    母はよしおを猫なで声で説き伏せて、買出しに出かけた。

    自分「……」
    よしお「おいお前何モンだよ」

    問答無用で無視だ。


    6::2007/12/22(土) 15:45:12.10 ID:AOnCzu2J0

    よしお以外の子供達はおそらく皆小学生低学年といったところ。
    全員男だ。
    よしお「おい聞いてんのかよ」

    自分「………」
    よしお「jふぁじょえjんまjgほあwふぁえmwぼはおえあjmg;あうぼいえじゃ」

    よしお、がなる。
    自分、ただ胡坐で仏壇のあたりを見ている。
    よしおが黙るまで待った。


    9::2007/12/22(土) 15:47:58.08 ID:AOnCzu2J0

    よしお「なんだよバカじゃねーの!?」

    この言葉を最後に、よしおは言葉尽きたのか沈黙した。
    子供達は気まずそうに黙っている。
    仏壇のあるうすぐらい部屋に子供五人、そして仏頂面で座ったまま黙り込む大人。
    大人は明らかに異物だった。
    よしおが落ち着いたので口を開いた。

    自分「さっきのが母のみゆきおばさん。で、君はどこの誰の子?」

    自己紹介を済ませ、よしおにたずねた。
    力関係から言って、こいつがジャイアンだ。


    10::2007/12/22(土) 15:51:53.96 ID:AOnCzu2J0

    よしお「…よしお」

    よしおは名前を言った。他の子供達はよしおの動向を見守っている。
    もしよしおがまた自分をバカにしたり、自分がそれに反抗したら
    きっとよしお側について大人をバカにしたような言動をとるんだろう。
    わかりやすい力関係が見えた。

    自分「そう、よしお」

    君、はつけない。
    こちらがいくつも年上だ。

    よしお「なんだよ」
    自分「よしおは誰の子?」
    よしお「正春だけどなにか?」

    おぎやはぎめ。
    自分は少しリアルで聞いて嫌な気持ちになる。

    自分「それならいとこ同士だね、」
    よしお「は?」
    自分「血縁関係だってこと。どんな人かもわからないのに初対面いきなり
       失礼な態度をとるもんじゃあない」

    正春おじさんに迷惑がかかるだろうと言うと、よしおは黙った。


    13::2007/12/22(土) 15:55:25.73 ID:AOnCzu2J0

    年の離れた従弟が普段から初対面だろうが大人だろうが、

    おまえ、
    テメー、
    ウゼー、
    キモイ、

    そう言葉を叩きつけているということは母より聞いていた。
    大人をナメることを最近の子供は覚えている。

    自分「じゃあ君達は」

    よしお以外の少年達に聞いてみると、従弟とはとこだった。
    よしおは不満そうにしている。いきなり現れた大人に仕切られるのが気に入らないのだ。

    よしお「は?俺おこらすと怖いよ?」
    自分「……」

    子供はこれだから嫌いだ。


    15::2007/12/22(土) 15:59:17.36 ID:AOnCzu2J0

    ゆっくり書く。
    なんといっても長野は寒いんだ。

    自分「そうかい怖いの、わかったわかった」
    よしお「おい!」
    自分「じゃあ遊ぼうか」
    よしお「俺達はてめーとなんか遊びませんー」
    自分「おまえに言ったわけじゃあないよ、」

    ぐるりと見渡すと、子供達は微妙な顔をしている。
    力関係をさだめているのだ。
    おそらくよしおは傍若無人に振舞っていたに違いない。
    もしこちらが有利ならたちまちこちらにつこうかという魂胆。

