• 管理人へのメール

  • crossbreed tumblr.  ※画像をクリックして拡大できます tumblr-タンブラーって何?tumblrの始め方
    最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    はてなブログ始めました この記事を読む → はてなブログ始めました http://crossbreed.tv/archives/201708021213.php お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? この記事を読む → お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? http://crossbreed.tv/archives/201501150028.php キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) この記事を読む → キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) http://crossbreed.tv/archives/201501101258.php みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 この記事を読む → みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 http://crossbreed.tv/archives/201501101122.php 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX この記事を読む → 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX http://crossbreed.tv/archives/201411300014.php
    同カテゴリ内最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    わたしの復讐劇14「医学部の元カレと共謀して彼女を追い詰めた」 この記事を読む → わたしの復讐劇14「医学部の元カレと共謀して彼女を追い詰めた」 http://crossbreed.tv/archives/201409012359.php わたしの復讐劇13「生きていたいのなら、お前が便器の水を飲め」 この記事を読む → わたしの復讐劇13「生きていたいのなら、お前が便器の水を飲め」 http://crossbreed.tv/archives/201407110003.php 無人島で10年過ごしたのび太 この記事を読む → 無人島で10年過ごしたのび太 http://crossbreed.tv/archives/201403211354.php わたしの復讐劇12 – 浮気が発覚しても別れないと宣言された この記事を読む → わたしの復讐劇12 – 浮気が発覚しても別れないと宣言された http://crossbreed.tv/archives/201402110930.php 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない この記事を読む → 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない http://crossbreed.tv/archives/201402091040.php

    5月
    08
    2008

    「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚いて振り返った。」

    カテゴリ:2ch |

    STARを押してこの記事を評価お願いします→つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (2票, 平均: 5.00)
    Loading ... Loading ...


    ※2017/08/01 新ブログ始めました
    新CROSSBREED


    以前裏クロスブリードで紹介した
    小説とケータイ小説とライトノベルと(裏クロスブリード)
    これを覚えていますでしょうか?
    小説
    「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚きながら振り返った。」
    ケータイ小説
    「ドカーン!びっくりして俺は振り返った。」
    ラノベ
    「背後から強烈な爆発音がしたので、俺はまためんどうなことになったなぁ、とか
    そういや昼飯も食っていないなぁとか色々な思いを巡らせつつも振り返ることにしたのである」
    これが非常に秀逸で結構気に入ってました。このネタから半年余り、色んなところでこれが発展して、物凄いまとめを見つけましたので紹介したいと思います。
    詳細は以下より


    カテゴリは多岐にわたり、作家のみならず、漫画家、芸能人、スポーツ選手にまで広きにわたって「後ろで・・・」の文章が展開されています。
    京極夏彦とか村上春樹とかが非常に良くできてると思います。
    では、長いですがお楽しみ下さい。

    作家の「爆発音がした」


    石田衣良
    「ふー、びっくりした」「サイレントマジョリティーを考慮に入れて振り返るかどうか決めさせていただきます」

    宇能鴻一郎
    「あたしの後ろで、大きな音がしたんです。あたし、もう、ビックリしちゃって、振り向いた。」
    「あたし,ムッチリとした女子高生なんですけど,後ろですっごく大きくて背筋がぞっとしちゃうような爆発音が(以下略

    大江健三郎
    「後ろから大きな爆発音が聞こえた。女の膣がこすれるような音だった。こいつは、勃起させる!」

    神林長平
    「爆発したのかしらん」

    菊地秀行
    「轟音がアルタ前に響いた。続いて爆風が彼の白衣を撫でた。
    だが、轟音や爆風ですら、彼の前では礼節を弁えて静寂を保っているかのように見えた。
    それが彼――メフィストなのだから。
    彼は振り返らなかった。その背中を、月が照らしていた。」

    北方謙三
    「不意に、背後から、爆音が轟いた。俺はまだ、死んでいない。足を懸命に、動かした。天地が、ひっくり返った。何も、聞こえなくなった。」
    「音。振り返る。爆発。今ではそう、思い定めている。
    そんなことより、童貞ども、ソープに行け。」
    「後ろ。爆発。振り返った。風。」
    「後ろで、大きな、爆発音が、した。
    振り返る。
    刃が、せまって、いた。皮膚が、粟立つ」

