新サイト(はてなブログ)

[コピペ]これはひどい

111 :名無しの心子知らず:2011/09/28(水) 09:27:09

息子の同級生の放置子は、言葉遣いは丁寧だけど目付きがものすごく悪い。
大人の前ではいい子を装って媚びまくり。
子供たちだけのときはわがまま、乱暴、仲間はずれとめちゃくちゃ。
本人はうまくやってると思ってるんだろうけど、まだ小学生の同級生たちは
家に帰って放置子の本性を親に話すからバレバレ。
あまりにもひどい状態だったときにその子の母親に話をしたら
私が見てる目の前で
「お前、今度同じことやったら殺すぞ!」
と言いながら殴る・蹴るを始めた。子供は気を付けの姿勢でやられるがまま。
「暴力はやめてください」と間に入って止めながら
この母親には今後二度と話をするのはやめようと思った。
子供が乱暴なのはこうやって日常的に家で暴力をふるわれてるからだろうと分かった。
母親は「私はちゃんと子供を叱ってるわよ」とアピールもしたかったんだろうと思うけどひどかった。

112 :名無しの心子知らず:2011/09/28(水) 10:03:21

>>111 その後息子さんは大丈夫ですか?
「ママにチクったな!」と乱暴されるコースのようですが。

113 :名無しの心子知らず:2011/09/28(水) 10:16:30

「○ちゃん、だめよぉ~」な叱らない育児ママと、その暴力ママとでは、どっちがマシなんだろうね?

114 :111:2011/09/28(水) 11:08:26

>>112
母親に叱られたのとは別の日に、私自身もその子と話をしたせいか大丈夫なようです。
冷静に「君のしていることに私はすごく怒っている」と目を睨みつけながら話をしました。
最初はいつものように「僕は悪くないんだよ」とかわいらしい顔で媚びてきましたが
私がそれを相手にしないと分かると、急に怖い目付きになりました。
それからは何を言ってもブスっとして返事もしませんでしたが
「これだけは言っておく。うちの子に何かしてみろ。私は君を絶対に許さないからな」
と言ったとき、初めてびっくりした顔で反応を示しました。
後から息子に
「OO君がお母さんのことすごく怖いって言ってた。もう絶対僕に悪いことしないって」
と聞かされ、今はその言葉がどれだけ守られるのか様子を見ているところです。


113さん、私はそのどちらも最低だと思います。
優劣つけられないです。

140:111:2011/09/28(水) 14:48:35
普通の子は大人にそこまで凄まれるほどの悪事は働かないものだよ。
それだけのことをする子供に甘い顔をしてたらどんどんエスカレートして大変なことになる。
小学生がいじめで自殺する時代に、子供だから優しくなんて悠長なこと言ってられないです。


ここで子供相手にそこまでするか、と言ってる人は
本当にやばい子供に会ったことや迷惑をかけられたことがないんじゃないですか?
あの独特のやばい感じは、経験したことのない人には分からないかもしれませんね。

[コピペ]これはひどい

エネ夫とは?

エネミー(enemy)+夫の造語。妻の味方をするどころか妻を苦しめる敵になってしまう夫のこと。2ch家庭・育児板の「真のエネミーは配偶者」で作られた言葉。

862:1:2010/04/21(水) 18:54:51

このコピペで思い出した過去のエネ話投下。
凄まじく長い上に、まるで小説でも読んでるような話だが、
昭和の時代の話で実話。
つじつま会わない部分はフェイクばっちりということで見逃してください。

当時スペック
私…17歳になったばかりの高校生、猛毒父と同居。
3歳違いの姉(当時既婚)がいるが母は死別
エネ夫…41歳・教師・ウト同居・義母鬼籍。既婚の弟が近居。

私の猛毒父親(課長)がエネ夫の父(常務)の部下。
会社のパーティ(?)に私が同伴した時にエネ夫父に目をつけられたらしく
即結婚・同居を申し込まれた。もちろん高校は退学前提。
当時は高校が楽しくてそこで付き合ってた彼氏もいた。
もちろん泣いて嫌がったが、俺様な父が許してくれるはずもなく
それじゃあ自分で断りに…と行ったところ、騙されて物置にしていた部屋に放り込まれ、
エネ夫にレイプされた。私はまだ処女で、ショックはかなり大きかった。
今思えば、明治の話かこれは!な話だが、軟禁され、毎日レイプされ
しかも結婚届は既に出されてる(父が勝手に署名・捺印したらしい)ということで
自分はもう穢されてしまってる。ここでしか生きられないと3ヵ月後には諦めてしまった。
その後あっという間に妊娠。
出産も義父の知り合いの病院で、生まれたのは女の子。
エネ夫が「おまえも無事で、健康で生まれて良かった」と手放しで喜んでいるのを見て、
辛いけどやって行けるかも知れないと思った私はバカ。


