新サイト(はてなブログ)

[コピペ]ほのぼの

2013-06-14_1033

966:彼氏いない歴774年:2012/06/25(月) 20:51:53

マンションの隣の家に去年赤ちゃんが生まれた
ぜんぜん騒音とか聞こえないけど、丁寧にケーキ持って「うるさくなりますが」って挨拶にこられた
隣家じゃなきゃ全く接点ない美人&イケメンなリア充っぽい夫婦だった
今日ベランダに出てたら、奥さんと赤ちゃんもベランダに出てきたらしく会話が聞こえた
なんとなく咄嗟に気配殺しつつ洗濯物を取り込み続けたw

奥さん「きれいねえ、お空青くてきれいねえ」
奥さん「◯◯君、飛行機飛んでるよ、ほらっ、あそこ!」
奥さん「お花きれいねえ、◯◯君がお花好きかなと思ってママ植えたのよー」
赤ちゃんは奥さんの言葉に関係なくキャッキャ言ったり唸ったりしてる
奥さん「あー幸せだねえ、◯◯君。ママは今、人生で一番幸せなんだよ、◯◯君」
奥さん「◯◯君、ありがとうねえ」

無言で洗濯物取り込みながら、なんか泣いてしまった
疲れてんのかな

[コピペ]トリビア, [コピペ]ほのぼの

2013-08-07_0651
最近市民権を得た感がある「中二病」ですが、小二病をまとめたコピペがとてもほのぼのしてて秀逸でしたので
紹介したいと思います。

409:名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/21(金) 23:27:05

小二病

・スーパーボールは壁に叩きつけると跳ね返ってくるからおもしろい!
・蟻の行列をストーキングしていたら知らない土地に
・扇風機のハネをとめる遊びで休日を過ごす
・扇風機のハネに向かって「あー」と言い声が変わるのを楽しむ
・中日ファンになった理由は「青いから」 
・トンネルでは大声で話す
・手提げカバンの主な用途は「振り回す」
・駄菓子は分解してから食べる
・カラーコーンを頭に被る
・遠足の途中で同じ苗字の家を見つけたら「ここ俺んち」
・鉄柵を見つけたら傘の先っぽで音を出す
・横断歩道は白い部分以外を踏むと死ぬ 
・プリンを皿に移したがる
・下校中「この石を家まで蹴り通せたら俺不老不死」
・答えが2通りあるなぞなぞを見つけて友達に出してみてからかう
・学校の黒板消しを奇麗にする機械をON・OFF・ON・OFF繰り返して、バイクのエンジンをふかしている疑似音を作り出して楽しむ
・普通の消しゴムで練り消しを作りたくなる
・好きなアイドルや女の子の名前に自分の名字をくっつけてニヤニヤ
・犬のウンコを踏んでもバリアしてたからセーフ
・アイスを買うときは出来るだけ安くて甘くて大きいほう
・とんがりコーンを指にはめて怪物の爪ごっこ
・ロケット鉛筆ブーム到来! 
・給食リクエストの結果が毎年カレー。
・「ここ俺の陣地だから入るなよ」「空中だからセーフ」
・掃除用具入れに人を閉じ込め、箒やモップでガンガン叩く>開放されての一言「うぁあ、死ぬかと思ったよぉ」
・トイレで大便コーナーに人がいると、大声で「あー誰かウンコしてる」と大騒ぎする
・自転車の曲乗りが大好き、暴走行為に付随するサイレンやエンジン音はもちろん口頭による擬音炸裂
・匂い付き消しゴムを授業中、我慢できずにカジカジかじる
・妹に「バ、バリアーはった!」が「あ、もぅ入ってくるなよぉ」
・掃除の時間にはカーテンに巻きつく
・パワーウィンドウでテンションが上がる 
・手袋って逆から言ってみ?
・プールのシャワーで滝修行 
・セミの抜け殻収集
・ザリガニを餌にしたザリガニ釣り 
・無邪気100%で昆虫を惨殺
・「おおきくなったらなりたいものは何ですか?」「がめらー。つよいからー。」

毎日が心から楽しい




アレ?目から汗が出てきたよ?