    京極夏彦
    「凄まじい音とともに地面が揺れる。
    ――爆発、ですか?
    私が問うと、彼は白湯とさして変わらぬ出涸らしをすすり、
    ――だから何だと言うのか。
    と答えた。
    ――何だ、と言うが、あの爆発が君に何の関わりがあるのかね。
    ――危険じゃないのか?
    言いながら私は、その問いに彼がどう答えるかを予測していた。
    予測していながらそれを問う。あまりにも愚かだ。
    ――危険などと言うが、あんな爆発などなくても、危険などは市井のそこらに転がっている。
    ――不発弾など何処に埋もれているか知れたものではない。
    ――車に轢かれる事も、誰かに刺される事もあるかも知れない。
    ――体の何処かが遣い物にならなくなる事だってある。
    ――特に君のような不摂生は、危険の塊ではないか。
    りん、と、何処かで風鈴の音がした。」
    「爆發音がしたので、中禅寺は逃げた方が良いと云った。」

    J・D・サリンジャー
    「後ろからインチキ臭い爆発音が聞こえたんだよ。僕は振り返ろうとしたんだけど、そんなことをしたら僕はげえげえ吐いてしまうよ。爆発音の十中八、九は反吐が出るようなカスなんだぜ、本当に。」

    志賀直哉
    「背後で轟音が鳴った。自分は振り返った。」

    司馬遼太郎
    「(爆発????)
    であった。
    余談だが、日本に初めて兵器としての火薬がもたらされたのは元寇の頃である…」

    筒井康隆
    「あっ。爆発した。今爆発しました。
    私がここであなたとこうしている間に爆発しました。爆発。
    きっとこれから火がでます。げほっ。出ます。火が出ます。
    さあ逃げましょう。逃げなくてはなりません。げほごほ。げほ。」
    おれは彼女の手を引くと半裸のまま髪を振り乱して走った。
    歩道の通行人どもが白い目をしておれたちを見た。

    中沢晶子
    マドンナB「ねえ、この爆発……まだ温かいわ」

    西村京太郎
    「後ろで、大きな、爆発音が、した。十津川は、驚いて、振り返った。」

    フョードル・ドストエフスキー
    「そしたら、後ろで大きな爆発音がしたんですよ、ヘ!へ!」

    星新一
    「おめでとうございますまことにけっこうなことで」
    エヌ氏が振り返ると愛想笑いを浮かべた小柄な老人が立っていた。その声を聞きエヌ氏はため息をついた。
    「やれやれ、なんてことだ。あれほど苦労したあげく手に入れたのが、のろわれた爆弾とは」

    村上春樹
    「やれやれ、そして僕は爆発した。」
    「後ろで大きな爆発音がした。あるいは気のせいかもしれない。とりあえず今は驚いて振り返る前に、まずパスタをゆでようと思った。」
    「完璧な爆発などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」
    「後ろで爆発音がした。やれやれ、またアルカイダか…」
    「後ろでシュワルツシルト・アルフィエーリの文章を思わせるような繊細な爆発がした。ステンレス・スティールの上にあるライト・スタンドとペーパー・クリップをクローゼットにしまいガソリンの味がするコーヒーを飲み干し後ろを振り返った。やれやれ、と僕は思った。」
    「家の周りの道を歩いていると、後ろから大きな爆発音が聞こえてきた。
    僕はウォークマンから流れる『泥棒かささぎ』の序曲を口笛で吹いていた。道を歩きながら聴くにはまずうってつけの音楽だった。
    爆発の音が聞こえたとき、無視しようかとも思った。散歩の歩調はリズムに乗り、クラウディオ・アバドは今まさにロンドン交響楽団をその音楽的ピークに持ちあげようとしていたのだ。しかしやはり僕は足を止め、振り返ってそちらをみた。なにか言い知れない大きなものが、漸進的に僕の方へと近づいてくるのを感じたからだ。」

