新サイト(はてなブログ)

Core 2 Duoがやってきた(Macbook編)

2010/11/04

macbook.jpg 更新が滞っている、Core2Duoがやってきたシリーズですが、今日は一旦中断して、macのネタを。
いつ出るのか待ち望んでいた、インテルCore 2 Duoプロセッサを搭載したMacBookが遂に発売になりました。
Apple Store(Japan) ■Core2DuoのMacBookがついに発売 速攻でショッピングカートに入れ、注文したmacbookが本日我が家に届きましたので紹介したいと思います!


さようならibook


5年も使用したibookは、メモリ増設、HDD交換、二度のバッテリ交換を経て、良く働いてくれました。嫁K子が主に使っていたこのibookは無線+バッテリ稼動で、常にワイヤレス環境で使用していた為、かなり便利なノートとして我が家に君臨していましたが、時代の流れと共に、やっぱり激遅マシンと化していました。もう限界が来てました。HDDも200MBの空き程度しかなく、新たに写真を取り込むこともできない状態でした(当時のHDDは20GBでした)
そんなわけでCore2Duoの発売をホントに心待ちにしていたのです。

MacBook開封!

ついに届いたMacBook。

毎回感心するのがそのパッケージデザインの素晴らしさです。iPodが来た時にも感じましたが、箱捨てないヒト多いんだろうなあ。
ついに開封です(泣



ああ、カワイイ。

こんな発泡スチロールの緩衝材はじめてみました。そして説明書。


書いてある内容は相変わらず不親切ですが、そんなことは気にしません。

電源投入

電源ケーブルをつないで電源ON!です。

ちなみにこの電源ケーブル、接合部が磁石でできており、ちょっとケーブルを引っ掛けてもあっさり外れることで、電源ケーブルの破損を防ぐ親切設計です。電気ポットとかでよく見る機構ですね。


通電すると赤く光ります。

電源を入れると初期インストールが始まります。OSの初期設定は完成されたといっても過言ではないほどあっさりと終了します。途中でappleIDやネットワークの設定は勿論のこと、ワイヤレス(無線LAN)の設定さえも完了してしまいます。以前のmacなら考えられませんでした。便利になったなあ。

比べてみた

旧ibookと意味もなく並べてみました。より薄くなっています。


横幅は画面がワイドに広く(12インチ→13インチ)なった関係上大きくなっています。キーボードに余裕が生まれたのもこのサイズ変更が関係してる、というわけですね。


重さもほぼ同じです。頻繁に持ち運ぶにはちょっと重たいですが、macユーザーはそんなこと気にしないものです(笑


写真ではわかりにくいですが、液晶画面の鮮明度は明らかに向上しました。5年前のものと比べるのもアレですが。

使ってみた

まず、キーボード。使う前は平べったくなってて使いにくそうでしたが、激しく入力し易いです。初めて見たときは「ぴゅう太」もしくは「パピコン」か!?と思いましたが、ノート系では上位クラスではないでしょうか。好みはあるとは思いますが。

【MacBook】


【パピコン(PC-6001)】


【ぴゅう太】


そしてCPUがCore 2 Duoマシンだけあって、あの重たかったOSXが異常にサクサク動きます。10.4(TIGER)になって、ウインドウ関連のエフェクトに若干の変更があって、タスクの切替や、新しいウインドウのオープンがよりキモチ良くなっています。新機能もいろいろありますが、こういう細かな仕様変更は良いですね。
今回より付属のリモコン。嫁K子は

「iPodが付いてるーーーーー!」

と狂喜していましたが、充分、旧シャッフルと見間違うほどのデザインでした。驚くのは「MENU」キーを押したときの動きです。DVD等を見る際に使用することは分かってたので押してみると、あまりの滑らかさに感動でした。AV専用機を操作している感覚で画面が動きます。このメニュー画面からDVD、itunes、iphoto、imovieが直接操作できます。


通常あんまり使うことないかもですが、ノートPC内臓のDVDがリモコンで操作できるというのも需要はあるのでしょうか。DVDを再生してみました(↓さて、何の映画でしょう?)



まとめ

実際に触れてみるとわかるのが細部に渡って作りこまれたモノであること。これに尽きます。そして毎回飽きさせないそのパッケージングは高価な「パソコン」という商品を持つ「喜び」を充分に堪能させてくれます。
そして付属のiLife’06はかなりの完成度(それゆえサードパーティのやる気をそいでいるともいえる)で、他のソフトを買う必要がない程です。windowsで強いて言うなら


といったところでしょうか。このクオリティは他を寄せ付けません。
windowsからの乗り換えは若干辛いものがある(と僕は思う)し、フリーソフトの充実や、ユーザーの多さ等、macのアドバンテージはまだまだといったところですが、intel社製のCPUを積んだ事で、windowsが実際に走ったり、その垣根は随分低くなって来たのではないかと思います。

そしてCore2Duoはやっぱり凄い、と思った僕なのでしたー。
近々windowsXPをインストールしてみようと思ってます。楽しみだなあ。

MacBook関連


■Apple MacBook Core2 Duo2.0GHz[MA700J/A](AMAZON)
■Apple MacBook [MA699J/A](AMAZON)
■Apple MacBook Pro [MA609J/A](AMAZON)

当サイト関連

ウチのメインのマシンはそれでもwindows機なんです。近々続きを更新しようと思ってますので、こちらもよろしくですー。
■Core2Duoがやってきた – 自作PC制作記1「スペック紹介」

日記, 物欲

Posted by ayu