• 管理人へのメール

  • crossbreed tumblr.  ※画像をクリックして拡大できます tumblr-タンブラーって何?tumblrの始め方
    最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? この記事を読む → お前らってどうやって嫌な事乗り越えてるの? http://crossbreed.tv/archives/201501150028.php キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) この記事を読む → キモ美しい街並みを集めてみたよ(Googleマップ付) http://crossbreed.tv/archives/201501101258.php みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 この記事を読む → みんなのビヤホールCMがリア充過ぎる件 http://crossbreed.tv/archives/201501101122.php 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX この記事を読む → 【DJMIX】Bar KNAT FINAL MIX http://crossbreed.tv/archives/201411300014.php イタリアのヴァイオリン修復師さんと 日本の鋸職人さんの話 この記事を読む → イタリアのヴァイオリン修復師さんと 日本の鋸職人さんの話 http://crossbreed.tv/archives/201411272130.php
    同カテゴリ内最新記事ヘッドライン (※画像をクリックして拡大できます)
    わたしの復讐劇14「医学部の元カレと共謀して彼女を追い詰めた」 この記事を読む → わたしの復讐劇14「医学部の元カレと共謀して彼女を追い詰めた」 http://crossbreed.tv/archives/201409012359.php わたしの復讐劇13「生きていたいのなら、お前が便器の水を飲め」 この記事を読む → わたしの復讐劇13「生きていたいのなら、お前が便器の水を飲め」 http://crossbreed.tv/archives/201407110003.php 無人島で10年過ごしたのび太 この記事を読む → 無人島で10年過ごしたのび太 http://crossbreed.tv/archives/201403211354.php わたしの復讐劇12 – 浮気が発覚しても別れないと宣言された この記事を読む → わたしの復讐劇12 – 浮気が発覚しても別れないと宣言された http://crossbreed.tv/archives/201402110930.php 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない この記事を読む → 姉の本性に気づいた人は今まで一人も居ない http://crossbreed.tv/archives/201402091040.php

    11月
    18
    2008

    ドラえもんアナザーストーリー 「ドラえもんが未来に帰って三年たった」

    カテゴリ:2ch | タグ:

    STARを押してこの記事を評価お願いします→つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (2票, 平均: 4.50)
    Loading ... Loading ...

    dora_another.jpg 色々書き尽くされたドラえもんの「その後」のオハナシ。のび太VSドラえもんや、大きな秘密、などの名作が有名ですね。
    そしてもうひとつ、名作と呼ぶに相応しい作品を紹介したいと思います。
    詳細は以下より


    このオハナシののび太は高校二年生。ドラえもんが去ってから実に3年もの月日が流れています。ドラえもんが存在していた反動からか、激しく無気力な高校生になってしまっています。そしてジャイアンやしずか、スネオのメンバーも・・・
    1:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:12:47.09 ID:3Fz45byC0
    「ドラえもん・・・」
    夕暮れで赤く染まる部屋で呟いてみる。
    ドラえもんが未来に帰って三年。
    野比のび太。17歳。高校生。
    6:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:14:56.05 ID:3Fz45byC0
    三年前、ドラえもんが未来へ帰るといったとき、涙は出なかった。
    七年前、ドラえもんが同じことを言ったときと違い、
    その時すでに、僕は自分の感情をコントロールする技術と年相応の照れと諦めというものを身に付けていたのだった。
    ドラえもんが未来に変えるその晩、家族で夕食を食べた。
    机の上には山の様なドラ焼き、でもドラえもんはなかなか手を付けずチラッと僕のほうを見た。
    僕は思い出した、急いでドラ焼きで乾杯を交わし、パパやママの温かい目に少しの罪悪感を覚えていた。
    とりあえず、一刻も早くこの場から逃げ出さないとむず痒くて頭がおかしくなりそうだった。
    7:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:15:47.44 ID:3Fz45byC0
    その夜、二人で公園まで歩いた。
    夜が明けるまで、ずっと話し続けていた。
    今はもう忘れてしまったたくさんの話をした。
    けど最後まで一番言いたいことは言えなかった。
    覚えているのは、それだけだ。
    8:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:16:37.42 ID:3Fz45byC0
    別れのとき。
    ドラえもんが涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら引き出しの中に消えるときも、僕の目に涙は無かった。
    ドラえもんがいなくなることと同じくらい、いや、それ以上に、そのことが悲しかった。
    もちろん僕はとても。胸が痛むほど悲しかった、それは嘘じゃない。神に誓う。
    もっとドラえもんと一緒にいたいとも思っていた。
    けど、僕は、ドラえもんに「行かないで」って涙を流しながら言えなかった。
    言わなかった。
    それが、なにより悲しかった。
    あれから、三年たった。
    もう、いや、たった、三年。
    10:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:18:10.39 ID:3Fz45byC0
    ドラえもんが帰った次の日、未来から「未来警察」のうんたら課のなんちゃらが家に来た。
    なんでも、七年前、ドラえもんが過去に未来の道具を置いてきたことが問題となり、検査に来たそうだ。
    家中すべからくドラえもんが関連しているものが無いか調べられた、
    未来のお菓子の包み紙からドラえもんの書いたメモまで、全て回収された。
    切ない雰囲気漂う独特な文章に引き込まれます。そして他のメンバーの近況が少しずつ明らかになって・・・
    16:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:37:09.95 ID:3Fz45byC0
    中学校に入り、僕を取り巻く人間関係は少しづつ変わり始めた。
    出来杉と、あともう何人かだけが私立に進学したのを除けば基本的にみんな同じ地元の中学校に進学した。
    中学の最初こそ小学校の延長線上にあったものの、中学2年あたりから思春期に入るにつれて
    しずかちゃんとは疎遠、というほどでもないが、昔ほどの接点はなくなってしまった。
    17:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:38:25.21 ID:3Fz45byC0
    ジャイアンは開始直後はガキ大将だったが、根のやさしさが裏目に出て本物のワルにもなりきれず
    徐々にクラスでの立場を失ってしまい、野球部も辞めた。
    卒業時にはもはや昔の「ジャイアン」の見る影が無いくらい覇気のない奴になってしまっていた。
    その頃だろうか、僕が、いや、みんなが彼を剛田と呼ぶようになったのは。
    ご、剛田(泣
    20:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:40:20.18 ID:3Fz45byC0
    一方、スネ夫は持ち前の要領のよさと金銭力の豊富さから
    クラスでのポジションは常に一番権力のある誰かの側近として立ち回っていた。
    ジャイアンの力が弱まったと察した彼はさっさと違うガキ大将に擦り寄っていった
    それ以来ジャイアンと話している姿は見たことが無い。
    確かに嫌な、弱い奴であったが、根はそこまで悪くは無かっただろうことが彼を苦しませていた。
    彼は明らかに誰よりも神経をすり減らし、必死でクラスでのポジションを守ろうとしていた。
    中学3年の夏休み明け、彼は学校に来なくなった。
    やつれきり文字通り骨と皮だけのようなガリガリの姿で高そうな時計をクラスの権力者に貢いでいる
    それが僕の見た最後の中学時代の骨川スネ夫だった。
    なんという殺伐とした高校時代でしょうか。あとは一気にどうぞ