863:2:2010/04/21(水) 18:55:41

退院した翌日。
家事はさせられたが、家政婦(あとでわかったが義父の愛人だった)と
一緒にこなすように言われてたので、まあラクだった。
洗濯物を干し終わって、子に授乳をと思うと、いない。
義父が連れて行った(エネ夫は仕事)のかと部屋に行ったが、抱っこしていない。
娘はと聞くと「あれはおまえの娘じゃない」という返事。
娘は義弟夫婦の実子として届け出が出されてたんだ。
思えば、検診は家政婦が一緒で、支払いもしてくれてたし、
私はすっかり奴隷根性が染み渡っていて、母子手帖さえ見せてもらえなくても
そんなもんかと思っていた。
その時はじめて見た母子手帖には義弟嫁の名前があったよwww

娘を連れて逃げようと思ってエネ夫に相談するも
「義父に逆らうなんてバカな真似できるはずが無いし、
あの子は法律上お前の血の繋がりも無い子となってる。
今連れて逃げたら、お前は単なる誘拐犯で、
そうなったらお前の父親も姉も終わりだ。」と脅された。
父はどうでも良いが、姉には迷惑をかけたくなかった。
しかも
「子供なんてまた作れば良い。元気になったんだからもう今夜からヤるぞ」
だと。
エネ夫にしてみれば、「無事で生まれて良かった」=
「子供をさっさと手放せてすぐにヤれる」だったんだ。
悪露が止まってなくてできなかったけどねwww


864:3:2010/04/21(水) 18:57:20

翌日買い物をするように言われたんだが、家政婦じゃなく
なぜか義父の秘書さんが一緒に行くことに。
駅前の商店街までついた時に秘書さん(女性)がいきなり
「今から私、自分のものを買います。だからあなたを見張りません。
で、私の足下に何が落ちてても拾いません。
誰かに拾われたらそれは拾った人のものです。」
と言って、わざとA4くらいの封筒を落とした。
なんだかよくわからなくて、拾ってなんとなく中を見たら
見たことも無いような札束と書類が入ってた。
どうしていいかわからない私に、秘書さんはもう一枚紙を落とした。
それは弁護士の名刺だった。
「これは独り言ですが、うちの上司の家のお嫁さんは
何もしていないのにひどい目にあってきましたから
これからは幸せになって良いんです。
その弁護士はこういった案件に強い人間です。
それとそのマンションは私個人の資産ですが、最近管理に行く暇がなく
誰かが住んでいても多分私、分からないと思います。」
私はバカだから、何を言われてるのか分からなかったが、
秘書さんがにっこり笑って、しっしっと追い払うようにしてくれたのを見て
もうそれからは後ろも見ないで走って駅へ行き、電車に飛び乗った。
記憶の隅っこにあった姉に連絡を取ったら、姉が泣いてた。
もう死んだ物と思えと毒父に言われてたんだと。

866:4:2010/04/21(水) 18:58:57

最後。

それから秘書さんが紹介してくれた弁護士と相談。
警察に訴えられる案件だったが、私がまだ未成年だったこと、
今よりもずっと被害者の立場が軽んじられる時代だったこともあり、
報道などで簡単に顔写真や名前が出ると私の未来に傷がつくということで
かなり高額の慰謝料ぶんどって示談にした。
娘は私が育てられる状態ではないことと、エネ夫弟夫婦が大切に育てるから
どうか譲ってくれと言われ、土下座までされた(お嫁さんが子宮摘出だったらしい)ので
そのまま彼らの養子となった。
ただしエネ夫一族(まともな人が以外と多かったらしいwww)にはこの件が全てバレ、
結局義父と毒父は義父血族の経営だった会社を解雇された。
義父は義母の婿養子だったらしく、恥さらしと言われ、身ぐるみ剥がれて叩きだされた。
毒父は姉に家を取られ(多分家の名義が姉に変わった。)、
公園で寝泊まりするようになったらしい。絶縁したからよく分からないけど。
エネ夫も職場に軟禁→レイプがバレて辞職させられ、どういう経緯か知らないが
その後は雇ってくれる学校が無く、パチンカスになったらしい。

