新サイト(はてなブログ)

[コピペ]泣ける

307 :名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2011/01/09(日) 03:40:57

五年前のある日、ある病院から火災発生の通報を受けた。
湿度が低い日だったせいか現場に着いてみると既に燃え広がっていた。
救助のため中に入ると一階はまだ何とか形を保っていたので
そこを同僚に任せて先輩と二人で階段を上った。


二階は見渡す限り火の海になっており、煙が廊下を覆っていた。
先輩は西病棟を、俺は東病棟の病室を回り要救助者を探した。
出火場所は二階のようでフラッシュオーバーの可能性も考えられたので
時間との戦いだった。


東病棟を回っていくと一番奥の病室にだけ女性が一人いた。
声をかけたが気を失っていて反応がなく危険な状態だったため、
急いで抱きかかえて救助した。


数日後、俺は不意にあの女性がどうしているのかが気になり、
病院に連絡をとってお見舞いに行くことにした。
看護師に連れられて病室へ行くと彼女はベッドの上で会釈した。
改めて会ってみるととても可愛らしい人だった。
「お体は大丈夫ですか?」と聞いたが彼女は首を傾げるだけだった。


看護師が少し困ったような顔をしながら紙に何かを書いて渡すと
彼女は笑顔になって、「ありがとうございました。大丈夫です!」
と書いて俺に見せた。
彼女はろうあ者だった。


しばらく二人きりで筆談し、趣味のことや小さいころのことなど
色々なことを話した。
耳が聞こえないということを感じさせないくらい前向きな人で
本当に楽しいひと時を過ごすことができた。
彼女は「もしよかったらまた来てくださいますか?」
と少し心配そうに聞いてきたので「では、またお邪魔します。」
と答えて病室を後にした。


彼女と話すために手話を勉強し始めたり、好物のお菓子を持っていったり…
そんな関係が続いて二ヶ月ほど経った非番の日。
俺はやっとどうしようもなく彼女に惹かれていることに気づいた。
彼女のことを考えない時がない。
俺はこの気持ちを告白することを決意した。


308 :名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2011/01/09(日) 03:48:24

それでそれで?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2011/01/09(日) 20:23:26

消防士とろうあ者の嫁・・・どっかで見たな。
しかし劇的な馴れ初めじゃないか。


311 :名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2011/01/09(日) 20:26:35

これか。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2011/01/07(金) 22:26:27
俺は火事が起こったら昼夜問わず出ていかなきゃならない。
深夜に呼ばれることも多いのに
いつでも笑顔で送り出してくれる。
そんなところに愛を感じるかな。


非番の日で尚且つ要請がない時は家事を手伝うんだが
148cmの小さい体を存分に使って頑張ってるなと感心する。
甘えん坊なところがあってよく抱きついてきたり
抱っこされにきたりして可愛いんだ。


通常出勤の日は朝早いから寝ててもいいように言ってあるのに
しっかり上手い弁当を持たせてくれて
頬にいってらっしゃいのチューをしようとする。
背伸びしても届かないからちょっと屈んでやらなきゃならないけど。


仕事上がって帰ってきたら既に寝ちゃってることがある。
グッタリ疲れてても可愛い寝顔見たら元気出るよ。
頬とかをツンツンしながら生きて帰ってきたことを実感する。


嫁はろうあ者だから会話はできないんだけど
出会えて本当によかったと思うんだ。
ちょっと心配なことが一つあるけど
毎日ちゃんと幸せだって自信を持って言える。


312 :名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2011/01/10(月) 14:38:39

>>310 その阿呆な消防士がちょっと通りますよ
307の続きですm(_ _)m


彼女の病室の前まで来たのだが、
いざ取っ手に手をかけると緊張のあまり、手が震えた。
一度、深呼吸をして気持ちを落ち着けてから引き戸を引いた。


その日は冬にしてはよく晴れて暖かい日であり、
やわらかい日差しが窓から差し込んでいたのをよく覚えている。
彼女はその光に包まれながら読書をしていた。
いつもの童顔で可愛らしい雰囲気とは違い、どこか大人っぽい感じがして
思わず見蕩れた。


