新サイト(はてなブログ)

親父のほふく前進

134 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2007/09/16(日) 14:25:50

母と親父が二人で居間に寝っ転がっていた。
 
いい年した親父が母に甘えようと匍匐前進で
にじり寄っていくが母は無言で転がりながらよける。

この時点でなんだこの家はと噴いたが、さらに姉ちゃんがきて
また無言で親父の足をつかみ、母からひきはがした。

黙って引きずられる親父。見送る母。
親父の足からそっと手をはなす姉ちゃん。
引きずられた格好のまま顔を伏せて泣く(フリをする)親父。

不覚にも萌えた。
なんとなくこの家に生まれてよかったと思う