    21:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:41:49.63 ID:3Fz45byC0
    僕はといえば、入学当初は他の小学校からの苛めっ子から性質の悪い苛められかたをされていたのを
    まだ「ジャイアン」だった彼に助けてもらって以来、
    できるだけ波風を立てずになんとかやり過ごしてきた。





    22:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:43:11.30 ID:3Fz45byC0
    途中ジャイアンやスネ夫が壊れていくのを目の当たりにしながらも僕は何もできずにいた。
    自分が、いざこざに、面倒なことに巻き込まれたくなかった、ただひたすら嵐が収まるのを待っていた。

    ドラえもんがいてくれたら

    何度もそう思った。

    僕は一人では、何もできなかった。誰も助けることができなかった。





    23:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:43:56.46 ID:3Fz45byC0
    高校に入って、みんなバラバラになった。
    剛田は地元の中堅高校に。
    スネ夫は都内のお坊ちゃん高校に。
    しずかちゃんは出来杉と同じ全国有数の進学校に。




    25:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:49:31.08 ID:3Fz45byC0
    もちろん、それぞれの連絡は無いに等しい。
    しずかちゃんとは今でもたまに道端であって話したりもするが、その程度だ。
    辛うじて残る親同士の付き合いから聞いてみるに、みんな中学時代よりは楽しい高校生活を送ってるそうだ。
    よかった、と思う。心から。





    26:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:50:01.16 ID:3Fz45byC0
    僕は家から遠く離れた中堅、いや上位といっても差し支えない高校に通っている。
    そこには中学時代までの僕を知ってる人は誰もいない、みんな忘れてるとはいえドラえもんといた僕を知ってる人もいない。

    そこには僕が知ってる人はいない。

    それが僕に血のにじむような努力をさせた理由のすべてだ。





    27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 00:50:27.57 ID:yzdJGgnbO
    wktk




    28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 00:53:34.73 ID:6scDBYfI0
    今日は徹夜できるから見てやるよ




    29:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:55:28.69 ID:3Fz45byC0
    高校に入って、典型的な燃え尽き症候群へと陥った僕は
    喜怒哀楽を失ったかのように毎日淡々と学校に通い授業を受け帰宅する、それを繰り返していた、機械のように。
    回りもおとなしいタイプの人間が多く、僕は誰とも深くかかわることもなく、平穏に日々は過ぎていった。

    その真綿で首を締め付けられるような毎日さえ平穏と呼べるほど、中学時代の光景は僕にとって地獄のような記憶だったのだ。
    あの無力感と絶望感を味わうくらいなら、いっそ退屈に窒息したほうがましだったのだ。





    30:ドラニコフ:2008/09/01(月) 00:56:30.25 ID:3Fz45byC0
    夏休みも終わりに迫ったある日の夕食。

    いつも通り、定型のやり取りを終えた後は無言、賑やかな夕食の風景はもはや思い出せなくなっている。
    両親はここ数年ぐっと老けた。喧嘩も増えて最近は事務的な用事以外での会話を聞いたことが無い。
    父親が家に帰ってくる回数が経れば減るほど、母親の機嫌は悪いほうの峠を越してからはよくなっていった。

    息苦しい。久々の家族そろっての食事。

    子どもの小さな手で首を絞められているような、息苦しさ。ご飯がのどを通らない。





    31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 00:59:29.02 ID:bhDphMElO
    wktk




    32:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:00:06.84 ID:3Fz45byC0
    「ごちそうさま」

    手を合わす。

    父親のほうを見ると黙々と食事を口に運んでいる。
    それはもはや作業と呼ぶほうがふさわしいほど生気がなく、機械の様で不気味だった。
    白髪まみれのぼさぼさの髪の毛だけが生々しく人間の名残を残していた。





    33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:01:09.92 ID:kCuF5uK30
    のび太もっと落ちぶれてほしかったな~




    34:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:03:03.70 ID:3Fz45byC0
    食器を運び上に上がろうとすると、母親が呼び止めた。

    「そうそう、のび太。小学校のときの先生からお手紙が届いてたわよ。」

    そういって冷蔵庫の上の封筒を指差した。
    僕を見ずに、作業を、機械のように続けながら。






    35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:05:05.99 ID:0VUpOP860
    wktk




    36:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:06:57.13 ID:3Fz45byC0
    —-今年で定年退職することになった。
    野比、剛田、骨川、源、4人で私の家に遊びに来なさい。会って渡したいものがある。


    先生からの手紙の内容はかいつまんで言うとそんなところだった。




    38:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:13:55.69 ID:3Fz45byC0
    「はぁ…」

    正直めんどくさい。

    先生とは小学校卒業以来何年かの年賀状のやり取りがあるくらいで、あまり顔も覚えていない。
    夏休みがあけたら試験だ、流石に勉強しなきゃまずい、単位を落としかねない。
    そもそもいまさらあの四人でなんて・・・
    仕方ないとはいえ先生に対し少し怒りを覚える。

    とはいえ、渡したいものがあるというなら行かないわけにはいかないよな、一人で行くか・・・
    そう思って手紙を机に投げ捨てる。

    まだまだ蒸し暑い夜、扇風機の無機質な音だけが部屋に響いていた。
    僕はいつの間にか眠っていた。




    40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:15:06.00 ID:fAzBpuMGO
    期待あげ




    41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:16:19.79 ID:wtn2a7NU0
    ほうほう、それでそれで?




