新サイト(はてなブログ)

[コピペ]いい話

58:おさかなくわえた名無しさん:01/11/04 01:09

独身の頃、スーパーで財布を落としてしまい
会計の時に気付きました。
5万円入ってました。(カード、免許証も)
すぐサービスカウンターに行ったら
中学生くらいの男の子が 届け出ていたところでした
「あ~~ 私のです!」って言って手元に戻りました
その子が神様に見えました。
「お礼を」と申し出たのですが、「僕これから塾なので・・」と
風のように去って行きました。

カウンターの人が 住所、氏名を控えておいてくれたので
後日 図書券(3000円)とお菓子を持って
お礼に伺いました。
出ていらしたお母様に お礼を言いましたら

「あら~、そんな事があったんですか?
息子は何も言いませんでしたので・・お気遣いない様に」との
ことでしたが 気持ちよく受け取ってくださいました

それから 3年ほどして 公衆電話でセカンドバッグの忘れ物を発見
中身を見てみると 封筒に入ったお札がぎっしり!
一瞬・・「自分の物にしちゃおうかな」って悪魔のささやきが・・
でも 前に親切な人に私は助けられたことを思い出し
そのまま 交番へ持っていきました。
おまわりさんが中を調べると 現金450万円、カード、小切手
カギ、通帳などがいっぱい。
交番に届けた時って 全部書類に書かされるんですね。
すごく時間がかかりました。

おまわりさんが勤務先や、自宅の住所に電話をかけ
私が書類を書いてる時に 落とし主が現れました
今にも泣き出さんばかりの顔で「本当にありがとう」と
何度も お礼を言われました。

その人は 温泉ホテルの2代目で取引先の支払いに行く途中だったそうです
それがなければ とても大変な事になりそうだったそうで
とても感謝されました。特別宿泊券(無料)を10枚くらい頂いたんです。
家族や友達と利用させていただいたんですが
こちらが恐縮するくらい 丁寧なおもてなし・・

10年以上たった今も 暮れになるとお歳暮と宿泊券(家族4人分)
送られてきます。もう充分して頂いたのでと辞退を申し出ても
現在、社長になられた当時の落とし主は
「僕がこの旅館に携わるうちは 続けさせてもらいます」と
断固 受け入れてくれません
今では家族ぐるみのお付き合いまで させてもらってます。
人間同志のめぐりあいって 不思議です
あの中学生に拾ってもらわなければ 450万円を自分の物にして
一生うしろめたい気持ちをかかえたまま 生きてたのかな?って
時々思う事がありますから・・

[コピペ]いい話

628:スペースNo.な-74:2010/02/23(火) 18:59:35

夫婦の機微は本人たちにしかわからないからねぇ。

うちの婆ちゃんは爺ちゃんのことを
「終戦で帰ってきた時にはガリガリで100年の恋も冷めるような有様だった」
「東京に出たかったから(爺ちゃんと)結婚した」
「私がいたから無一文からここまでになれたのよ」
とさんざんに言ってて、そこまで言うことないのに……と
私は内心爺ちゃんがかわいそうに思ってた。

去年の秋、爺ちゃんが死んだ。
寝かされてる爺ちゃんの前で婆ちゃんが一言、
「結婚するならおじいちゃんみたいな人を探しなさい。結婚して60年、ずっと幸せだった」

婆ちゃん、最後の最後にのろけたかwww爺ちゃんの前でww
と、そんな状況じゃないのに思わずなごんでしまった。

[コピペ]いい話

635:名無しの心子知らず: 2011/07/26(火) 03:15:53

小学1年生になった息子が、物凄く持ち物をなくして帰ってくる。
鉛筆に始まり、筆箱までなくした。
本人に聞いても「いつの間にかなくなっている」としか言わない。
なぜそんな大物なくして気付かないのか、もしかして何か障害があるのか?と、ちょっと変なスイッチが入った私は
市販の筆箱を改造し、GPSの小さいのを隠して入れた。
またなくして帰ってきたら、どこに置いてきたのか一緒に探して息子に気を付けるように言おうと思っただけでした。

