新サイト(はてなブログ)

遊び人の憂鬱 – なんで遊び人が賢者になれるの?

2012/10/25

asobi.png
名作ドラクエ3で転職できる職業に「遊び人」という職業があります。全く使い物にならない遊び人を連れて行くことで、旅が一層シビアになります。

ある程度のレベルになると賢者に転職できるというメリットがある他にはなにもなかったような気がしますが、一度は遊び人に転職した経験は誰でもあるんではないでしょうか。

2ちゃんねるにあるスレが立ちました。

「なんで遊び人が賢者になれるの?」

1:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 03:14:02.35 ID:MsZuyZCm0
昔から気になって苦しいから誰か助けてください。

明らかにどうでもいいレスを期待したスレです。本当に(略

詳細は以下より。


遊び人の憂鬱 – なんで遊び人が賢者になれるの?


スレは進行します。

2:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 03:15:32.82 ID:ScofETvw0
遊んでるふりをして世の中の摂理を見極めてるから
かたにとらわれてないんだよ
満足した?

8:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 03:16:45.40 ID:LNk+uqO7O

つまりは遊びの中にも人生の勉強が詰まってるってこと
10:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 03:18:06.12 ID:UVKAhZY/O

ヒント:遠山の金さん


とまあ、こんなカンジでダラダラとしたスレに突如神が光臨します。そうでなくちゃね。


24:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:35:50.82 ID:MsZuyZCm0

俺はピ☆エール(20歳)職業は遊び人だ。
まずは何処から話そうか・・・
勇者との出会いから話そうか。
あれはいい天気の日だった。
昨夜は徹マンかまして、そのまま女でも漁ろうかと思ってルイーダの酒場へ行ったんだ。
持ち金殆ど無くなっちゃったからな。誰だよ点10でやろうとか言った馬鹿は。
まぁ、テキトーに女でも引っ掛けてホテル代奢らせようと思ったんだよ。
特に戦士の女はいい、馬鹿だから。僧侶はダメだな。頭固いから。ま、それはそれで落とし甲斐があるんだけど。
って話が逸れたが、俺は久々に行ったんだよ。酒場。

このやる気のない文体は・・・あのライアンで名を馳せた方ではないですか?

■ライアンですが、場車内の空気が最悪です

上記リンク先、読んだ事ない方は必見です。

今度は遊び人が主人公になってやってくれます。必見。


25:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:36:36.89 ID:MsZuyZCm0

なんかその日はやたらと賑わっててさ、なんかあるのかな?って思って聞き込み調査したわけ。
そしたら勇者様が16歳の誕生日を迎えたとか言ってんの。
は?勇者ってあのシケた家のガキだろ?女だったら興味あるけど野郎には興味ねぇよ。
で、何でこんなに人いるの?って聞いたらさ、三人仲間を連れて旅に出るらしいんだよ。
そりゃまぁ、勇者の恩恵にあやかればデカい顔できるけどかったりぃし、俺ってインドア派だしね。
ま、俺は遊び人だし、どうせ関係ないけどね。
それで、今日は人が多いから複数プレイも狙えるかな?なんて思って考えてたんだけどさ、勇者と遊び人じゃそりゃ釣り合わないさ。
女ってのはアレだよな。計算高いって言うか冷たいって言うか。

26:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:37:27.49 ID:MsZuyZCm0

今日は野宿かなって思って酒場出ようとした時だね。
来ましたよ、勇者様。アホ面下げて、いかにも初めてこんな品のない所入りますってな感じでよ。
まぁ、俺から言わせればあいつの性格は「むっつりスケベ」だな。女戦士に目が行きすぎだ。
噂通り仲間探してるらしいんだが、袋にこん棒とヒノキの棒持って50G握り締めてキョロキョロしてる姿見たら
なんていうか、現実味帯びてこないよね。

