新サイト(はてなブログ)

[コピペ]ほのぼの

893

812:可愛い奥様:2008/05/16(金) 19:25:04

パート先のスーパーに毎日買い物に来る近所の893さん。
カネコマな組みたいで、広告片手に特売品を買っていく。
今日の献立はビーフシチューだったらしいが、

兄貴分「おう、牛肉は高いなあ…。豚肉は安いな!豚で作ったらいかんのか?」
若い衆「いやあ、いいと思いますけど!でもそれじゃビーフシチューじゃないっすね!
     ビーフ入ってないっすもん!」

という会話をかわし、ビーフじゃねえな!ないっすね!と笑いながら豚肉を買っていった。泣けた。

814:可愛い奥様:2008/05/16(金) 19:27:09

»812
吉田洗車の絵で想像したw


<続きます>

[コピペ]ほのぼの

89:名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/30(金) 22:12:52

俺の嫁はハイスペック。ルックスも良く、背は俺よりも高い。
会社では管理職にあり、毎朝スーツで出掛ける姿を見て惚れ惚れしてしまう。
方屋、俺はちっぽけな自営業で、年収でいったら嫁の半分ちょいしか稼げていない。
お互いに初婚で俺は50才、嫁は29才と周囲から散々冷やかされつつ結婚した。

「ホントに俺でいいのか?」
「俺ちゃんがいいの。そうじゃなきゃ嫌なの」

交際中に何度も繰り返した会話だ。
だってそうだろ?才色兼備に料理上手だぜ。引く手数多に決まってるだろ。
それが、なんだってこんな冴えないおっさんにくっついて来るんだよ。
正直なところ、何か裏があるんじゃないかと考えた事もあるが、狙われるような資産が
ある訳でもなく、年老いた母親との二人暮らしで、好材料がどこにも見当たらない。

俺は若い頃に婚約者を亡くしており、この年になると結婚は考えもしなくなっていた。
それを結婚に踏み切らせた嫁は俺の母親とも仲が良く、二人で出掛ける事も多い。

母は山菜採りやキノコ狩りが大好きなのだが、車の運転が出来ないので友人や知人に
連れてもらっていた。相手の都合次第なので、行きたい時に行けないと寂しそうに言う。

「私が乗せて行きますから、連れてって下さい!」

嫁は俺と違って億劫がらずに、有給休暇を取ってまで山へ連れて行く。そして、二人とも
ハケゴを一杯にして帰って来る。帰りの道中に次は何処へ何を採りに行くのか決まって
いるようだ。母の健脚ぶりに舌を巻き、そんな事を嬉々として話す嫁。

<続きます>

[コピペ]ほのぼの

784:仕様書無しさん:2008/10/17(金) 10:46:10

息子が歌ってた替え歌が脳内でエンドレス(ハピバースデーの曲で)

 吐き出ーせー 牛乳ー ♪
 吐き出ーせー 牛乳ー ♪
 吐き出ーせー 鼻からもー ♪
 吐き出ーせー 牛乳ー ♪

誰か止めて… orz

[コピペ]ほのぼの

800:名無しさん:2013/02/15(金) 21:21:20

この前高校の創立記念日だったんで母と渋谷に買い物に行った。
それぞれ買い物して、お昼に渋谷駅に合流しようとしたら、
ちょうど外回り中と思われる父が母に声をかけてた。

父「あっ!○○(母のアダ名)さん!どうしたの買い物?時間あるならご飯食べようよ!」
母「○○(父のアダ名)君、いや今日・・・あっ」
私「・・・あー・・・」
父「!?・・・えーと、○○(私)、お母さんと買い物か!?ご飯食べる!?」

この人達って娘の前以外だとアダ名で呼び合ってるって初めて知った。

しどろもどろする父がなんか可愛かった。
対して5つ上の姉さん女房の母は終始ケラケラ笑ってたw

[コピペ]ほのぼの

743:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/03(金) 03:31:04

俺りんかい線から埼京線直通の大宮行き乗ってたんだけど
前に女性が座ってて、そのうち一人が大井町で降りた。

「じゃ、またー。」
「あ、お疲れー。私渋谷まで行くから。」

そんな会話を耳にした。

その後電車は大崎〜恵比寿と進行したが、恵比寿で停車直前に
車掌が何を血迷ったか、

「渋谷〜、渋谷です」

とアナウンスしやがった!
女性が腰を浮かして降りようとしたので

「あっ!待って!ここ恵比寿だから!」

って教えてあげたけど、

「あ...でも、今渋谷って...」

って今ひとつ車掌のミスを飲み込んでいない。
そうこうしている間に電車は停車し、ドアも開いた訳だけど、事情を丁寧に
説明する時間的余裕が無かったため、俺は一言

「これは罠だ!」


と彼女に言った。
彼女がぽかーんとしてる間にドアは閉まって、また電車は動き出した。
そして次の駅の直前、車掌が何事も無く「次は、渋谷〜、渋谷」とアナウンス。

下車間際に彼女は

「ふふっ、罠でしたね。」

と軽く会釈した。