• 管理人へのメール

  • crossbreed tumblr.  ※画像をクリックして拡大できます tumblr-タンブラーって何?tumblrの始め方
    最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    はてなブログ始めました この記事を読む → はてなブログ始めました http://crossbreed.tv/archives/201708021213.php お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? この記事を読む → お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? http://crossbreed.tv/archives/201501150028.php キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) この記事を読む → キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) http://crossbreed.tv/archives/201501101258.php みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 この記事を読む → みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 http://crossbreed.tv/archives/201501101122.php 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX この記事を読む → 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX http://crossbreed.tv/archives/201411300014.php
    同カテゴリ内最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    一般的なU字型ドアガードを超簡単に解錠する方法 この記事を読む → 一般的なU字型ドアガードを超簡単に解錠する方法 http://crossbreed.tv/archives/201406140732.php 片付けの手伝い この記事を読む → 片付けの手伝い http://crossbreed.tv/archives/201403260659.php 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない この記事を読む → 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない http://crossbreed.tv/archives/201402091040.php 姉がタイムスリップしてきたらしい この記事を読む → 姉がタイムスリップしてきたらしい http://crossbreed.tv/archives/201309162137.php 俺が本当にボケた時には この記事を読む → 俺が本当にボケた時には http://crossbreed.tv/archives/201308111830.php

    12月
    19
    2010

    おとうさんの友達

    カテゴリ:[コピペ]怖い |

    STARを押してこの記事を評価お願いします→つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (5票, 平均: 1.80)
    Loading ... Loading ...


    ※2017/08/01 新ブログ始めました
    新CROSSBREED


    713:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/10(水) 00:12:56

    一人で留守番をしていると電話が鳴った。
    「お母さんはいますか」
    買い物に行ってます。と、ボクは答えた。
    「お父さんは?」
    会社に行ってます。とボクは答えた。
    「そう、近くまで来たもんだから、預かってた荷物を返したいんだけど、 どうしよう? 開けてくれるかな?」
    わかりました。と、ボクは答えた。
    程なく、チャイムが鳴った。


    ドアを開けると、ダンボールを持った知らない人が立っていた。
    「ありがとう、お留守番えらいね。ところで、ボク一人なの?」
    「うん」
    「それじゃあ、ぼうや、荷物を置きたいんだけど、お父さんの部屋はどこかな?」
    「おとうさんの部屋は入っちゃいけないの」
    「大丈夫。おじさんは、おとうさんの友達だから」
    「でも、いけないの」
    「でも、お父さんの部屋に置かないと、後で、ぼうやが怒られちゃうぞ」
    「でも・・・」
    「大丈夫、おじさんがお父さんに言っておいてあげるから」
    ボクはしぶしぶ、お父さんの部屋を教えた。

    715:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/10(水) 00:14:32

    「ありがとう、あとは、おじさんが自分でやるから、ぼうやはそこにいてね」
    おじさんはダンボールを持って、お父さんの部屋に入っていった。
    ボクは言われたとおりに待った。
    お父さんの部屋のドアを見ながら待った。
    でも、おじさんは出てこない。
    ボクはお父さんの部屋の正面に腰掛けてじっと、ドアを見ていた。
    物音一つしてこない。
    ボクはドアを開けて、お父さんの部屋の中を見なきゃいけないと思った。
    どうしてか、おじさんが帰ってこないことが、不安でならないのだ。
    「おじさん?」
    ・・・返事は無かった。
    恐る恐る、ノブに手をかけると、ドアは簡単に開いた。


    717:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/10(水) 00:17:30

    「おじさん?」部屋の中を覗き込んでみる。
    ・・・誰も居ない。
    窓も閉まったまま、机の下にも誰も居なかった。
    ただ、机の上にさっきのダンボールが置いてあるだけだ。
    ボクはこの箱の中身が気になった。
    小さいダンボール箱。
    ボクだって絶対入れない。
    ボクは昨日読んだ怖い話を思い出した。
    犯人が探偵に追われ、証拠を隠すために死体をバラバラに 刻んで、小さな箱に隠す話だ。


    718:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/10(水) 00:18:57

    この箱は開けちゃいけない。
    この箱は開けちゃいけない。
    だって、この中には・・・・・・
    そう思いながらも、僕は恐る恐る手を伸ばした。 この中に・・・・そのとき、電話が鳴った。
    ボクは息を忘れるくらい驚いた。
    電話は、いつも出ちゃ駄目だ。って言われてる、 お父さんの部屋の電話だったからだ。
    目の前の電話が鳴っている。
    3回・・4回・・・・5回・・ここで電話は鳴り止んで、 留守番電話に変わった。 『部屋に箱があるだろ』おじさんの声だ。
    『中身を見てみな』ボクは言われるままに箱を開けた。
    ・・・・・・中身は空だった。
    『俺がどれだけ本気かわかるだろうよ。』
    ボクは箱を押し戻した。


    やっぱり、あのおじさんは悪者だったんだ。
    ボクはふっと、気付いた。
    『もっとも、気が変わったから』
    おじさんの声が、
    『中身が入るのはこれからだけどな』
    後ろからも聞こえてる・・・・・
    振り返るボクの前に、 おじさんは笑いながら立っていた。

    商品無料仕入戦隊『電脳卸』

    この記事を読んで頂きありがとうございます。
    コメント欄も設けておりますが、
    よかったらtwitterやfacebookなどでつぶやいたりシェアして頂けると嬉しいです。

    STARを押してこの記事を評価お願いします→つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (5票, 平均: 1.80)
    Loading ... Loading ...

    Written by ayu in: [コピペ]怖い |

    コメントはまだありません »

    RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


    コメントして下さい

    同一カテゴリ内記事

    最近買ったモノ


    Template: TheBuckmaker.com Blog Themes | Website Hosting, Gesundheitspapst

    Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE