[コピペ]いい話, [コピペ]泣ける



67:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/21(木) 01:24:49

初めてこのすれに書き込む

俺は×1で嫁と結婚した
元嫁との間には息子と娘がいた
離婚理由は元嫁の浮気 だが親権は元嫁に行った
元嫁は間男と結婚し、子供達はそこで暮らしていた

子供達とはたまに会えたが、子供達も今の間男が
一応父親のため、あまり親子の感じはしなかった

嫁も子供も間に奪われ、死んでしまいたくなって
無気力に生きていた俺が現嫁と出会い数年後に結婚

子供を作ったらまた逃げられるような気がして
数年作らなかったが、気持ちも癒えてきたので子供を作った

今嫁との子供はかわいい。
今嫁は子供が出来ても、俺を捨てなかった

これから、頑張ってこの子を育てようと思っていた矢先、
元嫁夫婦が事故で死んだ


68:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/21(木) 01:29:44

夫婦で買い物に行く途中、トラックに潰されたそうだ
俺にも連絡が来て、慌てて家に行くと、子供達が飛びついてきた
いつも俺の前でクールだった子供二人が、あんなに取り乱すのは初めてだった

葬儀後、話は当然子供二人の面倒を誰が見るかという話になったが、
元嫁も間男も親はホームに入っていてとてもではないが面倒はみれない

親戚も引き取りたくない、と言った。
二人のうち一人なら、という人もいたが、兄弟を引き離すのはかわいそうにも思えた

子供二人は自分たちがこれからどうなるか幼いなりに考えたらしく、俺に言った

「お父さんのところにいきたい」




正直、困った。
俺はもう今嫁と家庭はあるし、赤ん坊も産まれたばかりだ。
だいたい嫁がいい顔をするわけがない。

だが、子供はかわいい。
泣いて一緒に住まわせてくれ、わがままはいわないから、部屋を
貸してくれるだけでいいから、義務教育が終わったらすぐ出て行くから、
という子供達を見捨てたくなかった


69:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/21(木) 01:33:31

元嫁のところから戻ってきた俺を、今嫁は心配そうに出迎えた
元嫁の浮気で離婚したことも、子供が二人いたことも今嫁は知っている

事故の詳細などを話すと、今嫁はやはり、
「あなたの子供二人はどうなるの」と聞いてきた

観念して話した。
今嫁との生活が大事だった。
子供を引き取るなら離婚だと言われれば、子供には悪いが
今嫁と今の子供をとろうと思うくらいには

だが、今嫁はあっさり「いいよー」といった。
こともなげに。

「まだこの子も赤ん坊だからよくわかんないだろうし、
 逆に今引き取った方がいいよ」

と言ってきた


俺は驚いて、本当にいいのか、いきなり中学生が
二人も増えるんだぞ、おまえの血は入ってないんだ
愛せるのか、大丈夫か、無理をしてないかといった

だが嫁は

「あなたの子供でしょ?なら私の子供だよ。
 あっちが私みたいなお母さんでいいならだけどw」

と言ってくれた


70:名無しさん@お腹いっぱい。:2013/02/21(木) 01:39:41

ものすごく心配だったが、俺は一番望んでいた形だった
そして、子供達を引き取った。

子供二人は最初おびえたり、卑屈になったり反抗期を迎えたりして
今嫁に相当心配もかけたが、本当に今嫁は分け隔てなく育てた
影で暴言を吐いたりすることも愚痴を言うこともなかった

子供二人が大学に行く時、嫁はお祝い会の後、俺に言った

「わたしね、子供三人とも大好きよ。
 上二人は私の血が繋がってないから、正直愛せなかったら
 どうしよう、って不安だった。

 でももう、血のつながりなんて忘れるくらい、二人ともかわいい。
 子供がたくさん増えて、よかった」

本当にいい嫁を貰ったと、俺はそのとき泣いた

こんな嫁ほかにいない。
嫁に先立たれたら俺も死ぬかもしれないw

嫁最高だ!

