新サイト(はてなブログ)

チョココロネ制作日記 episode1 – 作る前に必要な事

2010/10/24

コロネって実は食べた事なかったり ある日、僕のところに一本の電話があった。最近仕事中を狙って電話が良くかかってくる、チョココロネくんからだった。
なぜ、チョココロネなのか?!それについては、当サイト過去ログ、
■虚偽!voodooの呪いの代償とotto氏再出発
を参照していただけると良いかと。


チョココロネ企画

otto
「ayuさん!コロネ作らなくちゃいけなくなったよ」
ayu
「へええ」
otto
「実はハルちゃんから大変なモノが送ってきたんすよ」
ayu
「へええ」
大変なモノとは、チョココロネマシーンだった。それについてはコチラを参照のこと

otto
「・・・というわけで、来週の水曜日行きますよ」
ayu
「ホントにやるの?」
otto
「当たり前じゃないですか!マスク買っといて下さい
ayu
「マスク・・・・・」
彼はどうやらチョココロネ作りを本気で敢行するらしい。有無を言わさぬ口調で、日程まで決められてしまった。要はkodaくんのイベントへ二人で作ったチョココロネを送りつけよう、という企画なのであった。
しかしマスクを買えとはどういう了見か!

場所の確保

そうは言ったものの、ウチのボスにお伺いを立てなければならないという難題はクリア出来ていない。ヤツは少しでもちらかった部屋に人を呼ぶことを何よりも嫌う。
しかもottoくんは平日来るらしい。僕はそれとなく嫁K子に聞いてみた。

ayu
「あのさあ、来週の10日の夜、ottoくんが来るんだよね」
K子
あ?平日の夜に?次の日仕事でしょ?一体何しに?どうせまた酒を呑むんでしょ?
ayu
「(そんなに一度に聞かれても)・・・・チョココロネを・・・」
K子
「え?何?聞こえねえよ!」
ayu
「kodaくんの為にチョココロネを作るのでウチ作ろうかと・・・」
K子
「ふーん。で、そのオットっていうのは誰なの?」
ayu
「それはですね・・・」
(チョココロネくんに関する長すぎる説明の為割愛)
K子
「ふーん。よくわかったよ。バカってことは
ayu
「・・・そこでですね、我が家の素晴らしい機材達を利用しない手はないと、そういうハナシになったわけですよ。」
K子
「ウチを使うに飽き足らず、言うに事欠いてワタシのキッチンツールちゃんを使うなんて

どのクチがおっしゃってるんですか?

ayu
「・・・ええと、何卒ご配慮を」
懸命の僕の説得が続いた。オットくんがどんなに素晴らしい人間なのかもウソを並べて説明した。

K子
「・・・わかった。使ってもいいよ、でも
汚したら弁償ね★
ayu
「・・・・(泣」
そんなこんなでなんとか説得まで漕ぎ着けた。

otto氏到着

決戦の夜、我が家のチャイムが鳴った。僕は目を疑った。

otto
「こんばんは~!」



















キミハソノカッコウデバスニノッタノカ?
TO BE CONTINUED…

関連

■チョココロネ紛争の真実(タクロック.コム)
■コロネテロ計画(シェフはこんな物をたまに作る)
■episode1 – 作る前に必要な事
■episode2 – 大事なのはカタチから
■episode3 – パンは生きている
■episode4 – パンの切断・そして型抜き
■episode5 – 焼き・そして完成!
■episode6 – 最終回・発送、そしてイベント当日