新サイト(はてなブログ)

天国からの手紙

dsc01156_1.jpg

(CROSSBREED)
これは、ずっと飼ってたゴールデンレトリーバー、ユウヒの死について書いたものです。読んでやってください。


忘れもしない、僕が生まれてまだ3ヶ月の幼いころ、冬の寒い季節にキミと出会った。
住む場所が変わり、寂しくて戸惑っていた僕をキミは暖かく迎えてくれた。
寒くて泣いていた僕をゲージから出していつも布団で一緒に寝てくれたね。
キミとの毎日はホントに楽しかったよ。
平日の夜の散歩は充実していたし、週末は必ずどこかへ連れて行ってくれたね。
僕が大好きだったボールでいつまでもいつまでも時間を忘れて遊んでくれたね。
だから昼間一人で過ごすのもちっとも寂しくなんてなかったよ。
キミが帰ってくるのが楽しみで楽しみでたまらなかった。早く遊びに行きたかった。
仕事で遅くなっても、どんなに体調が悪くても、雨が降っていても、キミは毎日の散歩を、僕との会話を、休むことなく続けてくれたね。
そしてみんなで遊びに行くときも必ず僕を連れて行ってくれたね。
人気のないあの海を僕は大好きだった。大きな荷物を持って遠いところまで僕を連れて行ってくれたね。毎年行っていたあの海での様々な出来事は最高の思い出だよ。
5年もの間、僕のことを一生懸命優しく面倒見てくれたキミの笑顔は僕にとってかけがえのないものなんだ。
だからあの事故があったときにずっとずっと僕の側で泣いてくれたキミを見て僕は嬉しかったよ。
こんなにキミに愛されてるのを知って、こんな幸せなことはないと思ったよ。
目を閉じればいつでも思い出せる。
暗くなるまで一緒に泳いだ海。
一緒に頂上まで登った山。
他の犬から大怪我までして僕を守ってくれた事。
結婚式の写真も一緒に撮ってくれたね。
これだけの思い出を作ってくれたキミと別れるのはツライけど、これからもずっと、いつでも楽しかった事は思い出せるし、いつでも側にいるから。
だから、もう泣かないで。
今まで本当にありがとう。
ずっと飼ってた犬雄飛(ユウヒ)が死にました。交通事故でした。
ちょっと目を離した隙の出来事でした。僕らはぐったり倒れたユウヒを見て、信じられない気持ちと共に重い謝罪の気持ちに苛まれました。
家に連れて帰った後も、外傷が全くなかったこともあり、いつものようにベッドで寝ているみたいに思えて仕方なかったです。何度も何度もユウヒに話しかけました。
次第に固くなっていくユウヒ。どんなに残虐な映画よりも、どんなにひどい映像よりも僕らにはキツい現実でした。
いくら謝っても足りないくらいユウヒには申し訳ないことをしました。
「ペットを守る」
こんな当たり前なことが出来なかった僕らは飼い主失格なのかもしれません。5年間飼ったのは嫁K子でした。それはもう自他共に認める溺愛をユウヒに注いでいました。
雨の日も、暑い夏も、雪の降る日も、病気のときも、生後2ヶ月で飼ったユウヒと一緒に散歩に行っていました。
結婚式の前撮りの写真も3人一緒に撮ったし、新婚旅行の時も日本で待っているユウヒを思い出しては犬の写真ばかり撮ってました。
K子はよく言ってました。
「会社で嫌な事があっても、ユウヒに会うと一辺に忘れるよー。」
それは僕も一緒でした。
一緒に住み始めて一年間、どれだけユウヒの存在に助けられてきたことか!
ペットを飼ったことがある方は良く分かると思うのですが、限りない「癒し」をユウヒは僕らに与えてくれました。
後悔しても自分を責めてもユウヒは帰らないのですが、
「今までありがとう」
と一言、ユウヒに言うことにします。
先の文章は落ち込んでいる嫁K子に向けてのユウヒが書いた手紙ということで書いてみました。飼い主のエゴと思われるかもですが、その辺はご理解の程を。飼い主としての希望もここには含まれています。
次回更新からはいつものように明るくやります。いつまでも暗いのはつまんないからね。
これからもご贔屓に。

関連

その後、色々二人で話した結果、また同じゴールデンレトリバーを飼う事にしました。名前も血統も同じ・・・
今度はあんな事がないように祈って。
■新しい家族

日記,

Posted by ayu