[コピペ]切ない, [コピペ]泣ける

アフリカ

88:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/04/27(水) 20:14:51.77

やっぱり一人になった奴いっぱい居るんだな。安心できた気がする。

あの時、地震が来てすぐ妻と娘に会えば良かった。
あの時、東北への転勤を何としてでも止めておけば良かった。
あの時、マンションに住んでおけば良かった。
新築だと張り切っていたあの時は何だったのだろう。
東北なら食い物がうまいと喜んでいた自分は何だったのだろう。

できることなら自分も死んでしまいたい。
できることなら地震の前に戻って妻子を助けたい。

もう俺は生きる価値など無いんだろうかとふと思ってしまう

[コピペ]泣ける

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/11/23(金) 22:26:29

6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて窓際に置いておいたから、
早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、
こう書いてあった。

「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください! おねがいします」

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって少しメソメソしてしちゃったよw

昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と
「ガンがなおるおくすり」と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。

朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで「ギャーっ!」って嬉しい叫びを上げてた。

早速朝食を食べる夫の元にどたばたと行って

「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」

っていって、夫に薬を飲ませた。

夫が「お! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと娘が、

「ああ! 良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、
動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~」

……っていうと夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、
それから声を押し殺すようにして「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。

私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように鍋の味噌汁をオタマで掬って無理やり飲み込んで態勢を整えた。

夫は娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。

その後、娘が近所の子に家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が

「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」

と言ったので、つい私の涙腺が緩んで、わあわあ泣き続けた。

お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった

[コピペ]泣ける, 2ch

はい。コピペです。実は僕も今年結婚10周年(!)なので間違わないように【コピペ】入れました。

我が家の嫁K子さんはピンピンしていますので念の為w

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/21(金) 21:54:30.46 ID:9crgUvhY0

うっそぴょーーーーん!!!!!!!!!!!!!
嫁なんか死んでないし2階でおれなんかほったらかしで韓国のドラマ見てる!!
愛犬と一緒に寝ながらお前らが大嫌いな韓国ドラマ見ながらお茶飲んで寝てるわwwww

お前らしょうがねえからIDで腹筋でもしてろよwwwwwwwwwwwww




と言いたいところだがな・・・・・・参ってる。正直まいってる。



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/21(金) 21:56:34.62 ID:a0dkCB3Y0

まぁ話せよ


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/21(金) 22:00:10.25 ID:9crgUvhY0

スペック
俺34
身長180
体重70
イケメン
会社役員

嫁35
身長160
体重45ぐらい
かわいい。貧乳。梨花を可愛くしてメガネかけたカンジ。


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/21(金) 22:06:44.82 ID:9crgUvhY0

まあ何だか色んな病院を経て、「子宮肉腫」という病気だそうだ。

「ガン」

とにかく「すぐに入院の手続きをとりましょう」ってなた。

二人とも「まじか」「おーまじか」ってなった。


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/21(金) 22:11:55.15 ID:9crgUvhY0

速攻で入院する羽目になった。
家に帰る間、お互い色々とヤバいなってことを自覚しつつ
「やべえな」「さてどうすっか」みたいな事言い合ってた。

家事がどうのとか、嫁の仕事を誰に引き継ぐかとか(職場は一緒)

とにかくお互い身辺整理からすでに始まってた。

タイトルどおりのスレです。苦手な方は読まずに飛ばして下さいね。

詳細は以下より

[コピペ]泣ける

640:Trader@Live!:2012/07/24(火) 19:32:59

俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。
見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて
それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と・・・と撮った写真らしかった。
俺と妹はまだそれを理解できずに無邪気に笑って写っているんだが、
母と祖父、祖母は心なしか固いというか思い詰めた表情で写っている。
当の父はというと、どっしりと腹をくくったと言う感じで、とても穏やかな表情だった。

母がその写真を病床の父に持って行ったんだが、その写真を見せられた父は
特に興味も示さない様子で「その辺に置いといてくれ、気が向いたら見るから」と
ぶっきらぼうだったらしい。母も、それが父にとって最後の写真と言う事で、見たがらないものをあまり
無理強いするのもよくないと思って、そのままベッドのそばに適当にしまっておいた。

しばらくして父が逝き、病院から荷物を引き揚げる時に改めて見つけたその写真は、
まるで大昔からあったようなボロボロさで、家族が写っている部分には父の指紋がびっしり付いていた。

普段もとても物静かで、宣告された時も見た目普段と変わらずに平常だった父だが、
人目のない時、病床でこの写真をどういう気持ちで見ていたんだろうか。

今、お盆になると、その写真を見ながら父の思い出話に華が咲く。
祖父、祖母、母、妹、俺・・・。


その写真の裏側には、もう文字もあまり書けない状態で一生懸命書いたのだろう、
崩れた文字ながら、「本当にありがとう」とサインペンで書いてあった。