新サイト(はてなブログ)

わたしはにさいのころにおやがりこんした

87 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 2009/12/02(水) 08:49:11

ことしこどもがうまれた。
まつげのながい、かわいいおんなのこ。
だんなやだんなのしんせき、ぎりのりょうしんたち、
おじいちゃん。みんなとってもよろこんだ。


はつまご&はつひまごふぃーばーであいどるじょうたいのわがこだけど、
ひとたびいえにかえればあいどるでもなんでもない、ふつうのあかちゃん。
だけど、とってもかわいい。

わたしはにさいのころにおやがりこんした。
ははおやはしんけんをとったものの、そだてられるわけもなく
じぶんのりょうしんにわたしをまるなげ。


それからようちえんにはいるまで、ははおやはあらわれなかった。
そふぼはやさしくきびしくそだててくれ、なんとかいまのわたしがある。


しばらくしてははおやにひきとられ、ぎゃくたいのまいにち。
からだもこころもきずだらけ。


にげるようにとおいだいがくへいき、しゅうしょくし、いまのだんなとであった。
けっこんするきなんてさらさらなかったし、あいてにもそれをりょうしょうずみだった。


あるひ、せいりがこなくてびょういんにいったらにかげつ。
ひにんはきっちりしていたのに、とおもいつつだんなにはなしたら、わざとひにんさなかったらしい。


それからわたしのははおや、いままでのこと、ぜんぶはなして「けっこんはむり」とつげた。
それでもだんなはゆずらなかった。


うちのははおやのどくおやぐあいをじっさいにたいけんさせたが、だんなのいしはかたい。
だんなのりょうしんにも はくとこはいて、とうぜんはんたいされるとおもったのに、
ぎゃくにようじょにされた。


うよきょくせつあり、こどもがうまれ、
たまにははおやとおなじことをしてしまうんじゃ、とおもうことがある。


だけど、かこをおもいたすたび「あんなこと、わがこにできるわけがない」ともおもう。
いずれからだにのこるきずあとをきかれるだろうけど、うまくごまかそうとおもっている。


きょうもうちのこは おばあちゃんにあそんでもらって、きゃっきゃっとよろこんでいる。
わたしのおかあさんはいま、このひとだ。