彼女の行きたがってたフレンチレストラン

2009/08/24

192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/14(火) 16:18:50

1週間前に別れた女は最悪だった・・・というか別れ方が最悪だった

1週間前、それは彼女の誕生日。
俺は頑張って彼女の行きたがってたフレンチレストランを予約した。
1人1万8000円もするコースだ。定刻通り待ち合わせ場所に来た彼女と
他愛も無い話をしながらレストランへ
店前で気付く彼女

「ここは・・・覚えててくれたんだ」

涙ぐむ彼女をエスコートして、店内そしてテーブルへ。
サラダが運ばれて来ても涙が止まらない彼女を横目に、
ウェイターに『すいませんね』みたいな顔で一瞥する俺。
話しかけると、泣き止むどころか激しさを増す彼女。

「そんなに泣くなって、せっかくの誕生日だし・・・ここ来たかったんだろ?」

想定外のドラマの様なシチュエーションに観客を欲する俺の声は良く響き、
周りの客から祝福の微笑みを貰う。

「違うの・・・違うの・・・」
尚も泣く彼女
「何だよ、良いから涙拭けって」
ボルテージが上がり更に大声になる俺に惹きつけられる観衆の耳。

「別れたいの、ゴメンね」

大きな涙声で意表をつかれ、一斉に会話を止め固まる観衆と俺。

193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/10/14(火) 16:19:31

「えっちょっと落ち着こう、ワイン頼む?」
明らかに動転して訳ワカンナイ事を言い出す俺、
「ゴメンね!ホントにゴメン!」

最後の大声をあげて、店から走り出す彼女、
硬直してる俺と目線をキョロキョロさせる観衆。
混乱と恥ずかしさで暫し現実逃避をしている
俺にスープを持って現れるウェイター。

『帰るなら今ですよ』という顔でコッチを見るウェイターの気遣いが余計に恥ずかしくて、
「おいしそうだ」 とグルメ気取りのコメントを発し、スープを受取ってしまった俺。

『死にたい』と思ったのは初めてだったが、
『何か?』みたいな顔で、コースを食べ続ける俺。
そんなこんなでメインの肉を食べてる時だった、不意に振り返ると彼女が!

色んな意味で、とにかく嬉しくて怒るどころか
「心配したよ、どうしたの?」

テラ優しい俺、安堵感のオーラ出し杉の店内。
そして無言のまま椅子に忘れた携帯を握り締め、再びダッシュの彼女。
再び緊張感マックスハートの店内、そして近づくウェイター

「デザートは・・・どうしますか?」

小声だ、ザ・小声だ。
そりゃそうだ、デザートには事前に
バースデーケーキを頼んでおいたんだから・・・
いくら恥ずかしくてもコレは食えない

「無しの方向で」

また訳のワカラナイ言葉を発し、俺は席を立ったフラれた事より視線が痛い。
合計20000円にしてくれた店には感謝の言葉もないが、その優しさがまた痛い。
そんなこんなで1週間経ちましたが俺は元気です。