    村上龍
    「後ろで爆発音がした、汚い猫が逃げる、乞食の老婆が嘔吐して吐瀉物が足にかかる、俺はその中のトマトを思い切り踏み潰し、振り返った。」
    「その時、後ろで大きな爆発音が聞こえ、俺はハシシを吸いながら女のビラビラを手で弄くっていたのだが驚いて女をぶちながら振り向いた。」

    山田悠介
    「後ろからの爆発音がした。俺は驚きながら爆発音に振り返った。それは、結局爆発音だった。」
    「”ドカーン”遥か後ろで不意に爆発音がした。俺は後ろを振り返った。別にどうでもよいが…」
    「後ろで大きな爆発音の音が背中でした。俺はびっくりと驚いて、ランニング状態で足を止めたまま後ろが振り返った。」

    夢枕漠
    一瞬の光の後、ごう、という音と共に周りの空間が歪んだ。
    「爆発か」
    「そのようだな」
    「確かめなければなるまいよ」
    「うむ」
    「行くか」
    「行こう」
    そういうことになった。
    「どぉん。
    爆発した。
    しなやかな獣のような肉体が、振り向く。
    みしり、と音を立てる体に、ふふ、と笑った。」

    ライトノベルの「爆発音がした」


    浅井ラボ
    閃光が夜を切り裂いた。
    緋と橙と臙脂色の炎が噴きあがり、轟音と衝撃派が街角を吹きぬけた。唐突に爆発
    したそれはなおも炎上を続け、焦げ臭い熱風が頬を叩く。火の粉を散らして舞踊る火柱のなか、爆発に巻き込まれた車の骨格や人間の影が揺らめいていた。
    「…誰か生きていると思うか?」
    「あの業火の中で生身の人間が生きていられるなら、辞書から焼死という単語が消えるな」
    相棒が呟き、俺は退屈な感想を返すしかなかった。二人そろって炎の照り返しで顔を血色に染めていた。

    奈須きのこ
    ――鈍、という炸裂音が、私の頭を掴み、後ろへと捻じ枉げる。
    「――突如、背後から爆発音が鳴り響いた。その刹那、俺はダレよりも疾く振り返る―――ッ!」
          鈍という爆音
           轟たる爆風
    背後から襲い来る圧倒的な大気の奔流に体が軋みをあげる
                 ケ イ
          嫌な予感がする
           リ  テハ ケ イ
    逃げようとする意識とは裏腹に、身体はゆっくりと反転していく
          フリ イテハイケ イ
      振り向くまいと必死に力を入れた首まで難なく回され
          フリムイテハイケナイ
         体が反転しきった瞬間
    イケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケナイイケ
          意識までが反転した
    「―――――――――」
    閃光、爆発、衝撃―――。
    消える視界、音を超え無音、予測し得る破滅。
    走る石塊、破裂する風。混沌と矛盾、破壊と再生。目の前にある絶望。
    気付くな。忘れろ。振り向くな振り向くなふりむくなフリムクナ―――!
    ――――――ああ。
    それでも振り向かなくてはならない。
    元よりそれは、永劫不変に定められた因果なのだから―――

    ラノベ
    「まるで手榴弾が半ダースまとめて爆発したような轟音が背後から聞こえた。俺はここが中東の紛争地域でもチェチェンの地雷原でもない、平凡で退屈な県立高校の二階にある、教室棟と特別棟をむすぶ渡り廊下であることを確認すると、どうして俺みたいな善良な一般生徒がこんな目に遭わなければいけないんだと信じてもいない神様に悪態をついた。いっそこのまま振り返らずに立ち去ってしまおうかと思ったが、そんなことをすると後でどんな目に遭うかわからないため、自らの不運を呪いながらも視線を背後に向けないわけにはいかなかった。」

    竜騎士07

    ドカァァン!!!後ろで大きな爆発音がした…!
    瞬間的に頭の中に冷たい液体が満ち…俺のまわりの風景は動作をやめ凍りつく………………
    ッッ!!!!
    俺は自分の置かれた状況を整理した…。
    一人…だだっ広い道…後方で爆発………ッ!!
    爆発物の正体は分からないが…音は遠くから聞こえていた…。
    炸裂した破片の危険はないだろう。
    脳内に満ちた液体が取り除かれ、時間が動き出す…………ッッ!
    即座に俺は後ろを振り向く…ッ!

