最近結構な勢いで小説を読んでいます。時々そういうときありますねえ。その中で一番面白かったのが、奥田英朗氏の作品でした。

■奥田英朗 / 最悪


■奥田英朗 / 邪魔〈上〉


■奥田英朗 / 邪魔〈下〉

なんといってもディテールに超こだわった文体が読む者を深い所まで引き込んでくれるところが読み応えあり、でした。
以下、感想文を。


■朝倉卓弥 / 四日間の奇蹟(文庫)

「このミステリが凄い大賞」
第一回金賞受賞の作品ということで、かなりの期待でした。以下簡単なレビューを。

日記,


ユイナも誕生して9ヶ月になりました。
9ヶ月ともなると、随分成長したもんだと、出張から帰る度に思う次第であります。
最近のユイナは超お気に入りの絵本があります。
お祝いで家くんに頂いた、「はらぺこあおむし」。これがなんとも凄い威力を発揮するのであります。
他にもお気に入りの絵本がいくつか、紹介していきたいと思いますです。


ミステリ系小説で、東野圭吾さんの「白夜行」という、大好きな小説があります。
この小説が、ついにドラマ化です!
久々に超楽しみなドラマですよ。第1回は本日1月12日夜9時!


■リリーフランキー / 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

久々に小説の紹介です。これマジ号泣なんす。
以下アマゾンより引用

読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに胸に届く、新たなる「国民的名作」。『en-taxi』連載、著者初の長編小説がついに単行本化。

もそさんの所で書かれていた記事を見て、書きたくなりました。
以下レビューです

chaikuro.jpg
本格子育てサイトに成長してしまったクロスブリードも随分板についてきた今日この頃ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?ところで、子育てといえば絵本!というわけで、今日は絵本の紹介です。
「チャイクロ」という絵本があるのをご存知でしょうか?
リブロックというレゴのまがい物を販売しているブックローンの超ロングセラー絵本なのです。今どれくらいの認知度なのかはさっぱりわかりませんが、僕の周りでは結構読んだ事のある人が多かったような気がします。

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER(AMAZON.CO.JP)
■すべてがFになる – THE PERFECT INSIDER

日経パソコンという雑誌がある。何故か会社で年間購読している雑誌なのだが、休憩時間に時々読む。
昨年くらいまで真面目なつまんない記事が多かった日経パソコンが、編集部の再編があったのか、DVDのコピーとか、2ちゃんねるネタとか、最近急激にネタが若くなった。やはり雑誌だからネタがかなり古いのは致し方ないとしても、やはり
つまんない
しかし、最近森博嗣(もりひろし)氏のコラムが始まり、急激に日経PCが楽しくなった。というわけで、森博嗣氏について書いてみようかと。

プレイボールと地域限定のハイライトメンソール。ウマイ。
今日はとりわけ予定もないのでマターリ。
ベランダでタバコ吸いながら(勿論部屋の中はイッツ禁煙です)コーヒー飲みながら、音楽聴きながら、名作マンガ
プレイボール読破
です。これ最強。
アニメ「キャプテン」(プレイボールの前作)を全て制覇したのでその勢いでオトナ買い
ひたむきに頑張る谷口くんにハマり気味な僕。
いやあ「頑張る」っていいことですね。高度成長期の日本も良く描けています。当時の野球少年は皆読んだのではないでしょうか。野球少年でない僕も読んでました。
ところで、この70年代のマンガを読んでいて気になるセリフがありました。

■野沢 尚「リミット」(再掲載)

かなりのスピードで読み終えてしまった。
映画になってもおかしくない、超ハイテンションアクションサスペンスミステリー。←なんじゃそりゃ
壮大な娯楽作品となっている。映画になったら、誰がどの役を演じるのだろうか、と考えながら読んでしまった。
幼児誘拐事件を発端に主人公の婦人警官(刑事)が事件を捜査するのだが、ある日、その主人公の一人息子が突然誘拐されるところから、物語は急速な展開を見せる。
とにかく、主人公のみならず、誘拐する犯人グループの人物描写も秀逸で、それぞれが「なぜそういう行動に出るのか」という裏付けにつながる。面白い。
脳死、臓器移植、外国人労働者、若者の荒廃、密入国等の社会的な問題を織り交ぜながら繰り広げられる、ハラハラドキドキ(略してハラドキ)
の内容となっております。
この野沢尚ってヒト、見てないんだけど、ドラマ「結婚前夜」の脚本や、ちょっと前に流行ったキムタク主演のドラマ「眠れる森」の原作&脚本なんかをやってるヒトで、なるほど、と納得。脚本書くヒトって状況描写がうまいのかしら。
・・・と調べていたら、その男、凶暴につきの脚本も書いているんですね。なるほど。
とにかく、面白いのでオススメです。

希望の国のエグゾダス
村上龍の作品の中でかなり好きな作品。
彼が自身のwebsiteのBBSで「日本の教育に革命を起こすにはどうするのがよいか?」の問いをかけたところ、いろんな意見が飛び交ったらしいが、用意した答えはでなかったらしい。
その答えとは「中学生による大規模な不登校がおこればよい」というものだった。凄い発想・・・
これには賛否両論があったらしいが、それをきっかけに小説を書こうと決めたそうな。
「エグゾダス」とは脱出、という意味で、中学生たちは全国的に不登校を起こす。昔と違ってインターネットというものが学校にあるので、そのネットワークを使って中学生たちは日本を牛耳っていく・・・
教育論、経済論等、難しいハナシが飛び交うこの小説だが、理屈抜きで面白い。経済の話なんか僕には分からないけど、面白い。
やはり話の展開、小説としての面白さもさることながら、作者のリサーチ力が作品にリアリティを与えている。
オススメです。