新サイト(はてなブログ)

[コピペ]怖い, 2ch


犯罪系というかヤバい所に足を突っ込んでしまった系の紹介です。

以前、

気がついたら夕方
俺が出会った不思議な男の話をしよう
「朝起きたら記憶が無くなっていた」スレ
僕はいったい誰なのでしょうか?

こんなコピペを紹介しました。どれも背筋がゾっとするリアリティのあるコワイハナシ。

今回のはアングラなお仕事をされていた方の赤裸々な告白です。こういうのが実は一番怖いのかもしれません。

902:本当にあった怖い名無し:2008/01/21(月)00:52:13ID:wohjQNUp0

これを書いたら、昔の仲間なら俺が誰だか分かると思う。
ばれたら相当やばい。まだ生きてるって知られたら、また探しにかかるだろう。
でも俺が書かなきゃ、あの井戸の存在は闇に葬られたままだ。だから書こうと思う。
文章作るの下手だし、かなり長くなった。
しかも怪談じゃないから、興味の湧いた人だけ読んで欲しい。

今から数年前の話。俺は東京にある、某組織の若手幹部に使われてた。Nさんって人。
今やそういう組織も、日々の微妙にヤバい仕事はアウトソーシングですよ。
それも組織じゃなく、個人が雇うの。警察が介入してきたら、トカゲの尻尾切りってやつね。
その代わり金まわりは、かなり良かったよ。

俺は都内の、比較的金持ちの日本人や外国人が遊ぶ街で働いてた。
日々のヤバい仕事っていうとすごそうだけど、実際に俺がやってたのは、
ワンボックスで花屋に花取りに行って、代金を払う。
その花を俺がキャバクラから、高級クラブまで配達する。
キャバクラ行くと、必ず花置いてあんだろ?あれだよ。
で、花配りながら集金して回る。
もちろん、花屋に渡した代金の、3~5倍はもらうんだけどね。
3万が10万、5万が25万になったりするわけよ。月に3千万くらいにはなったね。

俺がやるヤバい仕事ってのは、最初はその程度だった。
それでも結構真面目にやってた。
相手も海千山千のが多いからさ。相手が若僧だと思うと、なめてかかって、値切ろうとするバカもいるんだよね。
その度に暴力沙汰起こしてたんじゃ、仕事になんないわけだ。起こす奴もいるけど。
でも警察呼ばれたら負けだからね。次から金取れなくなるから、組から睨まれる。タダじゃすまんよ。
そういう時、俺は粘り強く話す。話すけど、肝心なトコは絶対譲らない。
一円も値切らせないし、ひとつの条件もつけさせない。


これなんてVシネ?


詳細は以下より

[コピペ]怖い

2013-08-17_1138
780:名無しさん@HOME:2011/06/26(日) 20:07:44.99

重くて長い話で申し訳ありません。
読みにくいところも多いと思いますが、
孤独だった俺の話を暇つぶしに聞いてください。

小学校5年生の時、交通事故で両親を亡くして祖父に引き取られた。
その時から俺の時間は止まってしまったようになって何も考えられなかった。
事故の前のことは何も思い出せなくなり、何もかも楽しくなくなった。

転校した先の小学校でも、何もしゃべれず、全く友達もできなかったし、友達を作りたいとも思わなかった。
ただ、朝になったら学校に行き、自分の席に座って授業にのみ集中し、学校が終わればすぐに家に帰った。
先生は気を使っていたようだが、みんな気味悪がっていたと思う。

いつもステテコと腹巻姿の祖父は優しく、
慣れない手つきで家事をしつつ、俺の好物の鳥の唐揚げを良く作ってくれた。
今でも感謝しているがその頃は会話もほとんどなく、
自分の部屋でゲームを延々としていた。



781:780:2011/06/26(日) 20:07:44.99

クラスでの俺は誰の眼中にも入らない透明人間のような存在になっていったと思う。
そんな生活を続けていて、いつの間にか6年生になった。
クラス替えもないのでほとんど環境も変わらなかった。

6年生になってからしばらくして、
休み時間にいつもいじめられている女の子がいることに気が付いた。
茶色くて長い髪の大人びた綺麗な女の子だった。

近くにいる奴とかの、ひそひそ話を注意深く聞いていると、
彼女は白人の祖母を持つクォーターで父親を早くに亡くしており、
母親が1年程前から新興宗教に入信し、
熱心な勧誘活動をしているようだった。