そしてすぐにその日はやってきた。
息子が筆箱がなくなったとションボリして帰ってきたので、GPSで検索。
なんか有り得ない場所にある。
学校ではなく誰かの家。

迷ったが、息子には学校に有るだろうからお母さんが探してくると言って、担任に相談しに行った。
担任は私の話を聞くと、この噺は内密に、逆恨みされると子供に危害が及ぶかもしれないのでと言い、
そのお宅に家庭訪問しに行った。
私は帰宅し、息子には先生と探したがなかったと報告し、私が使おうと買っておいた象が乗っても大丈夫な筆箱を息子にあげた。


640:名無しの心子知らず: 2011/07/26(火) 03:34:00

その夜、担任は我が家にやってきた。
取り急ぎGPSがあったことに相手が気づく前に回収したかったと言っていた。
それは成功したらしく、息子の筆箱と今までになくなったものが全て無傷で帰ってきた。

息子は盗られていた事実に気付いていないのでそのままもう少しの間気付かせないで欲しいと言われた。
盗った子はとても良い子に私には見えていたので衝撃だった。

そしてその後、その子の家庭は崩壊した。
母親は返品され、子供を引き取った父親は引っ越して行った。
母親が金目のものを持って来いと指示しており、子供は毎日何か持ち帰らないと夕御飯が貰えなかったと噂話できいた。
うちのGPSがきっかけになったことは担任と私だけの知るところで、逆怨みはなかった。

と言うことが数年前にありました。
盗った子から手紙が来て、息子と一緒に読みました。
あの時たくさん盗ってごめんねと。
息子は気付いていたらしい。
何か持って帰らないと夕飯抜きなことも全て。
そうだったのか。親って何も分かってなかったんだなと涙が出た。

お母さんあの時は心配かけてごめん、ありがとうと言われて更に泣けた。

[コピペ]いい話


27:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/16(水) 11:03:56

ついさっきの話
長文すまん。

当方宮城県民。
朝からスーパー並んでたんだが、私の前に母親と泣きべそかいた子供がいたんだ。
子供は大事そうに壊れたDS(画面の亀裂はもちろん色々飛び出してる)を持っていて、時折ボタンを押しては反応が無いことに落胆している様子。
母親との会話を聞くと、どうやらそのDSはサンタさんから貰ったらしい。
子供がすんごい悲しそうでさ、ゲームができないことよりサンタが怒ってないか気にしてた。
周りも私も何とも言えない気持ちになってたら、1人の中学生くらいの男の子が子供に近づいてった。
で、自分のDS渡したんだよその子。
しかも「サンタさんから頼まれた」とか言って壊れたDSと自分の交換してた。子供大喜び。母親は涙ぐみながら頭下げてた。

凄い嘘臭いけど本当の話。
電気ないし水ないし寒いし食料も充分じゃない。
けどだいぶ気持ちが明るくなったよ。

余談だが、この現場を見ていたらしいおばちゃん達、その中学生に自分達が買った食料分けてた。
私は彼にパワーを貰ったので、これを見たあなた達にもお裾分けしたい。
頑張ろうね。

[コピペ]いい話

398:イラストに騙された名無しさん:2009/06/14(日) 23:00:02

という事で親孝行にちなんだ思い出を1つ。

俺が高校生の時、冬休みに結構気合を入れてバイトしたおかげで、
バイト先から予定より多めのバイト料を貰った。
ちょっと気が大きくなった俺は、お袋にお年玉と称して5000円差し出した。
(セコイとか言わない様に、高校生には大金だw)

で、3日後くらいに帰宅すると、お袋とその友達3人くらいが集まって、
ちょっとした宴会(新年会?)みたいなのをしている。

お袋「(俺の名前)に貰ったお金でお寿司取っちゃったよ!」
俺「なんだよ~、そんなんでぱっと使っちゃうのかよ~」

と少しむっとした返事。
で、それはそれで終わって。

10年以上経ってお袋が50台半ばで他界して、お袋の知人とかに連絡を取る為に
半ば茫然としながらお袋の引き出しとかを漁っていた。
んで見つけた日記を目で追っていたら、上記で書いた日の事が書いてあった。

「(俺の名前)ちゃん、怒らせちゃったな~。
でも本当は4人分のお寿司代には足らなくてお母さんのへそくりも足しちゃった。
友達に息子からお小遣い貰ったって自慢したかったんだよ~。
ゆるせ、息子よ。」

それを読んだ瞬間に俺の中で何かが切れて号泣した。

「親の心、子知らず」ってこういう事を言うんだな、と思えたのは随分経ってからだった。