新サイト(はてなブログ)

最強のファイル共有(P2P)ソフト「FolderShare」

2010/11/27

foldershareロゴ 皆さん、元気にファイル交換やってますか?未だにwin○yとかwin○Xとか使ってるヒトはいるのかどうかがとても興味があるayuです皆さんこんにちは。
最近のセキュリティソフトはwin○y等がインストールされているだけで、警告を出すらしいですね。意味わかんないですね。
それはともかく、P2Pの技術というのは、違法ファイルをやりとりするだけでは激しく勿体無い技術でして、僕は大容量のファイルを特定のPC、例えば、会社のPCと自宅のPCとなどと共有したいと常々思っていました。
ファイル転送サービスは段々と高速化大容量化が進んでおり、随分使いやすくなってきたわけですが、それを上回る最強のサービスというかソフト(しかもマイクロソフト製で、尚且つwinもmacも使える!)を発見しましたので紹介したいと思いますよ。
あ、言い忘れましたが、無料です


FolderShare

■FolderShare
マイクロソフトが始めたこのサービス、実はもともとはFolder Share社という会社があったらしく、それをmicrosoftがカネにモノを言わせて買い取ったようなんです。googleが唯一手をだしてない(であろう)分野にいち早く着手した、というのが単純な感想です。まだ英語版しかないようなんですが、日本語でのサービスが始まったら件のファイル転送サービスは軒並み総崩れしてしまうんではないかと思うんです。
大容量のファイルをやりとりしたいシーンは結構やってきます。画素数が上がり、一枚当たりの写真の容量が飛躍的に肥大化したデジカメデータ等が顕著な例です。友人に写真を送りたい場合など、一度にメールで送ることが現実的にムリになってきています。動画なんかもっての他です。
例えば、512MBものメディアに一杯に入っている写真を遠隔地に住む友人に送らなくてはいけなくなった場合、アナタはどうするでしょうか?一枚一枚画像を縮小して、10MB単位程度に分けてメール転送、というのが一番メジャーな方法でしょうか。超面倒です
上記方法は専用ツールを使って割りと簡単にできる、というハナシもあります。
また、CDやDVDに焼いて、またはUSBメモリにコピーして郵送、というのも超ナンセンスですが、結構あるハナシです。
そんな事をやらなくてはいけない現状をFolderShareは見事に打破してくれます。
早速使ってみると、その便利さ、簡単さに圧倒されます。もう他の転送サービスは全く必要なくなります。ヤバいです。インターネットさえつながっていればいとも簡単にどんな容量のファイルも遠隔地に対して送信・受信できてしまうのです。
しかもちゃあんと暗号化されて、その速度もなかなかのものです。

どんなソフトなのか

簡単に言うと、「フォルダ共有ソフト」です。例をあげて見ます。最近あまり使っているヒトを見たことがない、「ブリーフケース」のインターネット版と言ってもいいかもしれません。
1.僕はc:\voodooという場所にあるフォルダの中のエロ動画をトモダチに送りたいと思います。
2.僕は早速FolderShareにログイン、上記フォルダを登録し、そのフォルダの招待先としてトモダチのメールアドレスを登録します。
3.登録されたトモダチには早速通知が来ます。通知を見たトモダチはfoldershareにログイインします。foldershareの管理画面に僕からの通知を知らせるマークがあります。勿論、そのトモダチ以外のヒトには当該フォルダを見ることはできません。
4.喜び勇んだ彼はvoodooフォルダを自分のPCのどこのフォルダと共有させるかを指定します。
5.即座に転送がスタートします。
これで完了です。なかなか上手く表現できませんが、要は自分と相手のフォルダを同期させるということですね。
これがどんなにヤバい事なのか、分かるヒトはすぐにピンと来ると思います。
要は、持ち出し先にインターネットの環境があるならば、大きなファイルをCDやDVDに焼いて持っていく、ということが今後全く必要がなくなります。
他にも利用価値は沢山あります。

FolderShareの利用例

何が出来るのか、ちょっと考えてみました。
【友人とのファイルのやりとり】
これは言うまでもありません。大きなファイルを扱うことが多いのと思われる、デザイン系のシゴトをされてる方等は特に仕事でも活躍するのではないでしょうか?win、macを問わず、納品物を一瞬にしてクライアントに送信できるメリットは計り知れません。
【バックアップとして】
同期をとる、ということはコピーを生成する、ということでもあります。もしあなたが、二台のPCを所有しているのであれば、特定のフォルダをこのソフトに登録しておくだけで自動的にバックアップを行うことが可能です。勿論、会社PC(学校PC)と自宅PCとの同期も可能です。プロキシもすんなり通りぬけます。今までの常識からするとちょっと怖い気もします。
【windowsPCとmacの共有】
win、macともに使えるという点でこのソフトは利用価値を更にあげます。
結構煩わしいwindowsOSとmacOSのLAN上のファイル共有も最初の設定だけで後は自動的に行ってくれます。結構速度は落ちますが、簡単さという点では結構使える、と僕は思うのです。
【外出先から自宅PCを覗く】
外出先で自宅のPCに入っているデータを参照したい時は結構あります(僕は)。そんな時はFolderShareに同一IDでログインすることで、自宅PCの電源が入っているのであれば、
全てのドライブが参照できます
これがどんなに凄いことか!出張先で自宅PCの中身が全て見えたときはトリハダがたちました。↓

※他人と共有する場合は特定のフォルダしか見せない、等の設定が可能です。自分のID同士でのログインのみ全てのドライブが見えるのです。問い合わせがあったので、念のため。

FolderShare まとめ

というわけで、今までではちょっとあり得ない、最強のサービスが始まっていました。ちょっとしたアイデア次第で他にも使い道はありそうです。
英語でのサービスなので、ちょっと分かりづらいところもありますが、慣れればどうってことないです。
次回、その使い方をまとめてみようと思っています。
乞うご期待!

解説編

ようやく書きました。まだ途中ですが。
■P2PソフトFolderShare解説編 第一回「インストールと設定」 (CROSSBREED!)
■P2PソフトFolderShare解説編 第2回「遠隔PCへのアクセス」

ネタ元

いつも有用なネタ、ありがとうございます。
■prepre日記

P2P関連

■Win○yの技術(amazon)
■Win○y vs Win○X―2大ファイル共有ソフトを使い分ける・使い倒す!!(amazon)
■史上最悪のウイルス「キン○マ」で神降臨 (当サイト内記事)

TOOL, webp2p, tips

Posted by ayu