    42:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:17:10.01 ID:3Fz45byC0
    夢を見た。

    ドラえもんやみんなと宇宙や過去や未来で繰り広げた大冒険の。
    ピー助やキー坊やいろんな人のことの。
    ドキドキするような、夢だった。
    僕が失ってしまった、忘れてしまった全てがあるような、夢だった。

    いや、夢じゃない、思い出しただけだ。

    だって、僕らは何度も、実際に世界を救ったんだ。
    みんなで、力を合わせて。
    実際に。

    夢なんかじゃない。





    43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:17:31.23 ID:1hzkAFJn0
    俺も徹夜で支援させてもらうぜ




    45:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:21:06.78 ID:3Fz45byC0
    目を覚ます。

    汗だくだった。
    いつの間にか扇風機はまったく違う向きを向いていた。

    何だかひどく虚しい。
    こんな夢を見るのは初めてだった。

    心臓の鼓動はかすかに、だけど確かに激しい。
    けど目の前の光景は見飽きてしまったいつもの部屋、いつもの家。




    46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:21:42.52 ID:ZCqcxeeN0
    支援
    これは面白い




    47:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:21:44.10 ID:3Fz45byC0
    ふらふら立ち上がり。
    机の引き出しを開ける。

    中には無造作に散らかった文房具と数冊の成人雑誌。

    思わず自嘲する。





    48:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:23:42.01 ID:3Fz45byC0
    「ドラえもん・・・」


    まるでマンガの登場人物のように僕の耳には感じられた。


    全ては、夢だった。
    もうそれでいい。
    それで。




    本当に、それで、いいの?






    「いいわけ、ないよ・・・」






    確かに残る胸の鼓動だけが僕を支えていた。




    49:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:24:51.27 ID:3Fz45byC0
    ちょっと席を空けます。
    楽しんでくださっていたら幸いです。




    50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:25:55.26 ID:LvoocAQE0
    ホッシュ(笑)




    51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:26:10.06 ID:tan9YBgWO
    ねれねえ!wktk!
    明日仕事(;´д`)




    52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:30:55.54 ID:5n60vE9IO
    見てるぞ!




    53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:31:46.02 ID:hXJaCQiw0
    明日仕事!! しかもここ1時間時差あるの
    でもwktk




    54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:33:30.08 ID:hqZGuThXO
    楽しみに待ってるぞ!!




    61:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:44:20.68 ID:3Fz45byC0
    翌日、僕はなんとか連絡を取り付け4人で先生に会う日取りを決めた。

    しずかちゃんは本当にうれしそうだった。
    剛田もそうだ、あんな元気な声を聞いたのは本当に久しぶりだった。
    スネ夫は、最後まで嫌がってた、ジャイアンと会いたくない、合わせる顔が無い、そういって断ってきた。
    しぶしぶオッケーを出したが来なくてもおかしくない。
    スネ夫と剛田・・・
    大丈夫か心配だが、止めるわけにはいかない、やらないといけない。





    62:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:46:10.03 ID:3Fz45byC0
    待ち合わせは空き地・・・
    そういいたいところだがあそこには既にマンションが建っている。
    僕らが小学校を卒業した直後だ。
    僕はドラえもんとそれを阻止しようとしたが、無理だった。

    それから僕らの集まる場所はなくなってしまった。
    空き地が今もあったら、もしかしたら違う形に・・・
    そう何度も思った。





    63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:46:50.33 ID:AOdiewRiO
    このままだと本当に会社で花火打ち上げてジャイ子と結婚しそうだな…




    64:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:49:44.39 ID:3Fz45byC0
    この街も変わりつつある。

    商店街は駅前のデパートの出現により半数近くが閉店に追い込まれた。
    僕が立ち読みしていた本屋も無くなった。
    そして、そのあおりを剛田の家も受けた。
    彼の店は中学生のときに閉じられた。
    そのことは勿論彼の弱体化に無関係ではないだろう。
    彼は駅前に来るたびにデパートを憎たらしそうにギッと睨み付けていた。





    65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 01:50:18.20 ID:xcClEnG+0
    あの空き地ってマンションが建つくらい広かったっけ?




    69:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:54:47.63 ID:3Fz45byC0
    裏山の開発も進んでいた。

    市民が力を合わせて(裏では僕らが絡んでいたけど)一旦はおじゃんとなったゴルフ場の計画が再浮上した。
    信じられないほどあっさりとその開発は進み、山を切り開いたそこにピッカピカのゴルフ場ができた。
    僕の母はもはやそのことに関心すら示さず、僕の父は近くにできたゴルフ場に足しげく通った。
    裏山にいた木や草は根こそぎ刈られ、今では禿山に近い。

    キー坊。ごめん。
    当時、僕は謝らずにはいられなかった。
    けど今はもうその気持ちをほとんど思い出せない。



    待ち合わせは土手。
    よく野球をしたあの土手だ。
    あそこは何も変わっていないから。




    72:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:57:44.12 ID:3Fz45byC0
    当日。
    そわそわしてた僕は15分ほど早めに約束の場所に着いた。
    そこには、既に、一人の女の子が夕暮れの中立っていた。

    「しずかちゃん!」

    「あっ」

    こっちを振り向く。
    やっぱり、すごく可愛い。
    顔立ちが大人びている。
    髪の毛はロング、背は僕と同じくらいだ。
    少し短めのスカートにドキドキした。





    73:ドラニコフ:2008/09/01(月) 01:58:39.06 ID:3Fz45byC0
    「久しぶり。あ、でもこないだ道であったね。」

    「うふふ、そうよ。
    野比君、変わってないね。なんか嬉しい。
    みんなと会うのはすごい久しぶりでしょ、だからなんか不安で・・・」

    心がちくちくする。

    「しずかちゃんも変わってないよ。ちょっと大人っぽくなったけど。」

    「ほんと?ありがとう。」

    よく見ると彼女は薄く化粧をしていた。





    76:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:02:15.75 ID:3Fz45byC0
    約束の時間に遅れること2分。
    向こうから大柄な男が歩いてきた。

