新サイト(はてなブログ)

嫁との会話20 – 楽天田尾監督との出会い

2013/06/24

鬼嫁との会話ロゴ
久しぶりの嫁との会話です。今回は僕は登場せず、嫁K子の長年の友人Aちゃん(美人)との会話です。もう随分前の話で申し訳ありません。
未読の方は第1話から、どうぞ。
では詳細は以下より。


嫁との会話 – 楽天田尾監督との出会い

それは数年前のこと、嫁K子は友人Aと一緒にホテルシーホークに高級ランチを食べに行ったそうな。
なんでも最上階のレストランのランチ券なるものを知人から頂いたそうで、ホクホク顔で向かったそうです。
豪華ランチを食し、後はこんな所に用はないと、エレベーターに乗りました。一階で降りたときにカラダの大きな野球のユニフォームを着たおじさんと遭遇しました。野球を全く観ない嫁K子は
昼間っからユニフォーム着て食事かあ、どっかおかしいのかなあ
とあり得ない事を考えました。バカです。ふと隣の友人Aを見ると、カラダをわなわなと小刻みに震わせていました。
「Aちゃん、どうしたの?体調でも・・」
「(た、田尾監督!楽天の田尾監督だよ!!!)」
K「は?誰?
楽天時代の田尾監督 奇しくもこの日は楽天にとって最下位での最終日。監督は試合前にランチを食べに来たのでしょうか、野球を少しでも知ってる者なら、楽天というチームが発足して最初の年に当然ながら成績が残せず、散々メディアで叩かれ、志半ばのまま辞任を表明したばかりの田尾監督の事を知っていたと思います。全く事の顛末を知らない嫁K子が会うべき方ではなかったのです!
【参考】
■田尾安志(Wikipedia)
「(わ、ワタシ超緊張してきた。どうしよう)」
「え?何が?何で?」
「・・・よし!
いつもなら引っ込み思案の彼女も今回ばかりは勇気をふりしぼったことでしょう。
「コ、コンニチハ!シャシンヲトッテイタダケマセンカ?!!」
田尾
「こんにちは!いいですよー」
辞任直前の田尾監督はにこやかに写真撮影に応じてくれたそうです。なんといういい人。泣けてきます。Aちゃんはどうしても「おつかれさまでした」のヒトコトが言えなかった。それくらい温和に、にこやかに接してくれたそうです。そんな田尾監督の人柄に感動したAちゃんはK子にも、と思ったのです。
「(K子もユイナと撮ってもらいなよ。)」
 
 
「え?ワタシヤメトク
 
 
「!・・・・(き、聞こえてるよ・・・)」
あからさま過ぎるよ!(泣
写真撮る位がなんだというのか!
一方Aちゃんがノリノリで我が子と一緒3ショットで撮ってもらった写真は家宝となったそうです。そしてその帰り。
「ねえねえ、さっきのあれ誰?
「ええ!知らないの?楽天の監督だよ!今日最終日なんだよ。辞任するんだよ!」
 
 
 
「え?楽天?ショッピングの?
 
 
「・・・・」
彼女が買い物にしか興味がないのは誰もが知るところだ。後に嫁K子は
「あの時楽天ポイントをせびっておくんだった」
と冗談のような事をホンキで考えたんだそうな。泣。
「プロ野球だよ!知らないの?」
「全然。で、引退なんだね。へええ」
A
「大変な時に出会っちゃった。この写真は家宝だよ」
 
「えー。楽天の監督って、
 
 
 
 
 
欽ちゃんじゃなかったっけ?
 
 
 
「・・・・・・(泣」
 
 
欽ちゃんは、違うチームだよ!バカ!
嫁K子と長い付き合いのAちゃんも、さすがにこの時ばかりは開いたクチが塞がらなかったそうです。
TO BE CONTINUED…

嫁との会話関連

■我が子との会話
■嫁との会話1 – 日常会話
■嫁との会話2 – 写真撮影
■嫁との会話3 – 物真似
■嫁との会話4 – タオルにまつわるエトセトラ
■嫁との会話5 – porterのカバンを巡る闘争
■嫁との会話6 – 魅惑の電動ハブラシ
■嫁との会話7 – ル・クルーゼ(Le Creuset) の鍋
■嫁との会話8 – ドラゴンクエストと嫁
■嫁との会話9 – エビ命
■嫁との会話10 – 帰ってきた嫁K子
■嫁との会話11 – 出張帰りの至福に忍び寄る影
■嫁との会話12 – iPod購入の果てに
■嫁との会話13 – デジタル一眼との出会い
■嫁との会話14 – イル・ビゾンテ(IL BISONTE)と嫁
■嫁との会話15 – ケータイと嫁
■嫁との会話 16 – ショッピングモールでの出会い
■嫁との会話17 – PCが起動しません
■嫁との会話18 – 家、買っちゃった。
■嫁との会話19 – こんなハズじゃあ
■嫁との会話20 – 楽天田尾監督との出会い
■嫁との会話 21 – iPhoneはいりません
■嫁サイト(プリマディ)