俺が来たことに気づいた彼女はいつものようにニッコリ笑って本を閉じ、
それからはいつもと変わらない時間を過ごした。
その中で「大事な話があるんだけど聞いてくれるかな?」と切り出した。
彼女が頷いたので思いの丈を紙に書いて渡した。


彼女はそれを見て不安そうな顔をし、何かを書き付けて寄こした。
紙には「私、耳聞こえないんだよ?一緒にいたら大変だよ?」と書いてあった。
すごく寂しそうな顔をしていた。
返事を一生懸命に考えてはみたが
残念ながら気の利いた言葉を言えるような素敵な男ではないので
思っていることをそのまま書いた。
「ただ傍にいたい。いつだって力になりたい。そんな理由じゃダメかな?」
ダメ元だった。
それを見て彼女は泣き出し、震える手で「ありがとう。おねがいします」
と書いた。


つきあっていく内に茄子と稲光が苦手だとか
実は甘えん坊で頭を撫でられたり抱きしめられるのが好きだとか
知らなかったたくさんの面を知ることができた。


つきあい始めてちょうど二年が経った日にプロポーズした。
相変わらず飾り気のない言葉だったが
嫁は顔を赤らめて少しだけ頷いてくれた。
ご両親には既に結婚を承諾してもらっていたが、
一応の報告と式のために二人の故郷、能代へと帰省した。


もうじき結婚生活三年目だけど、感謝の気持ちを忘れたことはないよ。
どんな時でも笑顔で送り出してくれる嫁がこうして傍にいてくれるからこそ
死と隣り合わせの火災現場でも俺は頑張れるんだから。


今からちょっと抱きしめてくる。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2011/01/10(月) 17:53:11

>>312
もげろ


それから、現場で絶対に死ぬな

[コピペ]泣ける

413 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/29(土) 12:38:34

少女どころかおじさんおばさんしか出てこないんだが、
入籍した記念に結婚の経緯を書きます。


断っとくけど長いよ。



嫁は中学の2・3年の同級生で、部活も同じバレー部だったから親しかった。
つっても冗談を言い合う友達で、好きとか付き合うとかはなかった。
顔もタヌキっぽくて好みじゃなかったし。高校が別になり、大学から俺は
東京に行ったんで、卒業したきり十何年か会わなかった。


俺の実家は地元の九州で食品販売系の会社をやっていて、大学を出た俺は、
ゆくゆく実家を継ぐための修行として、半強制的に実家の取引先の会社(東京)に
就職した。30過ぎたころ、新しく来た上司とどうしてもそりが合わなくて、
軽いうつ病になった。会社には言わずに通院していたが、薬でぼーっとしていた
せいで通勤途上で車にはねられて両脚を骨折。それが元でうつ病の件が会社バレし、
おまけにクズ野郎の上司があることないこと会社に吹き込んだせいで遠まわしに退職を
勧められ、半分やけくそで労災込みの退職金を貰って退職した。


実家の両親は顛末を聞いて大激怒。俺は移動できるようになるとすぐ
地元の実家近くの病院に転院させられ、そこで治療とリハビリを受けることになった。


俺は二歳年上の姉がいるんだが、姉の旦那が俺が知らないうちに実家の会社を
継ぐことになっていて、まあ俺の両親からすると、実の息子の俺は会社を
辞めちゃうような半端者、ということだったんだな。私大なのに留年もしたし。
両親とも考え方の古い人たちだから仕方がない、と特に腹も立たなかった。


414 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/29(土) 12:41:23

入院した病院で担当の看護師さんに挨拶されて、
あれどっかで見た顔だと思い名札を見たら嫁で、二人ともビックリ。


特徴あるタヌキ顔は大人になっても変わらず、よく言えば女優の
田畑智子、悪く言えばガチャピンぽかった。
嫁は高校卒業後に看護学校に進んで看護師になり、バツイチだった。