それからもう20年以上がたって、私は再婚、子供にも恵まれた。
秘書さんはそれからもずっと力になってくれた。
自分の妹が私と同じ年くらいで、もしもその妹が同じ目にあったらと思うと
我慢できなかったと笑ってた。
生涯独身だった彼女を先日見送ったのだが、もしも彼女がいなければ今の私はいないと思う。


868:名無しさん@HOME:2010/04/21(水) 19:02:03

書いて見ると長い上に、私がかなりのバカだとわかるwww
読んでくれた人ありがとう。
最初の娘は今じゃ一児の母で、良いつきあいをしてる。
義弟一家が愛情注いでくれたおかげで、とても良い子に育ったよ。
あれはあれで、間違ってない選択だったと思うわ。

870:862:2010/04/21(水) 19:06:46

867は私です。
バブル以前の話だからね〜〜〜
報道の自由が叫ばれてたけど、被害者の人権なんかクソだったよ。
事件で死んだ子の親に「今の気持ちは?」と聞くばかなリポーターが
大手を振ってた時代だったもの。

[コピペ]これはひどい

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:09/30(火) 10:35 GNieULD/0

孫「おばあちゃん!死んじゃやだよお!!」
松岡「ダメダメ!!声が小さい!そんなんじゃ全っ然伝わらないよ!!」」
孫「おばあちゃあああああああん!!!!!」
松岡「もっと声出せるだろ!!自分を信じるんだ!!!はいもう一回!!!」
孫「うわあああああああああ!!!!死んじゃだめぇぇぇ!!!!」
ピーーーーーー
松岡「はい死んだー!!今君のおばあちゃん死んだよーーー!!!」

[コピペ]これはひどい

329:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/28(月) 01:39:22

今、自分の足の指にイボが出来てるんだけど
その表面がイソギンチャク状になってて

___
/ ◎◎◎\
|◎◎◎◎◎|
|◎◎◎◎◎|
\◎◎◎ /
 ̄ ̄ ̄
上から見ると↑のような状態になってる・・・。
しかもその粒を引っ張ったら一本ずつ抜けていきます。
___
/ ◎●◎\ ≡◎
|◎◎◎●◎|       .≡◎
|◎●◎◎●|   ≡◎  ≡◎
\◎◎● /  ≡◎
 ̄ ̄ ̄
抜いた後は穴がぽっかりです。
怖いです。
___
/ ●●●\
|●●●●●|
|●●●●●|.
\●●● /
 ̄ ̄ ̄

当サイト関連

[コピペ]これはひどい

396 :おさかなくわえた名無しさん :2010/07/27(火) 17:53:47

人を殺したことがあります。10年以上前になりますが・・・・。

当時バックパッカーだった俺はカンボジアを旅しておりました。
ある英語ができるクメール人と仲良くなり、1ヶ月ほど滞在を延長していました。
2人でけっこう山間部の農村などを旅していたら、ある時泊まった村では
子供が地雷でふきとばされたり、けっこうすごい現場を見ました。
そんな環境にずっといたせいか、マリファナで毎日ラリってたせいか、
少しおかしなテンションではありました。


そんなある日、ある村で別のクメール人が話しかけてきました。
通訳してもらうと、「人を撃ってみないか?」と持ちかけられていた。
今考えるととんでもない話だが当時そこに1ヶ月以上滞在していたので
感覚が狂っていたのだと思います。
とりあえず見にいこう、と2人で現場まで連れていってもらうと
両手両脚縛られてボコボコにされたクメール人が3人転がっていました。
話を聞くとポル・ポト派の残党だとか。
で、いろいろあって俺が2人、友人が1人、殺すことになった。
金は全部俺が出した。600ドル。


ここから先はグロい話なんで割愛しますがまあ、貴重な経験をさせてもらった。
ただ、この時の友人とはいまだに付き合いはありますが、
不思議なことにどちらもこのことについては触れません。
お互い家庭も持ちそれなりの生活を送っているのでなかったことにしたいのかも。
もちろん誰にも言えません。墓場までもっていきます。