    よしお「オレ(カメ、と同じ発音)DSやるもんね!」
    自分「そうかい」
    よしお「お前もってないんだろ!」
    自分「持ってるよ」

    よしおはえっ、という顔になった。
    まさか持っているとは思わなかったんだろう。

    16::2007/12/22(土) 16:02:30.82 ID:AOnCzu2J0

    よしおは鼻息荒く本当に持ってるのかと問い詰めてきた。

    自分「もちろん」

    自分が取り出したDSは
    ニンテンドーDS Lite νガンダムver.
    赤々と刻まれたマーク。

    自分「どうだ」

    ガンダム…
    と、一人の少年がそれを見て呟いた。
    そうともガンダムである。
    よしおは黙った。


    17::2007/12/22(土) 16:04:33.93 ID:AOnCzu2J0

    よしおは自分を遊び相手だと認めたらしい。
    笑えるほど単純だ。

    よしお「お前ポケモンできる?」
    自分「できるよ」
    よしお「じゃあ遊んでやんよ」
    自分「いやだね」

    よしお、沈黙。

    自分「これじゃあたった二人しか遊べないから、いやだね」
    よしお「そんなの持ってねーのが悪いんだよ」


    18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 16:06:58.66 ID:1V1BYSrW0


    テラ大人げナスwwwww


    19::2007/12/22(土) 16:07:26.90 ID:AOnCzu2J0

    よしお「つまんねーんだよお前!!」
    自分「つまらないのはお前だよ、お前がポケモンやってるところなんて見たって、
        面白くもなんともないよ」
    よしお「どうだっていいだろ!」
    自分「だからみんなで遊ぼうって言ってるんだよ」
    よしお「お前となんて遊びたくない」
    自分「そんなことは、この我に勝ってからにするのだな…」


    ドドドドドドドド…

    と呟きながら立ち上がり、構えを取った。
    子供達は皆一様に目を丸くしている。


    22::2007/12/22(土) 16:10:11.14 ID:AOnCzu2J0

    よしお「…は?」
    自分「かかってくるがいい、一人でかかってくるのが怖いのなら全員でもかまわぬ、フハハ!」

    突然君臨した魔王に子供達はおどろき、とまどっている!

    よしお「オレ(カメと同じ発音)強いって言ってんだろ!」
    自分「たかが人の子ごときが吠えるで無いッ!」

    仏壇から割り箸を取ると、そのまま握力でへし折ってみせる。
    パフォーマンスが好きなのは魔王の常だ。


    24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 16:12:40.48 ID:b9ye8v7x0

    びっくりするほどユートピアと同じ匂いがするwwww
    人類最強だからともwwww

    26::2007/12/22(土) 16:12:53.95 ID:AOnCzu2J0

    よしおが身構えた。
    子供達もつられる。
    かわいいものよ。

    自分「よしお、まずDSを置いたらどうだ、フハハ、戦いの最中壊してしまっても知らぬぞ」
    よしお「うるせーよ!!」

    と、言いながらもよしおはDSを置いた。
    所詮子供よなあ。

    自分「子供ら、場所を変えるぞ。…ここは我の力を試すには脆すぎる」

    障子も仏壇もあるしな。
    子供達は素直についてきた。
    大広間に移動。


    29::2007/12/22(土) 16:17:02.84 ID:AOnCzu2J0

    大広間は村の集まりや、一族の行事ごとを行う時に使われる部屋で、20畳以上はある。
    子供達はこの雪深い村に押し込められ、大人たちの下らぬ行事に付き合わされる
    ストレスを溜め込んでいるように見えた。
    こちらは柱の角に座布団をあてがう。
    もしも転がっていって頭でもぶつければ、か弱き人間の童ごときにたえられるものではない。

    自分「武器はいらぬか」
    よしお「は?」

    自分はつんであった新聞紙の束をよしおへと放り投げた。

    自分「三分間待ってやる」

    よしおは、おい、と子供達に号令をかけた。
    子供達は懸命に時計を見比べながら新聞紙を丸め、広告を丸め、剣を作り出す。
    その間、魔王なのでそれらしい呪文をぶつぶつと唱えながらそれらしい雰囲気を作ってやる。
    魔王も楽ではない。


    30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 16:19:03.14 ID:1V1BYSrW0

    魔王イイヒトwwwwww


    31::2007/12/22(土) 16:20:58.49 ID:AOnCzu2J0

    よしお「いくぞ!!」

    五人はめいめい手に武器を持って広がって、我を取り囲んだ。

    魔王「ほう…やはり五人まとめてかかってくるか、賢明なことだ」
    よしお「うおおおおお!!!」

    よしおが大声を上げて剣を振りかぶる。
    魔王は即座に剣を掴んだ。捻る。
    たかが新聞紙ごときでできた剣、たちまちぐんにゃりと魔王の手の中でひしゃげた。
    そしてよしおの足をやすやすと払う。
    よしおはどすんとしりもちをついた。奪った剣を捨てる。