    「よう!」
    剛田、いや、ジャイアンの声だった。

    「久しぶりだな!のび太、しずかちゃん。
    部活の帰りでなちょっと遅れちまった。悪い悪い」

    そういって豪快にガハハと笑う。





    77:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:04:06.34 ID:3Fz45byC0
    「剛田は柔道だっけ?」

    「おう。あっという間に副部長まで上り詰めたぜ。
    来年は部長となって全国まで引っ張る、期待しとけよ。」

    もう一回ガハハと響く声で笑う。

    ああ、ジャイアンだ。
    僕は無性に嬉しくなる。

    そして心がまたちくちく痛んだ。




    78:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:04:51.14 ID:3Fz45byC0
    「骨川君来ないね・・・」

    既に約束の時間から30分が経過した。
    剛田はすっかり黙り込んでる。
    携帯にかけるが繋がらない。

    42分がすぎたその時、向こうからガリガリの背の高い男がやってきた。

    直感的にみんなは彼が「彼」だと分かった。





    80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:07:27.66 ID:DhdWzlNw0
    一度疎遠になるとなかなか会えないもんだよな




    81:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:07:51.63 ID:3Fz45byC0
    「スネ夫!」
    僕が駆け寄る。

    「よう、のび太・・・変わってないな。」
    そう言って軽く微笑んできた。

    「骨川君、久しぶり。背、高くなったね。」

    「しずかちゃん久しぶり。相変わらず可愛いね」

    気障なところは相変わらずだ。
    ま、おそらく演技だろうけど。





    83:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:11:39.49 ID:3Fz45byC0
    「・・・」

    問題の二人だ。

    気まずい沈黙。

    その沈黙を破ったのはスネ夫だった。

    「ごめんなさい!」

    「ごめんなさい!裏切ってごめんなさい!
    何度も助けてくれたのに、僕は・・・僕は・・・。
    ごめんなさい、ごめんなさい、本当にごめんなさい、なんでもします!
    お願い、許してください、ごめんさい、ひぐっ、ごめん、ひっ、ごめ・・・」





    85:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:14:09.18 ID:3Fz45byC0
    何度も地面に額を付けて謝っている。
    嗚咽に混じりに大声で。

    「顔上げろよ・・・」

    「ごめんなさい、う、ご、ごめ、ん、さい、ごめ・・・」

    「顔上げろって言ってんだよ!」

    「う・・あっ、ひぐっ」
    スネ夫は泣きはらした顔を上げて立ち上がった。





    86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:14:53.24 ID:Wd20plCZO
    支援




    87:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:17:49.72 ID:3Fz45byC0
    バンッ

    剛田のパンチがスネ夫を文字通り吹き飛ばした。

    「スネ夫!」

    「骨川さん!」




    「・・・これで、許す」





    88:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:18:25.93 ID:3Fz45byC0
    「ジャイ・・・アン・・・」
    スネ夫が身を起こした。

    「これで、許す。
    全部許してやる。
    これで昔どおり、俺とお前は・・・」



    「心の友だ」



    「う、う、うわぁぁぁぁぁーん」



    スネ夫の鳴き声が紅色の空に響いていた。




    89:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:18:58.21 ID:3Fz45byC0
    目にうっすらと涙を浮かべるしずかちゃんの横で僕は、その「感動的な」光景に一人だけ疎外されているような
    もどかしさを感じずにはいられなかった。


    なんで僕は、泣いていないんだろう?
    なんで僕は、スネ夫のように心から謝る気が起こらないんだろう?

    なんで僕は、こんなに悲しいんだろう?





    92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:21:25.31 ID:WldulpeQO
    しずかちゃんがのび太をのび太さんじゃなく
    野比君って呼んだところで、時が経ってるんだなあってしみじみおもた

    支援支援




    93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:26:32.48 ID:vFM+9GJYO
    支援
    というか、声援




    94:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:26:56.59 ID:3Fz45byC0
    それから先生の家に向かうまで僕らはたくさんの話をした。
    久しぶりだった。こんなに人と話したのは。
    いつ振りだろう、笑顔が自然にでてくるのなんて。

    だが近況の話から思い出話へと話題が変わるに連れて僕の心は不安定になっていった。

    僕の知らない話、特に小学校時代、が大半を占めていたからだ。





    96:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:29:45.96 ID:3Fz45byC0
    理由はすぐに気付いた。そりゃ、そうか。当然だ。
    彼らの宇宙や恐竜のいた時代に行った際の記憶は、すでに新たな「記録」によって上書きされているのだ。

    本当に…?

    疑惑。

    本当に、僕は、みんなといっしょにいたんだろうか?

    「でさ、海行ったとき、のび太の野郎が海パン忘れやがってさー」
    「そうそう、それでこいつ泣き出して服着たまま海に突っ込んでさ」
    「溺れちゃって大変だったのよねー」

    ・・・何、それ?




    97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:30:38.98 ID:tv3TG3CLO
    追いついちまった


    明日学校なのに…




    98:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:30:45.26 ID:3Fz45byC0
    知らない。僕は知らない。
    違うよ、僕らは大昔の日本に行ったじゃないか。
    そこで少年と出会って、世界を救ったんだ。

    違う。
    それは嘘だよ。

    なんで、なんでなんにも覚えてないんだよ?
    なんで、あんな大冒険を忘れてしまったんだよ?
    なぁ。
    思い出してくれよ。
    確かに行ったって言ってくれよ。

    なぁ

    頼むよ

    みんな、僕をひとりにしないでよ





    99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:30:49.62 ID:yudUezxoO
    「親友」って言葉より、「心の友」の方が重みがあるなぁ…

    藤子先生はこの時に読んでた子供が大人になって思い出した時も考えて「心の友」に…

    そんな計算高い、悪い大人で無い事を祈りたい。




    100ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:32:31.49 ID:IMTa6e8V0
    てかなんでのび太だけ記憶消されてなかったの?




