新サイト(はてなブログ)

不可解な体験を「させて」しまった話

438:本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 17:52:49

少々毛色は違うけど、不可解な体験を「させて」しまった話
小学2年生まで、自分は東北のある町に住んでた。
2年の終わりに引っ越して、3年生からは引越し先の学校に通ってたんだけど、
小学5年のときに親の用事で昔住んでた町に行くことになった。
で、両親が用を済ませる間、親に「昔の友達に挨拶して来い」と言われて、
幼馴染たちとよく集まっていた公園に一人で向かった。
しかしいざ公園を覗いてみたら、幼馴染たちは私が引っ越した後仲良くなったのであろう
他のグループの子供達と一緒に遊んでいて
知ってる子と知らない子が半々くらいで、シャイな自分にはどうにも声が掛けづらい感じだった。
だから勇気が出ず、挨拶は諦めようと思ってそ知らぬ顔で
みんなが遊んでいる公園の脇の道路を通り過ぎたら、
数秒後背後から「あれ(私)ちゃんじゃね!?」という幼馴染の声と、
子供数人が公園から走り出てくる足音が聞こえた。

439:本当にあった怖い名無し:2012/05/15(火) 17:53:40

そこで振り返っていれば感動の再会だったものを、
あまりにシャイだった自分は、一度声をかけられず通り過ぎたのが恥ずかしくなって、
咄嗟に近くに停めてあった自動車の影に隠れてしまった。
そしたら背後から幼馴染達の「消えた…!?」の声。
その日は幼馴染達が「気のせいか?」「でも絶対いた」と話し合うのを
車の影でしゃがんでやり過ごしたけど、
後日幼馴染たちが「(私)の幽霊を見た」「最期の挨拶だったに違いない」と噂を広めたらしく、
小2まで通っていた学校の同級の間では、私は小5で死んだことになっていたらしいw
今年就職した会社で偶然にも幼馴染グループの一人と再会して、
「生きてたのかよ」と大いに驚かれた
幼い頃の不思議体験なんかは、こういう小さな勘違いとかから起こるのかもしれないね