/* THKアクセス解析 */
管理人ayu

福岡市在住。エンタメ、ラジオ、音楽、ガジェット好きです。2000年頃から長いことやってます。日々の暮らしを豊かにする何かを探しております。
SNSでは毎日なにかしらのオススメを更新しております。どうぞ宜しくお願い致します。
詳細な自己紹介 → このサイトについて
はじめての方にオススメ → 今月の人気記事一覧

twitter  instagram

【映画】ジュリア(s):4つの人生を見事に描いたマルチバース作品

映画・ドラマNetflix,PrimeVideo

もしもあの時行動していたら(していなかったら)と、誰しも思う人生の選択を、実に巧妙にマルチバースモノに落とし込んで描いた傑作ヒューマンドラマ。自分の人生も選択の連続であったことを思い出さずにはいられません。

SFに寄せすぎないバランスも良く、主演のルー・ドゥ・ラージュさんの演技に鳥肌でした。

まとめ、ネタバレなし感想を書いてみます。

ジュリア(s):あらすじ

2052年のフランス・パリ。80歳になったジュリアは充実した半生に満足しながらも、過去を思い返し自分が歩んだかもしれない別の人生を思い浮かべていた。ピアニストを目指していた17歳の秋に始まり、「もし、バスに乗り遅れなかったら?」「本屋で彼に出会ってなかったら?」など、何げない選択によって枝分かれしていった四つの人生に思いを巡らせる。いずれの人生も順風満帆ではないものの、大切な人たちとのかけがえのない日々で満たされていた。

ジュリア(s):解説

セザール賞短編賞を受賞した『ピアノ調律師』などのオリヴィエ・トレネ監督による人間ドラマ。ピアニストを目指す女性の人生が、さまざまな局面での何げない選択によって幾通りにも枝分かれし、ある一つの人生につながる。『夜明けの祈り』などのルー・ドゥ・ラージュが主人公を演じ、共演には『黒いスーツを着た男』などのラファエル・ペルソナ、『KOKORO』などのイザベル・カレ、『デリシュ!』などのグレゴリー・ガドゥボワらが名を連ねる。

ジュリア(s):キャスト・スタッフ

キャスト
  • ルー・ドゥ・ラージュ(ジュリア)
  • ラファエル・ペルソナス(ポール・ソレル)
  • イザベル・カレ(アンナ・フェインマン)
  • グレゴリー・ガドゥボワ(ピエール・フェインマン)
  • エステール・ガレル(エミリー)
  • セバスチャン・プードル(ガブリエル)
  • ドゥニ・ポダリデス(ヴィクトル)
  • マルクス・グラーザー(マルクス)
スタッフ
  • 監督:オリビエ・トレイナー
  • 製作:ワシム・ベジ ステファーヌ・セルリエール
  • 脚本:カミーユ・トレイナー オリビエ・トレイナー
  • 撮影:ロラン・タニー
  • 美術:フィリップ・シフル
  • 音楽:ラファエル・トレイナー

ジュリア(s):予告編・公式サイト

ジュリア(s):ネタバレなし感想

歳を取り過去を振り返ると、人生のターニングポイントは意外と沢山あるもんですよね。

交通事故なんかは本当に絶妙なタイミングで引き起こるものですし、普段行かない飲み会でたまたま出会った人とか、行きつけのバーで隣になった人とか、奇跡のような出会いもありますね。

パリのピアノ工房の一人娘として生まれ、厳しい父親の教育のもとピアニストを目指す才能ある高校生時代ジュリアが、1989年のベルリンの壁崩壊という事件をきっかけに「もしもあのとき~」の人生の分岐をマルチバースモノとして、実に4つの人生の分岐を並行して大変丁寧に描いています。

山あり谷ありな、様々な転機を迎えることになるジュリアちゃんの、4つの人生を演じる主演のルー・ドゥ・ラージュさんの演技が素晴らしかったです。もちろんメイクアップの技術もすごいのですが、実に高校生から老年までを演じているため、それぞれの年齢×4パターンの驚異的な演じ分けは圧巻でした。

アーティスト的なジュリア、ピアノをやめてやさぐれちゃったジュリア、早々に結婚して幸せの絶頂のジュリア、結婚はしたものの上手く行かずやさぐれちゃうジュリア…

是非その細かな演じ分けの妙を本編で楽しんでいただきたいです。

果たしてどの人生が良かったのか、どこがピークだったのか、等とは一口で言えない程の、ジュリアの人生の様々なターニングポイントが4つ分あるため煩雑になりそうなところ、それぞれがリアリティたっぷりに、テンポ良く違和感なくストーリーが進む脚本と演出が大変素晴らしかったです。

観ている者は主人公ジュリアの選択を眺めながら、「人生のままならなさ」をまざまざと突きつけられます。

どんな選択をしようとも、人生にはそれぞれにちゃんと意義があるのでは、と前向きな気持ちにさせられる、とても優しくて深い作品でした。某エブエブの数百倍オススメです!

人生の分岐を描いた作品:2つの人生が教えてくれること

ジュリア(s)を観終わって真っ先に思い出したのはNetflix映画の傑作「2つの人生が教えてくれること」でした。

こちらはアニメーター志望のリリ・ラインハート演じるナタリーが大学卒業前に「妊娠したら」「妊娠しなかったら」の2つの人生を同時進行で描いた作品。

こちらも負けず劣らず素晴らしい作品でした。

人生の分岐を描いた作品:ラン・ローラ・ラン

1998年ドイツ映画の名作「ラン・ローラ・ラン」も同様の作品ですね。

久しぶりにまた観たくなってきました(ほとんど内容を覚えていませんw

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥11,669(2024/05/19 01:04:49時点 Amazon調べ-詳細)
B01KNOBJTS

人生の分岐を描いた作品:アバウト・タイム~愛おしい時間について

マルチバース的作品ではありませんが、julia(s)同様人生の分岐を扱っていて、且つ傑作タイムリープもの作品の「アバウト・タイム~愛おしい時間について」もオススメです。

ジャケットの雰囲気よりもずっと「人生とは」と考えざるを得ない、深みのあるヒューマンドラマです。

NetflixまたはAmazonレンタルで視聴可能です