    よしお「きたねーぞ!武器つかみとか!」
    魔王「戦いに汚いもきれいもないッ!」

    よしおの両足を掴む。膝をがっちりと押さえ込んで持ち上げる。

    魔王「フハハハハハハ!!」

    ジャイアントスイング開始。


    33::2007/12/22(土) 16:24:01.05 ID:AOnCzu2J0

    よしお回転。

    回回回回回転。 回回回回
    魔王回転。    回   回
    魔王回転。    回   回
    回回回回回転。 回回回回
    回、がエロに見える不思議。
    よしおは絶叫した。
    子供らも「よしおー!!」と叫ぶ。

    魔王はよしおを無常にも積み上がった座布団の山へと投げた。

    魔王「フハハハハ!いい格好だ!!」

    よしおはシャツがまくれあがってヘソ丸出しの格好で座布団へと沈む。

    36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 16:25:40.99 ID:sU2Vehjy0

    さりげなく魔王がエロくなってる

    39::2007/12/22(土) 16:28:18.96 ID:AOnCzu2J0

    魔王たる我はゆっくりとよしおへと歩み寄る。
    途中、勇者から奪い取った剣を拾い上げ、手のひらの中でグニャグニャと丸めて
    殊更に少年達へ力を見せ付けた。

    魔王「どうした、もうしまいか」

    よしおがうめく。よしおへ駆け寄る少年達。

    魔王、人差し指で手招く。

    魔王「あまりに弱し!面倒だ五人まとめてかかってこい!!」

    少年達はうなずきあい、よしおを抱え起こすと今度こそ真剣に構えた。
    我は剣をムチのようにしならせ、反り返って笑い声を響かせる。

    魔王「フフフ…ハハハ、フアーッハッハッハッハッ!!!」
    よしお「行くぞ!!」
    少年「おう!」

    団結は美しい。
    しかして弱い、弱すぎる。


    43::2007/12/22(土) 16:32:38.90 ID:AOnCzu2J0

    まずよしおが魔王の頭目掛けて、少年から受け取った剣を振り下ろそうとする。
    魔王は甘んじてそれを受け、自らの防御力の高さを誇示した。

    魔王「こんなものが効くと思うかッ!」

    よしおをとらえると、肩に米俵のように担ぎ上げる。
    所詮七歳児よ、軽い軽い!

    魔王「人間の子供ふぜいが!!笑わせるわ!!」

    鼓を打つときのようにヨォーッポン!ヨォーッポン!とよしおの尻を手のひらで叩く。
    立ち向かってきた少年には足払い。雪を踏むように踏みつけに。
    ついで向かってきた少年をモモンガ(太ももへとごく弱い膝撃)
    魔王の背後からしがみついてきた少年は、ムチの一撃でなぎ払った。
    一人逃げたか…他愛も無い。


    44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 16:34:42.65 ID:ZgALyMb4O

    悪業三昧だな


    46::2007/12/22(土) 16:35:49.91 ID:AOnCzu2J0

    よしお「はなせよー!!!ぶっころすぞテメー!!」
    魔王「自分の立場をわきまえることだな」

    よしおをわざわざモモンガに悶絶する少年のすぐ側に落とす。
    もちろん尻餅をついたことだろう。
    モウコハンがまだきえていないか?ええ?

    よしお「全員でいくぞ!!」

    魔王は手にムチ一本。
    四人の少年が飛び掛ってきたのを一掃。
    わざわざイチイチ偽者くさい柔道技で沈めていく。

    魔王「弱い!まったく人間の子供というのは弱い!四人かかってこれとは!ハッハ!!」

    49::2007/12/22(土) 16:41:15.54 ID:AOnCzu2J0

    魔王時間で六年くらい、人間時間でいう三十分千切っては投げ、千切っては投げを繰り返した。
    だんだんと少年達のHPが少なくなってきたのだろう。
    浴びせられる攻撃も弱まっている。

