新サイト(はてなブログ)

キャプテン翼の歌の歌詞「チャンバも走る♪」の意味

2019/03/13


今改めて読むと全く面白さが見出だせない名作サッカーマンガ「キャプテン翼」

日本よりも海外での評価は高く、ロナウジーニョやジダンもファンだと公言するほどです。

その懐かしのオープニング



あいつのうわさでチャンバも走る


の意味不明な歌詞が解明されたようです。別にどうでもいいですね!

詳細は以下より


そうだったのかっ! キャプテン翼の「チャンバも走る」の意味、実は解明されてた – ねとらぼより

「チャンバ」の解釈には諸説あり、80年代からの有力なものとしては「チャンバ」はポルトガル語で「記者」を指す、すなわち主人公・大空翼の名を聞けばあらゆる記者が飛んでくるとする説。または飯を「シーメー」と逆さにして呼ぶのと同じように「婆(バア)ちゃん」をいわゆる“業界用語”風に表現している――とする説がありました。

(中略)

それが明らかになったのは2009年・春のことでした。雑誌「Sportiva」6月号に作詞した吉岡治氏へのインタビューが掲載され、「バーチャンを業界用語風に言うと、チャンバ。つまり、噂を聞いたらバーチャンも元気になって走ってしまう」と明快な回答が! また同じく歌詞に出てくる「蝶々サンバ」に関しては「モハメド・アリの言葉(蝶のように舞い)」と「サッカーといえばブラジル、ブラジルといえばサンバ」をあわせた造語だと語られ、20数年を経てすっきり解決となったようです。
 
一応すっきりしましたが、なんだこりゃ感は拭えませんねw

ネタ

Posted by ayu