    漫画家の「爆発音がした」


    蒼樹うめ
    ばーーーん (ひだまり荘爆破)
    「なーんてねっ!」

    天野こずえ
    「どっかーん」「ほへ!?」「あー燃える男が爆発しただけよ」「でっかいそれだけですね」「あー…やっぱりショックでしたんですね…」
    「この素敵な爆発に逢えたのもアクアが奇跡でできているからなんですね」
    「ギャース!爆発禁止!」
    灯里「あわわあわわわわ、藍華ちゃんなんだかすごい音がしたよー。」
    アリス「でっかい爆発です。」

    荒木飛呂彦
    「僕は仰天した…
    普通、背後で音がすれば振り向こうとする!!
    爆発音のような大きなものなら、なおのことだ!
    その振り向こうとする一瞬の隙に攻撃を仕掛けるはずだった!
    しかし!奴は……
    逆におもいっきり駆け出した!!
    SYAAYAAAAHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHA!!!!!」
    「背後から『爆発』だアァァァッ!これを待っていたっ!
    振り返ると同時にッ!すかさず叩きこむ!」
    「ドギュゥーーーゥウン」
    「爆発など無駄無駄無駄無駄ァアアアアアアアア!!WRYYYYYYYYY!!」

    いしいひさいち
    「ちがうそこじゃない。」

    板垣恵介
    「爆発音がしたら振り返る、そんなふうに考えていた時期が俺にもありました」

    石垣ゆうき
    キバヤシ「この爆発は・・・ノストラダムスの陰謀だったんだよ!」

    氏家ト全
    「もう少しで全身の毛が陰毛になるところでしたね」

    江口寿史
    「ここは…一丁爆発の中にとびこんでゆくほうこうで!!!」

    尾田栄一郎
    「  ド  ン  ! 」
    「立派だった!」

    鴨川つばめ
    「当然爆発」
    「トシちゃん感激ーっ!」「もういやっ!こんなせーかつ!」
    ぼくトシちゃん25歳後ろで爆発が起きる男

    雁屋哲&花咲アキラ
    山岡士郎「やれやれ、この程度で爆発だなんてほんとうにあなたが振り返ったのかさえ疑わしい。
    明日もう一度ここに来て下さい、これよりうまい爆発をご覧に入れますよ」
    海原雄山「この爆発を作ったのは誰だ!」

    岸本斉史
    「これほどの爆発とは…たいした奴だ」

    久保帯人
    「爆発…だと…?」

    久米田康治
    「爆発・・・・爆発ねえ・・・・。この程度で爆発ですか!世の中には、もっと恐ろしい爆発が存在するのです!
    CDの爆発的売上のあとの、ブ●クオフでの買い取り値の値崩れとか!
    原子炉の爆発で露見した、ずさんな運用管理とか!
    火山の爆発で吹き出した粉じんで起こる、世界的冷夏とか!
    とあるゲームなど129人以上に爆発増殖させたら一人しぬだけでゲームオーバーになる始末!
    そう、恐ろしいのは爆発そのものでなく、二次災害のほうなのです!」
    「絶望した!爆発音がしたら振り返るという脊髄反射社会に絶望した!」

    車田正美
    BACOOOOOOM
    「なっ、なにィーーーーーーーーーーーーーーー!!」
    「ば、ばかなァーーーーーーーーーーーーーーー!!」
    「あ、あの爆発はァーーーーーーーーーーーーーッ!?」
    「ま、まさか、あの……」

    許斐剛
    「ワシの爆発は108式まであるぞ」
    「ば…爆発!?いや…あれはボールにかかる回転が生み出す驚異的なパワーが俺達に爆発の幻影(イメージ)を見せているにすぎない!!」

    施川ユウキ
    「後ろで爆発してたぜ」(黒い粒はバニラビーンズです)

