新サイト(はてなブログ)

[コピペ]泣ける

2013-05-29_2322

相変わらず子どもネタには弱い僕です。自分に置き換えちゃって大変です。

二歳の子どもに異変が起こるところから始まります。


突然だけど、うちの娘の話をしたいと思う。

うちの娘が二歳の時だ。娘の様子がおかしいことに気づいた。
言葉の発達が遅いのは以前から気づいていたが、あらためて考えるとおかし
いことだらけなのだ。

食事は手掴みで口に押し込む……
いつまでもおむつが取れない……
人の話を聞かず常に興奮状態……

年相応の成長が見られず体だけが成長していく。
これはあまりにもおかしい……

妻と相談していると親戚から県内でも一番高度な脳神経医療を行う病院の事
を聞かされた。 その病院のサイトを調べたところ、
一週間後にその病院で小児の脳神経発達相談を一日だけ開くことがわかった。

俺は仕事を休み、100km以上離れたその病院に向かった。
ちなみにその発達相談は月一回であり予約制、うまく空きがあったのはラッ
キーだった。

発達相談で某有名医大の小児脳神経の専門家に診てもらい、
時間の空きがあると言うことで念のために脳のMRI画像も撮ることにした。
<続きます>

[コピペ]ほのぼの

784:仕様書無しさん:2008/10/17(金) 10:46:10

息子が歌ってた替え歌が脳内でエンドレス(ハピバースデーの曲で)

 吐き出ーせー 牛乳ー ♪
 吐き出ーせー 牛乳ー ♪
 吐き出ーせー 鼻からもー ♪
 吐き出ーせー 牛乳ー ♪

誰か止めて… orz

[コピペ]ほのぼの

2013-06-14_1033

966:彼氏いない歴774年:2012/06/25(月) 20:51:53

マンションの隣の家に去年赤ちゃんが生まれた
ぜんぜん騒音とか聞こえないけど、丁寧にケーキ持って「うるさくなりますが」って挨拶にこられた
隣家じゃなきゃ全く接点ない美人&イケメンなリア充っぽい夫婦だった
今日ベランダに出てたら、奥さんと赤ちゃんもベランダに出てきたらしく会話が聞こえた
なんとなく咄嗟に気配殺しつつ洗濯物を取り込み続けたw

奥さん「きれいねえ、お空青くてきれいねえ」
奥さん「◯◯君、飛行機飛んでるよ、ほらっ、あそこ!」
奥さん「お花きれいねえ、◯◯君がお花好きかなと思ってママ植えたのよー」
赤ちゃんは奥さんの言葉に関係なくキャッキャ言ったり唸ったりしてる
奥さん「あー幸せだねえ、◯◯君。ママは今、人生で一番幸せなんだよ、◯◯君」
奥さん「◯◯君、ありがとうねえ」

無言で洗濯物取り込みながら、なんか泣いてしまった
疲れてんのかな

[コピペ]ほのぼの

698:目のつけ所が名無しさん:2010/07/17(土) 13:12:11

今日、三歳息子と公園行ったら、よく会うA君(三歳)親子と出会った。
A君は、将来ジャニーズか?みたいな美少年で、公園で遊ぶにも
全身ビシっとブランドもので決めていて、とてもオシャレ。
(オシャレなのはお母さんなんだけど)

「お、A君!今日もカッコいいねえ」と挨拶すると、 A君はニコリと笑って
「俺、かっこよくないよ。今もウ○コもらしているしね!」
と爽やかな笑顔でハキハキと答えてくれた。お母さんが大慌てで
パンツを確認すると、そこにはでっかい●が!!
美少年でブランドで発達が早くても、やはり三歳児だなあ 
可愛いやら可笑しいやらw

[コピペ]いい話

635:名無しの心子知らず: 2011/07/26(火) 03:15:53

小学1年生になった息子が、物凄く持ち物をなくして帰ってくる。
鉛筆に始まり、筆箱までなくした。
本人に聞いても「いつの間にかなくなっている」としか言わない。
なぜそんな大物なくして気付かないのか、もしかして何か障害があるのか?と、ちょっと変なスイッチが入った私は
市販の筆箱を改造し、GPSの小さいのを隠して入れた。
またなくして帰ってきたら、どこに置いてきたのか一緒に探して息子に気を付けるように言おうと思っただけでした。

そしてすぐにその日はやってきた。
息子が筆箱がなくなったとションボリして帰ってきたので、GPSで検索。
なんか有り得ない場所にある。
学校ではなく誰かの家。

迷ったが、息子には学校に有るだろうからお母さんが探してくると言って、担任に相談しに行った。
担任は私の話を聞くと、この噺は内密に、逆恨みされると子供に危害が及ぶかもしれないのでと言い、
そのお宅に家庭訪問しに行った。
私は帰宅し、息子には先生と探したがなかったと報告し、私が使おうと買っておいた象が乗っても大丈夫な筆箱を息子にあげた。


640:名無しの心子知らず: 2011/07/26(火) 03:34:00

その夜、担任は我が家にやってきた。
取り急ぎGPSがあったことに相手が気づく前に回収したかったと言っていた。
それは成功したらしく、息子の筆箱と今までになくなったものが全て無傷で帰ってきた。

息子は盗られていた事実に気付いていないのでそのままもう少しの間気付かせないで欲しいと言われた。
盗った子はとても良い子に私には見えていたので衝撃だった。

そしてその後、その子の家庭は崩壊した。
母親は返品され、子供を引き取った父親は引っ越して行った。
母親が金目のものを持って来いと指示しており、子供は毎日何か持ち帰らないと夕御飯が貰えなかったと噂話できいた。
うちのGPSがきっかけになったことは担任と私だけの知るところで、逆怨みはなかった。

と言うことが数年前にありました。
盗った子から手紙が来て、息子と一緒に読みました。
あの時たくさん盗ってごめんねと。
息子は気付いていたらしい。
何か持って帰らないと夕飯抜きなことも全て。
そうだったのか。親って何も分かってなかったんだなと涙が出た。

お母さんあの時は心配かけてごめん、ありがとうと言われて更に泣けた。