新サイト(はてなブログ)

[コピペ]怖い

739 :本当にあった怖い名無し 2010/09/07(火) 11:16:52

これは去年の話なんだ。
キャバクラで働く女の子におきた本当の話。
その子は20歳になったばかりで、大学に通いながらキャバクラで働いてるという、よくいる女子大生キャバ嬢だった。
その当時、横浜にあるキャバクラのヘアメイクをしていて、その時聞いた話なんだ。


「最近、ウザイ客につきまとわれてるから、やめよっかな〜」
よくある事だと思った。
お店の子達は、お店側(ボーイさん)でもお客でもないヘアメイクには、話がしやすいようで、女の子の愚痴や相談ごとなどはよく聞いていた。
その子(仮にAさん)の話を聞くと、先輩キャバ嬢を指名してきている社長さんの部下にAさんがついていて、その人が粘着質なお客だということだった。


粘着質なお客はよくいるらしい。ただ、「ありえないんだよ。」とAさんは言っていた。
ボーイさんにも相談したそうだが、自分が管理できないのが悪いと言われ、真剣に聞いてもらえなかったそうだ。
それから2日くらい後。
Aさんが店長と言い争いながら、泣いているのを目撃した。
その後、メイクを直し、髪型をどうするか聞いている間も、いつもの明るさもなく別人のようだった。
その時聞いた彼女の話によると。


2日前に家に帰ると、玄関のドアノブに袋がかかっていて、その中に、男性の局部の写真とプーさんのぬいぐるみが入っていたそうだ。そして、プーさんのぬいぐるみのおなかの辺りが裂けていて、その中から精子らしい液体が流れ出ていたとのことだった。
直感的に、その粘着質のお客だと思ったとのことだった。


そして昨日、休みだったAさんは友達と買い物に行く約束をしていて、駐車場に停めてあっった車に乗ろうとすると、また、同じ紙袋に、今度はAさんの下着が入っていたそうだ。
その下着の中に、ぐちゃぐちゃになったAさんの写真と今度は血まみれになった剃刀がはいっていたということだった。


「もうやめるから、これが最後になるかもね〜」
Aさんのメイクをしたのはその日が最後だった。


742: 本当にあった怖い名無し 2010/09/07(火) 11:22:47

続き・・・
次の日、自宅で自殺していたAさんを発見したのは、新人のボーイさんだった。
出勤確認の電話に出ないAさんを心配した店長さんが、そのボーイさんに寮まで迎えに行かせたところ、
ドアノブで首を吊ったAさんを発見したということだった。身近でしかも、ほぼ毎日会っていた子が突然亡くなるのは、なんともいえない感じだった。


葬式の後、店長さんから飲み会の席で話を聞く機会があった。店長さんが言うには、そんな客はいなかったということだった。そして、Aさんは時々ありもしない話をしていたそうだ。
「よくあることだよ・・・。」といっていたのがとても印象的だった。
都会の一人暮らし、マンション、孤独。現代社会において、他人との接点を感じることがすくなくなった今。
コミュニケーションをとる事に不慣れな世代の中で、孤独感。
注目を浴びたいという願望、羨望、希望。それが最終的には死を選ぶ時代に儚さを感じた・・・。


ただ、その1週後。
店長さんが逮捕された。亡くなったAさんのお腹の中には店長さんとの子供ができていたそうだ。
店長さんには結婚を前提に交際してる人がいて、Aさんとは子供の件で激しくもめて、どうしようもなく絞殺してしまったとの事だった。
そして、怖くなって、自殺に見せかけて誰かに発見してもらう。とっさに思いついた筋書きだったそうだ。


「よくあることだよ・・・」
店長さんが言っていたのを思い出すと、涙があふれてくる。
取り返しのつかない事をしてしまった時、人の道から外れたことを自覚した人間は、おかしくなるとはよく聞くが、実際、その孤独感や絶望感は想像ができない。
ただ、そういう人間は自殺することもできないんだと思う。なぜなら、自分の中に絶対に離れられない絶対的な存在がはじめてでき。
何かのために生きてる実感を感じてしまうんだと思う。


