[コピペ]泣ける

360: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2008/03/12(水) 10:30:53
土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。

当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。
まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。
娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。
子供はあえてつくらなかった。
収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、
子供は娘1人いればいいって事になった。

突然嫁が交通事故で逝った。
娘17の時。
突然2人きりになった&現実味がなくて二人して呆然。
これからどうしようと思った。
生活の面では収入も安定してたし、娘も家事の一通りは出来た。
何の問題もないはずだったけど、嫁側親戚が騒ぎ立てた。

そらそーか。
血の繋がらない29の男と17の女。
ある意味カップルでもおかしくない歳の差だもんな。
「あなたはまだ若いんだから」とか、
「再婚するにも子供がいちゃ・・・しかも自分の子供じゃないのに・・・」
とか、散々言われた。

でも、俺は間違いなく娘は俺の娘だと思ってた。
何よりも、嫁のたった一人の忘れ形見だ。
俺が育てて行く以外の選択肢は全く頭になかった。
そんな親戚の騒ぎは右から左に流した。
娘も「今更こんな足の臭いオッサンとどーにかなるかw」と笑ってた。
当たり前の様に言う娘の気持ちが嬉しかった。

やっぱり影であらぬ噂を立てられた事もあった。
三者懇談や進路面談で学校に行くと、必ず教師に変な顔をされた。

部活で遅くなった娘を迎えに行って「お宅の生徒が円光をしている」と
近隣住民から学校に通報された事もある。
それでも2人で暮らして来た。
再婚なんか考えた事もなかった。
それくらい娘には穏やかな、幸せな時間を与えてもらってた。

娘に話があると言われた。
「結婚したい人がいる。」と。
娘は25になってた。
俺が嫁と結婚したのと同じ歳。
正直複雑な心境だった。

次の日曜に相手の男に会った。
娘を見る目が優しかった。
こいつなら大丈夫だと思った。
安心した。
諦めもついた。(笑

あっという間に披露宴だ。
「お母さんが亡くなった時、本当にどうしようかと思った。
お父さんはまだ若かったから、私がいたら絶対に足枷になると思ってた。
だから、これからも一緒に暮らすのが当たり前みたいな態度でいてくれたのが
本当に本当に嬉しかった。

私のお父さんは、お父さんだけです。
今まで本当にありがとう。
お母さんが亡くなってからも、今までずっと幸せな子のままでいられたのは
お父さんがお父さんだったからです。」

娘がしゃくりあげながら読む花嫁からの手紙を聞いてたら
バージンロード一緒に歩いてた時点で必死で堪えてた涙がどっと溢れた。

娘が出て行く前に、箪笥の引き出し一つ一つに
「ぱんつ」「しゃつ」「とれーなー」「くつした」とか書いた紙をはっつけていった。
そこまで俺自分で何も出来ない父親かよwww
しかも平仮名www

近いうち娘に良く似た孫とか出来ちゃうんだろうな。
そんで「俺まだじーちゃんとかいう歳じゃねーし」とか言っちゃうんだろうな。

俺、間違ってなかった。
大変だったけど、父親って立場、選んでよかった。
嫁と結婚して良かった。
娘の父親になって良かった。

1人になって部屋は何か広くなっちゃったけど。
微妙な抜け殻感は否めないけど。

今度はいつか生まれて来る孫の為に頑張ってみようかな。

[コピペ]ほのぼの

266:おさかなくわえた名無しさん:2006/03/12(日) 10:46:49

父さんは手先が器用だった。

小学校3年生の工作、少し手伝ってって言っただけなのに、120%の渾身の精力を傾けて作ってくれた空母赤城。
何故かキットにない零戦の整備兵までいる。
物凄すぎて出せなかったよパパン…

イタズラも得意だったよな。
俺の歴史の教科書、ザビエルは天使になってるし、伊藤博文は
(=゜ω゜)ノぃょぅとかやってるし。(後でどれだけ怒られたと思ってるんだよw)

