最高峰クオリティのトラックパッド Logicool T650レビュー


MacBook Proを数年前から使い始めてからというもの、マウスを一切使わなくなりました。
MBPの最大の魅力は、革命的なトラックパッドと最強に使いやすいキーボードだと個人的には思っています。

by カエレバ

これに慣れてしまうと、他社のノートPCが激しく霞んでしまいます。過去にVAIOを3台使ってきて「VAIOサイコー!」とか言ってたのにもかかわらず、です。あ、すみません、最強だという人が結構多い、thinkpadの上位機種は僕所有したことないです。

これ、NewBlanceのスニーカーを履いてしまうと他のスニーカーに全く興味がなくなってしまうのにとても似ています。

というか自作PC大好きだった僕ですが、個人利用においては色々な理由から


もうノートブックしかいらない


と思うのです。

そんなわけで会社で使っているDELL製PCに付属しているマウスのあまりのクオリティの低さ、あまりの耐久性の低さに辟易していたところ、評判を聞いて買ってみたのがこちらのトラックパッドです。



これが非常に良かったので紹介したいと思います。



最高峰クオリティのトラックパッド Logicool T650


あくまでもApple製のトラックパッドとの比較ですので、他に良い製品がある、というのなら教えてほしいです。

指の滑り


Apple製のトラックパッドの驚くべき部分はこのガラス(?)で出来たトラックパッドの指の滑りが超心地よい、ということです。
この絶妙な摩擦具合がMacbookProの価値を底上げしていると言っても過言ではないと、僕は思うのです。

でこのT650、素晴らしいです。ほぼApple製と見間違うほどのクオリティです。ちゃんと滑ります。

欠点としては、僕のような脂ぎった中年はどうしてもパッドに付着しやすい油分が気になってしまうことです。
これって仕方ないことなんでしょうか…

クリック


Apple製のトラックパッドの売りのひとつに「どこをクリックしても、OK」というのがあります。
最初、この感覚がわからず、ぎこちなかったんですが、使いはじめるともう一気にその素晴らしさに気がつきます。

ボタンの付いてるトラックパッドが急に古臭く感じます。

このt650も同様に「どこでもクリック」が実現できているのですが、
ここのクオリティが今ひとつです。
そんなに気にならないレベルだとは思いますが…

もう少しだけ「クリックしている感」が出ていて欲しかったです。うーん残念…

ドライバの設定で「タップ」という選択肢もあります。クリックしている感がイマイチなので、「タップ」にて使用する事にしています。

スワイプ


2本指等で指をスライドさせるスワイプの動作もかなりクオリティ高いです。
ノートPCの本体に付属しているトラックパッドとの違いがこの辺でわかってくるのではないでしょうか。ある程度の大きさがあるのも良いと思います。

惜しいのがこのスワイプに色々な動作を割り当てられないことでしょうか。ドライバのアップデートもしくはフリーウェアの登場が待ち望まれます。

ドライバ


パソコンで使う限り、ドライバソフトをインストールして利用するのは他のマウスと同じです。

設定画面はこんなカンジです。




動作に関しては、ちょっとゆるぎがない、というか敏感過ぎるというか、ほんのちょっとだけ遊びが欲しいといったところでしょうか。もう少しドライバのチューニングをなんとかして欲しいです。
細かいことを書き過ぎていますがこの辺の塩梅がAppleのとても上手なところなんじゃないかと思います。

設定に関しては、もう少し細かく設定出来れば、という部分が大きいです。これロジクールドライバ全般がそうです。

まとめ


とまあ、色々文句も書きましたが、現時点(2013年8月)でwindowsで外付けでトラックパッドを選択する場合にはこのLogibcool T650が最高峰だと思われます。

これで、もう自宅でも会社でもマウスを使わなくなりました。


オススメです!


Apple厨へはこれ


どうしてもアップルじゃないと!という輩には勿論純正のMagic Trackpadです。


windowsでも一手間加えればちゃんと動作するらしいので、windows向けにもよさそうです。

物欲

Posted by ayu