新サイト(はてなブログ)

体が弱いA君

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします(宮城県)[] :2008/09/13(土) 23:38:00

中学のとき、体が弱いA君ってのがいてさ。
まあ普通に授業とかは受けられるし普段は元気なんだけど、体育とかあんまり参加できなくて、ちょくちょく入院してた。
馬鹿だった俺は純粋に「学校休めて良いなー」みたいな、そんな感じで、あんま関わったこと無かった。
でも中3の夏休み、塾の夏期講習の帰り道でA君と出会って、話のノリでA君の家に遊びに行った。
2人でゲームしたり、受験の話したり、好きな子の話とかしたりして、夏休みからかなり仲良くなった。

それで冬になって、丁度今みたいな受験シーズン。
俺は普通の高校だったけど、Aは県でトップの難関校志望だった。
なんかしてやりたいって思って、俺男の癖に裁縫得意だからフェルトでお守り作ったんだ。
受験日前日にお守りあげたら、A、号泣ww
「ありがとう、ありがとう…頑張るよ」ってずっと言ってて、何故か俺も涙目だったww

んで合格発表の日。
見事俺もAも合格!
2人で抱き合って泣きながら笑った。
Aが合格したことが本当に嬉しかった。

一通り行事も終わり、残るは卒業式って頃に、お約束のタイムカプセル皆で埋めた。
俺のクラスはかなり自由で、食い物以外は何でも入れてOK。
俺は適当にZARDのCDとか入れてたww

んで、中学の友達とも疎遠になっていた4年前の成人式。
中学の同窓会も兼ねてたんだけど、学年の3分の2位しか来なくて、Aも来てなかった。
飲み食いした後にタイムカプセル開封。

自分の分開けたりして一通り盛り上がった後に、Aの分見つけた。
見るつもりは無かったんだけど、その中に俺宛の手紙があった。
中を読んで愕然とした。

「お久しぶりです、20歳の俺くん。
この手紙を読んでる頃には、僕はもういないでしょう。もし生きていたら、これを君に読まれる前にこっそり隠しているからね。
(中略)
友達が居なかった僕と、一緒にゲームをしてくれてありがとう。
対戦モード、CP相手以外やったこと無かったから。凄く嬉しかった。
この前(と言っても今の俺くんにとってはずっと前)、「卒業してもまた遊ぼうぜ」って言ってくれてありがとう。でもごめんなさい、その約束、果たせなかったよ。
そして、お守り。
あのお守りが合格させてくれた、絶対そうだよ。
ちゃんとしたお礼がしたいと思ってたんだけど、できなかった。
だから、この手紙を読んで家に帰った後、空に向かって僕の名前を叫んでみて。
何か落とすから。楽しみにしててね!

それではさようなら。
俺くんの親友、Aより」

Aが亡くなったことは皆も知らなかったみたいで、俺は盛り上がってた会場抜けて家まで走った。
もう死ぬ気で。

家着いたらベランダまで登って、近所迷惑くらいな大きな声で叫んだ。
「Aーーーッ!」って。
5分くらいずっと叫んでたんだけど、何も変化ナシ。
途中から泣けてきて、声も出なくなった頃。

柵にかけてた手に、白い物体。

雪だった。

そのまま降り続け、かなり積もるまで俺ずっとベランダで体育座りで号泣。
雪が暖かかった。

まあ、こんなとこです。
感動出来なかったらごめんなさい。
でもこれは本当に起こったことで、俺の中では今でも大切な思い出です。

ありがとう。
感謝するのはこっちの方じゃないか。
ありがとう。ありがとう。