新サイト(はてなブログ)

殺人事件の犯人の内訳は「身内」や「顔見知り」による犯行が多い?

chie-1.jpg Yahoo!知恵袋というサービスがあります。色々な疑問にほかのユーザーが答えてくれる便利なサービスです。
最近グーグルで調べ物をしていると、良いのか悪いのかは微妙ですがかなりの確率でここがヒットしてしまいます。
タイトルのとおりの興味深い質問が上がっていました。

身内や顔見知りによる殺人事件が多くて本当に怖いです。なぜ事件のほとんどが身内による犯行なのでしょうか。一番信頼出来るはずの人間が突然、残酷な殺人犯になるなんてこれ以上悲しいことはないのでは?私は家族を疑いたくはありませんが、時々ふと不安になることがあります。みなさんは自分の家族は絶対に大丈夫だと言い切れますか。人間なんてそんなものだと諦めるべきでしょうか。
詳細は以下より


殺人事件の犯人の内訳は「身内」や「顔見知り」による犯行が多い?

よく、夜道の一人歩きは怖いとか、知らない人についていってはいけない、とか変質者が増えた、だとか言われる昨今。
結局色んな事件は、この質問者のように「身内による犯行」が多いことに気づかされます。
この質問のベストアンサーが秀逸でしたので引用します。
日本で発生している殺人事件の9割が顔見知りによる犯行で、親族による犯行が約5割にのぼるそうです。私たちが殺されるとしたら、家族による可能性が半分もあるということだから、赤の他人による強盗殺人も怖いですが、それより怖いのは知人であり、もっと怖いのが家族だということになります。
妻にとって一番恐ろしいのは夫で、夫にとって一番怖いのが妻です。子供にとって、決してみしらぬおじさんやおにいちゃんではなくて、実は一番の脅威は両親なのです。とくに母親が父親よりも4倍も脅威だという数字が出ています。
しかし家族が怖いといっても、それは比較の問題で、私たちが自分の家族に殺される確率は0.1パーセント未満です。1000人に1人いるかいないかというレベルだから、神経質になって家族をうたがいの目でみるのはやめましょう。
実は、他人や知人・家族よりもっと恐れなければならない存在があります。それは「自分自身」です。この数年間、失業率に比例するように自殺者の数は3万人をこえています。
一日あたり、85人以上の人が自殺しているわけで、これは交通事故死の3倍、他殺と比べると20倍以上の数字です。私たちは他者に殺されることよりも自分自身の手に掛かって死ぬ確率が何十倍も高いので一番怖いのは他ならぬ「自分自身」ということになります。
結果交通事故よりも、殺人事件よりも、自分の意思で生きることが大切なんですね。非常に合点がいきました。

ネタ元

身内や顔見知りによる殺人事件が多くて本当に怖いです。(Yahoo!知恵袋)

当サイト関連

ヤフー知恵袋と同様のサービスで発言小町もありますね。以前も紹介しました。
「結婚式の2次会幹事を頼まれたのですが」トピックが面白い
ほかにも・・・と、過去ログたどってたら・・・
子供が変質者に殺される可能性と、実の親に殺される可能性と
似たようなこと書いてた!しかも最近!どうも失礼しました。
発言小町

ネタ

Posted by ayu