それから、ぬいぐるみ、精液、剃刀、血、写真、Aさんが話していた言葉には、何かメッセージがあったんだなと今は思っている・・・。

[コピペ]怖い

676 :本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/06(月) 22:48:34

警官をしている友人数年前に体験した話。
そいつは高速道路交通警察隊に努めているんだけど、ある日他の課の課長から呼び出されたんだって。
内容を聞くと、一週間前にあった東北自動車道の事故の詳細を知りたいとのこと。
その事故ってのは、一家四人が乗った自動車が平日の深夜に中央分離帯に激突して全員死亡した事故の事だったらしい。


事件のことを少し詳しく話すと、高速を走行していた長距離トラックから××インターチェンジ付近で乗用車が燃えているって通報があって、 夜勤で待機していた友人が現場に直行したんだけど、友人が到着した時には既に乗用車の中にいた人は全員黒こげになって死んでたんだって。 その後身元の特定と検死が行われて、歯の治療記録から死んだのは東京西多摩地方に住んでいる家族だってのがわかった。 死んだのは加藤正さん(仮名)とその妻の恵美、長男の正一、長女の恵那の四人。
アルコールが検出されたとか、見通しの悪い場所だったとかの事故を起こすような要因は見つからなかったんだけど、
特に不審な点もなくそのままハンドル操作のミスによる普通の事故として処理されたんだって。


それで友人も特に何の変哲もない事故でしたよってよその課の課長に言ったらしいんだけど、 その課長が実は、て言って呼び出した理由を話してくれたんだって。
その話によると、昨日の夜に少年が東京の○○市にある警察署に訪ねてきて、
「僕が死んだとニュースでやっていたのだけど、僕はいったい誰なのでしょうか?」って言ったらしい。


678 :676の続き 投稿日:2010/09/06(月) 22:51:26

少年の話をまとめると、一昨日の朝に朝寝坊して起きたら家に家族が誰もいない。 どこかに行ったのだと思いそのまま気にも留めていなかったが、夜になってもだれも帰ってこないし連絡もない。 心配になって警察に連絡したが、子供の悪戯だと思われたのかすぐ切られてしまった。 祖父母や親戚に連絡してみたが、誰も連絡を受けていないと言われた。
そのまま朝まで待っていたが、つけっぱなしのTVのニュースから、自分も含めた家族全員が死んだことになっていると知った。
そんなことはないはずなので詳しく知りたくて訪ねて来たとのことだったらしい。
その話を聞いた友人はその事故の資料を改めて提出したんだけど、見直してて不思議なことに気づいたんだって。 家族の歯科治療記録との照合で、父親、母親、長女は間違いなく本人だって判明したんだけど、 長男は頭部の損傷が激しく、照合ができなかったと記録に書いてある。 しかも家族は青森近くで事故を起こしたんだけど、両親は中部地方出身で東北に知り合いはいないことがその後の調査で明らかになっていた。 その当時は旅行にでも出かけた際の事故って事になったんだけど、どうにも不自然なことが多すぎる。
それで友人は資料を提出してから数日後に、例の課長に事件の進展を聞いてみた。
すると課長は口ごもりながらこう答えたらしい。


例の少年は身体的特徴や見た目は死んだ長男によく似ていたが、歯形が違うため別人だと思われる。 そのことを告げると少年が錯乱したため、心療内科のある警察病院に搬送した。 その後の調査で事故死した家族の家を調査したが、事故後誰かが住んでいた形跡はなかった。
そのことを告げると、少年は完全に精神に異常をきたしてしまったため、結局どのこの誰だか分らず今も病院にいる。
もう済んだ事だから、今後かかわらなくていい。