なにしろ身動きがとれないので仕方がないんだが、知っている人に体を
拭いてもらったり下の世話をしてもらったりするのは恥ずかしかったな。
嫁は仕事だから全然平気だつってたけど。


嫁は忙しかったけど、勤務明けに顔を出してくれて、病室や談話スペースで
よく話をした。共通の知り合いの近況や、高校から先お互い何をしていたか。
嫁が成人してすぐに両親を亡くしていたことも聞いた。


俺は自分の病気についても話をした。嫁は自分の結婚については
「まあいろいろあってうまくいかんやった」としか言わなかった。


実家の会社で働いていた姉とその旦那は、仕事の合間を見ては見舞いに来てくれた。
義兄はいい人で、何も心配いらないから治療に専念しろ、と励ましてくれたけど
両親からはほぼ放置されていた。


やがて骨がくっつきリハビリ(笑っちゃうくらいしんどい)スタート。
毎日のリハビリの辛さ、自分の体が思い通りに動かない焦りと情けなさ、
元通り歩けるようになるのか、30すぎて無職でこれからどうするのか
という不安で、嫁にはよく愚痴を聞いてもらった。話しながら泣いてしまった
こともあった。


嫁は俺が泣き言を並べるたび
「でも○○くんが自分でなんとかするしかなかとよ」と言ってくれた。
安請け合いの「大丈夫」ではないのが逆にありがたかった。


まあこの頃には嫁に惚れてしまっていたな。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/29(土) 12:43:41

入院から約半年後に退院。
幸い俺はほとんど元通りに歩けるようになり、毎日リハビリがてら散歩したりしながら
次の仕事を探していた。両親とは変わらず断絶状態で、俺は自分でアパートを借りた。


嫁とは週1〜2回、食事や飲みに行くようになった。
勤務シフトがよく変わる看護師と無職なんで、早朝の牛丼デートもあったな。


幸い、なんとか次の仕事が見つかり、その報告がてら嫁を食事に誘ったときに、
結婚を前提につきあって欲しいと話した。


嫁はしばらく悩んで「ごめんなさい」と言った。

俺が理由を聞くと、嫁は、自分は子どもができない体なんだと打ち明けてくれた。

病気ではなく先天的に子どもができにくいのだと。前の結婚がうまくいかなかったのも、
それが理由だった。嫁は今も話したがらないが、相当辛い目にあったらしかった。
俺はそんなの構わない、すぐ結婚とかは言わないから、俺とつきあってくれと頼んだ。
嫁はOKしてくれた。


新しい勤め先は幸い、小さいながらも家庭的な雰囲気のいい会社で、俺は仕事に
打ち込んだ。同時に嫁とのつきあいも進み、俺は両親に、今、中学の同級生だった
□□(嫁)とつきあいをしている、一度会ってほしいと連絡して、
引き合わせることにした。冷たい親でも親は親だし、ちゃんと仕事もしている
息子の俺がこの女と付き合っていると言えば悪い顔はしないと思ったから。


考えが甘かったけど。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/29(土) 12:49:39

久しぶりの実家で俺と嫁を待っていたのは両親の猛烈な反対だった。

地元の情報網のグロテスクさというか、両親は嫁がバツイチだということも、
なぜ離婚したかも知っていた。俺に対するいつもの非難(要約すると「情けない半端者」)
だけならともかく、嫁のことまで子供を作れない□□さんを○○の家の嫁として
認めるわけにはいかない、と言われ、俺は切れた。両親を本気で殺してやると
思ったのはあの時だけだったな。


俺は目の前のテーブルをひっくり返し、
あんたらとは縁を切る!と言い放って嫁を連れて実家を出た。


帰りの車で、嫁はずっと泣きながらごめんなさいごめんなさいと言っていた。
俺は両親に腹が立つのと、嫁にあんなことを言われて申し訳なくて仕方がなく、
車を停めて、俺の方こそ辛い目に合わせてすまなかったと泣きながら謝った。


