新サイト(はてなブログ)

自サイトが知り合いにバレるということ

ビタミンXさん、そんなわけでこんなわけでさんとこで見かけた記事。「自分のサイトを身近な知り合いに知られているか?」というオハナシ。
ビタミンXさんより

サイトのことを自分の知り合いに教えるか、それとも教えないか‐それってサイトを運営するうえで結構大きな問題ではないかと思っています。
(中略)
多くの知り合いに見られていると思うと、自分はどうしてもその目を意識した内容や言葉づかいで記事を書いてしまう。「前のほうがよかった」とひとから言われた時は、「うーん、ばれないほうがよかったのかな」と思ったりもしました。
そんなわけでこんなわけでさんより
サイトを持つということは不特定多数の人に見られるということが前提なのにも関わらず、
知り合いや友達に見られるというのはやっぱり恥ずかしいもんですね。
実は私はblogの存在をあまり人には教えてないのです。
特に身近にいて時々ネタ提供してもらってる友達や知り合いになんかは絶対言えません。
大変興味深い記事です。皆さんはどうでしょうか?
ちょと僕も考えてみました。


ええと、
ぶっちゃけバレまくってます(泣
親はもとより、会社のヒト、友人、全て知れ渡っております。さすがに仕事のお客さんなんかには言いませんが。
サイトを立ち上げた5年前アクセス数欲しさに自ら言って回ったあの頃が微笑ましいです。
身近なヒトを割とネタにしている僕ですが、やはり気を使いますね。年下の友達ならば遠慮なくネタにして差し上げるのですが、会社の年上の先輩、上司なんかをネタにするのは
人生を丸ごと賭けるのと同じです
ホントは沢山オモロイネタがあるんだけどなあ。実は書きたくてウズウズしている自分がココに。時効になったら書きます
ところで、このIT化の世の中にあって、実はインターネットってそこまで発達していないって事を皆さんご存知でしょうか?
あれだけこのサイトの存在を触れ回ったにも関わらず、ごく身近なヒトでここを見てくれているのは小数です。そんなのは僕の友人だけかもしれませんが、フツーに酒一緒に飲んだり、フツーに遊びに行ったりする仲の良い友達ですよ?
むしろあまり会う機会が少ない友人の方が見てくれている現状。
悔しいのでここで例をあげてみましょう。
最近僕のサイト見た?という質問を友人達に投げかけてみました。
A1.字ばっかりでつまんなーい
 日本語なんだから読めよ。
A2.会社では見れないし、自宅のPCは2年ほど開いてないし。
 何の為にPC買ったんだよ(怒
A3.見方がわかりません・・・
 そ、そうですか・・・
A4.家にも会社にもPCが無いからムリムリムリ。
 そりゃ仕方ない。
A5.あ、見たよ。ちょっと前に。
 ウソをついていないか?
A6.ヤッホーってどうやって開くんだっけ?
 論外。ヤフーだし(怒
A7.あのね、この前エクセルやってたらさー、カーソルが急に・・・
 パソコン教室ですか?僕は(怒)
 つうか質問は・・・
こんなもんですよ(泣
というように、会社にも自宅にもネットの環境は整って来た印象はあるが、自宅でネットを、しかも日常的に利用するヒトは思ったより少ないということ。
旅行前や、出張前、わからない言葉等、何か調べモノをするときにネットを利用するヒトが殆どで、ネットショッピングはもとより、会員登録すらしないヒトが大多数である現状を考えると、インターネットの未来はまだまだ開けていないような気がします。
勿論、こんな個人サイトを会社で見ることは基本的に許されないでしょうから。
企業が、マスコミが、やれブロードバンド、やれIT革命(死語)とはいっても、その回線の殆どが空いている、もしくは、一部のヘヴィーインターネッターが大きな声じゃ言えない事でプロバイダの殆どの回線を埋めているといっても過言ではないのではないでしょうか?
ついでに書くと、なんだか大流行しているカンジの「ブログ」「ウェブログ」ですが、殆どのヒトがBLOGというモノを知らない現状があるんですからブログ管理者の方はあんまり自サイト上でブログブログ言わない方がよいかと。
とはいえ、少数派ながらもここを見てくれている友達はいるし、何よりもいつも足を運んでくれている(であろう)方も、ここを見てヴァイナルカフェに来てくれる方もいらっしゃるわけで、コメントやメールを頂くことが、毎日のネタ探しのモチベーションの保持に繋がっていると、こういう訳です。感謝です。
書く内に、本題からズレてしまいましたが、
ウチは身内バレサイトです。
でもあんまり大勢に影響はないです(泣

日記

Posted by ayu