    魔王「ふむ…そろそろ自分達がどうしようもない弱いものだということがわかっただろう」
    よしお「うるせえ…」
    魔王「何か言ったか、ええ?」

    仰向けに転がっていたよしおの股間を踏みつけた。ギュウ、と愉快な悲鳴をもらす。

    魔王「これに懲りたら、初対面の大人には挨拶し、節度を持った態度でのぞむことだな!!」
    よしお「………」

    子供達、それからよしおを眺め渡す。

    魔王「わかったかと聞いているッ!!(グッ)」
    よしお「わかった!!!」

    子供達も続いた。
    「それでよいのだよ、フハハハ!」

    魔王、勝利。


    52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 16:42:57.47 ID:EZmp749/0

    >>1はいい父親になりそうだ


    53::2007/12/22(土) 16:45:22.68 ID:AOnCzu2J0

    魔王「いっぱい動いたら汗をかいちゃったね」
    よしお「…え?」

    よしおから足をどけると、どっかりとあぐらをかく。

    魔王「疲れた?」
    ひろし「疲れた…」

    ひろしはぐったりとしたまま呟いた。

    ラモン「ごめんなさい」
    よしお「喉渇いたな」
    魔王「うん」

    よしおはふすまを開け、

    よしお「ばーちゃーん!!!ジュースとお菓子持ってきて!!!!」

    問答無用で胸倉掴んでお盆チョップ。

    魔王「さっき言ったことをもう忘れたか!!」

    魔王はジュースを取ってきてやると言って一旦退場。


    56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 16:47:46.43 ID:1V1BYSrW0

    魔王いきなり普通口調w


    58::2007/12/22(土) 16:48:57.79 ID:AOnCzu2J0

    祖母「ねえ、さっきドスンドスンなにやってたん?」
    魔王「ちょっとしたゲームですよ、ハハハ!」

    命をかけた…ね。
    きょとんとする祖母を後に、大広間へ戻る。
    総勢三名になっていたのは、残りの二人がテレビをみていたからだと気づいた。
    ぺこりと二人がコタツに入りながら会釈をしたので、許す。
    祖母のもとに逃げ込むとは狡猾よなあ。

    魔王「さて諸君、ジュースだ」

    ジュースを振舞う。

    よしお「かりんとうとかいらねーよ」

    お盆チョップ。

    魔王「やはり貴様にはまだ、教育が足りない…」
    魔王「貴様の大事な大事なDS…今どこにあったかなァ?」

    ハハハハ、とのけぞって笑う魔王を残して少年達は先ほどの仏壇の間へジュースを置いて走っていった。


    60::2007/12/22(土) 16:51:19.83 ID:AOnCzu2J0

    よしお、血相を変えて戻ってくる。

    よしお「返せよ!!!」
    魔王「はて、何のことであったか」
    ラモン「DSだよ!!」
    ひろし「返せよ!」


    意外にも友情は生まれていたのであったか。
    よろしい、大変に結構だ。

    魔王「DSのありかを教えてほしくば、我に勝つことだな」

    少年達は沈黙する。力では勝てぬとわかったのだろう。

    魔王「簡単なゲームだ」

    狂乱の遊戯の始まりだ。


    61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 16:53:26.10 ID:bh/OEJ7zO

    テラ死亡遊戯wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    64::2007/12/22(土) 16:55:13.37 ID:AOnCzu2J0

    ラモン「ゲームって?」
    魔王「隠れ鬼さ」
    よしお「くだらね」
    魔王「先攻は貴様等だ、貴様等全員を見つけられねば我の負け、
        次に我を見つけられねば貴様等の負けだ」
    よしお「俺らのが楽じゃね?」
    魔王「そうとも、人間風情にはこれしきのハンデくらいくれてやらねば」
    ラモン「いいから普通にDS探そうぜ」
    ひろし「うん」
    魔王「勝った暁には、我のDSとPSPを進呈すると言ってもか?」
    少年「!!」


    68::2007/12/22(土) 16:57:37.96 ID:AOnCzu2J0

    俄然やる気になる少年達。
    ラモンとひろしが、どっちがPSPをもらうかですでにもめている。

    魔王「散れィ!時間は三十秒しかないぞ!」
    よしお「行くぞ!!」
    ラモン「おう!」ひろし「おう!!」

    少年達は広間をどたどたと駆け出していった。
    もちろんよしおのDSは我がしっかりと尻ポケットに入れてある。
    まさか遊戯中にDS探しに走らぬように、な。

