【追記あり】iPhone/iPadにDVDから動画を落とす方法 – FairUse Wizard

2013/05/10

fairuse.jpg
iPhone / iPodに関する問い合わせの中で一番多かったのが、

DVDからiPodに落とすにはどうすればよいのですか?

というものでした。

DVD ShrinkやDVD Decrypterを利用した方法を書いたサイトが多数存在します。でも、面倒なんです。どれも。
色々調べて、それを簡単にやってのけるソフトを発見しましたので、使い方もあわせて、紹介したいと思いますよ

詳細は以下より



DVDから落とす、という事


そもそも、DVDをPCに、iPhoneに落とすという事はどういう事なのか。
 
まずひとつに、DVDには、複数字幕、複数音声という機能があります。他にもマルチアングル、メニュー等の、デジタルならではの機能があります。それゆえに、DVDの中身はその情報が階層的に収められています。プレイヤーはその階層を認識して、デコードしながら再生するわけです。
 
この複数の階層をPCに落とすのは結構至難のワザでした。なにせ、フツーにリッピング(PCに取り込むこと)すると、音声や映像がバラバラに、分かれて変換されるからです。

これをDVDに焼くなら、ハナシは簡単です。容量の許す限り、焼いてください。しかし、iPodに落とす、PCで閲覧する場合はハナシは別です。ようやく長時間取り込めたというのに、今度はそれを結合させる、という労力がかかります。
また、一般に流通するDVDには著作権を保護する為のプロテクト(と呼ぶものかどうかは不明)が施してあります。世に山のように出ているDVDコピーソフトは当然ながらそれを破ってまではリッピングしてくれません。当たり前ですね。

というわけで、僕はDVDのコピーにはあまり手を出していませんでした。DVDソフトの価格がどんどん安くなっている昨今、
  
そんな時間かけるなら、買ったほうがまし
 
だと思うのです。
 
しかし、iPodというオモチャを手にした僕はどうしてもあの小さな液晶で動画がみたくて、勉強しました。そこで発見したのがFairUse Wizardというソフトなんです(前置き長すぎ)
 

FairUse Wizardのダウンロードとインストール


■FairUse Wizard


上記サイトよりダウンロードできます。完了したらインストールです。この辺はテキトーに。

そもそもこのソフトは有料ですが、機能限定で無料で使用することができます。xvid等のフォーマットで変換するだけなら、そしてサイズや画質等細かい設定をしないのならば、無料で使用することができます。ここ重要ですね。
 

初期設定



 
最初の画面で「Options」を選択すると上のような表示が現れます。
ここではあまり変更は必要ないでしょう。無償版(LE版)では、余計な設定を入力すると、購入画面へ行こうとして先に進めないので注意が必要です。
ここでは、「音声」をenglish、「字幕」をJapaneseにする必要があります。後はデフォルトで構いません。
 

プロジェクトの作成




まず、新しいプロジェクトの作成にチェックを入れ、プロジェクト名と保存先の選択をします。DVDを落としますので、当然容量が十分にあるドライブを選択して下さい。
 

パーツ選択




DVDドライブを選択すると、パーツの選択の画面になります。
ここで、目的のパーツを選択します。映画などの場合、一番長いヤツがそれです。
ARはアスペクト比(映画とかなら16/9になってる)です。
ここではiPodを変換する事だけを考えてますのであまり深い事は考えません。「選択パーツを保存する(複数セッション用)」を選択すると、DVDからハードディスクへのファイル転送が始まります。
 
これ結構時間かかります。気長に待ちましょう。
 

位置調整・フィールド結合設定


エンコードした動画の位置や字幕の位置を設定します。
あんまり深く考えず、画面の範囲の「自動選択」を押します。
 
次に、「字幕を表示する」にチェックを入れ、目的の字幕を選択します。
マージンはテキトーに設定です。デフォルトでも構いません。
次のフィールド結合設定は「自動結合モード」で構わないと思います。
 

詳細設定




詳細の設定を行います。
 
・映像変換設定
書き出しの形式、クオリティを選択します。LE(無償版)ではh264は選択できません。そしてsize指定での書き出ししかできません。
あとで、変換君等で変換するので、今はxVidを選択していて問題なしです。
 
・音声の設定
もし正しくなければ、削除して追加しましょう。最新のdivxは複数音声(複数の言語等)に対応してるので、divxの視聴を行う事を考えるなら、ここで複数音声を追加しても構わないと思います。
音声フォーマットはmp3、128kbpsあたりを選択しておきます。もうこの辺はテキトーに。
 
・映像の解像度
これもデフォルトのままでよいかと思います。
 
・ファイル
ファイル分割は1で行いましょう。チャプター毎にファイル分割のチェックもキッチリはずしましょう。逆に小さく区切りたいなら、ここにチェックを入れます。
 

変換開始!


これでいよいよ開始です。PCの性能により激しく時間がかかりますが、じっと我慢です。


 

完了


完了すると先ほど指定したフォルダにaviのファイルが出来ているはずです。そのファイルはフツーにmediaプレイヤーで閲覧可能です。デフォルトの設定であれば700MB前後。CDに焼ける容量です。
これが何を意味するかは、ご自分で判断していただくとして、この生成されたファイルを変換君やvideoraにて変換させることにより、iPodでの閲覧が可能になるのです!ヤター!
 

注意


divxやxvidって何?って方は以下よりコーデックをダウンロードしてインストールすると良いです。

■DivX.com
↑divx downloadを選択、コーデックのみならフリーですので、無料ダウンロードを選択して下さい。

■xvidコーデック配布(Free-Codecs.com)

Download [ Koepi’s XviD Codec をクリックしてダウンロードして下さい。
 

アスペクト比についての注意


アスペクト比が違う(縦に伸びた映像になってしまう)場合はvideoraにて変換する際にアスペクト比を指定する必要があります。
Videoraの設定にて「Resolution」を320×180にすることによって出力するアスペクト比を強制的に4:3にすることができます。
その後、iPod上のビデオ設定→ワイドスクリーンをONにすることによって16:9が正しく表示されます。
 

まとめ


いかがでしょうか。もうiPod関連の記事は飽き飽きだという声が聞こえてきそうですが、DVDから一発リッピング→エンコード出来てしまうこのソフトの素晴らしさ。エンコードに時間が多少かかってしまう、という欠点はあるものの、DVD Shrinkやdvd decrypterが遠く霞んでしまいますね。

あと、著作権的に超グレーな部分がありますが、自分で買ったDVDをiPod用にリッピングして落としても問題ない、はずですよね?!
レンタルだとどうなるのか、ヒトから借りたDVDだとどうなるのか、その辺は
 
僕は良く知らない
 
とだけ書いておきます。まあ、お金を払って映画を観たくない、とかケチ臭い事は言わずにDVD、買いましょうよ。
 
あ、勿論、iPod持ってないヒトは買うべきです。
 
Apple iPod touch 64GB MC547J/A 【最新モデル】
Apple iPod classic 160GB 最新モデル

当サイト関連


iPhone3GSがやってきた
嫁との会話12 – iPod購入の果てに
嫁との会話 21 – iPhoneはいりません
iPodに動画を落とす方法 for windows(Videora)
iPodに動画を落とす方法 その2(補足など)
iPodに動画を落とす方法 その3(FAQ的なもの)
iPodにDVDから動画を落とす方法(FairUse Wizard)
ビデオiPodがやってきた(iPodレビュー)

TOOL, 物欲iphone, tips

Posted by ayu