    島本和彦
    「ちッ。またヒーロータイムのはじまりかよ。」

    空知英秋
    「おぃぃぃぃぃ!!やべぇ、やべぇよ絶対これ!後ろで爆発?あ、あれだ、多分アバレンジャーの撮影かなんかだ!そうに違いない。」
    「なんか爆発したんですけどォォォ!!!」
    「ああ、アレ俺の母ちゃんだから。別に爆発とかじゃないから」
    「んなわけあるか!お前の母ちゃんどんだけアグレッシブだよ!!!」

    高橋和希
    「ドカァン☆」「ドン★」 「ドカァン★なぁんて!」

    竹内元紀
    「どっかーん」「爆発?」「俺のがな」「おや俺だ」「黙れ変態ども!!」 

    竹本泉
    「どかーん」「ゲホゲホ、一体何やってるんですかー!」「…いや、そこにも自爆ボタンがあったのでつい」「変だぜ」ゴーン

    谷口ジロー&久住昌之
    井之頭五郎「こういうの好きだなシンプルで、爆発って男のコだよな」

    冨樫義博
    「作者の急病のため、今週の爆発はお休みです。」
    「後方で爆発したという認識は概ね正しい。誤算があるとすれば・・・・」

    戸田泰成
    カズマ「俺はこの爆発に反逆するっ!!!」

    鳥山明
    「ち・・地球が壊れちまう!」
    「この星の爆発まであと3分しかねぇ・・(3週くらい続く)」

    ながいけん
    「あの爆発は陰謀じゃよ!ぎゃわー」

    ばらスィー
    「どっかーん!」「また爆発したよ」「またですか」「まただよね…」「またか…」

    原哲夫&武論尊
    BACOOOOOOM
    「う、うぬぅーーーーーーーーーーーーーーー!!」
    「ば、ばかなァーーーーーーーーーーーーーーー!!」
    「あ、あの爆発はァーーーーーーーーーーーーーッ!?」
    「ま、まさか、あの……
    「知っているのかレイ!?」

    福本伸行
    「関係ねえ 爆発なんか関係ねえんだよ‥‥‥‥‥!
    オレだっ‥‥!オレだっ‥‥‥!オレなんだっ‥‥‥!肝心なのはいつも‥‥!
    (ざわ‥‥ざわ‥‥)」

    藤子・F・不二雄
    ドラえもん「爆発するなんてきみはじつにばかだな。」

    藤子不二雄A
    喪黒福造「ドーーーン!m9」

    宮下あきら
    BACOOOOOOM
    「なっ、なにィーーーーーーーーーーーーーーー!!」
    「ば、ばかなァーーーーーーーーーーーーーーー!!」
    「あ、あの爆発はァーーーーーーーーーーーーーッ!?」
    「ま、まさか、あの……」
    「知っているのか雷電!?」

    山上たつひこ
    「お。ししおどしか。」

    山止たつひこ
    「すしは、うみあ。」

    ゆうきまさみ
    「ちょっと足りないかな?」
    なりはら博士「私は爆発するモノが大好きなんだー」
    「自爆は男のロマンだぞ」

    ゆでたまご
    BACOOOOOOM
    「ゲ、ゲゲィーーーーーーーーーーーーーーー!!」
    「ば、ばかなァーーーーーーーーーーーーーーー!!」
    「あ、あの爆発はァーーーーーーーーーーーーーッ!?」
    「ま、まさか、あの……
    「知っているのかロビン!?」

    アニメ


    機動戦士ガンダム
    バーーーン(爆発)
    アムロ「だ、駄目だ、振り返ったら駄目だ。光と人の渦がと、溶けていく。あ、あれは憎しみの光だ」

    機動戦士ガンダムSEED
    「 なら爆発するしかないじゃないか!」

    新世紀エヴァンゲリオン
    シンジ「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ」

    富野由悠季
    例えばね、グワッアーン!と、背後で爆発が起こったとしましょう。それで振り返ります。で、「やれやれ」って面倒臭そうに振り返るような、僕はそんな主人公は絶対書きません。
    ──厭世的ということですか。
    それ以前です!あのね、爆発があったら、それが近くであれば先ずエイッって飛び退くでしょ。遠くのことでも「何だ何だ」と振り返る、そういう身体感覚を持っているのが普通です。これは何度経験しても同じですよね、命に関わる事なんですから。だから、こんな鈍感さを持つキャラクターが成立していいのか?ということに自覚的であることは、作家としての最低条件だと思っていますが、今そこら辺を見回してみると、そういった破綻を無意識のうちにやらかしている作品というのは、本当に多いんです。そういうのは、芝居にすらなっていない。
    「何、爆発だってぇ。それが何だって言うんだよぉ」