友人はそこまで話すと最後にこう言った。 黒コゲの死体は本当は一体誰で、自称長男の少年は一体誰なんだろうな? それと、あの家族は何で平日に誰も知り合いのいないところに向かっていたんだ? 俺は思うんだ。 あの家族は何かから逃げてたんじゃないかって。
何から逃げてたのかはわからないけどな。


[コピペ]怖い

288 :おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2010/09/08(水) 23:34:53

叔父の話なんだけど、会社帰りに行方不明になって、1週間後に警察から連絡。
叔母が慌て警察から聞いた病院(隣県)に駆けつけると、叔父は記憶喪失。
叔母はもちろん、溺愛してた2人の娘や親のことも忘れてた。
しばらく入院したみたいだけど、回復の兆しもなく、退院して自宅に戻った。


親(私からみると祖父母)と同居だったんだけど、祖母の取り乱し様は忘れられない。
本人は素直に「これが自分の家で自分の家族なんだ」と受け入れていたみたい。
でもやっぱりどこか他人行儀で、当時9歳だった私にも敬語でさん付けだった。


記憶を無くしたまま2年ちょっと経つ頃だったと思うけど、
突然「ママ(叔母のこと)、明日の出張の準備できてる?」と言い出したらしい。
実際、2年前に行方不明になった日の翌日から2週間の出張の予定だったらしい。
何がきっかけで思い出したのかはわからないけど、
記憶喪失になっていた2年間の事はすっかり忘れていて、というか、なかったことになっていたみたい。
今でも元気に暮らしてるけど、やっぱり2年間のことは思い出せないって言ってる。
始めは自分が記憶喪失になっていたということさえ信じられなかったみたいだけど、
いつのまに中学生だった娘が高校生になっていて驚いたらしい。


祖母や叔母の苦労は半端なかったみたいだけど、幸せな家庭に戻れて良かった。

[コピペ]怖い

505 :1/4 投稿日:2010-06-24 14:54:37

会社の同僚が亡くなった。
フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて
家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。


Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で
休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。


亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって話してきた。
「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほしいんだ」


趣味が趣味だけに、いつ命を落とすかもしれないので、あらかじめ
ビデオメッセージを撮っておいて、万が一の際にはそれを家族に見せてほしい、
ということだった。俺はそんなに危険なら家族もいるんだから辞めろと
いったが、クライミングをやめることだけは絶対に考えられないとKは
きっぱり言った。いかにもKらしいなと思った俺は撮影を引き受けた。


Kの家で撮影したらバレるので、俺の部屋で撮ることになった。
白い壁をバックに、ソファーに座ったKが喋り始める


「えー、Kです。このビデオを見てるということは、僕は死んで
しまったということになります。○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、
今まで本当にありがとう。僕の勝手な趣味で、みんなに迷惑をかけて
本当に申し訳ないと思っています。僕を育ててくれたお父さん、お母さん、
それに友人のみんな、僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、
どうか悲しまないでください。僕は天国で楽しくやっています。
皆さんと会えないことは残念ですが、天国から見守っています。
××(娘の名前)、お父さんはずっとお空の上から見ています。
だから泣かないで、笑って見送ってください。ではさようなら」


506 :2/4 投稿日:2010-06-24 14:55:19

もちろんこれを撮ったときKは生きていたわけだが、それから半年後
本当にKは死んでしまった。クライミング中の滑落による事故死で、
クライミング仲間によると、通常、もし落ちた場合でも大丈夫なように
下には安全マットを敷いて登るのだが、このときは、その落下予想地点
から大きく外れて落下したために事故を防ぎきれなかったのだそうだ。


通夜、告別式ともに悲壮なものだった。
泣き叫ぶKの奥さんと娘。俺も信じられない思いだった。まさかあのKが。


一週間が過ぎたときに、俺は例のビデオをKの家族に
見せることにした。さすがに落ち着きを取り戻していたKの家族は
俺がKのメッセージビデオがあるといったら是非見せて欲しいと言って来たので
ちょうど初七日の法要があるときに、親族の前で見せることになった。


俺がDVDを取り出した時点で、すでに泣き始める親族。
「これも供養になりますから、是非見てあげてください」とDVDをセットし、
再生した。


507 :3/4 投稿日:2010-06-24 14:55:59

ヴーーーという音とともに、真っ暗な画面が10秒ほど続く。
あれ?撮影に失敗していたのか?と思った瞬間、真っ暗な中に
突然Kの姿が浮かび上がり、喋り始めた。
あれ、俺の部屋で撮ったはずなんだが、こんなに暗かったか?