    魔王「ハハハ!逃げろ逃げろ!!」


    70::2007/12/22(土) 16:59:49.54 ID:AOnCzu2J0

    低い地を這うような声を作りながら、

    魔王「いいいいいちぃいい、にぃいいいぃいい、さぁあああああん…」

    と数え上げる。
    まだドタドタ走り回る足音は止まない。
    田舎の家は広いのだ。
    隠れるところなぞいくらでもある。
    と、カラカラ…と家のドアを開けたかすかな音を聞きとがめる。

    魔王「一歩でも家の外に出てみろ!貴様のDSは二つ折りだ!!!」

    ピシャン!!とドアが慌てて閉まる音がした。

    72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 17:01:19.47 ID:PmogHPIe0

    >>70
    すべてお見通しww 流石は魔王、かっけえwww


    73::2007/12/22(土) 17:02:20.96 ID:AOnCzu2J0

    魔王「サああああーティ…」

    パチン、と指を鳴らす。

    魔王「さあ、狩りの始まりだ、…興ぜよ!!そしておののけ愚民!!」

    魔王出陣。


    77::2007/12/22(土) 17:07:24.34 ID:AOnCzu2J0

    魔王はわざわざ足音を荒げ、

    「どこに逃げたか隠れたか…姿は隠せどもにおいは消せぬようであるな」

    などと隠れた人間の恐怖心を煽るようにしながら進軍していく。
    魔王は伊達にここで何十回もこの遊戯に興じてはいない。
    ましてや子供の浅知恵、どこに隠れるかなどだいたいの予想はつこうかというもの。
    こういう場合、まず小心者の卑怯者は安全地帯に逃げ込むのが定石である。
    魔王はまよわず、祖母がいる部屋に入りこんだ。
    少年二人はいまだに一緒にくっついてテレビを見ている。
    よきことである。

