新サイト(はてなブログ)

[コピペ]切ない

ticket20070809

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/19(木) 09:37:03

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。学もなく、技術もなかった

母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。それでも当時住んでいた

土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。
娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに

遊びに行っていた。給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。
ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。俺は生まれて初めての

プロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。
野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。母がもらったのは

招待券ではなく優待券だった。チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わ

なければいけないと言われ、帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外の

ベンチで弁当を食べて帰った。電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、

母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。
俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。

新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、母に孫を見せて

やることもできた。
そんな母が去年の暮れに亡くなった。死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように

「野球、ごめんね」と言った。俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。

[コピペ]ほのぼの

2014-03-19_2245

21:名無しさん:2014/02/23(日)11:59:03

4歳5ヶ月娘

「お母さんは昔プリキュアだったけど、お父さんと結婚するときに辞めた」

話をまだ信じている。

「お母さんがプリキュアだったときのお話してよ」

「その話はできん」

「怖くなかった?」

「敵は怖かったけど、誰かがやらんといかん仕事。内緒だから、お友達にも話したらアカンよ」

「何で?○ちゃんにも話したらダメ?」

「ダメ。お母さんはプリキュアの学校に行くときに人に話したらアカンって約束した。
 普通の人がサイアークとかジコチューとかのこと知ったら怖がるわ」

「ちょっとだけ内緒でお話して」

「アカンって。あんたにプリキュアの学校に入ったとき、テストのこととか
 あんた一人だけ知ってたらズルになる。ズルはプリキュアにはなれん」

「……」

「お友達を大切にしてたら、きっとプリキュアの学校から手紙が来るからな。
 この話はおしまい」

「早くお手紙こないかな……」

アホ可愛い。本当

[コピペ]ほのぼの

2013-06-14_1033

966:彼氏いない歴774年:2012/06/25(月) 20:51:53

マンションの隣の家に去年赤ちゃんが生まれた
ぜんぜん騒音とか聞こえないけど、丁寧にケーキ持って「うるさくなりますが」って挨拶にこられた
隣家じゃなきゃ全く接点ない美人&イケメンなリア充っぽい夫婦だった
今日ベランダに出てたら、奥さんと赤ちゃんもベランダに出てきたらしく会話が聞こえた
なんとなく咄嗟に気配殺しつつ洗濯物を取り込み続けたw

奥さん「きれいねえ、お空青くてきれいねえ」
奥さん「◯◯君、飛行機飛んでるよ、ほらっ、あそこ!」
奥さん「お花きれいねえ、◯◯君がお花好きかなと思ってママ植えたのよー」
赤ちゃんは奥さんの言葉に関係なくキャッキャ言ったり唸ったりしてる
奥さん「あー幸せだねえ、◯◯君。ママは今、人生で一番幸せなんだよ、◯◯君」
奥さん「◯◯君、ありがとうねえ」

無言で洗濯物取り込みながら、なんか泣いてしまった
疲れてんのかな

[コピペ]いい話

11:名無しさん@13周年:2012/09/07(金) 21:44:37

流れ読まず投下。
小学生のころ、家が超絶貧乏でクリスマスプレゼントをもらったことがなかった。
すでにサンタクロースを信じる歳ではなかったけど、毎年何をもらう(もらった)かで盛り上がる友達がうらやましくて、
その年は自分もプレゼントがほしいとねだりまくった。
母親は困った顔をしてた。今思えば、年を越すのもやっとで余計な金なんてあるわけなかった。
でも25日の朝、枕元に赤い封筒を見つけた。

開けると、中には小切手。額面は3000円。
もちろん本物じゃない。母親の手作りだった。
けど「○○(←わが家の名字)銀行」とかきちんと印字されてて、子供の目にはなかなか本格的に見えた。
プレゼントが買えなかった母親の苦肉の策だったが、
小切手とかかっこいい!と思ってめちゃくちゃ喜んだ。
何よりクリスマスプレゼントがもらえたのが嬉しかった。
もったいなくて引き替えないまま、そのうち存在を忘れてそれっきり。

最近ふと思い出して、母親に「あれって引き替えに来ないところまで計算してたんでしょ〜?」と笑いながら聞いてみた。
そしたら母親がタンスの奥からポチ袋出してきた。
鉛筆で「小切手用」って書かれてて、中には千円札と500円玉で合計3000円入ってた。
クリスマスには間に合わなくてプレゼントは買えなかったけど、
その後でいつ小切手を引き替えに来てもいいように準備してたんだよ、って言われた。

日々の生活もままならない中、この3000円を使わずに取っておくことが、当時どれほど大変だったか。
別に不渡りでも全然良かったのに。そう思って泣けた。

[コピペ]いい話

635:名無しの心子知らず: 2011/07/26(火) 03:15:53

小学1年生になった息子が、物凄く持ち物をなくして帰ってくる。
鉛筆に始まり、筆箱までなくした。
本人に聞いても「いつの間にかなくなっている」としか言わない。
なぜそんな大物なくして気付かないのか、もしかして何か障害があるのか?と、ちょっと変なスイッチが入った私は
市販の筆箱を改造し、GPSの小さいのを隠して入れた。
またなくして帰ってきたら、どこに置いてきたのか一緒に探して息子に気を付けるように言おうと思っただけでした。

そしてすぐにその日はやってきた。
息子が筆箱がなくなったとションボリして帰ってきたので、GPSで検索。
なんか有り得ない場所にある。
学校ではなく誰かの家。

迷ったが、息子には学校に有るだろうからお母さんが探してくると言って、担任に相談しに行った。
担任は私の話を聞くと、この噺は内密に、逆恨みされると子供に危害が及ぶかもしれないのでと言い、
そのお宅に家庭訪問しに行った。
私は帰宅し、息子には先生と探したがなかったと報告し、私が使おうと買っておいた象が乗っても大丈夫な筆箱を息子にあげた。


640:名無しの心子知らず: 2011/07/26(火) 03:34:00

その夜、担任は我が家にやってきた。
取り急ぎGPSがあったことに相手が気づく前に回収したかったと言っていた。
それは成功したらしく、息子の筆箱と今までになくなったものが全て無傷で帰ってきた。

息子は盗られていた事実に気付いていないのでそのままもう少しの間気付かせないで欲しいと言われた。
盗った子はとても良い子に私には見えていたので衝撃だった。

そしてその後、その子の家庭は崩壊した。
母親は返品され、子供を引き取った父親は引っ越して行った。
母親が金目のものを持って来いと指示しており、子供は毎日何か持ち帰らないと夕御飯が貰えなかったと噂話できいた。
うちのGPSがきっかけになったことは担任と私だけの知るところで、逆怨みはなかった。

と言うことが数年前にありました。
盗った子から手紙が来て、息子と一緒に読みました。
あの時たくさん盗ってごめんねと。
息子は気付いていたらしい。
何か持って帰らないと夕飯抜きなことも全て。
そうだったのか。親って何も分かってなかったんだなと涙が出た。

お母さんあの時は心配かけてごめん、ありがとうと言われて更に泣けた。