/* THKアクセス解析 */
管理人ayu

福岡市在住。エンタメ、ラジオ、音楽、ガジェット好きです。2000年頃から長いことやってます。日々の暮らしを豊かにする何かを探しております。
SNSでは毎日なにかしらのオススメを更新しております。どうぞ宜しくお願い致します。
詳細な自己紹介 → このサイトについて
はじめての方にオススメ → 今月の人気記事一覧

twitter  instagram

映画・ドラマ


ルパンと言えばやはり宮崎駿監督のカリオストロの城がダントツに名作ですね。あのスピード感といい、ストーリーといい、今見ても色褪せない素晴らしい作品だと思います。もうこれまでに何度観た事か。2ちゃんねるでは未だに再放送の度に実況スレがサーバ落ちするらしいです。バカですね。しかし、それを上回りかねない、ルパンが存在していたのです。

実写で

映画・ドラマ

しかしつまらなそうな写真とロゴですね
■下妻物語(DVD)
最近邦画ばかり観てます。今回は深田恭子主演・土屋アンナ助演の青春ストーリー。このロゴと写真、そして配役を見て、全く観たくないと思った人も多かったと思います。しかし・・・
この映画、サイコーの出来栄えなんですよ。もう何度も観てしまいました。ブリジットジョーンズ?そんなもん観てる場合じゃないですよ。

映画・ドラマ


ウォーターボーイズで一躍有名になった「矢口史靖」監督の映画を紹介。
前回の「男の子がシンクロ」に対して今回は「女の子がジャズ」という題材をモチーフにした、超単純明快青春ストーリーであります。これがホントに面白かった。
待望のDVDが遂に3月25日、発売です。

ネタ,映画・ドラマ

bob-1.jpg

追記!

動画が観たい方、必見です。
■ボブの絵画教室(JOY OF PAINTING)DVDボックス発売!(動画有)
今でも検索で飛んでくる方が結構多い、「ジョイ・オブ・ペインティング(joy of painting・ボブの絵画教室)」
アフロのおじちゃんがグダグダ喋りながらほんの30分足らずでありえない程緻密で美しい風景画が完成する驚愕の番組だった。
先日、DVDが発売されたことで一気に有名になった。
もう既にボブおじちゃんは他界されているが、その素晴らしい仕事を紹介しようと思う。

music,映画・ドラマ

■真夏の夜のジャズ (JAZZ ON A SUMMER’S DAY)

ついにDVDをGETした。真夏の夜のジャズ。1958年ニューポートジャズフェスティバルの模様を映像化した作品。
この映画で人生が変わりました
という方が多いこの作品。写真家の監督作品ということで、とにかくカッコイイ映像が続く。その映像に乗せて当時のジャズ界の名プレイヤーが演奏する音楽がたまらない。そしてそれを聞きいっている観客のなんと幸せそうなこと。

映画・ドラマ

パッキーとムンム
ピコピコポンって知ってますか?87年4月から91年3月までの4年間NHK教育にて放送されていた最強の人形劇です。
奇妙なストーリー展開、妙にシュールなギャグ、当時大人のファンが多かったという事実もうなずける楽しい番組でした。当時強く感じていたのは、「スタッフがめちゃ楽しんで作っている」という事。
僕の周りには知ってるヒトは皆無でした。

追記

youtubeでオープニングがアップされてるとの情報を得ましたので追記しました

映画・ドラマ

追記!
詳しいレビューを書いてみました。
■ジョイ・オブ・ペインティング(ボブの絵画教室)レビュー

以前の記事でも紹介した、素敵絵画番組、「ボブの絵画教室(joy of painting)」が遂にDVD化です!
bob.jpg


created by Rinker
¥8,480(2024/05/28 04:27:32時点 Amazon調べ-詳細)
B000M7FT34


恐ろしく上手い(素人目には)風景画をキッチリ30分で描き上げてしまう、アフロヘアーが素敵なボブさん(95年にガンで亡くなったそうです・・・)のこの番組(ジョイ・オブ・ペインティング)はNHKBSにて放送されてました。表題どおり、絵を描く楽しさが素人にも分かる素晴らしい番組でした。これを観て絵を描いてみようと思った方も多かったのではないでしょうか?ビデオに取って何回も観てたなあ。吹き替えの方が最高に抜けてて笑えた記憶があります。もう10年以上も前ですが。

映画・ドラマ


ダニス・タノヴィッチ / ノー・マンズ・ランド(AMAZON)

公開当時はかなりの話題を呼んだ、2001年カンヌ映画祭脚本賞を受賞した「No Man’s Rand」

(あらすじ)
1993年、ボスニアとセルビアの中間地帯<ノー・マンズ・ランド>に取り残された、ボスニア軍兵士チキとセルビア軍兵士ニノ。お互い殺すか、殺されるかの緊迫した状況の中、交わされる二人の会話。戦争に巻き込まれ互いを憎みあいながらも、一体何故争っているのか分からずにいる二人の間に幾たびか心を通わせる瞬間が訪れるのだが...。

この国の事は恥ずかしながら何も知らないけど、この映画に込められたきつーいメッセージと、それをさらりと魅せるユーモア感は観るに値するものだと思った。
リンク先のAMAZONのレビューは賛否両論になっているが、個人的にはかなり好きな映画だった。情勢に詳しいヒトなら色んな捉え方ができるようですね。
それにしても物語に登場する国連防護軍って
何やってんの!!(ブライト風に)
と問いたい。あと身勝手なマスコミもね。
これって映画の中だけではないんだろうなと、痛烈に感じたなあ。なんにしろオススメ映画ですね。

映画・ドラマ

ついに予告編が公開されております。
■Matrix オフィシャルサイト
キアヌが意味のわからない動きをしてますね。
もう半ばストーリーなんてどうでもいいようです。
それはそうとマトリックス in TOKYOはまた催されるのだろうか?是非やってほしいなあ

日記,映画・ドラマ

プラネテスを見た。
新番組のアニメだ。土曜日の8時という時間帯はいかがなものかと。

主人公ハチマキ(星野八郎太)はサラリーマン。 宇宙ステーションでデブリ(宇宙ゴミ)回収を仕事にしている職業宇宙飛行士だ。 自分の宇宙船を手に入れるため、 同僚のユーリやフィー、 新人のタナベとデブリを回収する日々。 今年で4年目を迎えた25歳、 そろそろ自分の生き方を考え始めてきた。
2075年。 地球、 宇宙ステーション、 月の間を、 旅客機が普通に行き交う世界で、 ハチマキはどう想い、 成長していくのか。
ハチマキは今日も仕事に出掛けていく。

原作は読んだことないが、設定がものすごくしっかりしてそうなカンジで久々に面白そうな予感。
絵のタッチも結構好きかも。モーニングで連載されてるのね。知らんかった。
「宇宙飛行士もサラリーマンなんだよ!」
ってセリフが印象的でした。