    101:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:32:39.80 ID:3Fz45byC0
    「・・・君」


    僕はひとりぼっちだ・・・


    「・・・び太!」


    ひとりぼっちだ


    「のび太!」


    ドラえもん・・・


    「おい!」



    剛田に腕をつかまれて我に返った。





    102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:33:31.32 ID:QQn7YEjlO
    とりあえず先生が渡したいものが気になって寝れない…

    明日会社なのに




    103:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:35:28.44 ID:3Fz45byC0
    「おい。のび太、どうした?ボーっとして。
    しっかりしろよ」


    「あ、ああ、アハハ。
    いや、なんだか寝不足で、僕昔から成長してないなぁ
    こんなんじゃまた先生に怒鳴られちゃうよ」

    わざとらしくおどける。

    しずかちゃんがクスクスと、スネ夫がニヤニヤと笑っている。

    「そうだよ、ジャイアン。
    こいつは昔からマヌケでどんくさいやつだったじゃないか」

    スネ夫はすっかり昔に戻っている。






    104:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:36:17.60 ID:3Fz45byC0
    先生の家に着いた。
    呼び鈴を二回鳴らしたところで奥さんと思しき人が扉を開けて居間まで案内してくれた。
    立派な家だ。

    居間の奥に恰幅のいい男性が座っていた。
    おおらかな深い声で僕たちに向かい声を発した。

    「おお、よく来た。野比、剛田、骨川、源。
    まぁまぁ、そこに掛けなさい」

    先生の頭は真っ白になっていたものの顔色にはつやがあり。体全体にはエネルギーがみなぎっていた。
    今年で定年する人間にはとても見えない。
    自分の両親よりもよっぽど若々しく見えた。
    機械とは違う大人。
    そんな大人がいるということが僕に少なからず安堵感を与えた。





    106:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:37:18.77 ID:3Fz45byC0
    先生と僕たちも、またたくさんの話をした。

    高校生活について。部活。テスト。進路について・・・
    中学時代の過ち。
    小学校で僕が毎日遅刻や居眠りで廊下に立たされていたこと。

    いろんなことを思い出した。

    こんなに沢山のことを僕は忘れていたんだ。

    でも、その記憶がたとえ捏造されたものであっても、僕はそれを「過去」とせざるを得ない。
    一旦忘れてしまったら、たとえ思い出したと思えても、その「過去」が本当に正しい「過去」かなんて分からないのだ。

    いや、忘れなくても、過去の記憶なんて脆弱なものだ。
    何の証拠も無かったら、こんなにも揺らぐものなんだから。





    109:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:40:34.68 ID:3Fz45byC0
    「先生。渡したいものがあるっておっしゃってましたが・・・」

    しずかちゃんが先生に尋ねた。

    「おお。おお。そうだった、すっかり忘れておった。
    年じゃのう」

    そういって奥の引き出しからガサゴソ何かを引っ張り出してきた。

    「ほれ、おぼえておるか?
    小学校3年から5年まで君たちの担任としてやらせてもらった。
    そのとき毎月その月一番楽しかったことを作文にして提出してもらったのを覚えているかね?」





    110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:42:27.12 ID:hdsoaFACO
    これは…記憶復活フラグ




    111:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:43:53.98 ID:3Fz45byC0
    思い出した。

    そうだ。

    僕は、僕らは、作文にあの大冒険のことを書いた。

    何も知らない人からしたらばかげた作文で、僕はよく叱られていた。
    けど僕は屈しなかった、だって一番楽しかったことは紛れも無くあの大冒険に違いなかった。
    嘘は書けなかった。

    「で、基本的にはみんなそれぞれ文集にして渡しているんだがね。」

    「君たちの作文は大抵、いや全てといっていいかもしれない。
    同じ内容を書いているんだ」




    112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:44:47.33 ID:Y6OzggVq0
    >>111
    これは…




    113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:45:32.13 ID:U+uWR+3EO
    >>111
    期待




    114:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:45:46.43 ID:3Fz45byC0
    そうだ。
    そりゃそうさ。
    あんなに楽しかったことだ。
    みんなあれを書くに決まっている。

    心臓の鼓動がだんだん早くなる。

    「だから君たちには集まってもらって一緒に渡したくてね。
    ほれ、高校もばらばらだとなかなか会う機会もないだろうから、この際と思ってね。
    いい思い出話の肴にしてくれたまえ。
    余計なお世話だったかもしれんがね」

    そういいながら僕らに文集を手渡した。



    僕はお礼も言わず文集のページをめくった。






    115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:46:47.78 ID:fU6HiJvF0
    なんという死亡フラグ……




    116:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:47:05.78 ID:3Fz45byC0
    ・・・!




    確かに予想はしていた。

    未来警察とやらはこんなところにさえ細工を仕掛けていたのだ。

    みんなの作文は勿論、僕の作文も書き換えられていた。
    ドラえもんという単語が検閲に引っかかったのだろう。

    落胆を通り越した。
    僕の頭の中で何かが弾けた。






    119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:47:46.09 ID:Y6OzggVq0
    >>116
    まあそうだよな…つーか未来警察ありえねえwww




    121:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:49:12.14 ID:3Fz45byC0

    「うわー懐かしいわ。そうそう、みんなで裏山でキャンプしたのよね」

    ・・・違う。

    「確か僕のいとこのヨットで無人島に行ったんだよね」

    違う。

    「俺こんときカツ重3杯も食べちゃってずっとトイレにこもってたんだよなぁ」

    違う!!違う!!違う違う違う!!!!!!





