新サイト(はてなブログ)

となりのトトロで描かれた風景はその時代に存在しなかった

totoro

となりのトトロを観たことがない人はどの位いるのでしょうか。


子供向けに作られたほのぼのしたストーリーも、やたらデフォルメされたキャラも、今となってはスタンダードなものになっているとおもいますが、なんといっても、ある程度の年齢ならばノスタルジックな気分を感じずにはいられない、あの緑に囲まれたいわゆる「田舎」の風景をアニメとはいえ再現されているのも見どころだったりします。

実はあの風景は時代が違っているらしいのです。そんな馬鹿な!

詳細は以下より



この映画を見て、そう、たとえば今50歳以上の人はこう思ったりする。
ああ、自分が子どものころは、まさに「トトロ」のような風景がいっぱいあったなあ。都心から郊外に出たら、青々とした緑に包まれた里山があったなあ。
カブトムシなんかとったよなあ。
田舎のおばあちゃんのところにいったら、ほんとに自然が豊かだったよなあ。
それに比べて、今の日本は、緑がどんどんなくなって、文明が発達するのはいいけれど、自然も緑もなくなるし、里山風景も消えてく……。
とまあ、「トトロ」を見た大のおとなは、だいたいこんな郷愁にとらわれて、昔を懐かしみつつ、そのときだけ環境保護派になったりするわけである。
が、実は、映画「トトロ」で描かれたような「里山」風景は、昭和30年代初頭の、たとえばモデルとされる東京郊外にはほとんど存在しない。
もっと遡れば、戦後すぐにも、戦前にも、江戸末期にも、場合によると、もっと遡っても、映画「トトロ」で描かれた、「豊かな森に覆われた深い里山」は、日本にはほとんど存在しない。
え?ウソだろう、と憤る方もいらっしゃるかもしれない。
でも、その方は、実は自分の記憶をもしかしたら改ざんしている。
「トトロ」で描かれたような、巨木があるような青々とした緑深い「里山」。それは、現実の日本にはちゃんと存在した。というか今も存在している。どこに?もしかしたらあなたの家のそれほど遠くないところに。
そう、緑深い「里山」風景が日本国中に広がったのは、なんと「トトロ」が公開された1980年代以降のことなのだ。

こういう考察は実に面白いですね。

ネタ元


緑深い山は幻想。里山はかつて禿げ山だった | オールナイトニッポン Gold Club