ビデオiPodがやってきた(iPodレビュー)

ipodvideo.jpg ついに我が家に到着した第5世代iPod、通称ビデオiPod!
先月買ったnanoはどうするんだ、だとか、娘にちょっとは何か買ってやれ、だとか、様々な激励のコトバを周りからいただきまして、
 
 
ちょっとヘコみました(泣
 
 
 
しかしこのiPodの魅力はそんな暗い気持ちの全てを吹き飛ばして有り余るものがある、とだけは断言しておきましょう。
では、レビューを


5G(第5世代)Video iPodレビュー

ipodv5.jpg いつもならネットで購入するこの手の商品ですが、たまたま行った家電量販店にて購入しました。もうあり得ない位の偶然さで、今尚入手困難なiPodをゲットすることが出来ました。ヤッター♪
ipodv2.jpg まずパッケージを見てびっくりしました。nanoと同じ大きさなんです。まず、小さな感動。
nanoの時と同様に開けてみると・・・・・
ipodv6.jpg  
 
ああ、買ってよかった(涙
 
 
「音楽を盗用しないでください」の注意書きも泣かせます。
今回買ったのは30GBモデル白。60Gも考えたのですが、60Gの方は思ったよりも分厚かったため、30Gをチョイス。相変わらずの美しさです。
第4世代iPodよりもずっと薄くなっています。そしてなんといっても画面の大きさが感動的です。2.5インチの液晶が堂々と収まっています。

音楽を落としてみた

ipodv7.jpg itunesの素晴らしさはnanoの記事を見てもらうと分かるのですが、あえて書きます。iPodの魅力はこのitunesありき、なのです。
iTunesとの連携でこそなんの機能も持たないiPodが生きてくるのです。
PC内の音楽ファイルを全て送ると、大抵のMP3プレイヤーはどこに何があるのかさっぱりわからなくなってしまいます。
そこで、itunesにてある程度プレイリストを作成しておくと、簡単に目的の曲にたどり着くことが出来る、というわけです。
また、聴いている途中にも、「この曲(またはアルバム)をまた聴きたい」という衝動に駆られる場合があります。プレイリストに入れていない場合は、またアーティストやアルバムで検索をかけないといけません。
しかし、iPodは違います。中央の丸ボタンを押し続けるだけで、On-The-Goというプレイリストに入ります。
次回からこの曲を聴きたいときは、On-The-Goを選択すれば、たちまち目的のファイルにたどり着ける、というわけです。便利ですねえ。
基本的な操作は以前のiPodやnanoと同様です。ボタンは5つ、それとホイール。シンプルなのに、いろんな事ができる、そんな神のような操作性なのです。この辺は他のメーカーが全く真似できないところであると言えます。

あなどれない動画再生機能

今回の5G iPodの目玉、動画再生機能はかなりのクオリティでした。美しいです。こればっかりは、実機を見てもらうしかないのですが、手持ちの動画ファイルをMPEG4形式に変換かけて落としてみました。画像はサンボマスターの「そのぬくもりに用がある」ですね。むさ苦しい三人が美しく見えますね。
サンボマスター iTMSで販売されているミュージックビデオは勿論、ちょっとしたテレビ番組なんかは字幕もちゃんと読めます。
iPodで動画なんて。と言っている方は多いと思います。しかし、これから時代は変わるのです。
まだ日本でのサービスはあまり始まっていない、ビデオポッドキャスティングが本格化するとこのiPodが生きてくるわけです。
毎日のニュースや、連続ドラマなどがポッドキャスティングされると、朝出勤前にダウンロードして、通勤時にそれらを閲覧する、なんて事が当たり前の世の中になります。なってもらわないと困ります。
これにより、個人的が運営する放送局がどんどん生まれてくる予感がします。これは実は凄い事なんではないかと。
動きのチラツキなんかは全く気にならないレベル、再生までのタイムラグも数秒、と文句なしです。
この動画機能、結構楽しいので、是非使ってみて欲しいです。MPEG4への変換方法は後日また記事にしたいと思っています。

豊富なアクセサリ

既に発売されているアクセサリも魅力的です。
中でも今回から進化したDock(置くだけでPCとの連携をする装置)は必須のものとなっています。
■Apple iPod Universal Dock [MA045G/A]
■Apple Remote [MA128G/A]
全てのiPodが装着できるのは勿論、今回からリモコンにも対応しました。
自宅のオーディオにiPodを接続している方は結構いると思うのですが、これが遠隔にて操作できるのはかなりの便利さです。

■iPodAV ケーブル

そして、第5世代に対応して、なんとTV出力機能も備わっています。すげえです。
■iPodソックス
傷がつきやすいとされているiPodの保護カバーも必須のアイテムかと。
■FOCAL POINT iTrip2 NEW IPOD TRANSMITTER
そしてクルマでもiPod。FMで音声を飛ばします。これは色んなメーカーから発売されていますね。

■iPod Camera Connector

デジカメから直接iPodにインポートできるモジュール。コレ実は外出先なんかで便利なんですよ。

まとめ

というわけで、やっぱりappleの商品戦略にまんまとハマってしまった僕です。しかし間違いなく「買い」であるiPod、お店には旧iPodが安く置いてあるかと思いますが、この新しいiPodを断然オススメします。画面の大きさと薄さはやっぱり魅力的です。
そしてnanoか、iPodか、という選択肢になるかと思います。
やっぱりnanoの小ささは魅力的ですし、容量4GBというのも以前に比べたら断然大容量です(4GBモデルは2Gのフラッシュメモリを二つつけているらしい)
沢山のファイルを持ち歩きたい方は随分スリムになったこのiPodが良いと思います。また、近い将来に必ず流行するであろう、ビデオpodcastingにも対応しているのも見逃せません。
クルマのメーカーも続々とiPod対応カーオーディオを発売してきていますし、「iPod対応」を謳った製品も続々登場しています。そんなわけで他のメーカーの商品が選択肢に入らないと言っても過言ではない今、アナタならどちらのiPodを選びますか?

その他iPodレビュー

■ 【衝動レビュー】第5世代 Video対応iPod 見参!(SHODO(衝動)
なんとこの方は件のDockも、リモコンも購入されているツワモノです。どうやらリモコンはあんまり使えない代物のようです。

当サイト関連

■iPodに動画を落とす方法 for windows(Videora)
■iPodに動画を落とす方法 その2(補足など)
■iPodに動画を落とす方法 その3(FAQ的なもの)
■iPodにDVDから動画を落とす方法(FairUse Wizard)
■ビデオiPodがやってきた(iPodレビュー)
■嫁との会話12 – iPod購入の果てに
■ビデオプレイヤーにもなる新iPod、買ってもいないのにレビュー
■iPod nanoがやってきた(iPodnanoレビュー)

iPod関連

アマゾンで買うか、アップルストアで買うか、それが問題です。
ついにアマゾンも入荷したようです!品切れ必至ですね
■Apple iPod 60GB ブラック(アップルストア)
■Apple iPod 60GB ブラック(アマゾン)
■Apple iPod 30GB ブラック(アマゾン)
■Apple iPod 60GB ホワイト(アップルストア)
■Apple iPod 30GB ホワイト(アマゾン)
■Apple iPod 60GB ホワイト(アマゾン)

物欲

Posted by ayu