    122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:49:25.59 ID:O2038rheO
    追いついちまった…




    124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:50:05.81 ID:okj5oJIqO
    忘れてしまうって怖いよな




    125:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:50:25.22 ID:3Fz45byC0
    「違う!!!!!!!!!」




    自分でも驚くぐらいの大声。

    みんながこっちを見てる。

    「ど、どうしたんだ。野比。」




    126:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:51:04.77 ID:3Fz45byC0
    「違うよ!こんなの嘘だ!
    覚えてないの?
    嘘。絶対覚えているよね?
    確かに海にも行ったよ。
    けど!宇宙や、過去や、未来に行ったでしょ?
    ピー助。雲の王国。ブリキの迷宮。
    ほかにも、たくさん!たくさん!
    なんで、なんで忘れちゃうの?
    みんなで行ったじゃない?
    本当に、なんで?忘れちゃったの?」

    みんな僕を見つめている。

    「行ったじゃないか!!!!!!!!!
    みんなで、みんなで・・・」



    「ドラえもんと一緒に!!!!!!!!!!!」





    127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:51:53.52 ID:npjaAvXnO
    追いついた
    しえん




    128:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:52:45.74 ID:3Fz45byC0
    ちょっとすいません。
    また席離します。
    20~30分ぐらいで戻ってくる予定です。

    楽しんでくださってる方申し訳ありません。




    133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:54:33.63 ID:WldulpeQO
    じゃあ20~30分寝てくるかな




    134:ドラニコフ:2008/09/01(月) 02:56:16.84 ID:3Fz45byC0
    すいません。
    バイト中なんです。
    店長怒りすぎて、なんか顔が変形してるんです。
    すいません。





    135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:57:04.14 ID:aY5RYSr80
    明日休みだから支援してうやるよ



    だからなるべく早く戻って来て下さい





    137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:57:56.12 ID:+InOELcBO
    なぜか明日会社休日の俺勝ち組




    139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:59:03.76 ID:U+uWR+3EO
    店長にこのスレみせたら解決
    これはドラえもん知ってればいける




    142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 02:59:49.42 ID:hXJaCQiw0
    wktk!!
    しかしもう朝方 or2




    143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:00:59.16 ID:Wd20plCZO
    支援




    144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:02:27.91 ID:npjaAvXnO
    バケツ持って立ってみれば




    161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:16:57.88 ID:Hp2fPbUeO
    早く帰ってこいwww




    162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:17:06.98 ID:J7VpN6jOO
    アンパンマンのカバおが擬人化したようなクラスメイトいなかったっけ?



    163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:17:22.58 ID:avwCaCgq0
    まだ店長の顔の形戻んないのかwww




    168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:22:36.24 ID:60C30E5IO
    でもこののび太みたいな状況って、実際かなり怖いよな
    「それ」が実際にあった出来事だという証拠は自分の記憶しかない
    実は自分の妄想なのでは?
    頭がおかしくなってしまったのでは?
    自分の記憶以外に何の証拠もなく、
    他の全ての人が自分とは違う記憶を持っている以上、
    そういった説明の方が理屈に敵っている

    ドラえもんは本当に存在したのか?




    172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:26:11.61 ID:+InOELcBO
    ドラえもんはのび太の夢だ
    ったって説があったような




    173:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:26:43.66 ID:3Fz45byC0
    ハァハァ

    息が荒れてる。
    みんなの前でドラえもんの名前を出したのは帰って以来初めてだった。

    「の、のび太。落ち着けよ?
    な、夢でも見てたんじゃないか?
    ほら、お前ずっと授業中寝てばっかだったし」

    剛田のその場を和ませようとした一言が僕に再び火を付けた。

    「ふざけるな!」

    剛田につかみ掛かる。





    174:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:27:40.59 ID:3Fz45byC0


    「ふざけるな!
    なんだ、君はあれが夢だったって言いたいのか?
    君は何度も僕を助けてくれたんだ。それさえも、夢だって言うのか?」

    「のび太、なにしやがる、落ち着け、手を離せ。」

    「ふざけるな。思い出せよ。
    ほら、覚えているだろ?
    僕がピー助を助けに行くのに着いてきてくれたじゃないか?
    嬉しかった。僕本当に嬉しかったんだぞ!
    なのに?
    夢?
    忘れたの?
    ねぇ、なんで?
    どうして?
    思い出せよ!
    思い出せよ!おい!」




    175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:28:08.88 ID:y1/Hbk3M0
    こういう状況だと逆にのび太が痛い子なんだよな
    こういうシーンはいたたまれない気持ちになるから少し苦手だ




    178:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:28:39.31 ID:3Fz45byC0

    「離せ!」

    剛田に突き飛ばされる。

    「はぁはぁ、わけわかんねぇのは、お前だ!
    せっかくみんなで集まってんのに、何、訳のわかんねぇこといってんだよ!」

    「思い出してよ・・・」

    「思い出してよ!
    なんで覚えてないんだよ!
    ハァハァ…
    ジャイアン!ジャイアンってば!」

    そういって先生の家を飛び出した。




    179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:29:02.22 ID:T4Ibnk6NO
    今宵は良スレがたつのぅ




    181:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:30:46.27 ID:3Fz45byC0
    ただでさえ数年ぶりの取っ組み合いのけんかをしたものだからちょっと走っただけで座り込んでしまった。
    暗闇の向こうから僕を呼ぶ声がした。

    「野比君」

    しずかちゃんだった。

    合わせる顔が無い。
    この集まりを彼女はとても楽しみにしていた。

    それを、ぼくはブチ壊してしまったんだ。





    183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:31:14.39 ID:FjXIwqhVO
    なにこの超大作




    184:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:33:48.25 ID:3Fz45byC0
    「ねぇ。実は、私も時々夢を見るの」

    「え?」

    「なんかね、みんなで冒険する夢。
    すごいわくわくする夢なの。
    車とね、仲良しになるんだけど。
    その車は私を守って壊れちゃうの。
    でね、いっつもそこで目が覚めるの。泣いちゃうしね。」

    バギーだ。





    185:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:34:23.63 ID:3Fz45byC0
    「他にもね、恐竜とお友達になったり。
    動物の星に行ったりするの。すごく楽しくて。
    でね、すごく野比君が頼りになるの。」

    「・・・」

    「私がピンチのときはいっつも助けてくれるの。
    不思議な道具を使って。」


    「・・・夢じゃないよ。」


    「・・・うん」






    186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:34:24.49 ID:uKp7yNtg0
    久々にVIPでも覗くかと思ったらこれかよ…寝れねえorz




    187:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:34:56.99 ID:3Fz45byC0
    「夢じゃない。夢じゃないよ。
    ドラえもんが、ドラえもんっていうロボットが連れて行ってくれたんだ。」

    「猫型ロボット。といってもタヌキみたいだったけど」

    「うん」






    189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:35:25.63 ID:J8mxNn0WO
    これは映画ドラえもんの新作ですか?




