新サイト(はてなブログ)

合コン物語

合コン物語

一年以上のブランクを経てついにエピソード4完成です。読んでない方、登場人物の事を忘れちゃった方は第一章からどうぞ。
それでははじまりはじまりー。

男女それぞれの思惑を出会いという名の小船に乗せたまま、今まさにバトルは始まろうとしている。

ここは待ち合わせの三越ライオン前だ。
やれるだけのことはやった、とAは思った。人選、車で来させない前振り、お店の段取り、完璧だ。
彼は既に自分に酔ってしまっていた。
そのナルシスト振りが彼女のできない理由だとは本人は全く気づいていない。
A「あ、こっちこっちー。こんちはー。」
軽く挨拶をする6人。かなりのヨソヨソしさだ。
A「あ、お店こっちだからー。」
僕は思うのだが、この待ち合わせからお店まで
がなんとも間が悪い時間。何故店集合にしないのか?全く不思議だ。
ぞろぞろとAとYの後について行く一行。
AとYは同僚同士である為、二人で盛り上がっているが、他の4人は、というと、
完全に男女独立状態で歩行
お互いに牽制しあっているようにも見える。
店はAの行きつけの焼き鳥屋だ。おばちゃんが怖いので有名だ。店に着いたときから合コンは始まっている。何度も言うが、
合コンとはバトルなのだ。
食うか食われるか、生きるか死ぬか、そんな殺伐とした(以下略)
店のテーブルについた瞬間、Bの顔が凍りついた。
合コンにおいて絶対にやってはいけないとされているお見合い形式(下図参照)だったからだ。
お約束対面方式 これはまずい。Aは何も考えていなかったようだ。Cにいたってはこの中で一番かわいいXの正面だから文句を言う筈もなく、すでに
鼻の下伸び状態だ。

A「(そして俺は貧乏くじかよ!)
Aの正面には生稲晶子とは似ても似つかない丸々と太った天地真理が座っていた。
A「みんな最初は生でいい?」
X「ワタシビールイヤー。ディタスプモーニ!がいいー!」
A「(そんな洒落たもんはココにはねえよ!怒)あ、チューハイのレモンならあるよ。」
X「(それって[焼酎のレモン割]って書いてあるヤツか?怒)あ、そうなんだ。。じゃそれお願いします」
全員「かんぱーい」

微妙なカンジでスタートした一次会。元気よく乾杯したものの、誰も第一声を発しようとしない、なんとなく気まずい状態に。これがあの有名な、

合コン魔のエアポケットなのか?

最年長のCが口火を切った。

C「じ、自己紹介タイムー!」
全員「ワー(ややシラケ気味)」
C「じゃ、A、おまえからいけ。」
A「えー、オレっすかー?わかりました。。。」
A「えっと、僕はYちゃんの同僚のAと申し・・・」
C「あー、こいつなんか気取ってないー?皮パンツだけど合皮だし
無宗教の癖に十字架!
A「いきなりなんすかー!(泣」


早くも仲間割れなのか?先輩CはAを落として自分を上げる作戦に切り替えたようだ。
Cは年上というアドバンテージを利用して目の前のお気に入りのXに自分をアピールしている。
Aは、というと完全なダシ状態である。
一方、したたかなBはZと既に2ショット状態←死語
いきなり波乱に満ちた幕開けだ。

C「A!お前のめよ!全然飲んでないんちゃうんかー?」

Cは大のビール好きである。あまり飲めないAに対して執拗に酒を勧めている。

この時点でAの敗北決定です☆

だんだん酔って顔が赤くなっていくAを見ているのはとても痛々しい。
さて、Bの方はどうなったのであろうか。走り屋のカレと別れたばかりのZだ。

B「週末なにやってんの?」
Z「色々・・・・」
B「(ムカッ)色々ってドライブとか?オレも趣味はドライブなんだ。」

趣味=ドライブ
↑意味がわかりません、この趣味。でも結構こう答えるヒトは多い。
会話の突破口として、多く使われるのが週末の過ごし方だ。乗ってる車、美味しいお店、最近見た映画、等を切り口として通常会話が広がっていく。

B「クルマ何乗ってんの?」
Z「180SX・・・」
B「マジ!凄いねえ。女の子が180SXのるなんてかっこいいねえ。」
Z「何乗ってるんですか?」
B「お、オレ?ロッキー。」
Z「あ?何それ。」
B「・・・・・知らないよな。(泣」


彼女は走り屋好きな為、ROCKY等というマイナークルマの事はさっぱり頭になかった。すかさずCが隣からツッコむ。
C「あー。あれね、ミニ四駆ってオレは呼んでるよ。(笑」
B「失礼な!(怒」

男性陣は付き合い始めてもう10年になる。彼らはその長い付き合いを

合コンにおける足の引っ張り合い

でしか表現できないのか。

料理がやっとのことで配られ、食事が始まる。皆それぞれ皿にとって食事をし始めた。そんなときBの目が光った。

B「Zさんって箸の使い方悪いねぇ
Z「(コイツ初対面なのに一体何を言いだすんだ。怒)ほっといてくださいよー。(笑」
B「ダメダメ。直るから直しなよ。オレだって直したんだから~」
Z「えー。ヤダー。だってこれ私の個性だし☆
B「箸の持ち方悪いのってかっこ悪いよー。直しなよー。そんな持ち方でよく食事できるね」
Z「(コイツマジウゼー。怒)いやです。だってこれが私の個性ですもの☆


