/* THKアクセス解析 */

自己啓発セミナーの恐怖 – 洗脳体験

2008/06/15ネタ

自己啓発セミナーの事を nniさんが書いていたので記事を書いてみることにしました。

先日、こんな記事を見つけ、
X JAPANのTOSHI(42)が新バンド「TOSHI with T-EARTH」を結成することを発表

ここにもエコが!(笑

と笑ってたんですが、

エックスJAPANのTOSHI関連の会社が提訴され、マインドコントロールの違法性が認められた初めての判決が下されたんだそうです。知りませんでした。
この会社が悪質すぎたのでしょうか?弁護士が有能だったのでしょうか?その辺はわかりませんが、被害者の方や、保護された子供たちにとって本当によかったと思います。

そんな自己啓発セミナーについてちょっとまとめてみました。

詳細は以下より

僕自身高校生のときに読んだ本「洗脳体験」(もう絶版になってますね)が衝撃的でした。これは著者が実際に、執筆目的なのを隠してセミナーに参加した体験を本にしたものでした。手元にはもうこの本はないので記憶を辿るしかないのですが、

セミナーによる「洗脳」とは簡単に言うと

疑問を感じて帰ろうとする

トレーナー「セミナー中は外には行けませんよ」

トレーナー「アンタって本当にアレですね!」
トレーナー「アンタ、この中でも一番アレですよ!」
トレーナー「アンタ生きていく資格ないですよ!」
みんな「アナタが一番生理的に受け付けません」

泣く

逃げたくなる

しかしまわりこまれてしまった!

眠い。頭痛がする。

トレーナー「眠ってるヒマはないんですよ」
トレーナー「アンタは大体アレ(略」

なんだかどうでもよくなってきた。

3日後

トレーナー「よく頑張ったね」
みんな「アンタは本当に成長したよ(涙」
トレーナー「アンタはサイコウだよ(涙」

ありがとう!ありがとう!

 
 
 
号泣
 
 

セミナーサイコウ!イヤッホゥー!

トレーナー「第二ステップ、進むよね?300万かかるけど!(ニヤケながら」

え?ちょっとそんなお金ないっす

みんな「やっぱりアンタはアレな人なんだ」
トレーナー「借金してでも参加するのがフツー」

ええと、ちょっと考えさせてk

みんな「何度考えても同じじゃないか(怒」
みんな「一緒に頑張りましょうよ!(怒」
トレーナー「ハイというまで帰さねえよ!バカ!(怒」

無人くん

オワタ\(^o^)/

超テキトーに書きましたが、セミナーの恐怖とは、

「軟禁状態による外部との遮断」
「自己の弱点の追求、ストレスの享受」
「集団による怒涛のゆさぶり」
「極度のストレスと極度の睡眠不足による判断力の低下」
「判断力低下状態での代替案(洗脳案)の提供」
「壮大な幸福感を伴ったエンディング」

だと僕は思っています。「セミナーサイコウ!」状態にいかに持っていくかがカギです。これらを基本に枝葉をつけ、最終的には

「気づかないうちに金を払うのが当たり前になっている」
「金ヅルを見つけてくる、勧誘をしなくてはならない」

状態になると晴れて洗脳成功となるようです。この「勧誘」がセミナーの最も特徴的なところで、

自ら営業をしてくれる金ヅル

を自動生産してくれるのです。オーナーは笑いが止まりませんよね。
勿論、金銭を要求される(意味のない商品の購入)に疑問を持った場合は最初に戻るという無間地獄ループが待っています。実にコワイです。

以下引用

洗脳の手法(自己啓発セミナーとの関連)(y-matsui::Weblog)から引用

洗脳は

1.軟禁(というか監禁)状態において外部と情報を制限、
 発言させない、動きを制限する、一方的に自分のマイナス面を言わせる
 等を繰り返してストレスを与えつづける。

2.ストレスフルな状態を続けさせられると、
 人間はとりあえずその状態から逃げたいという欲求がどんどん大きくなり、
 やがてまともな判断が出来ない状態になっていく。

3.その状態で、いきなり何かを教える、と同時に、ストレス原因を取り除く。
こうすると3.で教えられた事がストレスの解消と結び付けられ、
まるでそれが原因でストレスが解消されたかの様に思ってしまう。

 
 

繰り返し刷り込まれた教義(簡単なフレーズ)
「あなたの人生で起こったことは、あなたの選択の結果だ」です。

このフレーズは非常に重要かつ危険です。ストレスの原因は、この「自分に起こることの選択がすべて自分の選択の結果だ」という“重圧感”なんだと思います。
次のような畳み込みもありました。

「外部に原因を求めるのは、自分の欠乏のせいだ」です。
上記2点のフレーズは、外部への批判、抵抗を内部から消しこむための、巧妙な言い方だと思います。

一度興味本位でセミナー生になってしまうが最後、こうなってしまうのでしょうか?それとも人それぞれなんでしょうか?実際に参加した事がないため僕にはわかりません。

しかし、日常生活に支障を来たす程の重い悩みがなければ、殆どの場合このようなセミナーには参加しませんから、最初から相手には弱みを熟知されているわけです。心理学をちゃんと学んだ人なら、様々な方法とその繰り返し作業で意外と簡単に相手の心に入り込むことができるんだそうです。

スキマ産業とは良く言ったもので、文字通り「心のスキマ」に入り込み、がっつり利益(?)を得る自己啓発セミナー、恐るべしです。

会社でその手のセミナーを受講させられる場合もあるかと思いますが、そのセミナーが良いか悪いかの判断は非常に難しいです。「ワタシ参加しません」なんて事はサラリーマンとして絶対言えないでしょうから、せめてくれぐれも気をつけて参加されてたほうがいいと思います。

最後になりますが、上の文章は個人的に僕が感じたことですので、全てのセミナーがそうだ、とは限らない、そして僕自身間が曖昧な事を書いている可能性が大、な為自己責任で判断されて下さい。

つうか良い自己開発セミナーも存在するんだろうな、とは思いますが、こういう類のものばかり話題に上るので、仕方無いですよね・・・

自己啓発セミナー関連

興味のある方は参考webサイトを羅列しときますので、是非読んでみて下さい。
Web clip 08/6/13 (nni’s blog)
 今回のネタ元。ページ中ほどに、例のTOSHI判決について書いてあります。

自己啓発セミナー(Wikipedia)
 分からないことはまずウィキで。だいたい中立的な事が書いてあります。

Saki’s Homepage -自己啓発セミナーを暴露しちゃるっ!-
 セミナー関連だと超老舗のここ。メインのルポは涙なしには読めません。

自己啓発セミナー対策ガイド
 膨大な資料と体験談が掲載されています

社員研修と自己啓発セミナーの危険性について(y-matsui::Weblog)
 社員研修だとしても行きたくないですよね。matsuiさんの社員研修という名のセミナー体験は壮絶です。

 絶版になっているものの、マーケットプレイスで1円で販売されています。人に貸したまま紛失してしまいましたが強烈な内容でした。

ネタ

Posted by ayu