移転に伴うレンタルサーバについての考察

サーバ移転が完了しました。移転先(04/10/12現在)は
■さくらインターネット
料金はプレミアムプランで月1500円。そして
ディスク容量がなんと3GB!!
今度のサーバは今までで一番レスポンスが良いと自分では感じています。過去を振り返ると、アクセス数の増加やモロモロの理由で、沢山のレンタルサーバを転々としてきました。
ここで、今までの経緯をまとめてみようと思います。実体験に基づくレンタルサーバの実情ってどこのサイトを見てもあまりないですよね。


~100hit時代

ドメイン(crossbreed.jp)を取って一日100hit行くまでの道のりがかなり長かったように感じます。readmeに登録したり、日記才人に登録したり、今ではもうちょっとサムい、~同盟に加入して訪問者を増やす事ばっかり考えてました。
この時加入していたのがfc2web
月15$で転送量1GB。
サポートは悪くなかった印象はあります。コントロールパネルも使いやすかったです。
が、転送量1GBは結構厳しいものがあります。
今はどうかわかりませんが、当時は頻繁にサーバダウンがあったような気がします。で、移転。

400~1500hit時代

コンスタントに一日100hitのアクセスがあると、それからアクセスが伸びるのは結構早かったのを記憶しています。
トップページに日記を置き始めたのがこの頃です。まだフレームを使ったレイアウトでした。
赤文字を使い始めたのもこの頃でしょうか?
日常のつまんない日記(今日は仕事が忙しくて疲れました、というような)をすっぱり止めたのもこの頃です。
それを止めた頃からアクセスが徐々に伸びてきました。
移転したのは某所で悪名高いjoes web hosting。料金は
月1500円で転送量30GB、600MB(当時は転送量20GB、300MBでした)
コントロールパネル、その他の機能が充実、レスポンスも普段は安定しており、結構満足していました。ここに一年位加入していたと思います。
movabletypeにリニューアルした後、某ニュースサイトに紹介されたのを皮切りにアクセスが一気に急上昇しました。人目に触れるというのがいかに大切かがこの時わかりました。
一日1500hit。
「一日100人のヒトが見に来てくれるのが夢です」なんて言ってたのが懐かしい。
アクセスが瞬間的に増えた事により、サーバから注意を受ける事もしばしばあるようになりました。でもmovabletypeは静的生成な為、そんなに負荷はかからないはず。とタカをくくっていました。
原因はlilbox、というgoogle adsenseの代替広告のスクリプトが重すぎた為でした。
mysqlがずっとトラッフィックを占有している、ということで、すぐに「lilbox」のスクリプトをはずすも、サーバから勧告が。
「アナタとの契約は来月で打ち切らせて頂きます。」
・゚・(ノД‘)ノ・゚・。

2000hit時代

徐々に成長を続けるクロスブリード。次なるサーバはxserver。転送量無制限が売りの心強いサーバだ。
300MB 1050円/月、転送量無料
しかし、この「転送量無制限」に落とし穴があった。入会して一ヶ月くらい経った頃、サポセンからメールがあった。
「アナタのサイトが著しくサーバに負担をかけています。現在アカウントを凍結しています」
勝手に凍結させやがった(怒
至急メールをし、復旧してもらい、原因を聞いた。復旧には丸1日かかった(泣
「サーバの負荷は元より、転送量が20Gを超えており、当社としてはアナタと契約するのはご遠慮させて頂きたいです。」
は?転送量無制限という謳い文句は?
やむなく、xreaと即契約、アクセス解析と、リンク元ランキングのスクリプトと、大きめなファイル(rmとか)をそちらに置くことに。
様子見で3ヶ月契約が近づいた頃、また追い出されるハメに(泣
「当社として、やはりアナタとの契約はこれ以上はムリと判断しました。」
・゚・(ノД‘)ノ・゚・。

5000hit時代

この頃から結構ヘタな事が書けなくなってくる。「更新マダー」の怒りメールが来るようになる。嫌がらせメールも。そんなプレッシャーの中、楽しみにしてますのメールやコメントと、徐々に伸びていくアクセス数だけを糧に更新を続ける。
次なるサーバはebrain21。ゲームCGIオッケー、チャットCGIオッケーというかなり強固なサーバらしい。加入したのはブロードバンドタイプの
月1500円、500MB、転送量2.5GB/一日
という素晴らしい内容。前回転送量無制限に思いっきり騙されたので転送量は制限付を選択、mysqlもcgiも使えるということで即加入するも、
movabletypeが全く動かない罠が
サーバ管理者があんまり良くわかっていないのか、movabletype動作例が今までなかったのか、アパッチの設定がヘボいのと、モジュール関係が全く入っていなかったのとで、MTが全く動きませんでした。一週間かけてやっと動いた現在はこのサーバも動く環境にあると思いますが、ここのサーバー屋の姿勢は全くダメダメでしたね。
「わからないのでちょっと待ってください」
なんて管理者の言う事か!(怒
そして、仕方ないのでガマンするかと使っていても、どうにもレスポンスが悪い。今までで一番レスポンスが悪いサーバでした。
そんなとき、サポセンからメールが。
1.現在のご契約は、10月24日までとなっておりますが、サービス持続が難しい状況であるため、2ヶ月分のサービス利用料金の返金させていただいて、現在のご契約を解約させていただきます。
(原則的に途中解約は認めませんが、サービス維持が不可能なため、例外とします)
2.弊社の他サービスのエクスプレスタイプCプラン(データベースが提供される最低プラン)にサイトを移動して現在のご契約が終了するまでサイトを維持します。
*差額3800円(2か月分)はお支払い下さい。移転費用は請求しません。
**契約終了後の延長はできません。お客様のサイトの負荷に適したサービスへの移転を考慮してください。
こんなバカげたハナシがあるでしょうか?
初期費3000円返せよ!(怒
動いているスクリプトはmovabletypeと、アクセスカウンタのみですよ。cgiが動作するのはエントリの投稿と、皆さんから頂くコメントのときだけですよ。これはいくらなんでもヒドいと思いました。しかも動作の遅さは過去最低だし。