    191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:36:34.11 ID:jK/wpNrl0
    ネカフェ難民の俺がガチ保守

    リアルに突き刺さる青春模様




    193:【大凶】:2008/09/01(月) 03:37:13.32 ID:ZDOebus90
    >>191
    つД`)




    198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:39:07.68 ID:nZKZIJIkO
    これは映画化されるだろjk
    そして期待支援age




    199:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:39:13.72 ID:3Fz45byC0
    「ごめんね。しずかちゃん。今日は、帰るね。みんなに謝っといて。
    ごめん。本当にごめん。」

    「あ、えっと、の、のび太さん!」

    久しぶりの呼ばれ方に思わず振り向く

    「え、えへへ、なんだか照れちゃうね。
    また、会いましょうね、すぐ」

    吸い込まれそうな笑顔。

    「・・・うん!」

    精一杯の笑顔で返事をした。






    203:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:43:21.21 ID:3Fz45byC0
    それから何日も僕は何もする気が起こらなかった。
    母さんの説教ももはや何語か分からなくなるくらい感覚が麻痺し、まさに抜け殻のような、そんな日々を送っていた。

    夏休みの最後の日。ついに母さんの堪忍袋の緒が切れた。
    朝から父親との喧嘩も会って機嫌が最悪なことも重なって大荒れだった。

    僕が昼間で布団にもぐっているのを見るや否や布団をひっぺがし、投げつけた。
    僕に向かってありとあらゆるものを投げつけてきた。


    文房具から。
    椅子から。
    漫画から。
    何から何まで。


    部屋はぼろぼろになった。
    ふすまも破れた。
    本気で僕は殺されるかと思った。





    206:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:44:51.06 ID:3Fz45byC0
    もういやだ。
    なんで、ぼくがこんな目にあわなきゃいけないんだ?
    僕は何もしてない。
    僕をほっといてよ。

    もういやだ。

    部屋の片づけをしながらとりあえず押入れの中にものを詰め込む。





    椅子が投げつけられて割れた隙間に小さな空間が見えた。






    207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:45:25.41 ID:fU6HiJvF0
    おおおおおおおおおおおおおお




    209:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:46:05.42 ID:3Fz45byC0
    「何だろ?
    ・・・う、うわぁぁぁ!!」

    いくつかの袋に入った真っ黒な塊。
    それがその空間に詰まっていた。

    「な、なんだこれ?
    き、気持ち悪いな」

    よく見るとそれはカビの生えたドラ焼きだった。





    210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:46:28.36 ID:Hp2fPbUeO
    神展開キター




    211:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:46:54.75 ID:3Fz45byC0
    「な、なんでこんなところにドラ焼きが?」

    思い出した。

    それは彼のドラ焼きに違いなかった。

    僕がよく盗み食いをしていたもんだから彼はこんな細工をしてまで隠そうとしてたんだ。
    あまりに凝りすぎて、彼自身も忘れていたようであるが。

    「あ、あはは」

    なぜだかとても懐かしい気分になった。





    213:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:47:28.70 ID:3Fz45byC0
    ん?

    奥のほうにビスケット箱ぐらいの平べったい赤い箱があった。

    埃にまみれたその箱のずっしりとした重さに僕はあの薬のことを思い出さずにいられなかった。

    ウソ800。

    まさか!と思ってふたを開ける。





    214:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:48:44.90 ID:3Fz45byC0
    バッサァァァ

    「・・・何だこれ?」

    たくさんの写真。可愛い女の子の写真が出てきた。
    彼の好きな当時の売れっ子アイドルの写真だった。

    「そういえば・・・」




    215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:49:22.29 ID:npjaAvXnO
    あの名ゼリフを吐くぜ

    いいぞ、もっとやれ




    216:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:49:23.46 ID:3Fz45byC0

    彼はこのアイドルの追っかけまがいのことをしていて、彼女が出るテレビは録画はもちろん、
    雑誌の切抜きや時には撮影現場まで行った生写真を大量に取っていたのを思い出した。
    今でこそ落ち目になってスキャンダルと暴露話で芸能界を渡っている彼女であったが
    当時の人気は大変なもので僕も一時期ファンであった。

    だから彼は切抜きを大切に、僕に取られないように茶化されないように大事なドラ焼きと一緒にしまっていたのだ。

    そういえば写真がなくなったって大騒ぎしてたなぁ。
    ひみつ道具を使っても見つけられなかったってことはこの空間には特別な措置でも施してあったんだろうか?

    その小さな空間にはもう何も無かった。





    217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:49:25.51 ID:Hp2fPbUeO
    ワクワク




    218:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:50:31.64 ID:3Fz45byC0
    仕方なく写真を拾い集めていた。

    !!!!!!!!!!

    心臓が止まりそうになった


    その中に一枚だけ


    明らかに


    人間じゃない


    青い


    短足の


    表情豊かな


    機械が


    写りこんでいたのだ。





    224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:52:38.57 ID:Y6OzggVq0
    >>218
    ついに来たwwwwww




    221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:51:45.81 ID:Hp2fPbUeO
    おおぁおお




    223:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:52:26.18 ID:3Fz45byC0
    小さくだが、確かに、アイドルの野次馬の中に。
    何故かこっちに手を振って。
    満面の笑みで。


    頭が真っ白になる。


    「どらえも・・・うっ、あっ、え、えぐっ」


    大粒の涙が写真に染みを作っていく。

    泣いていたのだ。僕が、涙を。

    嬉しくて、嬉しくて、もうどうしようもない。
    こんなにも確かな、確かなことがまだあったなんて。





    226:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:53:07.64 ID:3Fz45byC0
    力が抜けぼろぼろのふすまに寄りかかる。

    「うぐっ、あっ、ど、どらえもん。」

    いろんな感情があふれてふすまに叩きつける。

    バンバン!





    228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:53:40.12 ID:QQn7YEjlO
    きゃあああ

    起きてて良かった

    もう朝まで起きてそのまま会社行くよ

    >>1すごい




    229:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:53:57.36 ID:3Fz45byC0
    「ドラえもん。夢じゃ、夢じゃない、よ、よね!」

    バンバン!

