新サイト(はてなブログ)

明日花との思い出の場所

38 :名無しのオプ :2010/07/22(木) 20:45:37

妻には出張と偽って、明日花との思い出の場所を訪れた。
今や私にとって妻以上にかけがえのない存在となっている明日花。
しかし、彼女の苦しみの大元が私自身だという思いから、私は常々身を引き裂かれるような気持ちでいた。
もちろん世間体もあり、妻の前ではそのようなことはおくびにも出さず平静を装っていたが、
妻はもともとあまり感情が表に出るタイプではないので、私の心情に気付いていたかどうかはわからない。
しかし時折妻が、暗い悲しい目で私を見ることがあった。
とにかく私は明日花を愛するあまり、自分を見失っていた。
いっそこの地で海に身を投げ、今の苦しみから逃避しようかとさえ思った。
しかしそんな考えを遠くに押しやってくれたのは、やはり明日花の笑顔だった。


ある日、私のオフィスに明日花から手紙が来た。
彼女自身、私のせいで苦しみの中にあるというのに、いつもと変わらぬ無邪気な文面であった。
その手紙のなかで彼女は、私のことを好きと言ってくれていた。
そしてまたいつかいろいろな場所に連れて行ってほしいと綴られていた。
しかし私は、この天真爛漫な手紙の中に、彼女のさよならの挨拶を感じた。
遠からず別れの時が来るであろうことは、明日花自身が一番よくわかっていたのかも知れない。
私はこの手紙を読んで号泣した。そして決心した。
世間体がどうのと自分の心を偽ることはもう止めよう。
堂々と正面から明日花と向き合い、妻にも自分の気持ちを素直にうち明けよう。
そして全身全霊を込めて明日花を愛そうと心に誓った。


わが最愛の娘明日花が、わずか9歳という短い生涯を終えたのはそれから間もなくのことだった。
重い先天的傷害を抱え3年も生きられないだろうと言われていた明日花が、
その3倍の9年も生きたということはまさに奇跡だったと言うべきなのかも知れない。
自分の若い頃の放蕩が明日花の小さな体に顕れてしまったのだという思いが今もあるが、
明日花が拙い文字で手紙に「パパ大好き」と書いてくれたことで幾分救われた気がする。
いつもは感情を表に表さない妻も、明日花が息を引き取ったときは人目もはばからず泣いた。
生まれたばかりの娘に希望を込めて「明日の花=アスカ」と名付けたのは妻だ