病室も折紙のカエルだらけにして看護婦さんに真剣に怒られてたっけ。

この間娘にせがまれてカエルを折ってやってたら、思い出して後で泣いてしまった。
死ぬ何日か前に車椅子に乗った父さんに会った時、こっちにおいでって言われたのに、
痩せ細った父さんが恐くて尻込みしちゃったんだよな。
あれが今生の別れだったのにな。
ごめんな。本当にごめんな。

あなたみたいに愛情深く、面白い人間にはなれないかも知れないけど、
いつかは娘を萌えさせてみせるから。

[コピペ]泣ける

271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/10(日) 14:02:51

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。
その事実を知らされたときは嫁と泣いた。何度も泣いた。
難聴と知らされた日から娘が今までとは違う生き物に見えた。
嫁は自分を責めて、俺も自分を責めて、まわりの健康な赤ん坊を産むことができた友人を妬んだ。
ドン底だった。
バカみたいにプライドが高かった俺はまわりの奴等に娘が難聴って知られるのが嫌だった。
何もかもが嫌になった。
嫁と娘と三人で死のうと毎晩考えていた。

ある晩、嫁が俺に向かってやたらと手を動かしてみせた。
頭おかしくなったんかと思ってたら、喋りながらゆっくり手を動かし始めた。
「大好き、愛してる、だから一緒にがんばろう」
手話だった。
そのときの嫁の手、この世のものじゃないかと思うくらい綺麗だった。

それで目が覚めた。何日もまともに娘の顔を見てないことにもやっと気付いた。
娘は眠ってたが、俺が声をかけるとニタッと笑った。

あれから三年。
娘の小さな可愛い手は上手に動いてる。喋ってる。

[コピペ]いい話

712:おさかなくわえた名無しさん:2011/08/13(土) 15:46:13

ありがちだけど、自分が養子だった事。
高校生の時に戸籍を見た事で知って、何で隠してたのか、俺を騙してたのかと
帰宅したばかりの親父に食って掛かった(さすがに母には言えなかった)ら
「ちょっと迷子になったってだけで騒ぐな。ちゃんと探してやったろうが」だと。
両親的には俺は、「生まれてくるとき、出てくる腹を間違えた阿呆」という事になっているらしい。
自分としては凄く衝撃的な事実だったのに
余りにもあんまりな返答を返された俺は、唖然としているうちに
「で、お前宿題終わってんのか」の一言で自室に追い払われた。

後に、俺は不妊に悩んでいた両親が
ふらりと訪れた施設で、ハイハイダッシュで駆け寄ってきた赤ん坊だったと聞いたw
母も父も、俺を抱き上げた途端「あ、これうちの子だ」「こんなところにいた」と感じたらしい。

ちなみに俺が引き取られた後、不妊に悩んでいたはずの両親の間には
男二人女一人、見事にぽろぽろと子供が産まれ、俺は4人兄弟の長男に当たる事になる。血縁ないけど。
だけど弟二人は、俺が養子だと聞いても、血液型確認したくらいで
妹は「それ戸籍が間違ってるよ。だってお兄ちゃんとお父さん、
寝相も寝返りうつタイミングもぴったり一緒だもん」だそうだ。
そんな親子証明はいらないwww

多分、俺がいたという施設に問い合わせれば
実親の事も少しは判るかもしれないけれど
全く興味が沸かない自分が、きっと腹を痛めて産んでくれたのであろう人に
申し訳ないかなとは思っている。

[コピペ]泣ける

562:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/11(月) 21:42:51


流れ切ったらごめん。
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1309988592/l50
から誘導されました。

酔ってるから読みにくいかも知れない。
あと、書くべきスレが違うかも知れないけど 他に適切なスレが見つからないんだ。本当にすまない。

俺、26歳。嫁、32歳。子、5歳。
俺も嫁も親類はいない。

1カ月前に嫁が他界した。
本当にいきなりで、いまも信じれらない。

珍しく俺の方が先に起きていつまでも嫁が起きてこなくて子供の保育園の時間になっても起きてこない。
いいかげん起きないとやばいんじゃない?と思って起こしに行ったら息してなくてさ。救急車呼んでさ.