    ゲームの「爆発音がした」


    RPG
    「ドーン!!!!!!何だ!!?」

    クライシス コア ファイナルファンタジーVII
    エアリス「うしろ。音した。びっくりぃ!」

    大乱闘スマッシュブラザーズX
    エインシャント卿「……」

    ドラゴンクエスト
    「おおうしろよ!は”くはつしてしまうとは なさけない」

    ハドソン
    「挟まった!」

    メタルギア
    大佐「スネーク!何があったんだ!スネーク!スネーーークッ!」

    インターネットの「爆発音がした」


    オプーナ
    「振り向く権利をやろう」

    古式若葉
    「どかーん!!。まあ爆発ですわ・・・る」

    邪気眼
    「まぁーた来たやがった…全ての始まりと終わり!この世界の創造と破壊の爆発が!!だがこれが最後だ…いけぇぇぇ!!」
    「クソッ、また俺を狙って組織が動いたか・・・!」

    スイーツ(笑)
    「後ろで大きな爆発音がしました。その時私は隠れ家的お店にいました。
    頑張った自分へのご褒美です。女性の鬱にも勝てますよ。
    若い女性に人気な高級ブランドショップで自分磨きを与えます。
    自立した大人の女性です。ワーキングビューティーとも書きます。
    なので私は振り返りました。」

    ゼロウイング
    All your bakuhatsu are belong to us

    ニコニコ動画
    「来るぞ・・・来るぞ・・・           来たぁーー!!」

    西村博之
    「爆発を爆発と見破れない人には(振り向くのは)難しい」

    ニュース速報板
    「爆発で死にそうになったら働く」
    「俺の後ろで爆発音がしたけどめんどくせえから寝た。自宅警備も大変だな。」
    「また大阪か」
    「ちっ…ついにやつらここをかぎつけやがったか…」
    ブラッディ フォーチューン
    「振り返り様、俺の右腕に宿る”血塗られた運命”が騒ぎ出す…」
    「くっ…近すぎるぜ…”こいつら”が”生贄”を求めている…」
    「なんだ爆発か・・・」
    「地球が爆発すればいいのに」
    「振り返る服がない」

    ニュース速報+板
    「後ろで大きな爆発音がした。きっと工作員の仕業に違いない。」
    「朝鮮人が攻めてきたぞ徹底抗戦だ!」

    ニュース速報(VIP)板
    スレタイ:今後で爆発音がしたんだが
    本文:安価>>10
    ズン、と腹に響く爆発音が、オレの頭の約5メートルほど後ろから聞こえたお。腹に響くといえば、オレはまだ昼飯食ってない。もうだめぽ。仕方がないから振り返ろうとしたら、首が回らないことに気づきまくりんぐ。そういえば今朝、寝違えたことを思い出したお。どうするか……そうだお!右向きじゃなくて左向きで振り返ればいいだろ……常識的に考えて……オレはかくして昼飯に思いを馳せながら、後方を見るべくゆっくりと左向きに振り返った。なにもねえwwwwwwwうぇっうぇっwwwwwwwwwwww
    「音うぜえw」
    「スレタイ:なんか後ろで爆発音がしたんだけど
    本文:もしかして俺の屁?」
    「うはwwwwwなんか音がしたおwwwwうぇうぇwwwwwwww」
    スレタイ:お前らちょっと後見てみろ
    本文:どかーんwwwwwwwwwwwww