しばらく二人で泣いたあと、俺にはもうおまえしかいないから
俺と一緒に暮らしてくれ、と頼んだ。嫁は頷いてくれた。


それから新しいマンションを探し、二人で住み始めた。
両親とは全く没交渉だったが、事情を知っていた姉と義兄(両親と会った日に、実家座敷の
テーブルと障子が全滅していたので)はずっと連絡をくれて、たまに4人で食事を
したりしていた。


姉と嫁は今もそうだが仲がよく、義兄も人としても男としても信頼できるいい人だ。
ただ実家では、俺のことは口にも出せない雰囲気らしかった。


結婚式は無理でも入籍はしよう、と嫁に話したが、嫁は俺の両親への気兼ねと
前の結婚のこともあって、一緒に暮らしていればそれでいい、今は入籍はしたくない、と
拒んだ。


417 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/29(土) 12:52:56

同居初めて2年半ほど経った頃、嫁が体調を崩して、自分の勤める病院で診察を受けた。
会社帰り、嫁から連絡があって俺もその病院で診察結果を聞くことになった。


風邪か疲れだろうと思っていたのに…と心配していると、嫁がいたのは
なぜか産婦人科で、産婦人科の医者は満面の笑みで


「おめでたですね。三ヶ月目に入ったところです」

と。

俺ポカーン。
嫁は眼をうるうるさせて俺の手を握ってきた。


高齢出産になのと体のこともあって、妊娠中、嫁はしょっちゅう病院通い。
俺も食事の用意や家事などできるだけのことはしたつもりだが、まあやっぱり
女の大変さにはかなわんな。


姉には嫁が妊娠したことを報告した。
姉は電話の向こうで、よかったねよかったねと泣いてくれた。


子どもが無事産まれてくれるか心配だったけど、去年の秋に、嫁は
健康な女の子を産んでくれた。母子ともに健康。
嫁の同僚の看護婦さんたちもお祝いに来てくれた。


娘は嫁に似てややタヌキ気味だが、あれだな、
世の中にこんなかわいい生き物がいるかと思うぐらい可愛いな。
悪いけどうちの娘が世界一かわいい。


姉夫婦は大喜びし、嫁が娘と退院してきたときには、甥っ子たちを連れて
迎えに来てくれた。ただ、俺はまだ両親が嫁に言ったことしたことを覚えてたから
あの人たちには会わせたくない、両親には知らせるなと口止めした。


そしたら義兄に外に連れ出されて、えり首つかまれた。

おまえの気持ちはわかる、俺でも腹を立てたと思う。
でも親は親なんだからもう許してやれ、孫の顔見せてやれって。


大人しい人だと思ってたのに、えらい腕力強くて意外だったな。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2011/01/29(土) 12:56:56

嫁もやはりお義父さんお義母さんにお孫さんを見せてあげたいと言うので、
義兄が仲立ちをしてくれて、この正月、俺は嫁と子供を連れて実家に行った。


義兄の言うこともわかるが、俺はまだ両親を許す気にはなれず、もしあいつらが
また嫁を傷つけるような事を言いやがったらただではおかない、と半戦闘モードだった。


実家のあの座敷に通され、姉夫婦と一緒に、
ちょっと年をとって小さくなった両親と対面した。


俺がお久しぶりです、ちゃんと働いて、この人と暮らして、娘が生まれました、と
話したとたん、両親がぼろぼろ泣きはじめた。あの頑固な親父が畳につくほど頭を下げて
おまえにも嫁子さんにも本当にすまないことをした、許してくれ許してくれと泣いていた。
お袋もハンカチで顔を覆ってわんわん泣いていた。


それでもう許すとか許さないとかどうでもよくなったね。
俺は泣いている両親の肩を抱いて、もういいからと泣いた。


俺はともかく嫁がどう思うかが心配だったけど、
両親はその後、嫁が恐縮するほど嫁にも謝ってくれた。


それでまあ両親とは和解できた。
嫁とも話したけど、二人とも昔の人だから、何かきっかけがないと自分たちから
息子たちに歩み寄ろうとはなかなかできなかったんだろうな。