「おい!外人!」とか「たたりがあるから触るな」とかバカにされていて、
いつも仲間はずれにされたり、モノを隠されたりしてからかわれていた。
先生も絶対に気付いていたが、黙認しているようだった。

ある日の昼休み、いつものようにクラスの代表格の体の大きないじめっ子が、
彼女が大事にしていたお守りを取り上げた。
周りのみんなはそれを見て笑い囃し立てた。
そんな場面を今まで何度も見たが、俺は何にも感じなかった。



782:780:2011/06/26(日) 20:13:12.44

普段、どんなに苛められても平気そうだった彼女が、
この日だけは必死に取り返そうとしていた。
「それはだめ。お父さんの・・・」
小さくて泣きそうな彼女の声が聞こえたとたん、俺の中の何かが切れた。

<続きます>

[コピペ]怖い

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 02:14:10.670

僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。
彼女の家庭にはお父さんがいなかった。
お母さんは僕の目から見てもとても若かったのを覚えている。
違うクラスになったけど僕と彼女は仲良くなった。
彼女はあまり明るいほうではなく、女子の友達も少なかった。
本ばかり読んで親しい友人のいなかった僕と彼女は
お互いの家に遊びに行くほど仲良くなった。

そのうち彼女は愚痴を言うようになった。
母親がすぐ殴ること。
同じクラスの女子が意地悪をすること。
すきな男の子ができたけどその子はほかの女子にも人気があること。
最初は僕のほうがよくしゃべっていたけれど、この頃からは一方的に彼女が話し僕が聴くようになっていた。
 
ある日を境に彼女は学校に来なくなった。
好きだった男子の取り巻きたちにいじめられていたのが理由だ。
彼女は僕に会うたびに自分をいじめた女子が憎いといった。
そのいじめを見てみぬ振りしていたクラスの皆も憎いといった。
そして現実味のない復讐やクラスメイトの悪口を延々と話し続けた。
僕はただ黙って相槌を打っていた。

中学に入ってから彼女の素行が荒れ始めた。
夜遅くまで帰ってこないようになり、これ見よがしにタバコをすい始めた。
家庭環境も悪化し、深夜にいきなり親子喧嘩が始まったりもした。
一度は警察が彼女を迎えにやってきた。この頃から近所と折り合いが悪くなり、
中傷ビラや落書きなどの悪質な嫌がらせが彼女の家に行われた。
一度は郵便受けに刻んだ猫が入っていた。
僕も母に彼女と付き合うのをやめるよう言われた。


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 02:15:24.210

僕が高校を出たとき、彼女は部屋に引きこもるようになった。
僕も彼女の姿を見ることがめっきり減った。
めっきりふけこんだ彼女のお母さんに話を聞くと
昼は絶対に出てこない。
ご飯は部屋の前においていく。
深夜になるとトイレに行くときだけ出てくる。
そんな生活を送っているようだ。
僕は久しぶりに彼女に会いにいった。

彼女は僕に会うのを拒絶した。
扉越しに帰れと怒鳴った。
何を話しても黙っていた。
一度なんかはドアがあいたと思ったら味噌汁をかけられた。
ちらりと見えた彼女はげっそりと青白くやつれていた。
絞った雑巾のようだった。
僕は毎日彼女に会いに行った。
親とけんかした。
やっとできた友達と疎遠になった。
それでも毎日彼女の部屋まで会いに行った。

そのうち彼女は扉越しに話をするようになった。
悪い仲間と付き合っていたこと
万引きが癖になって警察に捕まったこと
恋人ができたと思ったら避妊に失敗して子供ができたとたんに逃げられたこと
助けてほしくて相談した母親に半狂乱になって殴られたこと
子供をおろしたこと
死のうと思ったこと
手首を切ったこと
昔と同じ様に彼女が一方的にしゃべり続け、僕は相槌を打つ。
意見を求められたときはなるべく無難な意見を言う。


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/08(月) 02:16:37.950

そのうち彼女は部屋を出た。アルバイトも始めた。
だんだん性格も明るくなり始めた。彼女のお母さんから泣きながらお礼を言われた。

ある日、彼女は近所の団地から飛び降りた。
下が植え込みだったこととたいした高さじゃなかったために一命は取り留めたが
脊髄が傷ついたために今後の人生は車椅子のお世話になるそうだ。
ベッドに横になった彼女はなきながら謝った。
親や僕に迷惑をかけていたのがすごく申し訳なかったから飛び降りたんだそうだ。
泣いている彼女を慰めた。寝転んだまま泣いている人を慰めるのは難しいと思った。
慰めながら彼女にプロポーズした。結婚を前提に付き合ってくれるように頼んだ。

彼女は全身の水分を絞りつくすようにして泣きながら「本気?私でいいの?本当にいいの?」
と何度も聞き返した。訊かれる度にうなづき返した。
君のことがずっと好きだった。
顔をゆがめてクラスメイトの悪口を言っていたときも
悪い友達と付き合って荒れていたときも
一方的に愚痴をしゃべり続けていたときも
君が泣きながらお母さんが自分を殴ることを告白したときも
引きこもって別人のようにやせたときも
小学生の頃に君が好きな男子の名前をその取り巻きたちに教えたときも
君の家のポストに入れる猫を刻んでいたときも
足の感覚を失い白いベッドに飲み込まれそうに小さく横たわっている今も
ずっと君が好きだ。
これで完璧に君は僕だけの「彼女」だ。

僕たち今度結婚します。

[コピペ]怖い

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/17(日) 15:26:42.66

夜居酒屋でバイトしてた頃、残業してたらいつもの電車に間に合わなくて、途中の寂れた駅までしか帰れなかった時があった。

その日は給料日前日で全然金なくて始発出るまで公園で寝てたんだけど、寒さで腹壊しちゃってトイレに行ったの。

そしたら少しして隣の個室に人が来たんだけど何か電話しながら入って来たみたいで話が聴こえて。

外からは車の音とかするんだけど、トイレの中かなり静かだから相手側の声も微妙に聴こえたんだ。

「ん?うん、分かってるって。あはは!あ、ごめんごめん。何?」

『・・なった・・い つか・・』

「あぁ、そーだなー。大丈夫だって。気にすんなよ。え?おう。あははっ!やだよ。なんでだよ!ふふ。うん。そーなの?」

『たしか・・かけ・・し・・』

「そうだっけ?おう・・あー、そうかもしんね わり!ちょっと待ってて」
で、トイレから出ようとした時、隣から。かさっ、しゅっしゅっ。と言う音と同時に、はっきり相手側の声が聴き取れた。

『ったでんわばんごうは げんざい つかわれておりません  ばんごうをおたしかめのうえ おかけなおしください  おかけになったでんわば』

「もしもし?わり。タバコ。で、何だって?ああ、そりゃおま」

急に怖くなり駅まで走って、駅前で震えながらシャッターが開くのを待ってた。



ただ物凄く気味が悪くて怖かった。思い出すとまだ夜が怖い。

[コピペ]怖い

968:本当にあった怖い名無し:2011/06/27(月) 17:21:14

フェイクは入っている。

高校1年の時、兄が結婚した。
兄と兄嫁は結婚してそのまま兄実家(=私もいる)で同居し始めた。
新婚当初は、私と兄嫁は仲悪くはなかったと思う。
半年した頃から兄嫁に嫌味をいわれはじめた。
剣道部だったため「妹ちゃん臭いねw」(入浴後)とか
「妹ちゃんの甲手って馬糞みたいな匂い」
(洗って陰干ししていたのをわざわざ匂い嗅いでいう)
とか部活関係を主に成績や異性交遊についても。
当時、私は恋愛よりも部活一辺倒だったため、「彼氏できないんだ?wいきおく
れ確定だね」「むしろ行かず後家かな」等の嫌味は非常に煩わしくて仕方なかった。
一方、母と兄嫁は仲が良かったらしく、母に相談しても「兄嫁さんがそんなことするわけないでしょ」
なんて言っていて相手にしてくれなかった。
兄もそうだった。むしろ嫁いびりやめろ、と私の頭をひっぱたいた。
父は無関心だった。


969:本当にあった怖い名無し:2011/06/27(月) 17:23:38

高3の時、兄嫁から財布をもらった。ブランド物に疎い私は正直イラネと思いつつ、
関係改善に期待しつつ、それをもらった。あとはバッグとか。貰いっぱなしは悪いと
思って、でもバイトしてないからお礼の品を買うことなんてできないから兄嫁の家事を率先して手伝った。


センター試験二日前、父母兄がいきなり部屋に入ってきた。
みんな鬼みたいな顔をしていた。
兄に腕を乱暴に引っ張られ椅子から転げ落ちた。その間、
母は襖の中をあさって兄嫁からもらったバッグや財布を
見つけて金切り声をあげていた。「兄嫁さんの!あんたって子は兄嫁さんの盗んで!」
って。
父にどういうことか尋ねられた。兄嫁にもらったと答えると「うそつくな」と殴られた。
何万もする財布やバッグをほいほいやる人なんかいないだろう、と。
嘘ついてないと言っても、父母兄から見れば盗品は私の部屋にあって盗みがばれたのに貰ったものだと開き直る
私を信じるはずもなく、夜があけるまで説教(というより罵倒)された。
次の日は何していたか覚えていない。翌日、翌々日のセンターを終えて吐いた。



それから父母兄と話し合いが始まって、泥棒は家にいらないし学費も払わないと言われ、
高校卒業とともに家を追い出された。
センターで第一志望合格していたんだけど、学費が無いため授業料免除とった第四志望の私大に行った。あとは奨学金で生活した。


970:本当にあった怖い名無し:2011/06/27(月) 17:37:58.54

その後、卒業しそこそこ良いところに就職した。
しばらくして、実家からコンタクトがあった。
理由は、兄夫婦の子が病気になってドナーが必要だったから。そもそも生まれたなんて知らないわ。
それで懇願されて検査を受けたところ、私は適合したらしい。
兄夫婦に土下座されて是非移植して欲しいと懇願された。
だから兄嫁に「何でセンター二日前を狙って濡れ衣を着せたのか」を聞いてみた。返答次第では提供もやぶさかではないよ、と言い添えて。
兄嫁の答えは非常に下らなかった。私が女子高生で部活等で青春していたからだそうだ。
本当に下らない。
「子どもが大切なんですね」と聞いたら「当たり前じゃない!自分の子なんだから!」と言われた。


だから、提供を拒否した。

兄嫁発狂、父兄呆然、母号泣。そんな大切な子ならなおさら、提供するはずがない。

子どもに罪はないってよく言うけれど、兄夫婦の子というだけで憎しみの対象だから。
その子がドナーが見つからなかったため死んだという知らせを聞いたので、祝電の準備をしつつ記念かきこ。



ちなみに両親、兄から謝罪はあったけど許すわけないのでそのまま絶縁宣言してある。


980:970:2011/06/27(月) 21:59:05.69

叩かれると思ったのに擁護が多くて驚いた。
叩かれれば叩かれた分だけそんな最低なことをあのクソ女にしてやることができた
のだと悦に浸ろうと思ったのに。


それから、兄嫁は多分復讐できないないと思われる。私は向こうを把握しているけど、
向こうは私がどこにいるのかさえわからないと思う。
絶縁宣言したと言ったが、正確には絶縁したわけではなく、私から接触することはできるけど、向こうからは無理、みたいな状態。

ベストポジションだと思う。言いたいことだけ言ってあとはニラニラしながらオチする。
兄嫁は鬱状態だから、電話でたまに励ましてあげてる。
「子どもも残念だったけど、次頑張ってね。すごく楽しみにしてるから」って。兄嫁不妊らしいけど。

兄嫁が発狂してるのを見て喜ぶ私もだいぶ病んでると思う。病院には遠回しに入院を
すすめられたけど入る気はない。今、人生で一番楽しいから。
両親には人でなしと言われたけれど、人でなしだから痛くもかゆくもないし、
人でなしにしたのは誰だと問い詰めたい。

あと1000が近いので

1000なら兄嫁のしたことを許してあげる。


39:本当にあった怖い名無し:2011/06/28(火) 17:58:42

前スレ970はもう祝電打っちゃったのかな?
祝電だと970が悪者になってしまうから、悪者にならないような内容に抑えているといいんだけど。
「兄嫁さんの策略で私は18歳で家族を失いました。あの時仲のいい家族になっていれば、
私はドナーになることができたでしょう。でも、兄嫁さんによって私は家族をすべてを失いました。
自分の体を大きく傷つけた上で、私のすべてを奪った人を笑顔にする事はできませんでした。
私と兄嫁さんが家族になっていれば、お子さんとも家族になり、私も進んでドナーになっていたと思います。
家族になれず残念です。お子さんのご冥福をお祈りいたします。」
父母兄に「兄嫁が悪者」と印象付ける弔電がイイよ。

46:本当にあった怖い名無し:2011/06/28(火) 19:16:20

>>39
まだ打ってないよ。
文面考えている間に面倒になって寝たから。
代わりに月命日に電話することにする。
子ども残念だったね。子ども生きたかっただろうにねって。


言い回しには気を付けてる。録音されて裁判起こされても大丈夫なように。
だからどうか安心して欲しい。
まぁ裁判起こされても構わないんだけどね。どうやったって兄嫁の大切な子どもはかえってこないもの。
可哀想だよね。やることやっても報われないって。所在不明の私を訴えることができるのかが問題だけど。
自分の手を汚さずに相手を陥れる方法を身を持って教えてくれた兄嫁だから、
同じことしてやるつもり。


それとそろそろスレを占有するのは良くないと思うので、誰か別の話を。


84:本当にあった怖い名無し:2011/06/28(火) 22:57:47

前スレ970、久々に良い話だと思ったのに、このスレの空気は何だろ?w
970が嫌じゃなければ、両親と兄と仲直りして幸せに暮らしてほしいな。
もちろん兄嫁とは絶縁してもらってさ。

87:本当にあった怖い名無し:2011/06/28(火) 23:17:38

>>84
ハハッ、ワロス


あと不妊なのは兄嫁だけじゃない。

興信所に気を付けてとレスしてくれた人もありがとう。その辺も対策してある。



これ以上のスレ占有は本当によろしくないと思うので消えます。
次の復讐をどうぞ。


872:おさかなくわえた名無しさん:2011/06/29(水) 09:37:07

>>834
俺も移植提供を拒否したことあるけど、嫌いな奴やその身内に対してやるとスーッと
するな


873:おさかなくわえた名無しさん:2011/06/29(水) 10:24:52

>>872
聞かせてもらおうか・・・

875:おさかなくわえた名無しさん:2011/06/29(水) 11:12:09

>>873
従兄弟に小さいころから虐められていたんだよ
これが小突くとか軽いものならいいんだけど、正直命にかかわるレベルのことを
やられたことがある
高さ10mくらいのところから突き落とされたり、車道に突き飛ばされたり
入院レベルの怪我もしたりした
親に言っても、従兄弟は親の前では超良い子で振舞っているから、
あの子がやるわけ無いだろ!おまえの不注意で?と言って全く相手にされなかった
これが高校卒業まで続いた
時には反撃をしたが、何もしていない従兄弟になんてことを!と言って、全て
俺が悪者
もう家族で信用できる人はいない状態だった
なので大学合格を期に、地元を離れて一人暮らしをし、奨学金とアルバイトで学費を
払いつつ生活をした
大学を卒業し、テレビでもよくCMを流すような会社に就職し、大学から付き合い
始めた彼女と結婚をした
子供も産まれ、人生で一番充実した日々を送っていたある日、親から連絡があった



133 :2/2:2011/06/29(水) 12:09:49

従兄弟が病気で腎臓移植が必要になった。適合するかの検査を受けてくれと言われた
一応育ててもらった親に頼まれたから、本当に仕方なく検査を受けた
結果は見事適合し、親と従兄弟両親は大喜び
勝手に腎臓を提供するという事を親が従兄弟両親に言っていたが、俺は
「いやいや、提供しないよ?」と言った
するとまあ怒る怒る
「今まで育てた恩を忘れたか!」とかすげえ言われたけど、
「育ててもらった恩は忘れてないよ。従兄弟に今までやられたことを忘れて
ないようにね。 なんで俺を崖から突き落としたりして殺そうとした奴を
助けなきゃならんの?」
と今まで従兄弟にやられた仕打ちを両親と従兄弟両親に言い、「腎臓提供を
拒否します」ときっぱり言ってそのまま帰った
その後、従兄弟はドナーが見つからず亡くなった
親からは絶縁を言い渡されたが、「絶縁してくれてありがとう!」とすっげえ
いい笑顔で言っておいた
自分のやったことは人の道に反すると思うが、後悔は全く無い
これは余談だが、今年第2子が生まれ、それをどこからか聞きつけた両親が、
孫に合わせてくれと言ってきたが、すっぱりお断り


879:おさかなくわえた名無しさん:2011/06/29(水) 11:31:24

>>876
> 奥さんの家に婿入りをおすすめするよ。
自分の両親の子(俺)の嫁というのが嫌で、嫁さんの家に婿入りしてるよ
ドナー拒否の経緯を嫁の両親に話したら、「そんなもんは天罰だ!君は
間違っていない!」と言ってくれた
本当に嬉しかったよ