400 :おさかなくわえた名無しさん :2010/07/28(水) 13:09:38

恐ろしい話だ…。
薬なんぞやって感覚がマヒしていたからって…。
その殺人も向こうの人間からしたら、商売になってるし、
実際は罪のない田舎者をさらって来て、半殺しにしてポルポトの残党だと
言って金を取って殺させたのかもしれん…。


いろいろ考えると眠れなくなってしまうな…。
まあ、スレ的には正統派の墓場まで持っていく話だな。
絶対に墓場まで持って行って欲しいものだ…。


404 :396です :2010/07/28(水) 20:21:11

>>400
うーん、実際しょっちゅう残党狩りしてる人(こういう人たちもならず者っぽいが)も
いろんな村で見たし、当時のポルポトに関する生き残ったカンボジア人の恨みは
それはすごかった。地雷も半端じゃなくあったし。
片腕の人とか足ちぎれてる人が大勢いて目の前で地雷の爆発も見て・・・
そんな中に1ヶ月いたらやはり環境に慣れてしまいます。
今思ってもあんなこと絶対できません。
絶対墓場までもっていきます。


402 :おさかなくわえた名無しさん :2010/07/28(水) 15:54:58

グロい部分がもっと詳しく聞きたいよー

405 :396です :2010/07/28(水) 20:23:54

>>402
最初は躊躇していたんですが友人がどうしてもやりたい(金もってないくせにw)って
説得されて、で、一晩考えさせてくれといって、翌日やることになった。
その間にその村に話が広まって3人の男と2人の子供(中学生ぐらい)が「俺たちにやらせろ」ってきた。
持ちかけてきたやつが金払わないならダメだって断ると村人が俺にくってかかってきて、
どれだけ恨みがあるか話し出した。1人は奥さんが妊娠中だったが目の前で腹引き裂かれて
胎児引きずり出されたらしい。そんな話を延々聞かされて友人と業者(?)と村人が
話し合った結果、とどめは俺と友人が刺す、だがその前に村人に恨みを晴らさせてあげようと
いうことになった。お金は俺が出すので、ひとつだけ、「子供はリンチに参加させるな」と
俺から条件を出した。
で、現場に行ったらもうすでにボコボコなのに村人の男3人はいきなり殴る蹴るの暴行。
最初のうちはなにやら怒鳴りながら怒りをぶちまけてる感じがしたが
途中からは残忍な顔つきになり目の奥が笑ってる感じがしてなにやら嫌な気持ちになったのを覚えている。
ナイフやらが出てきて脚をプスプス刺しだした。1人は脚の上になにやら重たそうな鉄のかたまりを
落とされて潰されてた。俺は途中で部屋を出て銃を渡されて射撃練習をしてた。弾はいっぱいあるとのことで撃ち放題でした。
で、1時間ほどの拷問のあといよいよその時がきた。
ただ3人とも拷問で痛めつけられすぎててすでに血だらけだし、1人は両目をえぐられていた。
そんな状況なのでとどめを刺すことがむしろ、楽に殺してやる、みたいな慈悲深い気持ちになっていた。
で、まず俺が1人目の頭に銃をあてて引き金をひいた。銃をあてた反対側から脳みそやら血がとびちり
一瞬で絶命した。もう1人もすぐに俺が同じように殺した。最後の1人は友人がなにやら大きな銃で撃って頭が2/3吹っ飛んだ。
と、現場はこんな感じでした。


403 :おさかなくわえた名無しさん :2010/07/28(水) 17:05:45

人殺しのくせにのうのうと生きてるどころか、家庭まで持ってるのかよ。
子育てとか、子供の教育とか、いくらなんでも無理だろ。


406 :396です :2010/07/28(水) 20:31:57

>>403
うーん・・・人を殺しておいてこんなこと言うのも変ですが僕は世界中を旅して
いろんな国や人や文化に触れて、日本の現実のほうが夢みたいなんですよね。
もちろん、今となっては子の話しのほうが夢みたいだったけど日本に帰ってきたときは
あまりの平和というか、不自由のなさに逆に不安を感じた。
こんなぬるい環境で育った俺達は将来日本を背負っていけるのかと。
人の命の重さはその環境で重くも軽くもなると思います。
少なくとも俺は旅で得た経験はこの人殺しも含めてすべて今の自分の糧になっていると信じています。
ただやはりバレると>>403さんのように思う人も多数いるだろうし、家族にそう思われても
ショックなので絶対隠します。まさに墓場ネタなんです。