なんか警察とかも来てさ。
ここらへんあんまり憶えてないから説明出来ない。

よくわかんねーままに嫁は解剖されちまって脳卒中だってよ。
32だぜまだ。若いよ。

俺自身仕事どころじゃなかったんで有休使ってる状態。
上司に話したら少し休めって言ってくれた。
有休あんまりつかわなかったし、忌引きが使えるからって。
でも、嫁を送り出してから1週間経つし、そろそろ行かなきゃいけな

い。
チビにもママがいない日常をわかってもらわないといけない。
そう思って今日子供と一緒に買い物に行ったんだ。
コンビニに弁当。俺、飯作れないし。

コンビニ弁当を子供と食ってたら子供が「ママのご飯食べたい」って
泣くんだよ。俺だって食いたいよ。
ケアしてやらなきゃ、って子供抱っこして、俺も一緒に泣いた。
俺もお前も男なんだから我慢しなきゃならんなーって話しながら
30分ぐらいgdgdに泣いて、チビが「あ!」って冷蔵庫に走って行っって俺を呼んだ。
「パパ!ママのご飯あった!」って。
んなわきゃねぇよって思いながら行ったら冷凍庫に一杯入ってんの。嫁の飯。
共働きだからって土日にまとめて料理してた嫁の飯。
俺の好きな豚の角煮もチビの好きなホワイトシチューももうなんかいろいろ。白飯まであんのw

またそこで俺泣いて、子供が「チンするんだよね?」って持ってって一緒に食った、嫁の味がした。

泣きつかれて嫁の飯食って笑った子供が寝たので嫁の角煮を少しずつ食べてんだ。
うまいんだ。ビール、に合うんだ。
嫁が大好きだったんだ。なんで今横にいねーんだ。
なんでだよ。ずっと一緒にいるって誓ったじゃねーか。
長文すまん。

[コピペ]ほのぼの

521:彼氏いない歴774年LR変更議論中:2011/06/13(月) 02:28:04


小振りなスーツケース持った疲れた顔した30代くらいのスーツの男性
ガラガラさせながらグッタリした感じで歩いてたんだけど前から
「おとーさあああああああん!!!」
って小学生くらいの女の子が全速力で駆け寄ってきて
男性の顔が(´・ω・`)フゥ…→( ゚д゚)ハッ!→*:.。..。.:*・゜パァァァ(*´∀`)゚・*:.。. .。.:*・
って変わってって、パァァになった頃に子供が到着、ダイビング!
男性スーツケースをパァン!って放り出して子供を抱き上げ!
そのままくるくる回って、キャッキャ言いながら
男性「ただいま!どしたん?何かあった?」
子供「おかえり!なんかあった!お父さん帰って来た!」
男性&子供「ウフフフフフフフ!」
そのまま抱っこして歩き出して、暫らく歩いてからハっとして戻ってきて
放り投げたスーツケース片手で拾い上げてた。でも子供は下ろさなかったw
出張帰りなんだろうなあ…「お母さんが今ハンバーグ作ってる!」とか
「スープをとうもろこしから作ったけど粒私が取ったの!」とか
「今日一緒にお風呂入っていい?」とか、子供が凄い勢いで喋ってた
お父さんはずーっと「うん!」「うんうん!」「うんうんうん!!」って頷いてた

