新サイト(はてなブログ)

□□□(クチロロ) / TONIGHT

2014/11/20


□□□(クチロロ) / TONIGHT

最近激しく衝撃を受けた曲、□□□(クチロロ)のTONIGHTを紹介したいと思います。PVがとにかく凄かったです。
クチロロってユニット知ってますか?僕全然知りませんでした。
詳細は以下より


三浦康嗣と南波一海の2人組ユニット、□□□(クチロロ)。
四角を三つ書いてクチロロ。口ロロではないので、検索するのに戸惑いました。
wikiより引用

メンバーの友人が元サッカー日本代表のロペス選手を「くちぺす」といってしまったから。このことはミュージックステーションのMトピというコーナーで紹介された。また、□□□の書き方は、カタカナの「ロ」や漢字の「口」を書く訳では無く、ただ単に四角を3つ書いて「□□□」なのだと、『TOKIO HOT 100』(J-WAVE)で言っていた。

某ラジオ番組で、

「ヒップホップ以降のポップミュージックに対する回答」

というそれは大げさな評価にとても興味が沸きました。で、ググって観たPVが超衝撃でした。

□□□ / TONIGHT

なんだこれ。凄すぎるんですけど。不覚にも目から汗が・・・
すぐに全曲聴きたくて、注文するのももどかしくダウンロード。素晴らしいアルバムでした。
やっぱりタイトル曲の「TONIGHT」のインパクトは大、でした。その感動的な歌詞も載せておきます
死んでみた
1, 2, 3, 4,
光の先へ 死者の行進
夢みたいだけど
僕はいた その中にいた
そういえば
ハイもハローも またねもみんな
いつのころから 言えなくなってた
夜が来るたび さよなら言ってた
生きるのがただ辛かったんだ
理由なんて いくつもあるけど
理由なんて なんでもよくて
あの夜の さよならのあと
僕は死んでみた
さよなら Tonight
ひとりぼっちな僕は
さよなら Tonight
夜の終わりには Alright
4, 3, 2, 1 光の中
カウントダウンの 鐘の中
三途の川へ向かう中
いろんな人と話した
『彼女の笑顔を見ていたかった』
『爆弾が降ってきた』
『Jリーガーになりたかった』
ぼくはどうだった?
『孫の顔が見たかった』
『祖国に帰りたかった』
『タクヤに会えるかな?』
『あの人野菜とってるかしら?』
『妹が助かって良かった』
『どうして私なの?』
『今夜指輪を渡すはずだった』
『君は?』…
ぼくはどうだった? ぼくはどうだった?
やっぱちょっと待った!!! やっぱ ちょっと 早まった?
振り返ると 病院のベッド
横たわる僕 崩れる母 動けない父
連絡回る 携帯 メール
世界が回るより速いスピードで
繋がるみんなの悲しみ
何年も会ってないあいつの
昨日飲んだ友達の
暗く湿った雨が降る
みんなの涙の雨が降る
大切なものは目には見えない

僕は知らなかった 何も知らなかった

歯をくいしばってくいしばってくいしばってくいしばって耐えることも

ていうかオレなに死んでんだ。

FLASH BACK !

サッチンと繋いだ手の温もり
あの時の朝の光 特別な感じ
ドライブ 寿司 首都高の灯り
渋谷 カーティスのレコード 
遠くの子供の声
真夏のビール 
ピアノの音色
正月の西新宿のビル街 モノポリー
海 クラブ セックスの後の蝉の声
真夜中のコンビニ そういやエロ動画消してねえし!
今更だけど 調子良すぎるけど
強く強く強く本当に思う

死にたくない!

さよなら Tonight
もうひとりぼっちじゃない
さよならじゃない
帰ってみんなにKissしたい
今夜必ず戻るから
今夜 きっと きっと 戻るから

三浦氏自ら評する、「ブレイクビーツミュージカル」というコトバも頷ける、恐ろしいまでの変調と物語の展開。歌詞のインパクトもさる事ながら、これ全てサンプリングで製作されているというから驚きです。そして何より難解になりがちなこの手の実験的作品ですが、超ポップに作ってあるのがいいですよね。
中村一義氏を初めて聴いたときの衝撃、浅野いにお氏のマンガを読んだ時のなんとも言えないカンジに非常に良く似てると、個人的には思いました。

TONIGHT
口ロロ
FANFARE

music

Posted by ayu