「え?アレ勇者?マジ?噂じゃ王様から軍資金もらう予定だったらしいじゃん。あれが?」

そんなヒソヒソ話が酒場に蔓延した。

27:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:38:06.72 ID:MsZuyZCm0

勇者は仲間の品定めをしてるらしいけど、男のリストは殆どパラ見。見てるのは女の体と顔だけだ。

勇者「女戦士一人、女僧侶一人・・・あとは・・・う~ん・・・」

さっさと二人決めたものの、あの様子は女3人に囲まれて旅をする度胸は無いと見える。
俺がタバコ吸いながら見てるとこんな質問したのが聞こえた。

勇者「・・・ぶっちゃけ、人気の無い職業ってなんスか?」
ルイーダ「魔法使いはおじいちゃん多いって意味で、まぁダントツは遊び人だねぇ・・・」
勇者「遊び人か~・・・まぁ、楽しそうだしいいかなぁ・・・じゃあ、男の遊び人でー」

・・・・え?ちょっと待てよ。何だよその質問。ってか今日は皆気合入れてる日だろ?アピールしねぇの?

周りを見渡すと勇者と目を合わせようとしていない連中ばかり。そりゃそうだよな。だって50Gとこん棒だもんな。不安になるよな。
いや、このままじゃ俺が勇者一味に加わることになっちまうじゃん。
って言うかなんで?何で遊び人?って言うかここにいる遊び人って俺だけじゃん。
拒否なんて出来ないよな・・・赤紙みたいな物だもんな。
まぁ待て、考えようによってはオイシイ話だよ。うん。勇者について回ればモテそうだしな。
う~ん・・・まぁめんどくさくなったら途中で抜ければいいよな。親が倒れたとか嘘ついて。うん、なんとかなるよ。

28:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:38:24.90 ID:MsZuyZCm0

結局、勇者は女戦士、女僧侶、俺の三人を選んだ。
っつーかあの質問はなによ?ぶっちゃけ人気の無い職業って。
要はアレだろ?自分が目立ちたいが為に使えない男入れたいんだろ。

その日の夜は勇者の家に泊めてもらった。行く前はお母さんに手を出そうと思ってたけど、想像より老けてて萎えた。

俺「ってかなんで俺よ?はっきり言って弱いし役立たなくね?」
戦士「確かにー。って言うかぶっちゃけウザいんですけど、そのカッコ」

うるせーよ馬鹿女。これがアリアハンのナウなストリートファッションなんだよ。こん棒片手にギャルぶってんじゃねぇよ。

勇者「ま、まぁまぁ、男が僕一人じゃちょっと不安だし、長い旅になるなら楽しい人が欲しいなぁって」

その発想本当に勇者か?って言うか男一人じゃ不安の意味がわかんねぇよ。むっつり小僧が。
しかも僧侶は俺と口きいてくれないし、早速ハブですか?

行き先不安だが、こうして勇者一味として旅に出る羽目になった。って言うかなんで旅に出るのか聞いてないんだけど?

29:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:38:48.75 ID:MsZuyZCm0

今日は旅立ちの日だ。まさか俺がこんな目にあうなんてな。
合コンにもクラブにも行けないし辛いぜ。まぁ近い将来モテモテ確実だけどな。

先ずはレーベの村に向かうらしい。あんな田舎に何しに行くのかね?
昨日は飲みすぎたな。二日酔いだ。初日からハブられれば酒に逃げたくもなる。
正直動きたくねぇがついて行かないと非国民呼ばわりされるしな。

アリアハンを出て半日ほど歩くと村が見えてきた。
ハァハァ・・・こんなに歩いたの何年ぶりだろう・・・禁煙しようかな。
まぁ案の定勇者は上辺だけの仲良しグループを作りたがっているが、魂胆は丸見えだ。
って言うか棺桶用意する暇があれば、HP10切ってる俺に薬草くらい与えてくれよ。マジありえねぇ。
カラスに襲われたとき俺を盾代わりにしたのは気づいてるんだよ。

勇者「ピエールさんはたくましいですね。お兄さんができた気分です」

うぜぇ

道中は石蹴りくらいしかすること無かったな。会話は入れないし・・・


30:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:39:06.44 ID:MsZuyZCm0

しかし、勇者のモテっぷりには腹が立つ。これが身分の違いか。
昨日の夜中、俺は爺との部屋に通されたけど、お前は女二人と同じ部屋だったよな。
まぁ女戦士が酒の酔いに見せかけて逆レイプしようとして、今日の朝取り替えられたのには笑った。
全く馬鹿な女だ。玉の輿狙ったんだろうが相手の実家でやるとは。