6000hit時代(現在)

ホントにここまで成長できたのも、いつも足を運んでくれる皆さんのおかげだと思っております(泣
通算130万hitは自分でも奇跡だと思っています。なんだか不思議です。
多分もうこれ以上一日のアクセスが伸びる事はないんじゃないかと自分では思っています。readme等のランキングサイトを見ても、上は鬼のように毎日更新しているサイトや、何かに特化したサイトばかり。
ウチみたいな気まぐれ更新なスタンスのサイトではこれ以上の発展は望めないかと。とりあえず、今の現状を維持すべく頑張っていこうと思う次第ですよ。
ということで移転先のサーバは個人用レンタルサーバでは最強と噂される、「さくらインターネット
とりあえず、レスポンスは上々。コントロールパネルの使い勝手もなかなか。後はしばらく使いつづけてどうなのかを見ていこうと思っています。
その他に利用した事があるレンタルサーバを書いてみます。

.mac

■Apple .Mac
至上最低と言われる.mac(ドットマック)。アップルオフィシャルのwebスペース兼mac.comのメールサービス。
250MB(最近拡張されたようです)で年間13440円で、cgi利用不可、iblogという今ではあんまり利用者がいないブログサービスが有料で用意されているという、
mac.comのメールが欲しいアップル信者の為のサービス
となっています。信者ではないですが、何故か僕はこれに入っており、250MBの領域を自由に使っています。実は、この領域こそ、.macの素晴らしい所なのです。さすがアップルとでもいいましょうか、どんなにサーバ外からのアクセスが増えても殆ど文句を言われません。こういう使い方を奨励してるから仕方ないですね。そして結構回線太いです。他サービスと比べて低機能な割りに高めの料金をとるだけはありますね。

XREA

■XREA.COM
「サポート無し、故に低価格」を実践しているXREA。ここにもサーバ借りてます。上に書いた通り、アクセス解析と、リンク元ランキングはここに設置しています。
重たいスクリプトは途中で落ちてしまう、というリスクは伴いますが、概ねレスポンスは良好です。
年間2400円、500MB、転送量1GB/日
MTも勿論設置できますが、パーミッションの問題や、MYSQLの扱いにくさ等、movabletype設置に関しては、
素人にはオススメできない
仕様となっています。とにかく安いので、設置に自信のある方にはオススメです。

ロリポップ

■ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!
嫁サイトに使ってます。ここも安いです。
200MBで、月250円
ここのせいでレンタルサーバは価格破壊が起こったと言っても過言ではありません。
コントロールパネルの貧弱さと、レスポンスの悪さは否めませんが、初めてレンタルサーバを借りるならここが一番なのかもしれません。

まとめ

レンタルサーバを選択するのって難しいですよね。特に、1500円だと並みのレンタルサーバであることが殆どなので、転送量云々言われてしまう。で、もう少し高いサービスに入ろうとすると、これがなかなか手ごろなのがない。2500円位は払ってもいいかな?と思っていたのですが、需要が少ないのか、全然見つからない。2500円と言えば、ロリポップの10倍ですよ。10倍の利用に耐えられるサーバってないもんなんですかね?あっても誰も教えてくれないんだろうなあ。
要は価格と機能の折り合いなんですが、機能に関しては、今日びのレンタルサーバ、
独自cgi、php、mysql、pop3メール、容量300MB以上
はデフォルトなんではないでしょうか?
上に書いたサポートセンターの悪さはもうどうしようもないです。サポセンの良し悪しでレンタルサーバを決めてもいいかもしれません。電話で問合せができる所ならなおいいですね。
経験から言うと、結果的に決別してしまったjoes~は結構サポートのレスも早くて好感度は高かったです。各所で叩かれてますが。
以上、やっぱり長くなってしまいましたね。

04/10/13 追記

ここを見たサイト管理者の方、ご自分が利用してるレンタルサーバの使い勝手をコメントとして残してもらえると嬉しいです。よりこのページが閲覧者にとって有効なものになると思うんです。トラックバック打てるブログな方はどんどん打って下さい(笑

関連

■さくらインターネット
■ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!

web

Posted by ayu