2ch

全国の娘を持つお父さん必読のスレを紹介したいと思います。タイトル通り恐ろしい現実が待っているかもしれません。

僕も二人の娘がおります。2011年現在3歳と6歳です。パパイヤと言われようとも、地道にパパをやっております。

そんな娘たちも、年頃になって来ると、

やれニンテンドーDSを持ちたいだの、ケータイを持ちたいだの、挙句の果てには彼氏を持ちたいだの言うに決まっているんです。

きっと門限を過ぎても帰ってこない娘を玄関で座り込みながら待ち続けるに決まっているんです。

既に友人の結婚式等に参加すると、

新婦の父親目線

でしか結婚式を見ることができない哀れな僕ことお父さん。

そんな僕に確実にダメージを与えた二つのスレを紹介したいと思います。念の為、気になるレスというかお父さんの激白を箇条書きにしてみました。

高校生の娘が彼氏を連れてきたんだが

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:05:25.61 ID:Vc1Ebt6k0

泣いた

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/02/27(水) 00:07:27.58 ID:Vc1Ebt6k0

俺は40歳

しがないサラリーマン

娘はまだ17歳 春から高校3年生

娘が家に彼氏連れてきたあああああああああああああああ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/21(土) 22:01:13.92ID:aSnqhQuXP
俺がオムツかえてやったこともあったのに・・・・・・
ミルク飲ませてやったこともあったのに・・・・・
いつの間にこんなことになったんだああああああああああ

31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/21(土) 22:14:36.09ID:aSnqhQuXP

娘は今年19になる大学一回生

さて、この不憫な二人のお父さんの詳細は以下より

[コピペ]切ない

震災で嫁に死なれちゃった既男スレより

227:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 14:36:58.44


スレ違いかもしれんが・・・
うちは、一人自宅で留守番してた息子(5歳)だけ津波の犠牲になった。
私は当日から、被災地にて被災者の救助をしていた。
安否の確認は取れないが、ただただ家族の無事を祈ってた。
そして私は、被災した人々を一人でも救うために救出活動に専念した。
だが、祈りは神様には届かなかったようでした。
母が自宅に行き捜索してくれたそうです。
息子は自宅の2階にて発見され、その傍で飼い猫が息子に寄り添っていたそうです。
もう一度だけでいいので笑顔の息子に会いたい。

228:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 16:30:26.91


>>227
五歳でひとりで留守番?

230:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/09(木) 21:37:52.44


>>227
奥さんは?

234:227:2011/06/10(金) 13:54:38.47


>>228>>230
嫁は嫁友と車で買い物に行った際に震災に遭ったそうです。
その際に息子は自宅で留守番をしたいと言ったみたいです。
そして地震直後に直ぐ帰宅したかったそうですが、
嫁友がグズって動けなかったし、こんなに津波の被害が出るとは
想像もできなかったと言ってました。

240:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/10(金) 18:57:23.00


飼い猫も一緒になくなってしまったのかな。
傍にいたって事は息子さんを守ろうとしてくれたんだろうか…
子供の不幸は本当に辛いな…ご冥福をお祈りします。

246:227:2011/06/12(日) 22:02:46.25


>>235以降の皆さん、お心遣い大変ありがとうございます。
昨日は、月命日なので自宅の跡地に行ってきました。
皆さんに誤解を与えてしまっていると思います。
息子と一緒に居た飼い猫は一応無事です。
母が探しに行った時は一心不乱に息子の頬を舐めていたそうです。
普段は人懐っこい飼い猫ですが、母が息子に触ろうとすると威嚇したそうです。
この飼い猫は家を立てた際に、近所でダンボールに入ったまま捨てられていた
子猫を息子が拾ってきてた猫です。
兄弟が居ない息子にとっては本当の兄弟のようでした。
ご飯も、遊びも、寝る時も息子と常に一緒でした。
まさに、もう一人の息子です。
今は誰も恨めず、ただただ自然の不条理を嘆くばかりです。

247:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 22:54:22.36


>>246
まぁ、なんだ・・・かみさんのフォローは必ずな
辛くても当たったりすんなよ
大事な人はこれ以上なくすな

それにしても辛いよな

248:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/12(日) 23:26:00.59


>>246
もう3ヶ月か。まだ3ヶ月というべきか。

嫁さんと供に体大切にな。

合掌。

249:227:2011/06/13(月) 00:21:57.58


>>247>>248
ありがとうございます。
嫁のフォローなのですが・・・
嫁と義父母の申し出により息子の納骨が済み次第、離婚となりそうです。
私は嫁を支えて行きたかったのですが、私と居ると息子を思い出してPTSDの一つで
過呼吸など発症するようでし、前向きに生きるために離婚して欲しいとのことです。
私は震災で全てを失いました。
愛する息子、そして家族。
ですが震災の中から光明も得ました。
見ず知らずの人々や被災者の方々からの励ましの言葉、労わりの心、
労いの言葉等・・・本当に救われます。
これからも厳しい現実が待っています。
ですが、私の心の中に居る亡き息子のためにも復旧活動を頑張りたいと
思います。
本当に皆さんに聞いていただいて感謝しております。
部下の前では泣く事すら許されませんが、今も涙しながら打てて救われます。
では失礼致しました。

[コピペ]泣ける

2013-08-11_1830

457:名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/02(木) 21:52:29

俺は結婚してから妻に愛してるなんて言ったことがない
プロポーズもしなかったし、自然に結婚していた
俺と同じ働き先の若い子に此処を聞いて、読んで改めて妻に伝えようと思った昨日
早めに退社して、ケーキ買っていこうと思ったが、参った
妻の好きなケーキが解らなかった
娘のはすぐに解ったのになぁ
慌て娘に電話したら、珍しがっていたが、妻の好きなケーキを教えてくれた
買って帰ったら、妻は凄く喜んでくれた
どういう風のふきまわし、ってニコニコしながら
思えば仕事一筋で、残業続きでなかなか家に居れず、娘のことも嫁に任せっきりで
妻話を相槌か上の空でしか聞いてなかったのに
ずっとついて来てくれた妻はたった一つのケーキに喜んでくれて
自然に胸が熱くなって、言っていたよ

ありがとう
娘を24になる今まで一人で育ててきてくれたこと
家庭をしっかり支えてくれたこと
仕事一筋な俺を影で支えてくれたこと
見捨てないでくれたこと

涙が情けなくも出た
娘がビックリしてこっちを見ていたが、知らん

もうすぐ退職だが、これからは二人で歩もう
愛してる、結婚してくれてありがとう

妻もボロボロ泣いていた
初めて言ってくれた、って詰まる声で言っていた
娘もつられて泣きながら、家族全員しょっぱいケーキ食べた
此処を見ていなかったら、俺は大事なもん失うとこだった
ありがとう
これからは妻を娘を大事にする

[コピペ]切ない

ちょっと前に紹介した印象的なコピペ、

あの日までみんな幸せだったんだ

震災で嫁に死なれちゃった既男スレよりまた切ないヤツを紹介したいと思います。

120:名無しさん@お腹いっぱい。 :2011/05/01(日) 11:48:05.81
まとめサイトで知ったけど、こんなスレあったんだ 

うちも嫁だけ死んだ
俺と子供と家が残った
海沿いで働いてたから、避難途中で津波にやられたらしい

幸い見つかったけど、所持品でかろうじて嫁ってわかるくらいで
とても子供に見せられる状態じゃなかった
遺品、重かった
水と泥で、嫁の体重くらいあるんじゃないかって思った
火葬前にそっと見たら、水が抜けてて、ちゃんと嫁の顔になってた

子供はまだ小さくて、ママが死んだことわかってない
「ママどこ?」って泣いてばかりだ
泣いて泣いて、泣きつかれて寝る毎日だ
保育所再開したけど、とても預けられる状態じゃなくて、仕事の時間は
俺の実家で待ってる

嫁が植えたチューリップがやっと咲いた
子供がママお帰りって言うんだ

俺、これからどうしたらいいんだろうな

不謹慎かもしれませんが、あまりにも切なくて。

詳細は以下より