    中二病患者
    「俺の背後で大きな爆発音がした。っぐわ!…くそ!…また暴れだしやがった…
    奴等がまた近づいて来たみたいだ…俺は邪気眼を使い振り返った…」
    私の背後からは・・・。そうだな、赤い濁流とでも言おうか、天を沖さんばかりに吹き上がる炎があったわけだ。その後執った私の行動は、君、判るだろう。自分に火の粉が吹きかからない事象に人は得てして酷薄で、また法悦を抱くものだからね。先に若い女性がプラットホームから車線に転がり出た時―彼女の意思かどうか知る術も無いが―そこに参集してきた彼らの瞳は、様々な内包物が混淆としながらも濡れていたんだ・・・私の奴もそであっただろうな。兎に角、又瞳が濡れるのを感じながら其処を見遣ったんだよ。

    はてなブックマーク
    [あとで振り返る]
    「[爆発][事件][けまらしい][しねばいいのに]

    ブロント
    「おいィ?何いきなり爆発してきてるわけ?」

    教科書の「爆発音がした」


    英語の教科書
    「Q:この音はガスが爆発したのですか?
    A:いいえ、爆発したのはトムです。」

    韓国の教科書
    「爆発の起源は韓国」
    「爆発は日本統治時代の悪弊」
    「Q:この音はガスが爆発したのですか?
    A:いいえ、韓国人です。韓国は日本の植民地でした。」

    算数の教科書
    「48発の爆弾が爆発しました。最初に用意した爆弾のうち、20%が不発だったとすると、最初に用意した爆弾は何発だったでしょう?」

    芸能人の「爆発音がした」


    有野晋哉
    有野課長「(爆発を起こしたボスに対しポーズを押しながら)うわー、絶対強いやん…」

    稲川淳二
    「あの時はどうしてあそこを通っちゃったのかなぁ…
    夜道をですね、1人で歩いてたんですよ。ある番組の打ち上げがありまして、
    ちょっと一杯引っかけて、ああ、夜風が気持ちいいなぁ、なんて思いながら。
    するとですね、突然後ろから聞こえてきたんです。ドカーーーン!…って音が。
    あたしゃビックリしましてね。ガス爆発なのか、それとも事故なのか。
    でもね、本当の爆発なら衝撃っていうか、爆風みたいなのがありますよね。
    それをまったく感じない。こりゃこの世の音じゃないな、そう確信しましてね。
    ちょっと酔っ払ってたのもあって、よせばいいのに
    脅かすならやってみやがれ、って振り返っちゃったんです」

    上田晋也
    「ぶははははwwwここは中東かwww」

    X JAPAN
    「爆発だああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

    大槻義彦
    「プラズマだって何度ry)」

    おぎやはぎ
    「ドカーンと爆発がしましたが何か問題でも」

    小倉智昭
    「僕はねえ、これはいつか爆発するんじゃないかなと思ってたんだよねえ、デーブ」

    国分太一
    「爆発音を聞いてどう思った?」

    さかな君
    「ギョギョーーーー!!!!!!!」

    佐藤藍子
    「爆発すると思ったので振り返った」
    「ずっと爆発すると思っていました」

    沢尻エリカ
    「(爆発音の後で)別に」

    タカアンドトシ
    「エクスプロージョン!」
    「欧米か!」
    「バックをルックするぜ!」
    「大柴か!」

    高嶋政伸
    赤川一平「姉さん事件です」

    高田純次
    「そしたら大きな爆発音がしたの。まあ嘘なんだけどね」

    デーブ・スペクター
    「アメリカでは、以前からこの事問題になってたんですよね」

    韮澤潤一郎
    「金星人だ」

    爆笑問題
    太田「そしたらその人、爆発しちゃって」
    田中「なわけねーだろ!なんで爆発するんだよ!」

    彦摩呂
    「うわぁ??、爆発やぁ??」

    広川太一郎
    「どかーんなんつって、爆発しちゃったりなんかして?? このぉ!つんつん。んもう、振り
    返っちゃうよ?この??ウスラトンカチのチョンチョン」

    古舘伊知郎
    「仮に爆発があったとしても、何がいけないんですかねぇ?」
    「いま何やら爆発音がしたようですね。ちょっと心配です。ではお天気いきましょう!市川さん!」