勇者「ピエールさん・・・女の戦士の人って皆あんな感じなんですか・・・?」

カマトトぶってるんじゃねぇよ。お前は母親に気づかれたくなかっただけだろ。
酒場で「できれば処女の戦士でお願いします」って頼んだの聞いてるんだぜ。
代わりの女戦士も相変わらず俺は眼中にないようだし、俺も勇者になりてぇな。


この時はまだ勇者は大人しかったんだ。
ヤツが覚醒するのはロマリアに行ってからだった。

31:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:39:34.41 ID:MsZuyZCm0

なんか盗賊の鍵とか言うとても勇者が持つべき物とは思わない鍵を手に入れて、なんか気分悪くなるワープ使って
ロマリアについたところだ。
なぜか勇者の様子が落ち着かない。なんつーかソワソワしてるみたいだった。
ロマリアの城に着いて王様に会いに行った。
俺なんかが王様に会っていいのか困惑したが、俺も勇者の一味だし、思い切って胸を張って堂々とついていった。
門番に追い払われた。

その日は宿屋に泊まったんだ。ひとつの部屋に四人じゃ狭いけど、誰も俺に気を止めないから十分だった。
夜はモンスター格闘場で遊んだ。荷物運びしていた俺だが、金をくすねてここに来た。
もし勝てば久々に酒でも飲んでナンパでも出来るだろう。それを目標にここまで頑張ったんだ。
あれ?俺なんで旅してるんだっけ・・・

32:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:40:11.36 ID:MsZuyZCm0

ワンカップ大関片手にほろ酔い気分で宿屋に帰ろうと思ったら勇者がコソコソと出て行くのを見た。
こんな時間になんのだろう?そう思ってやつを尾行してみた。
やつが手に握っているのは・・・盗賊の鍵だった。
民家を外から確認し、やつは鍵を使って家のドアを開き始めた。
おいおい、これって犯罪じゃね?っつーかヤバいっしょ。
俺はワンカップ大関を片手に植木の陰からこっそり覗いていた。
アレは・・・今日の昼間に勇者の名を借りて金品を漁りに行った家か。
確か若い女が暮らしていたはずだが・・・いや童貞にそこまで根性があるとは思えない。
酔いが回って眠くなってきたので、とりあえず宿屋に帰った。
やつが帰ってきたのは次の日の朝だった
勇者「勇者に生まれてよかった」
デビューしたようだった。

そろそろ俺、解雇されるんだろうな。そんな兆しが見えた日だった。

33:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:44:13.08 ID:kEx1EUAXO
おもすれーwww

34:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 06:44:52.96 ID:rFWR9KtaO
これは期待


45:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 08:18:48.26 ID:MsZuyZCm0

勇者様がデビューなさったようで、俺に対しての質問はダイレクトになっていった。
こいつ、意外と計算高い。これを見越して俺を一味に加えたんだろう。
色々聞かれたよ。

「ぱふぱふ・・・行ってみません?」
「処女ってやっぱメンドイッスか?」
「口説く時って夜の方が雰囲気あるべ?」
「俺のお古でよければ貸すぜ?一発1500Gな」
「勇者と穴兄弟だぜ。誇らしく思えよ」

だんだん口調がタメ語になり、スラング化してきたのを感じたがもうどうでもよくなってた。
考えてみれば、今までの俺はアリアハンでしか遊んだことは無かった。
地元を離れれば女ッ気はほぼ0だったし、「服装がダサい」「遊び人ってNEETでしょ?」「訛ってない?」
言われ放題だった。
しかし勇者は違った。ヤツは他所でデビューしたせいか、怖いもの知らずだった。
若さもあるんだろう。そして何よりも「勇者」というステータスだった。

俺は自分故郷、居場所へと帰りたかった。だが、勇者は帰ることを頑なに拒んだ。
母親の前ではいい子チャンぶりたいんだろう。って言うか母親と会うのがめんどくさいんだろ。


46:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 08:19:11.68 ID:MsZuyZCm0

いや、一回アリアハンへ戻ったことがあった。
アレは・・・そうだ。僧侶がヤらせてくれないと言う理由だった。
今度入ってきたのは盗賊の女だった。スタイル抜群だった。その日に喰われていた。
ホイミ役がいなくなったのは辛い。何度棺桶に入っただろう。

「ピエールちゃんLv低いから死んでも痛くないよ。」

棺桶に入れられる瞬間聞こえた言葉だった。
まだ生き返らせてもらえるだけマシだ。きっと俺がいなくなれば勇者も一人で羽目を外すのが怖いのだろう。
俺はいつも指を咥えてみているだけだけどな・・・
そういえばこの前の罰ゲーム、スライムをローションに使えるか実験させられた。
性病になるかと思ったが、平気だった。というか意外といけますよ、隊長!

47:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 08:19:32.92 ID:MsZuyZCm0

そうそう、王様に「金の冠」をカンダタという盗賊から取り返して来いって頼まれたらしいんだ。
行ったよ、塔まで。カンダタと子分シバいて冠取り返したんだけどさ、盗賊に盗まれるってどうなのよ?
でも、命助けてやるって言ったんだけどあいつら結局塔から投身自殺してたな。

んで、王様に返しに行ったのはいいんだけどさ。勇者さん王様になっちゃったんだよね。
俺?俺はアレだよ。追い返されたよ。

勇者が王様になって、町で会っても目逸らすのな。正直心が痛かったよ。
泣きながらアリアハン帰ったんだけど、一ヵ月後くらいに「王様飽きた。」の一言でまた呼び出されてさ。
あいつやりたい放題だよな。本当に羨ましい。本職の俺より絶対遊んでるもん。

勇者「王様って言うか王妃に飽きたんだけどね(笑)」が本音らしい。

ちなみに前王様はモンスター格闘場で豪遊してたらしい。バニーにセクハラしてたんだって。


48:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 08:19:51.55 ID:MsZuyZCm0

んで、ロマリアのずっと北の方に歩いていったんだ。何だっけな・・・ノアニール・・・だっけか。
ここは酷かった。皆寝てるんだもん。

勇者は興奮してたけどな。一人で探索してくるって行って二日くらい帰ってこなかった。
俺たちはもちろん野宿な。怖かったよ。俺は一日目で死んだけど。

で、エルフの里へ行ったんだ。でも、エルフって人間が嫌い見たいでさ、相手にされなかったんだよ。
ノアニールもエルフのせいで皆眠ってるらしいんだけど。

勇者「エルフうぜー。フラグ関係ないしピラミッド観光に行こうぜ」

この一言でノアニールはスルーされた。

49:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 08:20:19.99 ID:MsZuyZCm0

しばらく歩くとアッサラームという町に着いたんだ。なんでも、ベリーダンスとか言う物が名物らしい。
昼間に練習を覗きに行ったんだが、可愛い子ばかりで驚いたよ。今日の夜はピエロの格好はやめよう。
団長らしき人が練習の指揮を取っていた「はい こしをふって 1 2 1 2 ・・・・」
勇者もノリノリで振っていった。俺のポジション・・・

どうやら熱いのは夜らしい。早速ぱふぱふの呼び子が立ってる。一人づつらしいが決定権があるのは勇者だけだ。
と言うか俺たち以外の二人の女は寝てるしな。

俺「す、すんません!た、たまには自分もいいッスか・・・?」

俺は自分を取り戻すべく、プライドを・・・遊び人のプライドと言うものを捨てた。あぁ、4歳下に土下座したさ。
それだけ女に飢えていた。だが勇者は踊り子に興味津々らしく「ハッスルハッスル!」と言って劇場へと走っていった。
これは願っても無いチャンス。あいつはモテモテだからな、風俗には興味あるが踊り子の方がいいんだろう。


58:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 09:03:21.50 ID:MsZuyZCm0

二階へと呼ばれ、明かりを消された。風俗嬢のクセに恥ずかしいのか?可愛いぜ。
至福の一時だった。ぱふぱふの素晴らしさを再確認した。柔らかかった・・・
だが、男の胸だった。むせび泣いた。

浴びるように酒を飲み、よろよろと劇場へと足を運んだ。そこで見たものは勇者が三人の踊り子を口説いてる光景だった。

勇者「俺さー、マジもんの勇者の血?引いちゃってるんだよねー。リアルに勇者ってヤツだからさー、カッケーべ?」
勇者「この前なんてさー、マジ、王様になっちゃったんだよね。盗賊がチョーシこいてたからさー、シバいてさー」
勇者「ヤバいっしょー。王様チョーヤバいっしょー。アゲアゲじゃね?」

