新サイト(はてなブログ)

「サマーウォーズ」が激しく面白かった件

summerwars.jpg 長崎出張の合間に話題の「サマーウォーズ」を観てきました!
久しぶりの映画館体験はサイコウでした。細田監督ホントスゲエです。
まだ観てない方は是非是非劇場に足を運ぶことをオススメしますよ。
サマーウォーズ・劇場用特報

詳細は以下より!


あらすじ

高校2年の夏休み、天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、憧れの先輩、夏希にアルバイトを頼まれる。二人が辿りついた先は、長野にある彼女の田舎。そこにいたのは総勢27人の大家族。夏希の曾祖母・栄は、室町時代から続く戦国一家・陣内(じんのうち)家の当主であり、一族を束ねる大黒柱だ。
栄の誕生日を祝うために集った、個性豊かな「ご親戚」の面々。そこで健二は突然、夏希から「フィアンセのフリをして」と頼まれてしまう。
栄のためにと強引に頼み込まれ、数日間の滞在をすることになった健二。賑やかな親戚の面々に気圧されながら、必死に「フィアンセ」の大役を果たそうと奮闘するのだった。
そしてその夜、彼の携帯に謎の数字が連なったメールが届く。数学が得意な健二はその解読に夢中になるのだが…
翌朝、世界は大きく一変していた。健二を騙る何者かが、世界を混乱に陥れていたのだ。
「私たち一家でカタをつけるよ!」
栄の号令のもと、健二と夏希、そして陣内家の面々が、一致団結して世界の危機に立ち向かう!

サマーウォーズ、観てきた

どこにでもあるような、どこかちょっとわくわくする設定。でも別に劇場に足を運ぶまでもないか、とさえ思わせる地味な雰囲気。しかし見始めるとそんな気分はどこかに行ってしまいます。
物語序盤、主人公の健二が無理やり連れて来られた陣内家での大勢の親せき達との会食シーンがもう圧巻でした。
出世作「時をかける少女」でも思いましたが、各々のキャラのが激しく「生きてるみたい」に見えるのです。それも何十人もの親せき達それぞれが生き生きと、そしてバラバラに動く様は感動でした。
そして、物語のキモである、インターネット上の架空世界「OZ」で事件が起こっていきます。
こちらはフルCGで描かれていて、色々なユーザインターフェースがこれ見よがしに迫ってきて、これはこれで凄いのですが、観ているうちに物語上の現実世界であるセル画のアニメが実写のように観えてくるから不思議でした。
ウィークエンドシャッフルでのインタビューでもあったとおり、
・絵なのに人がそこにいるように見えるように描きたかった
・大家族の人間模様をポジティブに描きたかった
・フツーの人が世界を救うハナシにしたかった
・誰もが楽しめるサービスの限りを尽くしたアクション映画
は、大成功していると思います。
「OZ」の世界は観る前に予習していた、「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム」そのまんまだったのは笑ってしまいましたが、絶賛失速中のセカンドライフ的な世界観もなんだか間抜けなカンジがして良かったです。そこで繰り広げられるアクションシーンも圧巻でした。
とはいえ、なによりもおばあちゃんを中心とする大家族と主人公であるケンジのキャラクターの魅力に尽きると思います。
別に戦いに勝とうが、アクションが凄かろうが、もっと言えば「世界を救う」という物語も、この映画を語るにあたっては、飾りに過ぎないとさえ思いました。何気ないシーンにこそ見所がありました。これ以上ないくらいディティールにこだわりまくって製作した苦労あってのことかと。
あと、観る前に必ず必要なこと、それは
花札を覚えておくこと。
より楽しめると思います。
それにしても、素晴らしかった。誰でも楽しめる怒涛のエンターテイメント作品、サービス精神満載の作品でした。終わった後、「もう一度観たい」と思わせた映画は久しぶりでした。
映画「サマーウォーズ」公式サイト
「サマーウォーズ」劇場版予告

なんとオープニングシーンがまるまる公開されています。
「サマーウォーズ」 本編オープニング(5分バージョン)

余談ですがこの細田監督はジブリの採用試験を受けたことも、そして実際にハウルの監督に選出されたこともあるようなのです。
細田守 – Wikipediaより引用
スタジオジブリの研修生採用試験を受けた際に、宮崎駿から「君のような人間を(ジブリに)入れると、かえって君の才能を削ぐと考えて、入れるのをやめた」と書いた手紙を貰ったが、「雑用係でもいいから入れてください」とジブリに電話をすると「今回の試験で宮崎さんが手紙を出したのは、全受験者中二人しかいない。その一人が君で、これは光栄なことだから、おとなしく諦めなさい」と言われた

次代を担う若手監督を探していた宮崎駿により『ハウルの動く城』の監督に選ばれて、スタジオジブリに出向。2002年頃まで制作に関わっていたものと思われる。しかし細田版『ハウルの動く城』は制作途中で諸事情により製作中止となった。
フツーに凄いじゃないですか!
そして、僕が劇場に足を運ぶきっかけとなった、タマフルでの宇多丸さんによる細田監督インタビューも。
サタデーナイトラボ「細田監督・生ゲスト!」【前編】 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)
サタデーナイトラボ「細田監督・生ゲスト!」【後編】 (ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル)
 超濃厚な細田監督のトークを聴けます。必聴!
「サマーウォーズ」細田守監督メッセージムービー

「同じことばっかりやってて、面白い?」細田守が"家族肯定"に挑んだ理由(日刊サイゾー)
出世作「時をかける少女」も激しくオススメです。
時をかける少女 通常版 [DVD]
時をかける少女 [Blu-ray]

映画

Posted by ayu