新サイト(はてなブログ)

故スティーブ・ジョブズさんについて書いてみたよ


ついに、というかやっぱりというか、アップルの元CEOであるスティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。

10年ほど前に、Macbookを初めて使い始めてから、信者のようにアップル製品を使い続けている僕ですが、先日のiPhone4S発表後すぐのこの訃報はかなりのショックでした。

詳細は以下より

スティーブ・ジョブズ氏の訃報


彼の偉業は改めて僕が語るまでもないです。

iMac,iPod,itunes,iPhone,Macbook…

明らかに劣勢だったAppleをここまで成長させたのはジョブズの功績以外の何者でもないかと思われます。

当時全盛だったSONYからWALKMANとVAIOのユーザを根こそぎ奪ったのは記憶に新しいところでしょう。今ウォークマンって言葉を知らない若い世代も沢山いるのではないでしょうか。VAIOなんて、「二度と買わない!」と言わせるまでの低いクオリティになってしまいました。505時代は良かったんですけどね。
どちらも日本が誇れるプロダクトだっただけに残念で仕方ありません。
恐らく、iPod touchを持っている人がWALKMANに乗り換えることはないでしょう。MacBook proを使っている人が次のマシンにVAIOやDYNABOOKを選択することはほぼないでしょう(think padという選択は若干残っているかもしれません)

また、超巨大なアニメーション会社になってしまったピクサーの元幹部という肩書きを持つジョブズが、グダグダになっていたトイ・ストーリーの企画を私財(5000万ドル!)を投入して映画化までこぎつけたのはあまりにも有名なハナシです。

iPhone、iPadが素晴らしいのは言わずもがなです。現状スマートフォンと言われるものの、タブレットと呼ばれるものの中でこれらを超える製品は存在しないと思います。

そしてなんといっても現行MacBook Proは中身の性能を引いても世界最強のノートブックだと思います。
キーボードとタッチパッドだけ見てもMacBookは素晴らしいです。きっと誰もが一度使うと元に戻れなくなります。

そんなこんなでもうかれこれMacbookを4台続けております。余程のものが出ない限り、自宅で使うノートブックはMacbookを使うでしょう。

非常に信者っぽい記事になってしまいました。

スティーブ・ジョブズ亡きアップルがこのままの道を外すことなく進んでくれる事を切に祈ります。

最後にジョブズのもうひとつの功績であるところの、プレゼンの天才という才能、まさに歴史に残るプレゼンと、その他かっちょいい映像を紹介して締めたいと思います。

スティーブ・ジョブスによる iPhone の発表(日本語字幕)

クレイジーな人たちがいる(apple CM)

彼らはクレージーと言われるが 私たちは天才だと思う
自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが
本当に世界を変えているのだから

Think different.

スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学での卒業式スピーチ



もし今日が自分の人生最後の日だしたら今日やる予定のことは私は本当にやりたいことだろうか?
Stay hungry, Stay foolish.
ハングリーであれ、バカであれ。

ニュース

Posted by ayu