両親と義兄からは実家の会社で働かないかとと誘われたが、
今の会社が好きだし恩義も愛着もあるんでお断りした。


あと親父もお袋も、孫娘の可愛さにはデレンデレンだった。
さすが俺の娘だぜ。


それから嫁といろいろ話し合って、今週の水曜、
会社を半日休んで三人で区役所に行き、正式に籍を入れてきた。


三十路同士、しかも子供連れなんで結婚式だの披露宴だのはしないが、
これでちゃんと夫婦というか家族だ。


[コピペ]泣ける

630:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/01/03(月) 02:16:26

育ててくれた兄貴が正月に結婚したんだ。
兄貴といっても血は繋がって無いけれど。


自分が5歳の時に親父が死んでから母親が女手一人で育ててくれた。
親父と結婚する時に双方の親から反対されて縁を切られているから
親族に頼れる人もいなかったし二人で暮らしてた。


で、自分が13歳の時に母親が再婚したんだ。
相手にはその時23歳になる息子がいて、
その息子はもう独立していたから顔を合わせる事なんか滅多に無くて、
家族になったという感覚は皆無だったな。


で、再婚して1年たたないうちに両親二人が旅行中に車の事故で死んだんだ。

一人で家に取り残された中学生の自分は警察の話もマトモに
取り合えない位パニックになってたんだけれども、
独立して遠くに住んでいた兄が急いで飛んできて葬式の準備やら何やら色々やってくれた。
葬式では母親側の参列者が全くいなかった事を今でも覚えてる。


葬式の後、「お前、ウチに住め。中学もこっちに通え」って言ってくれて。
兄貴には同棲している彼女がいて気まずかったり気恥ずかしかったりしたけれど、
その彼女も本当に優しくて、二人には大学まで行かせてもらった。


631:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/01/03(月) 02:17:44

それで、去年の内定式の後、
兄貴と二人で近所の居酒屋で飲んだ時に卒業したら家を出ていくという話をしたら、


「お前がいるせいでアイツ(彼女)と如何わしい事が
全然出来なかったんだぞ!もっと早く出て行って欲しかったわ」


と頭を叩かれたと思ったら急にボロボロ泣き出して、

「家族を亡くして一人きりで今まで寂しかったろう?
辛い思いもしただろうに、よく頑張ったな」


って頭を撫でてきて。
自分も号泣ですよ。
店員は引いてたけれど。


で、クリスマスに兄貴と彼女と自分で家で食卓を囲んでいる時に、

兄貴「こいつももう卒業だ。今まで本当に苦労かけたな。
でも申し訳無いがこれからも苦労に付き合ってくれ、出来ればずっと。結婚しよう」


彼女「ばか・・・良いわよ、当たり前じゃない」

自分「今まで本当にありがとうございました」

その後三人で泣いて泣いて。

そんでもって正月に婚姻届を提出してた。

あまりに嬉しかったから書いてみたかっただけ!
明日母さんの墓前に報告に行く!ひゃっほい!


よし寝る。

[コピペ]泣ける

88 :水先案名無い人 投稿日:05/01/31(月) 03:09:37

敦生君の母孝子さんが車を運転中、事故に遭ったのは敦生君が
生後8カ月のころ。顔がまひし、手でソファをたたくぐらいしか
意思を伝える方法がなくなった。
昨春、入学した敦生君は、友達につばをかける「問題児」だった。
担任の佐藤住子教諭(57)が家庭訪問すると、口からだ液を流す
孝子さんの姿があった。「お母さんのまねをしていただけなんだ」
そう思った佐藤教諭が「お母さんは後遺症と必死で闘っている」
と言い聞かせると、問題行動はすぐに消えた。
佐藤教諭は昨年5月、授業でコンクールの課題図書「しゅくだい」
(宗正美子さん原案、いもとようこさん文・絵、岩崎書店)を読み
聞かせた。
「しゅくだい」はモグラの「もぐ」が主人公。学校で「だっこして
もらうこと」が宿題として出されたが、母親は妹の世話で忙しく、
構ってもらえない。遠慮して言い出せなかった「もぐ」が母親に
宿題のことをきかれ、事情を知った家族がみんなで「もぐ」を抱き
しめるという作品だ。
佐藤教諭は作品にならって「だっこ」を宿題に出した。敦生君を意識
したわけではなかったが「ママは僕をだっこできるかな」ともじもじ
する敦生君に気付いた。「あっくんはきっとママにだっこしてもらう
と思うよ」と言うと、敦生君はうれしそうに跳びはねて家に帰ったという。
言葉を話せない孝子さんは子供をしかる時、つめでソファを引っかいて
表現する。家に帰った敦生君が孝子さんのひざにそっと乗った時、
孝子さんはソファを引っかかなかった。敦生君は「ママ、ちょっと
笑った。ぼくはいっぱい笑った。ママって温かいと思った」と振り返る。
孝子さんはそれからリハビリに熱が入り、人に支えられながらも歩く
足取りがしっかりしてきたという。