以下繰り返し。

Bはどうしても箸の持ち方が悪い女の子が納得いかないらしく、酔っていたせいもあって二人は険悪なムードに。

この人だいたいこれで失敗してます。

初対面の女の子に、しかも合コンで説教するとはいかがなものかと。(泣
一体このレースどうなることやら。
ここで、経過をあえて書くとすれば、

A→ スタート直後リタイヤ
B→ Zとあまり楽しくないハナシをしているが、実はX狙い
C→ 勿論最初からX狙い。
さて、気になる女性陣はどうなんでしょうか・・・・
TO BE CONTINUED…..

物語

時は201X年——
そこは今や犯罪の巣窟となってしまったシヴヤ。以前の若者の街というイメージはとうの昔に消え、新宿と並ぶ暗黒街として恐れられている。
ここでは、純粋な日本人は少なく、国籍不明の人々が巣食い、言語も文化も独自のものが発達しているという。
我々は危険すぎるという理由から通常入ることができないとされている、特A地区に潜入することができた。
そこは快楽と欲望の渦巻く街シヴヤ。我々はその街に溶け込むべく、現地の服装を着込んだ。
現地の案内役の通称「ジェイ」も我々を案内したことを後悔しているようだ。
「ハヤクカエリタイー」
彼の日本語はシヴヤに汚染されているようだ。
突然、耳をつんざく音が聞こえてきた。鉄を引っかく音とも、動物の鳴き声ともつかぬ、耳を覆いたくなるような音。シヴヤには獰猛な生き物が生息しているというウワサはホントだったのか。
だんだん音が大きくなる。その音がヒトらしきものの話す声だとわかったのは、それが随分近づいてからだった。
人ごみに紛れてその姿は見えない。
恐怖のあまりジェイが逆方向に逃げ出した。
「サヨナラー」
これだから最近の若者は・・・愚痴をこぼしそうになった瞬間
突然目の前が真っ暗になった。
でかい。私は恐怖のあまりそこを動くことが出来なかった。
ソレは3ついるようだった。
「は、速い。」
どうやら、我々は囲まれたようだ。ヤツらは我々を翻弄するかのように、右へ左へと我々を威嚇する。
飛び交う奇声、怒号、私はカバンの中に潜ませた隠しカメラのシャッターを切りつづけた。
奴等の攻撃が始まった。チームの中でも年長の私がどうやら奴等のターゲットのようだった。怒涛の攻撃で倒れた仲間たちには目もくれず、私のほうににじり寄ってくる。
「ひぃぃぃぃー!」
薄れていく記憶の中、私は恐怖とは裏腹に懐かしい想いにかられていた。この気持ちは何だろう。スレッガー中尉?いや、マチルダさん?
しばしの郷愁にも似た思考の後、黒い3連星のジェットストリームアタック・・・・・懐かしのファーストガンダムに出てくるドムがフラッシュバックする。
・・・・気が付いたら病院の中だった。我々は身ぐるみをはがされ、金目のものを一切奪われていた。
幸運にも隠しカメラは壊されていたが、一枚だけ犯人を収めた写真が生き残っていた。
後で逃げ出したジェイを捕まえて聞いたのだが、ヤツラは、
黒い3年生
と呼ばれているらしい。
その写真を公開したいと思う。
黒い3年生
この写真は保存などをせず、見たら即ログを削除することをオススメする。
さもないと、黒い3年生があなたを狙うかもしれない、いや、もう既に狙われているかも・・・・

物語

前編はこちら
悪徳営業マンKに薦められるがまま、先物取引を始めることになってしまったM君。
周りの友達や両親にきつく反対されるも知らん顔。
もういっぱしのディーラー気取りです。
彼にとっては営業マンKの言葉はまさにマジックで、彼の調子の良い言葉がまるで天の声にまで聞こえてしまう始末。もう後戻りはできません。
このときA君は気づかなかったのだろうか?悪徳営業マンKが自分と同じくらいの年齢なのにベンツを転がしていることを

物語

知り合いのA君のオハナシ。再掲載です。2年前くらいのハナシでしょうか。
彼は誰にでも好かれる、明るいヒトだった。周りを明るくさせるなかなか他のヒトには真似できない良い面をもっていた。
そんな彼が去年の夏受けた、一本の電話が自分の人生を変えてしまうとは思ってもみなかっただろう。

新婚旅行物語

まだ読んでいない方は第1章よりどうぞ。

新婚旅行物語 第十章 シチリア編2「カポタオルミナの誘惑」

朝が来た。窓を開けて寝た為、波の音が体に響いてくる目覚め。なんとも心地良い。
ここ、ホテル・カポタオルミナなグランブルーの撮影の撮影現場として有名なホテルだが、そのミーハー根性も吹き飛んでしまうくらい素晴らしいホテルだった。
観光メインの大忙しのツアー日程においてまさかこんなにゆったりと流れる時間を堪能できるなど思いもしなかった。