「えー、Kです。このビデオを・・るということは、僕は・・んで
しまっ・・いう・・ります。○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、
今まで本・・ありが・・・」


Kが喋る声に混ざって、さっきからずっと鳴り続けている
ヴーーーーーーという雑音がひどくて声が聞き取りにくい。


「僕を育ててくれたお父さん、お母さん、
それに友人のみんな、僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、
どうか悲しまないでください。僕はズヴァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アアアアアアアアアアアアア××(娘の名前)、お父さん死んじゃっヴァアアアアアアア
アアアアアア死にたくない!死にズヴァアアアアアアアにたくないよおおおおヴヴァアア
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア、ザッ」


背筋が凍った。
最後の方は雑音でほとんど聞き取れなかったが、Kの台詞は明らかに撮影時と違う
断末魔の叫びのような言葉に変わり、最後Kが喋り終わるときに
暗闇の端から何かがKの腕を掴んで引っ張っていくのがはっきりと見えた。


508 :4/4 投稿日:2010-06-24 14:58:28

これを見た親族は泣き叫び、Kの奥さんはなんて物を見せるんだと俺に掴みかかり、
Kの父親は俺を殴りつけた。奥さんの弟が、K兄さんはいたずらで
こういうものを撮るような人じゃないとなだめてくれたおかげで
その場は収まったが、俺は土下座をして、すぐにこのDVDは処分しますと
いってみんなに謝った。


翌日、DVDを近所の寺に持っていったら、処分をお願いしますという前に
住職がDVDの入った紙袋を見るや否や「あ、それはうちでは無理です」と。
代わりに、ここなら浄霊してくれるという場所を教えてもらい、行ったが
そこでも「えらいとんでもないものを持ってきたね」と言われた。


そこの神主(霊媒師?)によると、Kはビデオを撮った時点で完全に地獄に
引っ張り込まれており、何で半年永らえたのかわからない、本来なら
あの直後に事故にあって死んでたはずだと言われた。


[コピペ]怖い


53 : 水先案名無い人:2010/06/17(木) 21:35:51

小学校1年の時に病気で入院して、夜中病棟で毎晩のように泣いてた。
泣き始めるとすぐに看護婦さんが来てくれて
寝付くまで一緒に居てくれた。
名前がハセベさんと言って、若くて可愛い人で
子どもながらに自分はその人の事を好いてた。
半年程入院生活が続いたけど、毎晩のように僕は泣いてしまい
毎日泣き始めるとすぐにハセベさんが駆けつけてくれてた。
無事手術も終えて退院する事になった日に、ハセベさんは居なかったんだけど
母に「ハセベさんに宜しくお伝えください」と婦長さんに伝えてもらった。


自分が高校生になって、その病院の内科に行く機会があり
ついでと思い小児科病棟に寄ったら当時の婦長さんはまだ現役だった。
当時の事を話しててハセベさんの話になって
婦長が思い出したように話し始めた。
ハセベさん、って当時看護婦でそんな名前の人は居なかったらしい。
はっきり名前も覚えていたし漢字でも覚えてるし下の名前も覚えてる。
僕が熱だして泣きじゃくってた日、
部屋に現れて手をつないでくれていた日も鮮明に覚えてる。
特徴等を婦長に伝えたけれどやはりそんな人は居なかったといわれた。


いまや真相は闇の中です