    祖母「おやどうしたの?」
    自分「うん、ちょっとみんなでかくれんぼしてるんだ」

    少年二人が顔を見合わせた。
    いる。


    80::2007/12/22(土) 17:10:53.40 ID:AOnCzu2J0

    祖母はしわくちゃの顔をくしゃりとして笑った。

    「おやまあ、寒いから風邪ひかないようにね。みんなにも言ってちょうだいな」
    「もちろん。安心してくれて大丈夫だからね」

    言うなり、祖母の入っているコタツの布団をめくり上げた。

    魔王「見ぃいいいいつけたぁああああああっはあははははは」

    小さくそう言ってやると、顔を真っ赤にしていたひろしは力なくぐったりとうなずいた。
    他愛も無い。


    83::2007/12/22(土) 17:14:44.81 ID:AOnCzu2J0

    自分「みーつけた★」
    祖母「あらあら、バレちまったねぇ」
    自分「えへへ、じゃ、行こうか」

    ひろしを肩に担ぎ上げると、祖母の部屋を後にした。

    魔王「安全地帯に逃げ込めたと思うたか…?この家に貴様等人間達にとって安息の場なぞない」

    ひろしを仏壇の部屋へ放り込んだ。
    ご丁寧に電球をはずす。これで電源スイッチを入れようが電気はつかぬ。

    自分「ここから一歩でも出ればDSが何故かポケットを叩けばDSが二つだ」

    暗闇におののけ、と言い捨てて魔王は次なる獲物を探しにいく。


    85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 17:16:53.42 ID:w1hNua4/0

    ポケットをwww叩いたらwwwwDSがwwwwwふたつwwwwww


    84::2007/12/22(土) 17:16:44.10 ID:AOnCzu2J0

    魔王は裏声で、魔笛のアリアを謳う。
    進む。
    進む。

    魔王「ほおう…におうな…」

    魔王はずらりと並んだ洋服ダンスの前で立ち止まる。
    かさり、と何者かが動いた音がした。
    唇の端を吊り上げて、にんまりと笑った。


    88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 17:20:21.63 ID:TMyre+7xO

    裏声wwwww


    90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 17:22:26.12 ID:KuoaXdF9O

    お父さwwwんwwwお父さんwwwww魔王wwwがwww今ww


    89::2007/12/22(土) 17:20:37.82 ID:AOnCzu2J0

    魔王「ふむ…勘違いであったか、我ももうろくしおったわ」

    と言い置いて部屋を出た。
    ぴしゃんと部屋のふすまを閉める。

    「……と言うとでも思ったかあああああ!!!甘いわッ!!!!!」

    ピシャーン!と勢いよく再びふすまをひらき、洋服ダンスを開く。
    観音開きのブレザータンスの中で、恐怖に顔を引きつらせたラモンが小さくなっていた。

    魔王「我を欺けるとでも…思うたかよ…」

    ラモンを仏壇の部屋まで引きずっていき、同じく幽閉。

    魔王「さて、残るはよしおただ一人か…」


    91::2007/12/22(土) 17:23:06.51 ID:AOnCzu2J0

    まおう
    さむい
    牛乳
    あたためる
    ちょっと
    まってネ★


    94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 17:25:37.90 ID:dHfXSDNmO

    魔王、風邪ひくなよ


    96::2007/12/22(土) 17:30:17.34 ID:AOnCzu2J0

    窓の外では丸雪がすでに白に埋め尽くされた地面へ目掛けて空から揺すり落とされている。
    部屋の中の気温との差で窓は白く曇り、凍てつく結晶が浮かんでいる。
    積もるな、と魔王はその地のように赤い唇に呟き、クックと喉を鳴らして笑った。

    震えているだろうか、よしお。

    あの卑怯者め、我の禁をきっと破ったに違いあるまいて。
    しかもどうしようもない屁理屈をこねるだろう。
    よしおよ、貴様の唇は真っ青になっているか?
    魔王はまっすぐに、祖母の寝室へと向かった。

    窓には障子がかかっている。

    障子を開く。

    カーテンがある。

    こうして何重にもすることで、暖房効果を上げているのだ。

    カーテンを剥いだ。

    曇り窓には黒々と、不自然な人影があった。


    98::2007/12/22(土) 17:32:20.84 ID:AOnCzu2J0

    窓を開けた。
    よしおが窓枠に指とつま先をひっかけて、窓にしがみついていたのである。
    魔王は静かに問うた。

    「それで家の中から出ぬという禁忌を破っていないとでも言う気か、ええ?」

    よしおは震えながら、魔王に捕獲された。

    魔王「さて…後が無くなったわけだ」

    仏壇の部屋に幽閉した三人の少年を睥睨し、魔王はゆったりと微笑んだ。


    101::2007/12/22(土) 17:36:59.17 ID:AOnCzu2J0

    「さて、次は我の番よの」

    よしお「三十!二十九!!」

    魔王はよしおの頭を叩いた。

    「英語で数えよ、まさか、わからぬとは言うまいな。…グローバルなんだろう貴様等は」

    部屋を出る。背中には数え声。
    律儀にサーティから数え下ろす彼らの声を聞きながら、
    魔王はふっつりとまぎれるようにして消えた。


    104::2007/12/22(土) 17:41:34.25 ID:AOnCzu2J0

    魔王は闇の中にあった。
    心地よい闇の中である。

    魔王「さて、きちんと三十まで数えられるか…」

    三十秒だといったのに、

    二十秒程度で仏壇の間のドアが開く音がした。
    魔王はやはりな、とさびた声で彼らを罵った。

    「よくよくDSがいらぬと見える…」

    ポケットを叩くたびDSが増える♪
    ふっふ、と含み笑いをしてどやどやとあふれる気配を聞いた。


    106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 17:43:17.84 ID:sCvra5Gc0

    この魔王になら天下統一されてもいい。


    108::2007/12/22(土) 17:46:00.72 ID:AOnCzu2J0

    先ほどよしおが潜んだ、祖母の寝室の畳をよっく見るがいい。
    真ん中の畳だけ、すこしばかり新しいように見えはすまいか。
    真ん中の畳と他との間に、少しばかり隙間があるだろう。
    ちょうど指を差し込める程度の隙間である。
    隙間に指を突っ込んで、畳を持ち上げるとそれは驚くほど軽い。

    その畳だけ、軽いのだ。
    起こす。

    と、
    そこにはぽっかりと、人が一人入ってうずくまれる程度の穴が開いている。
    掘りごたつの穴だ。

    魔王は幼少の頃これを見つけ、内側から閉められるようにと取っ手を苦心して畳の裏側につけた。

    暗き穴、魔王は笑いながら呼ぶ声を聞き流している。

    113::2007/12/22(土) 17:52:40.74 ID:AOnCzu2J0

    最初にさだめてあった時間は10分。
    魔王はその倍を待った。
    少年達が探し回っている気配、どうやら祖母の部屋に居た二人も総動員している。
    協力して何かを成し遂げようとするその姿勢、悪くは無い…