94 :水先案名無い人 投稿日:05/01/31(月) 13:14:07

山内君の感想文全文
「しゅくだいは、だっこです」とせんせいがいいました。
「もぐは、おかあさんやおとうさんにだっこされて、とっても気もちよさそうです」と
ひらりちゃんがいったあとにです。
「ママは、ぼくをだっこできるだろうか」。ぼくは、すこししんばいになってきました。
せんせいが、ぼくにいいました。「あっくんは、ママにだっこしてもらうんでしよ」
「ママにだっこしてもらうと、ぼくのあたまは、よだれでべちょべちょになるよ」と
ぼくがふざけていうと、せんせいは、「ママが一ばんすきなあっくんは、きっとママに
だっこしてもらうとおもうよ」といいました。ぼくもこころのなかで、「しゅくだいのだっこは
ママだけ」とおもっていたので、「せんせい、ピンポーン、大あたり」とさけんで
いました。
ぼくのママは、ぼくがうまれて八カ月のとき、ぼくとぼくのおにいちゃんをのせて、
うんてんしていて、こうつうじこにあって、ママだけからだがうごかなくなったのです。
このごろ、おばあちゃんにつかまってすこしあるけるようになってきたのです。
ママは、ぼくたちのはなしをきくことはできますが、はなすことはできません。
ママのうれしいことは、ぼくとおにいちゃんが、ほめられるときです。
にこにこがおをします。かなしいときやおこったときは、ソファーをつめできずつけます。
また、こうつうじこであたまもうったので、口からよだれをたらします。ぼくは、
ママのよだれがきたないとおもったことはありません。
ぼくは、ママにだっこされたことがなかったので、一回だけでいいからだっこして
ほしかったのです。でも、一年生にもなってママにだっこしてなんて、
はずかしかったのです。
しゅくだいが、だっこでよかった。


[コピペ]泣ける

159:名無しさん@十一周年 投稿日:2010/11/08(月) 00:39:10

この前、一人娘が嫁に行った。
目に入れても痛くないと断言できる一人娘が嫁に行った。
結婚式で「お父さん、今までありがとう。大好きです」といわれた。
相手側の親もいたし、嫁の旦那もいた。
何より笑顔で送ってやりたいと思ってた。
だから俺は泣かなかった。
涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けないと思った。


しわくちゃの顔で俺を見て泣いた娘。
立とうとして転んで泣いた娘。
背中よりもでっかいランドセル背負ってカメラの画面いっぱいに笑顔を見せた娘。
手が隠れるぐらいの制服に身を包んだ娘。
お父さんのと一緒に洗わないでと嫁に怒鳴った娘。
嫁がこの世を離れたとき、病室の窓ガラスがビリビリ言うくらい泣いた娘。
三回に一回美味しい料理を作ってくれた娘。(今は三回が三回とも美味しい。断言する。)
頬を染めて、でも緊張しながら男(現旦那)をつれてきた娘。
大好きです。といって、笑い泣きしてる娘。


嫁ににて笑顔の似合う娘が嫁に行ったよ。
娘のウェディングドレス綺麗だったよ。
若い頃の嫁にそっくりだったよ。
俺も娘も元気にやってるから心配するなよ。