    「君は、ずっと、ずっと僕と一緒にいてくれた、よね!」

    バンバン!

    「ごめんね、疑ってごめんね」

    バンバン!

    「本当だよね、嘘のわけ、ないよね!」

    バン!





    230:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:54:35.45 ID:3Fz45byC0
    「ハァハァ、僕、ね、君がいないとやっぱりだめだよ」

    バンバン!

    「何もできないよ、何、も助けれないよ、ううっ、げほっ、うがっ」

    バッバンバン!





    231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:55:10.92 ID:aY5RYSr80
    何がバンバンしてるの?






    235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:55:36.98 ID:nZKZIJIkO
    >>1
    ネ申だよあんた!




    237:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:55:56.01 ID:3Fz45byC0
    「会いたいよぉ・・・」

    バン!

    「帰ってきてよぉ!」

    バンバンバンバン!

    「行かないでよ!僕を一人にしないでよ!」

    バン!バキッ!

    「ドラえもんってば!大好きだよ、僕、君のことが!
    好き、大好き!
    もう忘れないから!絶対に忘れないから!戻ってきてよ!
    行かないで!行かないでよ!
    また僕といっしょにいてよ!
    ずっと、ずっといっしょにいてよぉ!」

    バン!

    「う、うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!!!!!!!!」

    「ど、どらえもーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!」






    240:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:57:00.41 ID:3Fz45byC0


    泣きはらした。

    涙がかれるまで。

    僕のもやもやを綺麗に洗い流すまで。






    241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 03:57:40.22 ID:kVoKvShUO
    夏休み終わって学校始まるのに寝れないじゃないか…




    243:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:58:01.88 ID:3Fz45byC0
    夕暮れ時。


    腫れの引いた顔で道を歩く。


    ポケットに手を突っ込んで。


    ドラえもんの好きだった、あのアイドルの一番のヒット曲を口ずさみながら。


    もう曲のタイトルすら忘れちゃって、勿論歌詞も全然覚えていない。


    でも嫌に明るいこのメロディーは忘れない。


    あいつもよく歌ってたっけ。






    247:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:59:03.42 ID:3Fz45byC0
    よく二人で歩いた道はまだ変わっていない。


    僕のハナウタが2番目のサビに突入しようとしたとき、強い冷たい風がメロディーをさらっていった。


    ハックシュン!


    あぁ、僕は風邪を引いたかな






    248:ドラニコフ:2008/09/01(月) 03:59:36.89 ID:3Fz45byC0
    ドラえもん


    なんとかやってみるよ


    僕一人で


    いや、みんなで


    もう一回やってみる


    君がいてくれたっていうだけで


    僕は救われるんだ






    251:ドラニコフ:2008/09/01(月) 04:00:07.05 ID:3Fz45byC0
    ねぇ、ドラえもん


    もうすぐ秋だよ


    夏も、終わりだね


    ねぇ、ドラえもん


    fin





    253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:00:36.57 ID:aY5RYSr80
    >>1乙!!!!




    254ドラニコフ:2008/09/01(月) 04:00:57.38 ID:7M7HserP0
    まさかの fin・・・・・・・・

    これから盛り上がるところじゃないの・・・・・・・・




    257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:01:19.04 ID:3EFRze5TO
    切ない…乙!




    258:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:01:28.25 ID:6LNdj9M5O
    >>1超乙!!!




    263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:02:13.29 ID:uKp7yNtg0
    ふ、ふぃん…だ…と…?




    266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:02:28.28 ID:JE5JzOt8O
    激しく乙!!




    268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:02:49.56 ID:KMvyiDcTO
    おつつ!

    写真をみんなに見せて話が広がって欲しかった




    269:ドラニコフ:2008/09/01(月) 04:02:54.85 ID:3Fz45byC0
    ここで終わりです。

    こういった終わり方にしようと最初から決めていました。
    途中かなり強引なところもありましたが。結構満足しています。

    楽しんでくださった皆様ありがとうございました。




    275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:03:36.78 ID:9/KlmIuSO
    おもしろかった!




    278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:04:48.14 ID:Y6OzggVq0
    いちおつ
    感動したぜ




    282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:05:24.73 ID:24t96U780
    俺はこの終わり方嫌いじゃないぜ
    夏の終わりにはちょうど良い




    283:ドラニコフ:2008/09/01(月) 04:05:35.36 ID:3Fz45byC0
    では、バイトに戻りますww
    もう店長口すらきいてくれないんだもん

    セカンドシーズンはないです。
    けど書いてくださる方がいるなら僕も楽しみにしています。

    でわノシ




    287:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:07:08.16 ID:jGWejYIpO
    >>269
    2ちゃん見て泣いたの初めてだわ

    本当にありがとう。・゚・(ノД`)・゚・。




    296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:10:34.78 ID:iFtkq3dpO
    >>1
    次回を期待してるぜ
    お疲れ~




    305:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:14:26.40 ID:oE3LwNzq0
    こんな時間まで起きててよかった

    >>1乙




    319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:30:02.81 ID:T4Ibnk6NO
    >>1乙!!!
    VIPの感動スレの破壊力は異常ww




    320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/09/01(月) 04:31:17.13 ID:QQn7YEjlO
    今のドラえもんは温かさみたいなのがない気がする



    当サイト関連

    のび太VSドラえもんFLASH
    ドラえもん最終回FLASH – 「大きな秘密・・・」
    ドラちゃんの本音他

    商品無料仕入戦隊『電脳卸』

    この記事を読んで頂きありがとうございます。
    コメント欄も設けておりますが、
    よかったらtwitterやfacebookなどでつぶやいたりシェアして頂けると嬉しいです。

    STARを押してこの記事を評価お願いします→つまんないイマイチ普通まあまあよかった! (2票, 平均: 4.50)
    Loading ... Loading ...

    Written by ayu in: 2ch | タグ:

    コメントはまだありません »

    RSS feed for comments on this post. TrackBack URL


    コメントして下さい

    同一カテゴリ内記事

    最近買ったモノ


    Template: TheBuckmaker.com Blog Themes | Website Hosting, Gesundheitspapst

    Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE