新サイト(はてなブログ)

[コピペ]怖い

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2009/01/24(土) 06:43:53

友人が引っ越しをした。
引っ越し先は築10年の一戸建てで、そこそこの広さもある良い家だった。
だが、家賃が異常なまでに安い。周囲の物件の半分程度しかないのだ。
俺たちは「そんなに安いのっておかしい。」「絶対いわく付きだぜ。」「夜幽霊に気をつけろ。」等と友人をちゃかしていた。
やがてそいつは「そんな事は絶対に無い。来てみればどんなに良い家かわかる。」と言い始めた。
そこで、数人でそいつの家に遊びに行くことになった。


その家に入ると、やはりどこかイヤな気配がした。
そいつはしきりに「どうだ、なにもないだろ。おまえらは僻んでいるだけなんだ。」等と言っていた。
一階を回った後、階段を上り二階を見て回った。
そこで、昔不動産関係の仕事をしていた家のことに詳しい男が首を傾げた。
どうかしたか?と聞くと「一階と二階の広さが違う。二階にはもう一部屋あるはずだ。」と言う。
言われてみると、確かにおかしかった。
二階の廊下の先に、もう一部屋あるはずだった。
問題の廊下にみんなで行って、突き当たりの壁をよく見てみると、壁紙が周りのものより新しい事に気がついた。
そこで、壁紙を引き剥がしてみると、男の予想通りに扉があった。
なにがあるのかとどきどきしながら戸を開けようとしたが、鍵がかかっていて開かない。
俺たちは友人の許可を得て扉を破ることにした。
数度の体当たりの後、扉は開かれた。
隠された部屋の中には、壁と床に、青いクレヨンで文字が書かれていた。
見渡す限りに






「おとうさんだして おとうさんだして おとうさんだして おとうさんだして・・・」

と・・・。

[コピペ]怖い

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/01/14(木) 22:10:06

一時間ほど前の話です。
先週から同じ番号の着信が続いています。
普段は仕事中で電話に出れないときかかってくるので「どうせワン切りだろう」と考えて掛け直さなかったのですが、
今日も数回1コール切りがあり頭に来たのと発信元が090の番号なので妙に思ってかけ直してみました。


押入れの中から着信音が聞こえてきました。

…どうしたらいいですか?

[コピペ]怖い

184 1/6 投稿日:2010/06/25(金) 01:42:01

携帯からスマンが今でも強く印象に残ってる怖い体験談を語ろうと思う。

まだ宮崎の田舎に住んでた小学校三年の時、姉と2人で「マザー2」ってゲームにハマってたんだ。
俺ん家は「ゲームは土日に3時間だけ。」って面倒な決まりがあって、
普段スーファミのカセットは居間に封印してあるんだが、
このゲームだけはどうしても我慢できなかった。
幸い自分の部屋にはスーファミ本体とテレビがあったので、
夜中こっそり居間にカセットを取りに行っては姉とマザー2をやり込んだ。
んで実際にプレーするのは俺。
姉は隣りでお菓子食べながら見てて、俺が詰まると色々と知恵出してくれるアドバイザー。
俺より2つ年上だったんで凄い頼りになった。
今でもハッキリ覚えてるが、
その頃はゲップーって敵に大苦戦してて、ひたすらレベル上げしてたんだ。
はえみつ使えば楽勝だって事も知らずにな。
時間は大体午前1時、丁度今位の季節で寒かったので毛布にくるまってゲームしてた。
必死に雑魚と戦闘してる時、姉が不意に
「タケ、テレビ消して。」
て言ってきた。


俺は訳がわかんなかったから焦って
「何で?眠いの?じゃあコイツ倒したら戻ってセーブするからちょっと待ってよ。」
と返した。が
「ゲームの電源は切らなくていいから…テレビ消しな。」
姉は締切ったカーテンの方を見ながら静かに呟いた。


俺は少し怖くなってテレビを消して布団に潜り込んだ。
「どうしたの?」
恐る恐る聞くと、姉は息だけの声で囁いた。


「庭の方で足音が聞こえる。」

俺ん家は周りを砂利に覆われていて、
人が歩いたりすると「ジャッ、ジャッ」て音がするからすぐわかるんだ。
俺はゲームに夢中で全然気がつかなかったけど、姉は結構前から気付いてたらしい。
で、余りにも立ち去らないから俺にテレビを消させたんだと言っていた。


[コピペ]怖い

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/06/24(木) 23:15:55

だいぶ前に別板で書いた妹の体験談。

とあるアパートの2階で一人暮らしを始めてしばらくした頃、
1人の男が部屋にやってきた。
話を聞くとその男は下の住人で、ウチの騒音に迷惑して抗議に来たとか。
出るところにでも出る覚悟だが、話し合いをしたいので部屋に上げてくれと。
「え?」と瞬間的に抵抗を感じたが、どうも迷惑を掛けているみたいだし、
なにより部屋に彼氏が来ていたのでまぁ安心かなと、部屋にあげるつもりでドアを開けた。
すると、部屋の中に人の気配を感じた男は、やっぱり日を改めると帰っていった。


その日の晩、妹はとりあえず不動産屋にこんなトラブルがあったのだけどと電話で相談をした。
すると不動産屋の返事はこうだった。
「今お調べしたのですが○○さんの下の部屋は現在空室ですよ。」


それから程なく妹は引越をした。それまでの期間はずっと彼氏に
家で寝泊まりしてもらっていたとか。


ネタじゃなくマジ話です。

[コピペ]怖い

449 :1/2 投稿日:2009/10/16(金) 20:55:29

20歳頃付き合ってた5歳年上の女がすごい生意気だった。
最初は俺が惚れて1年ぐらいかけてやっと付き合えたのだが俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。
口ぐせは「○○(俺)のくせに生意気」こんな女でも好きだったので2年ほど付き合ってたが
彼女の傲慢さは増す一方。何回か喧嘩したけど改善されず。自分は俺に内緒でコンパとか行きまくってるくせに俺が
妹から電話かかってきただけでもブチ切れ。女友達も全部いなくなって自分でもなんでこんな女と付き合ってんのか
わからなくなった頃相手の浮気が発覚。もうさすがに我慢できずに大喧嘩になったがこの女言うに事欠いて
「私と○○なら私は5回ぐらいは浮気してもいはず。それぐらいで釣り合えるんだよ」とか開き直って反省の色なし。
もう俺の中で何かが弾けて復讐開始。
「うん。わかった。俺なんか付き合ってもらってるだけで幸せやのになんか勘違いしてたかも。ごめん。」
「わかればよろしい。肩揉んで?」
こんなやりとりでその日は終了。


450 :2/2 投稿日:2009/10/16(金) 20:56:10

それから5年、彼女が33歳になるまで付き合って、もちろんお互いの親も
公認で俺はそこそこの収入を得る仕事に就き彼女のまわりは
みんなこんないい彼氏はいない、と言われ結婚はいつ?な状態に。
プライドの高い彼女からは絶対結婚を匂わすようなことは言ってこず、
女の友達から呼び出しをくらい早く結婚しろとつつかれて翌日に
「大事な話がある」と彼女を呼び出して観覧車に乗って
「これを受け取ってほしい」と指輪の箱を渡す。
必死で嬉しさを噛み殺しながら「え?なに?」と冷静を装って箱を開ける彼女。
中には「今日でお別れ。バイバイ」と書いた紙が1枚。
「・・・・・は?・・・・・・え?」という彼女に「別れようぜ。お前みたいな女もう無理」
というとハァハァうめきだして「ちょ・・・ちょとま・・・・待って・・・え・・・」と苦しそう。
それをニヤニヤして見つめながら「誰がお前みたいな女と結婚するかよ。
俺はお前のペットじゃねーんだよ。この観覧車が下に着いたらもう俺に話しかけるなよ」
そう言うと一層息切れ(?)が激しくなり座ってさえいられないのか床に
ズルズルと倒れこむ。俺のひざに手をかけて起こしてほしそうにするその手を
すぐに払いのけるとバタっと倒れこむ彼女。
観覧車が1周する間に7年間溜まった文句を全部吐き出し下に着いたときに
彼女を抱えて観覧車を降りフラフラの彼女を降りてすぐの柵のところに放置して帰った。
気分爽快だった。


480 :449です 投稿日:2009/10/19(月) 12:24:54

うわ、いっぱいレスついててビックリ。

>>451
ガチです。いや、彼女のほうがかわいそうだと思います。
今、ぼくは36歳で幸せな結婚をし、2人の子供にも恵まれ家も買って独立もして
仕事も軌道にのり全てが充実しています。彼女は41歳でいまだ独身です。バカ丸出しです。
>>453
ないです。例えば目の前に5億円積まれてもないです。
付き合ってる間のことはあまり書いてませんが本当にペット扱いパシリ扱いがひどかったので。
好きな気持ちが冷めた瞬間から復讐することしか頭にありませんでした。
今も毎日不幸にあえでいてほしいです。あれだけ尽くしまくった俺に対する浮気、態度は
とても許せるものではありませんでした。
>>455
ありがとうございます。
>>456
ありがとうございます。今も立ち直れていないみたいです。
>>457
ええ、来るべき日のために耐えて耐えて耐えて耐えて耐えて耐えて演じてました。
でもその頃から仕事の資格のための勉強が忙しくてそんなに頻繁に会える状況でもなかったです。
彼女をうらやましがらせるために絶対いい職業に就いてやろうと思って勉強にも身が入りました。
>>458
結婚を夢見せまくりました。特に最後1年はもう完全に意識させました。
プロポーズはXデーにとっておきながら子供は何人ほしいとかどこに住みたいとか
こんな家建てたいとかにおわせる会話ばかりしてました。彼女はほくほくでしたよ。
>>460
捉え方ですかね。僕にとっては僕が出世すればするほど彼女が僕から離れたがらなくなるので
仕事のモチベーションが異常に高かったのでもったいないとは思っていません。
僕だけが幸せになれるようにがんばりました。今は僕は幸せな家庭を築いています。
>>461
ツンデレとかのレベルではなかったです。気持ちなんて1ミリも伝わらなかったです。
その後何人かの女性と付き合いましたが恋愛ってこんなに素敵なんだとびっくりしました。


482 :449です 投稿日:2009/10/19(月) 13:00:48 ID:c7AEYTfm0
>>462
そうですね。ダメですね。僕がここまで決断する前にいくらでも回避する方法はあったと思うし
話し合いも喧嘩もしてこの結果なので。
>>463
復讐のためです。上にも書きましたが僕のステータスが上がれば上がるほど別れたときにショックを
与えられるので僕にとっては有益な5年でした。セックスもオナニー代わりにそれなりにできたし。
期待するだけさせられて結婚直前に振られた彼女が一番かわいそうだと思います。
>>464
浪費とは思っていません。負の感情でももっていきかたで出世できたりするんです。
>>465
20代で捨てたらいい女なんで他に男いっぱい来るじゃないですか。すぐ俺よりいい男と
結婚されるじゃないですか。本当は彼女が35になるまでひっぱりたかったのですが
「なんで結婚しない?」というまわりのプレッシャーがすごすぎてこれ以上ひっぱれませんでした。
>>467
同感です。あくまで合法的に。
>>468
過ぎてみればあっという間でした。怒りの気持ちを全て仕事にぶつけたのである意味充実してました。
その間にムカついたことは全てメモっていました。いいスパイスでしたね。
>>471
相当なもんですよ。それこそ全てを捧げた僕に対する結論が>>449でしたから。
こんなやり方が最高です。今も僕と僕の家族が幸せであればあるほど彼女が歯噛みするかと思うと
辛い仕事もがんばれます。家族の幸せのためと復讐のため、2つのモチベーションで働きまくれます。


483 :449です 投稿日:2009/10/19(月) 13:01:50

>>472
ありがとうございます。こんなもんだと思います。
>>473
そうですね。彼女に再起する時間なんか与えませんよ。復讐にならないじゃないですか。
>>474
悲しいですかね。少なくとも僕と僕のまわりの人間は幸せになってほしいです。
今も彼女と共通の知人はいるので、僕の充実っぷりは彼女の耳に届いているはずです。
それを思うと気分爽快です。
>>475
ですよねー。我ながらすごい執念だなと思います。