俺のポジションはもう何処にもなかった。ジモティに会いてぇな・・・


54:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 08:31:15.04 ID:p6DVz4nBO

やりたい放題www

62:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 09:20:02.43 ID:t8eovmeh0

期待、魔王でてくるかどうかもわからん展開www

83:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:03:44.06 ID:Mm1cQz7I0

アッサラームでしこたま遊び、満足した勇者は、イシスへと旅立った。
目的はピラミッド観光及び超美人と言う噂の女王に会うためらしい。

砂漠だった。歩いても歩いても砂漠だった。

勇者「ピエールちゃんさー、アチーからなんかサミィ事言ってよ~。得意技っしょ?」

こいつ、段々と俺の弄り方の要領を得てきてやがる。

俺「え、えーと、サミィことッスか?砂漠だけに、さぁ、バックで、なんつって・・・ハ、ハハ・・・」

気づくとイシスの教会で俺は起きた。
水不足に悩まされていたからな。

84:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:04:28.68 ID:Mm1cQz7I0

とりあえず、城に行くらしい。超美人って噂だからな。期待しつつ勇者に同行した。
暑さで頭をやられているのか、電波な歌を歌っているガキの子守をさせられた。

夜の事だった。モンスター格闘場があることを聞いていた俺は宿屋からコッソリと抜け出し向かった。
その途中、喉が渇いたので井戸のある水場へと向かったんだ。
するとそこには女がいた。水浴びをしているらしい。
女。女だ。マジかよ。今、俺一人だぜ?やるしかないっしょー。俺の理性は狂った果実だった。

俺「チューッス。こんな夜更けに一人ッスか~?良かったら俺と、遊ばねぇ?」
俺「って言うか女の子が一人で、しかも夜中に水浴びなんかしてたら危ないっしょー。俺、襲っちゃうよ?(笑)」

イシスの娘はいい。暑さのせいか開放的だった。井戸をラブホ代わりにして、朝まで寝かせなかったね。
朝起きてみれば、井戸で不細工と添い寝していた。

いや、途中から気づいていたんだけどね。

85:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:04:59.72 ID:Mm1cQz7I0

次の日、勇者はピラミッド観光をしたがっていた。砂漠歩くのやだなぁ・・
隠し持っていた薬草を使い切り、なんとかピラミッドへ辿りついたんだが、案の定墓荒らしするんだってさ。
もうね、大学生の心霊スポットツアーかって言う感じのノリでさ、正直ついていけない。いや、もともとハブだけど。

勇者「うおおおおおお!!ピラミッドはでっかいどー!!」
勇者「うおーー!やっべぇーーー!超こえぇえ!!」
勇者「やっべミイラ!ミイラ!マジありえねぇっしょー!!」

やたらハイテンションな勇者は5,6回落とし穴に引っかかっていた。
3階あたりへ着いたんだが、奥にいかにも財宝がありますって感じの扉があって、それが動かなかった。
もう一度周りを探索してみようって話になって、壁にスイッチ見たいのがあったんだ。

勇者「押しちゃう?コレ?押しちゃう?」

とか言いながら女盗賊の乳首を突っついていた。
とりあえず端から押してみた。落とし穴だった。

勇者「ざっけんなよ!って言うかピエール一人で押せよ。お前チョーシこきすぎ」

はいはい。ごめんなさいね。

これ以外になさそうなので次は隣のスイッチを押してみた。
カチ。特に変化なさそうだ。

勇者が閃いたらしい。「これ、押す順番あるんじゃね?」

勇者「うぉおお!!セーフッ!!!!」

ゲーム感覚で2時間ほど苦戦しながらスイッチを押していった。
どうやら順番は「東の西、西の東、西の西、東の東」らしい。なんか聞いたことあるような。
ま、結果オーライってことで。

