新サイト(はてなブログ)

卒業文集に架空のライバル宛にメッセージを書き残した

97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 01:14:33.63

まさに中2のとき…
給食の時間に何も食べず、憂鬱な表情で重松清の「疾走」って小説(表紙にムンクの叫びみたいな顔が描いてある)を読んでいた。
更に、速読ができるフリをしてパラパラ速くめくったりw
担任(国語の教師)と、よくわからないくせに哲学の話をわざわざでかい声でしてた。
もちろん雨の日は傘はささない。

そして、卒業文集には架空のライバル宛にメッセージを書き残した…

親愛なるO・Hへ
貴様との勝負、面白かった。
だが謝らねばならないことがある。
私は負けたフリをした…
なぜなら、私が勝てば2人とも破滅していたからだ。やむを得なかった…
またいつか、勝負をしよう、正々堂々と


GYAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!

私オンナなのにね…キモイね…死にたい…w



参考


重松清 / 疾走 上 (角川文庫)