    みのもんた
    「どうなのよみなさん?もうね、爆発してもらいたいね」

    米倉涼子
    「後ろで大きな爆発音がしたが笑ってごまかした」

    ルー大柴
    「藪からスティックにエクスプロージョンするなよー、カッ!」
    「BackでbigなExplosionがしてよ??俺はAmazedでlooked backしたのさ!」

    スポーツの「爆発音がした」


    岩田康誠
    「スッと行こうとしたらバンときた」

    岡田彰布
    「そらそんなん(大きな爆発音が)あればそう(振り返る)なるわな」
    「なんでそんなんを、ばく発のアレを言われなアカンのや!」
    「そらそうよ」

    落合博満
    「爆発したから振り返った。それだけ。」

    金子達仁
    「爆発音が起きただけで声の上がる日本サポーター。ああ、いやだいやだ。欧州ではこんなことが当たり前だと、なぜ分からないのか。バルセロナの方角を向いて、思う。私は、ただ、嘆くばかりだ。」

    タイガー・ウッズ
    「爆発オーガスタ」

    竹原慎二
    歩いていたら
    爆発したんじゃ
    まじ驚いたわ
    じゃあの。

    長嶋茂雄
    「いわゆるひとつのエクスプロージョンがですねぇ、こうドーンと」

    原辰徳
    「振り返っていく」
    「(後ろで爆発があったことを)知らなかった。」

    山本昌邦
    「今回は結果が出ませんでしたが、修正すべきところは修正して、次に繋がる爆発をしていきたいと思います。」

    古田敦也
    「後ろで大きな爆発音がした。『オッケーイ!』俺は驚いて振り返った。」

    柳沢敦
    「急に爆発が起きたので」

    テレビ番組/映画の「爆発音がした」


    笑点
    「歌:はい木久翁さん
    木:布団屋の後ろの地面が爆発しました。
    歌:どーせふとんがふっとんだって言うんでしょ。山田君、木久ちゃんの座布団ぜんぶ取って」

    世界まる見え!テレビ特捜部
    「世界にはさらに驚くべき爆発があった!」

    NANA
    ハチ「ねえナナ、あの日の爆発を覚えてる?あの爆発はもうないよ」

    プロジェクトX
    「その時、田中の背後で爆発がした。
    プロジェクトに暗雲がたちこめた。」

    マスメディアの「爆発音がした」


    朝日新聞
    「背後で爆発があったとということだが、一発だけなら誤射かもしれない。」
    「背後の爆発を見るため、振り向くよう求める声も高まった。だが、心配のしすぎではないか。 」

    NHK
    「先程のニュースの中でお聞き苦しい爆発音がございました。謹んでお詫び致します。」
    「そのとき、歴史が、動いた」

    NHKアナウンサー
    「岩石蒸気に襲われた世界では雪は瞬時に溶け、川を作るまもなく蒸発していきます」

    東京新聞
    「爆発?なあに、かえって免疫力がつく。」

    毎日新聞
    「現場付近の爆発速度は毎秒約20メートルで減速規制するほどでなかったというが、 平時と同じ時速約100キロで最上川の橋梁(きょうりょう)を渡ったことに問題はなったか。 爆発とは言いながら、 風の息づかいを感じていれば、事前に気配があったはずだ。 」

    メンズナックル
    「爆発音(ガイア)が俺に早く振り返れと囁いている」

    ネタ元

    「爆発音がした」まとめ(はてな匿名ダイアリー)

    商品無料仕入戦隊『電脳卸』

    この記事を読んで頂きありがとうございます。
    コメント欄も設けておりますが、
    よかったらtwitterやfacebookなどでつぶやいたりシェアして頂けると嬉しいです。

    STARを押してこの記事を評価お願いします→つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (2票, 平均: 5.00)
    Loading ... Loading ...

    Written by ayu in: 2ch |

    5件のコメント »

    RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


    コメントして下さい

    同一カテゴリ内記事

    最近買ったモノ


    Template: TheBuckmaker.com Blog Themes | Website Hosting, Gesundheitspapst

    Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE