[コピペ]トリビア, [コピペ]怖い


274:忍法帖【Lv=20,xxxPT】:2012/06/17(日) 23:33:12

まとめると、元はといえば普通の宗教団体だったんだけど、批判だかなんだかされてそれに怒った麻原が日本は俺が変えてやるわ(悪い意味で)
と思いつき、まずは信者集めした。
まあ当時はバブル崩壊したばっかで、東大とか早稲田、慶応までいっている超エリートたちは自分たちは頭はいいと言われるが、
そんなんじゃおもしろくない、なにか自分がいかせることはないかと考えオウムに入信。
頭が良すぎるのかなんなのかバカみたいなのにハマっちゃって麻原さまさま状態で、そりゃ理系のエリートたちだからサリンなんて簡単に作れる。
単純に原料は身近にあるものだし。んでまあ序の口ってことでサリン撒いて、ちなみに撒かれたのは霞ヶ関駅から2つ手前くらいの駅で、丁度サリンが循環して異変に気づくくらいの時に霞ヶ関に到着することにした。
なにしろ霞ヶ関は国家重要機関があまりに集中してたからそのお偉いさんたちが死ねばいいとか思ってたんだろうな。
ラッシュアワーの時間帯を狙ったのもその為。
計画ならここで国家を混乱させ、これから本格的に征服しようとしてたがその前に強制捜査が入ってしまい計画は失敗した。
たった6リットルのサリンであんなに被害者がでてるんだから、本来使われるはずだったこの数十倍のサリンが撒かれてたらもう終わってたな。

[コピペ]怖い

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:37:32

こないだ久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。
幼馴染(A男)はある女子高で英語の教師をやっていた。

Aはいつも、英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを校内のコピー機で刷っていたのだが、
担当クラスは1学年に4つあって、全員分刷るとけっこうな枚数になるそうだ。
一気に4クラス分を刷ると、時間かかるわ紙無くなるわで色々と面倒なので、
Aはクラス人数分ごとの数量指定で、授業前にいちいちコピーするようにしていたらしい。
しかし、なぜかあるクラスだけ、数が違って出来上がるんだそうだ。
32名分32枚刷ったのが、いつも33枚出来上がっているという。

最初はAも、「ただ数を間違ったんだろう」と思って気にしなかったそうだが、
「いつも」となるとなんだかおかしい。他のクラスではそんなことないのに。
Aは、教室に並ぶ机の一番前の席1列の生徒に「うしろに廻してね」と言ってプリントを配る。
すると手元に必ず1枚あまるそうなのだ。
前に、それを見た生徒に

「先生、なんでいつも1枚あまるの?」

と聞かれ、

「これは先生の分だから」

と答えたそうなのだが、 そんなつもりで刷っているわけじゃないのは自分がよく知っている。
だいたい自分の分は既にきちんとファイルに入っているのだから。
いよいよ不思議に思ったAは、自分がちょっとおかしくなっているのでは?と思い、
コピー機の前で数を数えてみることにしたんだって。
プリントをセットして、枚数を「31」と入力する。
(31枚+原本=32枚)


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:38:30

1枚、2枚、どんどん出てくる。Aは目を離さずにそれを数えていたそうだ。
とうとう31枚出てきたところで、コピー機は止まった。
原本を足して再度数えてみたところ、やはり32枚で間違いない。
しかし、そのきちんと数えたプリントをそのまま例のクラスに持って行き配ったところ、
やはり手元に1枚あまってしまったそうなのだ。
Aはこの時初めて、ぞおぉっとしたらしい。
Aは慌てて生徒の数を数えたが、休みの生徒もなく、ちゃんと32人居る。
あまるはずがないのだ。
でもあまってる。
Aは呆然としてしまい、生徒たちに


「このクラス32人だよな」


と聞いてみた。
するとクスクスと笑われ、先生寝ぼけてるよーなどと野次られた。
でもそのあと、


「33人居ないよな?」


と生徒たちに念を押したAの顔がマジだったからか、先生マジでやめてよ、
とか冗談きついよとか、教室内がもうすごい騒ぎになってしまったそうだ。
(これはいけない)とAは気を取り直して
【何でもない、やっぱり俺の気のせいだ】
そう言って、教室内の沈静化を図ろうと思ったとき、


「なんでわかった!?なんでわかった!?なんでわかった!?
なんでわかった!?なんでわかった!?なんでわかった!?なんでわかった!?
なんでわかった!?なんでわかった!?なんでわかった!?」


ってすげー声で叫びだした奴が居たんだって。


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:39:15

そんでAはもう恐ろしさからか急激に気が遠くなって、気がついたら校長室のソファーで寝てたらしい。
でまあAはその学校にもう居なくて、既に教師でもない。
早い話、学校やめて地元に戻ってきたんだよね。
今は実家でブラブラしてる。
ちなみに俺んちの2軒隣。
Aが戻ってきたとき、なんで先生やめたのか言葉を濁してたからずっと聞きづらかったんだけど、
こないだ酒の勢いで聞いたらこの話をしてくれた。
何が一番怖いって、Aが学校を去ることになったとき、
やたら避けられていた問題のクラスに居た生徒を捕まえて聞いたら、

「なんでわかった!?」

って叫びまくってたのは、なんとA自身だったらしい。
でもA曰わく、

「声は聞こえてたけど、俺が言った覚えなんてない」

やっぱAがおかしいのかなぁ?
やだな、すげえ心配。


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/18(月) 02:39:24

こええな…身体乗っ取られたのか

[コピペ]怖い

880:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 09:30:37

建築現場でアルバイトしてた時に仲良くなったおいさんがいました
そのおいさんは流れ者で関西の方から来てたらしいです
元は生コン車の運転手をしてたらしいです
ある日、893と飲み屋で意気投合し顔見知りになり友達になったらしい
賭場や麻雀に誘われ負けが込んできた時、借金を作ってしまいどうにもならなくなった
その893に相談すると300万程気前良く貸してくれたんだって
最初は利子も取らずに返済の要求もなかった

ある日、夜中に電話があり事務所に呼び出されて行ってみると
893が3人とズタ袋に入った長さ1.7メートルの物体が転がっていた
「これを処分したいからお前も手伝え。生コン車を持ってこい。」
 
おいさんはコレは死体だと直感し勘弁してくれと頼んだ
すると893は今まで見せた事ない鬼の形相となり怒鳴り散らされた
仕事を手伝うか金を全額すぐに返済するかどっちか選べと
しぶしぶおいさんは生コン車を出し893の仕切るマンション現場に行った
おいさんがオロオロしていると893が袋を基礎の中に投げ捨ててしまった
そしておいさんは生コン車のレバーを押し生コンが注がれていった
帰り際5万ほどもらったらしい
それ以来、数ヶ月に一度同じ事をやらされ続けておいさんの神経も麻痺し
借金が減るんなら何も考えずに手伝おうと思い始めていた
そして運命の日
いつものように現場に行くと袋ではなくボロボロに殴られて生きているおっさんがいた
893は生きたまま基礎に投げ捨てニヤニヤしながら早く生コンを注げと言う
おいさんはどうしてもレバーを押すことが出来ずに泣きながら勘弁してくれと謝り続けた
イライラしてきた893はおいさんを押しのけレバーを押した
基礎の中から聞こえる断末魔はこの世の者とは思えなかったらしい
そしておいさんは逃げた
借金は残っていたがいつか自分も殺されると思ったらしい
この話をするおいさんは真っ青な顔して体が小刻みに震えていたので嘘とは思えない
マンションの基礎に死体を捨てるの発覚しにくい確実な方法なんだって
数十年後に解体することになっても骨とコンクリがバラバラに混じって見分けもつかないらしい

[コピペ]怖い

2013-04-13_0817

なんか読んだことあるようなないようなちょっと怖いコピペです。

ある女性が夜道を車で走っていると、ガソリンの残りが少ないことに気付いた。
給油しなければならないと思い、人気のない場所に偶然開いていたガソリンスタンドに入った。

客が来たにもかかわらず、店員はなかなか出てこない。
彼女がクラクションを鳴らすと愛想のない不気味な男性店員が出てきた。
店員は目を細め彼女の車をじろじろ見ながらガソリンを入れた。
気味が悪いので早く会計を済ませてこんな店を出ようと思った
彼女は店員にクレジットカードを渡した。

すると店員は

「お客様、このカードは偽造カードですね!これは使えませんよ!」

と驚くようなことを言った。

「そんなはずはないわよ!」

もちろん彼女はきちんとしたカードしか持っておらず、偽造カードなどは見たこともない。
しかし店員も引かず

「いいえ、これは偽造カードです!さぁ、こっちへ来てください!」

と言うと彼女を車ら下ろし、事務所の方へと腕をつかんで引っ張っていこうとした。
『これはまずい!』と思った彼女だがまわりには逃げ込めるような場所は何もなく、
されるがままに事務所へ連れて行かれた。

事務所へ入ると店員はすぐに後手で鍵を閉めた。
そして不気味で恐ろしい顔を近づけてきた。

『もう逃げられない・・』

そう観念した彼女に信じられない言葉がかけられた。

「早く警察へ連絡を・・・」

そういうと男はその場へヘタヘタと座り込んだ。

「え?」

おどろいく彼女に男はこう言った。

「あなたの車の後ろに包丁を持って眼を血走らせた男が乗っていたんです。
だから、あなたの安全を確保するにはこうするしかありませんでした。」

その後、通報により駆けつけた警察により後部座席から
包丁を持って薄笑いを浮かべた男が逮捕された。

((((;゚Д゚))))

[コピペ]怖い

395: 本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 12:36:34 ID:5ebS3UtO0

少々長い話しになりますが、私の不可解体験を書きます。

「僕のお母さんですか?」
登校中信号待ちでボーっとしていると、突然となりの男が言った。
当時私は20歳の大学生で、妊娠・出産経験は無い。
それに相手は、明らかに30を超えていた。

ビックリして、「ひっ…人違いです」と答えると、
相手はその答えが意外だったかの様な反応で、何でそんな嘘を付くの?
と言った表情だった。
その反応に私が驚いた。

信号が青になると、私は急いでその場を去りました。
こんな事を言っては失礼だが、障害者っぽい雰囲気で、ガリガリで目はギョロッとしていて、
よれよれのシャツに、肩から黄色いポシェットを下げていた。
これが彼との最初の出会いで、この後数年に渡って何度も彼と遭遇しました。

その日から彼は毎日その場所で私を待っていて、必ず「僕のお母さんですか?」と聞くのだ。
「違います」そう一言言えば去って行ってくれるので、
気味は悪いが警察に言う程でもありませんでした。

しかしいつの日から、大学にまで現れる様になり、私は彼にきつく怒鳴りました。
二度と現れるなとか、気持ち悪いとか、そんな事を言った気がします。

それからは現れる事も無く、東京の大学を卒業して実家へ戻り、
1年が過ぎたとき、東京の友人から久々に電話があった。

「あんたのストーカー男。こないだ大学の近くで合っちゃってさぁ、
『お母さんはどこですか?』って聞かれて、恐くて逃げちゃった」
と言う内容でした。

その話を聞いても、ああそんな男もいたな、ぐらいにしか感じず、
こっちには関係ないと思っていました。

次の年の母の日、玄関に萎れたカーネーションが置かれていました。
私は瞬時に、あいつだ!?っと思い、恐くなって父に相談し、
警察に行ったが相手にされません。
被害と言った事件もなかったので、当然と言えば当然なのですが、
私は不安で仕方がありませんでした。

そして数カ月が経った、雪が積もる夜の事です。私は街の歩道を歩いていました。
すると突然車がスリップし、玉突き事故に巻き込まれたのです。

一瞬意識を失い、次に気付いた時は車と倒れた木の隙間でした。
体中が痛くて身動きがとれず、声を上げても、周りは騒々しく
誰も私に気がついてくれません。
隣では火も上がっていて、もう駄目だと思ったとき、

「おか~さ~ん、おかあさ~ん」
あの男の声がしました。

私は思わず、「ここ!!助けて!!ここにいるの!!」と叫びました。
彼も事故に巻き込まれたのか、血まみれでした。

雪を掻きわけ私を引っぱりだしてくれた彼を改めて見ると、彼の方が重傷に見えました。
とても痛そうだったのに、彼は私を見て笑って、「お母さんですか?」と聞きました。
私は何とも言えない気持ちになり、「…うん……うん」とうなずき、ぽろぽろと涙を流しました。

涙を拭い顔をあげると、彼の姿はそこにはありませんでした。
ほんの一瞬で消えたのです。
それっきり、もう何年も彼を見ていません。

いったい彼が何だったのかは分りませんが、幽霊と言う物ではないとは思うのです…
雪が降ると時折思い出します。
名も知らぬ息子の事を。