[コピペ]ほのぼの


ネットの情報に騙された経験がある方って結構いるんだと僕は踏んでいますがいかがでしょうか。
多分恥ずかしくて誰にも言えない、が大半でしょう。

大体は自業自得なので文句は言えないし、騙す方もバカではないので、結果泣き寝入り、という事に。


そんな中でもわりと穏やかなエピソードが紹介されていました。

ネットの情報にだまされたエピソード(マイナビニュース) より。

■「プレゼントに応募したらもらえる確率が高い!と書いてあって実際に応募したら、恋活サイトに登録したことになっていて変なメールがいっぱい来るようになった」(24歳/女性)

■「ネットでの口コミを見ると評判がよかったのでお店にいったら、あんまり美味しくなかった」(30歳/女性)

■「桂歌丸さん死亡というニュース。その日見た『笑点』で普通にピンピンしていた」(33歳/男性)

■「毎日鼻の付け根をたたくようにすると鼻が高くなるという情報を信じて続けてきたが、何年たっても低いまま……」(22歳/女性)

■「旅館の部屋をネットで予約。露天風呂と書いてあったけど、実際は簡易プールで作った無理やりな露天風呂だった」(31歳/女性)

■「この部分を何度もクリックすると、良い香りがするというページがあり、必死で連打したものの、良い香りなんてしなかった」(26歳/女性)

■「彼のPCで浮気チェックをしていて、怪しいメールをクリックした後に架空請求がきた。彼に払わないと!と話すと『払わなくていいよ、でもなんでPCみたの?』と笑い飛ばされた」(29歳/女性)

インターネットあるあるみたいになっていますが、僕がグッと来たのはこちら。

■「エロいイベントがあると告知されていて、行ってみると空き地だった。それにだまされた数人の人たちとその後、飲みに行った」(30歳/男性)

この呑み会、超盛り上がるでしょうねえw

[コピペ]ほのぼの

291:名無しの心子知らず:2009/08/14(金) 14:29:16

友人から聞いたちょっといい話。ちと長い。

友人の子は6才と3才。
キャンプ中、キャンプ場の隣にある温泉に入りに行った帰り、
時間的にもう下の子は眠いかな…と思っておんぶをしたそう。
その様子を上の子がじっと見ていた。
ただ、じいっと見て、何も言わないでいた。
それを見て友人ははっとしたそうだ。

下の子をおぶるとき、いつもこんな顔していただろうか。
遠出してキャンプといういつもと違う環境なので、
普段は何となく見ていた上の子の顔が違って見えるだけだろうか。
下の子が昼寝中は上の子と一対一で遊ぶ様にしたり…
と気をつけていたけど、足りなかったんだろうか…
いや、そんなことはどうでも良いんだ、
私には、今、この子に掛けるべき言葉があるはず…

「あのね、下の子ちゃん、思ったより元気で歩くみたい。
今日は、上の子ちゃんをおんぶしようか?」
そういった友人の言葉に、上の子は、
なんとも言えない嬉しそうな顔をしたそうだ。
よく考えたら、上の子のおんぶは
下の子が生まれて以来なので、3年ぶり位だったらしい。


292:名無しの心子知らず:2009/08/14(金) 14:31:19

続いてしまった…

そうして少し歩いていたら、上の子が耳元でそっと言った。
「おかあさん、ありがとう。あのね、あそこの花壇まで行ったら、
下の子ちゃんをおんぶしてあげてね…」
友人は胸がぎゅっとなった。
「いいんだよ。下の子ちゃんはパパと元気に歩いているよ。
今日は、テントまで、上の子ちゃんがおんぶの番ね」
それを聞いて、上の子は、友人の背中をぎゅっと抱きしめた。

友人が「6歳児は、思ってたより、ずっと軽かったよ…」
と言っていたのがとても印象的だった。

うちは1人しかいないんでけっこう「もう6才」と思いがちだけど、
6歳児はまだまだ子供だってこと、忘れない様にしようと思う。

[コピペ]ほのぼの

640:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2005/05/26(木) 21:42:58

大学生のとき、一人暮らしのアパートを引っ越すことになった。
友人数人と、電車45で分ぐらい離れた実家から姉が手伝いに来てくれたのだが、
なぜか姉はデカイ荷物持参。「?」と思いつつ作業を開始し、昼飯時。
コンビニや食べ物屋に行くのも大変な田舎のこと。
しかし俺は見栄はって、仕出屋に寿司の出前を頼んでおいた。友人らには大好評。
夕方前には引越し終了。新居でひとまず落ち着いて、友人らも帰っていった。
が、最後まで残っていた姉が、例のデカイ荷物をもったまま帰ろうとする。

「引っ越し祝いか何かじゃないのか?」

と問い詰めても言葉を濁すばかり。
じれったくなってむりやり荷物を奪い中身を見ると――大量のオニギリだった。

「引越しで台所も片付けてるし、みんなお昼に食べるものないだろうと思ったんだけど……。
すごいお寿司とか出てきたから、出しにくくなっちゃった」

恥ずかしそうに苦笑する姉。俺は泣きそうになった。
もちろんそのオニギリは全部ひきとって、ラップにくるんで冷凍保存し、
一週間かけて全部食べた。最高にうまいおにぎりだった。