[コピペ]トリビア

アフリカ

70:ホトケドジョウ(catv?):2010/06/15(火) 16:55:05.89 ID:4iZujgeF

アフリカについてよく知ってる人に話を聞くか自分でボランティアとしてアフリカに行ってみれば
アフリカの問題の元凶が欧米などではないのはすぐにわかる。

アフリカで農場を作っても収穫する事はまず出来ない。
その理由は欧米なんかではなくアフリカ人の伝統的なモノの考え方にあることがわかる。

農場に作物が実ればすぐに他の部族がそこを襲撃する。
作物を守る為には戦わなければならず農業どころではなく局地的な内戦に突入する事になる。

他人のものを盗んだり力づくで奪い穫る事が伝統的に悪い事とはあまり思われていないアフリカで、
農場や工場などの事業を興すのは、生き死にの掛かった内戦を覚悟する必要がある大変な事だと
先進国の人間らはまず知る必要があるし、それを知らなければ援助などしても何の効果もないだろう。

豊かになることそれ自体が殺される原因になることをよく知ってるアフリカ人は
豊かになるなら戦う準備をしなければならない事を経験的によく知っている。

平和に経済活動ができる先進国の社会を当たり前だと思っている人間がアフリカについて勘違いしてるのが
アフリカに対する理解を遅らせている一番の原因。

< 続きます >

[コピペ]トリビア

学生運動

15:風吹けば名無し:2012/03/23(金) 01:47:47

で、学生運動ってなんだったの?w


24:風吹けば名無し:2012/03/23(金) 01:52:33

»15

当時の経済成長期の日本にあって

親の仕送りで大学に通わせてもらえたボンボンが

あたかも労働者階級を代弁しているかのように

ブルジョア批判をしつつ大学という公共の財産を閉鎖して

闘争ごっこをした日本史上有数の黒歴史のこと


28:風吹けば名無し:2012/03/23(金) 01:53:23

»24
わかりやすい非常にわかりやすい

[コピペ]トリビア

2013-06-25_0634

68:忍法帖【Lv=37,xxxPT】:2011/12/16(金) 15:45:22

正直そんな深く考えることないんじゃね?
得意料理なに?って聞かれたら
うーんじゃあ逆に好きな料理なんですか?
ってきいて、言われたのを、じゃあ練習しときますね
でいいじゃん


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 15:45:57

>>68
惚れてまうやろ!


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 15:46:47

>>68
こんなんされたら死んじゃうだろ!


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 15:47:25

>>68
1000点


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 15:48:11

>>68
これが女子力


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 15:54:48

>>68
に持って行ける女はもてる

[コピペ]トリビア

ON対決

21:名無しさん@ひじょうしき:2012年11月12日 01:02

1961 長嶋茂雄
1962 村山実
1963 長嶋茂雄
1964 王貞治
1965 王貞治
1966 長嶋茂雄
1967 王貞治
1968 長嶋茂雄
1969 王貞治
1970 王貞治
1971 長嶋茂雄
1972 堀内恒夫
1973 王貞治
1974 王貞治
1975 山本浩二
1976 王貞治
1977 王貞治

歴代MVP見てみたらON大正義過ぎて草生えた

[コピペ]トリビア

41soscfHWoL._SL500_AA300_

21: 名無しさん:2008/03/24(月) 02:58:55

《木こりのジレンマ》

あるところに新しい斧を手に入れた木こりがいた。
新しい斧の切れ味は抜群で、買った翌日、木こりは1日目に10本の木を切り倒すことができた。
それも短時間で。今まで考えられないことだった。
2日目、彼は作業時間を延長し、15本の木を切り倒した。
3日目、4日目と彼は日を追うごとに懸命に、そして遅い時間まで木を切り続けた。
ところが、日が経つごとに、切り倒す木の数がだんだん少なくなってきた。

彼はたくさんの注文をとっているので、夜中まで一生懸命がんばった。
それでも、日ごとに切り倒す木の数は減っていく。

見かねた友達が彼にアドバイスした。

「なぜ、刃を研がないんだ。
 刃がぼろぼろになっているのに、研がないから、木が切り倒せないのは当たり前ではないか。」

 彼は答えた。

「俺は、そんなことをしている暇がないくらい、忙しいんだ。
 毎日たくさんの木を切らなければいけないんだ。」