奥には二つ宝箱が合った。
魔法の鍵と言うものが入っていたんだが、なにに使うんだろうか。

86:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:05:41.14 ID:UAe4giVkO

きたーwktk


87:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:05:41.54 ID:Mm1cQz7I0

勇者はニヤつきながら鍵を懐にしまいこんだ。

とりあえず帰った。その日の夜は大人しく床についた。
女王はガードが固いらしく、勇者はヤれなかったようだ。フテるなよ・・・。

勇者「ここアチーから帰ろうぜ。」

まぁ鍵も手に入ったことだし、ロマリアへと帰還した。

88:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:06:10.63 ID:Mm1cQz7I0

ロマリアから西へしばらく行くと、地下道らしきものがある。
以前は開かなかったが、さすが魔法の鍵、開いたようだった。
そこからしばらく歩き、ポルトガと言う町へ来た。王妃は部屋にいたが、勇者は容赦なく鍵を開けて入っていった。
こしょうが欲しいらしい。ホビットのノルドとかいうやつに会えって?何処にいるのそいつ。
あぁ、そういえばアッサラームの近くの洞窟に引きこもってるホビットがいたな。

いたいた、引き篭もりのホビットが。最初は帰れとか言ってたくせに王様の手紙を呼んだとたんコレだ。薄汚い爺だ。


89:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:06:54.10 ID:Mm1cQz7I0

ポルトガとか言う辛気臭い町に着いたんだ。なんか人攫いがどうこうって。まぁ勇者様はやる気満々だがな。
って言うか勇者が最近乱暴だと思ったらタトゥー入れてやがった。お前本当に勇者かよ?
洞窟へ行ったんだ。何でも盗賊に女がさらわれて、取り返しに行くんだとか。
だが、洞窟で迷子になった。途中何年もここにいるとか言うアホにあったがスルーした。よく生てられるな。
何時間もさ迷い、とうとう見つけた。まぁ人攫いって言うくらいだから、相当な光景を覚悟していたんだが、至って健全だった。
こいつら、本当に悪い奴らか?まぁ誘拐は誘拐だしな。
子分をシメて、勇者が女をレイプしていた。そのタトゥーも相まってかなり怖い。16歳・・・でしたよね?
その格好なら勇者と思われないと思ったんだろう。「声を上げたら親分に言いつけるぞ。」と脅していた。


91:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:07:24.48 ID:Mm1cQz7I0

脱着式のタトゥーを剥して、元のむっつりになった勇者は夫婦を解放して帰ろうとした時だった。
親分が出てきた。あれ?こいつ塔から投身自殺したんじゃなかったっけ?
再度シバいた。おまえ、勇者がタトゥーつけてたら殺されてたよ。よかったね。

しかしまぁ、こしょうゲットしたし、ポルトガへ帰った。王様は大はしゃぎして船をくれるそうだ。
こしょう持ってきたら勇者扱いって。王族は馬鹿が多いらしい。
表へ出るとボートがおいてあった。

92:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:08:06.91 ID:Mm1cQz7I0

勇者「ってかそろそろダーマ行かね?」

あぁ、あの職安ね。まぁそろそろ俺も働くべきかなとは思ってたんだよ。うん。

勇者は戦士に飽きたらしい。魔法使いをゴリ押ししていた。なかなか似合ってる、正直可愛い。
盗賊は武道家にさせられていた。これもまぁ、アリだな。
さて、俺はと言うとLvが20未満なので面接官に落とされた。
勇者はアリアハンへ帰ると言い出した。いやな予感がする。

セクシーギャルの女僧侶をリクエストしていやがる。俺、あと3Lvくらいで賢者になれるんスけど・・・

勇者「今までありがとね。まぁこれからは遊びに精出してよ。」

え?え?マジッスか?

俺は酒場に残された。


93:愛のVIP戦士:2007/02/17(土) 20:08:24.64 ID:Mm1cQz7I0

ピエール

あそびにん
ロマンチスト
せいべつ:おとこ
レベル:17

E:ひのきのぼう

E:ぬののふく


当サイト関連


■ライアンですが、場車内の空気が最悪です
■嫁との会話8 – ドラゴンクエストと嫁

ドラクエ3


■ドラゴンクエスト3 そして伝説へ(スーパーファミコン版)
■ドラゴンクエストIII(ファミコン版)

こんなものまでアマゾンは売ってるんですね。びっくりしました。



遊び人関連


こんなサイトも見つけました。有名なのかな
■遊び人伝説