    よしお「いねえ…」
    ひろし「風呂場とかは?」
    よしお「そうかも、お前頼むわ」
    ひろし「おう」
    ラモン「タンス全部いなかった」
    よしお「押入れの上の奴(天袋)も見ようか」
    ラモン「イス持ってくる」

    彼らの声が、心なしか弾んでいる。
    これは遊戯だもの、楽しくなくてなんの遊戯か。


    116::2007/12/22(土) 17:57:15.87 ID:AOnCzu2J0

    と、弟が帰ってきた。弟は暇をもてあまして散歩に出ていたらしい。

    弟「何やってんの?」
    よしお「魔王を探してんだよ!!お前知ってんだろ!教えろよ!!」

    弟、空気の読める奴。

    弟「知らないね、知っていても、そんな口の利き方じゃあ教えないね」
    よしお「オレのDSがかかってんだよ!!」
    弟「知ったことじゃあない」

    よしよし、我が弟よ成長したではないか。

    118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/12/22(土) 17:57:59.11 ID:9lkgLYZE0

    魔族がぞくぞくと増えるwwwwwwwww


    119::2007/12/22(土) 18:02:01.14 ID:AOnCzu2J0

    よしお「オレのDS壊すって言ってる!!」

    弟「魔王のことだから、いきなりそんなことしたわけじゃないだろう」
    よしお「………」
    弟「もう全部探したの?」
    よしお「うん」
    ラモン「もう十分経った」
    弟「そう」

    弟はついておいでと言って、祖母の寝室へと誘った。
    少年達の足音がする。

    弟「まずは、真剣にごめんなさいを言えるか?」
    よしお「なんで」
    弟「…言えるか?」
    よしお「うん」

    弟は畳を持ち上げた。現れる魔王。

    弟「…だってよ、姉さん」

    私は笑って、「許してやらぬこともない」

    といって、DSを返してやった。

    ガチで魔王に惚れました


    ああ、この1の文章にも人柄にも惚れ惚れします。これなんて3丁目の夕日?

    当サイト関連

    ■空恋?「彼氏が大変な病気でした」スレ
    ■ネカマ作戦記 – 古式若葉
    ■遊び人の憂鬱 – なんで遊び人が賢者になれるの?
    ■ライアンですが、場車内の空気が最悪です
    ■感動の2ちゃんねる文学「教室で盛大にゲロ吐いた」
    ■男達が後ろから撃たれるスレ(電車男編)
    ■ぼくたちと駐在さんの700日戦争がオモロイ
    ■本当に危ないところを見つけてしまった
    ■ここ一週間で起きた修羅場スレ
    ■書籍化!?ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

    商品無料仕入戦隊『電脳卸』

    この記事を読んで頂きありがとうございます。
    コメント欄も設けておりますが、
    よかったらtwitterやfacebookなどでつぶやいたりシェアして頂けると嬉しいです。

    STARを押してこの記事を評価お願いします→
    つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (1票, 平均: 5.00)
    Loading...

    Written by ayu in: 2ch |

    5 Comments »

    • babamai より:

      今の子供は本当、憎たらしい
      そんな子供には育てたくないね
      しかしこの魔王、素敵ですね~

    • 管理人ayu より:

      >babamai
      魔王、素敵過ぎです。
      ウチの子もこれからどんな風に育つのか不安ですよ。

    • kei より:

      魔王すごくカッコイイっす。
      こんな子供が親戚にいたらぶん殴って説教しますね。
      てか女性なことにビックリ。

    • 匿名 より:

      惚れた・・・
      ああ・・・・もう・・・・うっ

    • 管理人ayu より:

      >keiさん
      フツーに面白ネタだったのが、最後のオチが女性だったことでもう一度読み直してしまいました。素敵な文章ですよね。
      >名無しさん
      僕も惚れました!

    RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


    コメントして下さい

    同一カテゴリ内記事

    最近買ったモノ


    Template: TheBuckmaker.com Blog Themes | Website Hosting, Gesundheitspapst