新サイト(はてなブログ)

嬉しそうで旨そうで

292 名前: 名無しさん@HOME 投稿日: 2008/11/27(木) 16:48:16 0

食物アレルギー持ちの息子@4歳

五大アレルゲン全部に反応が出て、
この子はこれから何を食って生きていけばいいんだろう、
と途方にくれたのが約3年前。

代替食やら雑穀やら無添加食材やら、びっくりするような値段の食材を買い込み、
脅威のエンゲル係数を叩き出し、嫁はノイローゼ気味になりながら、
俺も元々料理は好きだったので、なんとか普通の味に近づけるようにレシピを工夫して、
少しでも嫁の負担を軽くしようとした。今ならレシピ本一冊くらい書けるレパートリーがある。

そんなドタバタすごしながら、段々と抵抗力というのか、抗体というのか、
とにかく食べられるものが少しづつ増えてきた。

先週の日曜の朝、家族で喫茶店にモーニングを食いにいった。
息子は柑橘はハラがくだるのだが、最近は調子が良いのでオレンジジュース。親はコーヒー。

トーストとゆで卵が付くのだが、息子は念のためトーストには何もつけない様に注文。(牛乳由来は微妙)
パン(小麦)はかなり平気になったので、楽々クリアだが、問題は卵。
負荷試験では、1週間に卵半分くらいなら大丈夫との結果が出ていたので、試しに食べさせてみる。
見よう見まねでカラを剥き、一口食べる息子。

俺・嫁「どうよ?」
息子「ん~」
嫁「塩つける?いっぱいつけちゃダメだよ」(小皿に塩を出す)
息子(小皿の塩をチョンと付けもう一口) 「……んまーい(・∀・)!!! 」

この時の顔がホント嬉しそうで旨そうで、
今まで除去とかしてきた苦労を思い出して喫茶店で泣きそうになったよ。

まだまだ食べれないモノもあるし、体調が悪いと反応が出たりするけど一緒にがんばろうな。