新サイト(はてなブログ)

[コピペ]切ない

646 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2010/08/10(火) 02:56:42

小学生のころ、夏休みといったらもう毎日いくら時間があってもたりなかった
朝早くからじいちゃんとカブトムシとりにいき、
大きらいなラジオ体操は好きな娘がきてるだろうから、内心うきうきで行ったり
ゲームやりたいのに、10時くらいからやってる時代劇をばあちゃんが見てて、
文句いいながら気付けば夢中で見入ってたり
お昼は冷たいそうめん熱々のやきそば具沢山の冷やし中華のローテーション
どれも麦茶によくあうんだ 飽きもせずよく食べた


そうしてるうちに近所の友達がやってくる
野球やってサッカーやって、上級生がきたから場所譲って駄菓子やへ
おばちゃん50円もんじゃ~はいよ!その前に手ェ洗いな!
なんてやりとりしてさ、腹いっぱいになったら
ゲームやったり、おいてある漫画よんだり
5時になるから家かえると、
母ちゃんに言われて洗濯物たたみ・・
いやいやこなしてると親父が帰ってくる
一緒に風呂はいってさ、鬼太郎のお風呂セットで遊ぶんだ
そしたら飯
なんで父ちゃんはビールのんでるのに俺はジュースだめなの?
なんていつもの口論しながら飯を食う
なんで父ちゃんはお米を食べないんだろう??


食後は近所の公園で花火!
真ん中でわいわいやってると好きな娘がお姉ちゃんと一緒に犬の散歩で通りかかる
いいなあ~ やんねえよ!
とかいってるとオヤジにしかられ、」線香花火を一緒にやることに
夏休みの友やった~?なんて当たり障りのない会話をして、
次いつプール教室に来るか、さりげなく聞き出すw


家に変えると、金曜ロードショーのあの音楽
今日こそは見てやるぞと意気込むが、体がついていかない
眠くなってお布団はいると、枕元にかとり線香
やな臭いだななんて思うまもなく意識が遠のく・・


あのころは早く大人になりたかった
大人になれば何でも出来ると信じて疑わなかった
でもなんでだろう
大人になった今、あの頃のことをよく思い出すのは


森を走り回りたい
おいしいスイカを汗だくになって食べたい
適当にサボりながらやってたプールの草むしりをちゃんとやりたい
かおるこちゃんにあいたい
そして大人になる前に死にたい


[コピペ]ほのぼの

40:名無しさん@七周年:2007/05/20(日) 13:36:48

俺が通っていた男子校は、ほとんどの生徒がチャリ通してた。

ある日チャリが壊れたとかで友達が代車に乗ってきた。
それが30年位前に新聞配達に使ってたチャリで、なんかドス黒い。
しかもキコキコうるさい。友達全員爆笑。

その日以来友達同士でチャリのレトロ感を競うようになり
タイヤを白くペイントしたり、フレームをわざと曲げて包帯巻いたり、
ゴミ捨て場からサビだらけのチャリを拾ってきたりして楽しんでいた。

そのうち学校中で流行りだし、補助輪を付けているやつ、三輪自転車のやつ
幼児用セーラームーン自転車に乗ってくる猛者まで現れ、
変な自転車に乗っているのがステータスになっていた。

そんな中、クラスで唯一普通のチャリに乗っていた真面目な中島。
連休明けのある朝、チャリ置き場にもの凄いチャリが置いてあった。
なにしろ前輪がデカイ。超ビッグ。しかもサドルが高い。俺の目線ぐらい。
いわゆる1800年代に西洋で流行ったようなタイプ。友達全員大爆笑。

その日学校中で話題となったそのチャリ、なんと持ち主は中島。
聞いたところによると、遊園地の人から「もう使わないから」ともらったらしい。
下校時にそれに乗ってる中島を見て友達全員また大爆笑。
それ以来不良にも一目置かれるようになった中島。

そんな中島も今では2児のパパです。

[コピペ]笑える

531:彼氏いない歴774年 :2009/04/07(火) 04:38:27
>>511 同士よ…。

私も小学生の頃ナウシカになりたかった。
私がメーヴェに見立てたのは自分の愛用していた自転車…
なるべくナウシカが乗ってる感じの体勢になろうと、助走をつけてハンドルを握り、
足をペダルから離し、ピーンと後ろの補助席に両足を乗せる様な体勢で乗ってた。
(今思ったら、我ながらよくあんな乗り方出来たなと思う)


田舎だったので 山や田、畑を腐海の森に見立て、その辺に生える雑草は腐海の植物と思い込んだ。
そして大切な決めセリフ
数ある名言の中で私が選んだのが
「舵を引けぇー!ぶつかるぞぉー!!」
あの緊迫した状況の中で叫び掛けるのが凛々しくてカッコいい…//と思ってた。
私より少し離れた場所で遊んでいた友達のA子と、その友達のBちゃん、そして当時好きだった
D君を発見し、私のナウシカを魅せるなら今だ!!と
変な自転車の乗り方のまま A子達に向かい声を張り上げ「舵を取れぇー!!~~」
何の事だか、当然理解できないA子達は ぽか~ん(゚д゚ )
そんなA子達をよそに私ときたら
「ああ…今私 まさに虫と風を愛する姫君…。D君…私に惚れちゃうかしら」と自分にうっとり。


そして、全然前を見ていなかった私はバランスを崩し、そのまま田んぼへ自転車(メーヴェ)と一緒に
ダイブした\(^o^)/
頭から泥まみれのゾンビのような私に向けられたD君とA子とBちゃんの
汚物を見るような眼差しが忘れられない…いやあああああああああ


当サイト関連

小二病まとめ
大人になった今、あの頃のことをよく思い出す
なんかあった!お父さん帰って来た!
ナウシカになりたかった
小学生の頃、無茶をする奴がヒーローだった


ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」